風邪 と コロナ の 症状 の 違い。 新型コロナ「風邪との見分け方は?」「高齢者や子どもの対策は?」視聴者からの疑問 専門医に聞きました

風邪との違いは“長引く”こと、人混みでの予防法はこまめに殺菌…街の疑問を専門家が解説

風邪 と コロナ の 症状 の 違い

「37. 日本では2月11日からクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で新型コロナウイルスの対応にあたっていた厚生労働省の男性職員(50代)と、国内初の死亡事例となった女性(80代)が入院していた神奈川・相模原市の病院に勤務する看護師(40代)が感染していることが判明。 さらに、2月17日には和歌山県内で新たに4人の感染が分かり、 合計419人の感染が明らかになっている。 そんな中、加藤厚労相が会見を開き 「どのような症状があれば医療機関に行くべきか」の目安を公表。 ・風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続く ・強いだるさや息苦しさがある といった症状がある場合は全国の都道府県にある帰国者・接触者相談センターに相談するよう呼びかけ、また、 ・高齢者や糖尿病・心不全呼吸器疾患がある場合は重症化しやすい として、症状が2日程度続いたら受診するよう呼びかけている。 経路が不明な感染が増え、不安の声が広がる日本。 今回公表された目安以外にも、街で挙がった新型コロナウイルスへの不安点や疑問について、感染症に詳しい昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏が解説した。 二木芳人氏: 今回発表された目安は非常に明確で、一般の方々にも分かりやすくてよろしいんじゃないかなと思っています。 今まで、我々医療現場としては「こういう方は検査してもらったほうがいいんだけどな…」と思うような方でも検査をしていただけませんでしたので、少し安心感が広がったということで非常にいい対応だと思っています。 フジテレビ・風間晋解説委員: 政府としてはいわゆる市中感染という事態が拡大するのをなんとか防ぎたいという考えがあると思うんですけど、これらの対応で市中感染はまだ避けられるとお考えですか? 二木芳人氏: 多少、疑問もありますが、現時点でできるのはこういうことで、正しい方法じゃないかと思っています。 確かに感染経路の分からない方が増えてはきていますけど、大多数の方は中国から来た方をもとにして、そこからの連鎖というのが確認できていますので、少し慎重に、病院で診る患者さんの数を増やしながら現状を把握することが重要かと思います。 新型コロナウイルスの症状は、風邪や花粉症とはどう違う?(30代女性) 加藤綾子キャスター: これらはものすごく似ている症状だといわれていますよね。 二木芳人氏: おっしゃるとおりですね。 それぞれバリエーションもいろいろありますし、1つの症状が出たからといって診断を付けるのは専門家でも難しいと思いますね。 ただ、新型コロナウイルスに関しては、当初から 「倦怠感が強い」とか 「長引く」とか、 肺炎の症状が比較的全面に出てくるということがありますけど、発症のはじめにはみんな似た症状を出しますので、軽いうちは慎重に経過を見ていただくと。 熱を測りながら自宅で安静にすることが非常にポイントだろうと思います。 花粉症の方は毎年のことですのである程度ご自身でも、これはそうかなとお分かりになるかもしれませんね。 加藤綾子キャスター: 風邪だと数日で治ってくるものが新型コロナウイルスだとやはり長引く、ここが見極めのポイントだということですよね。 人混みでの予防法は?(60代女性) 加藤綾子キャスター: 通勤の電車人が集まるところへどうしても行かないといけない場合もありますよね。 二木芳人氏: やはり、このウイルスは基本的には 飛沫感染と接触感染ですよね。 くしゃみなどで飛んだウイルス、汚染した唾液がつり革とか手すりとかにつきますので、そういうところに手を触れた時には、 早いタイミングで手を洗うことが大事だなと。 ただ 単に触って、ウイルスが付着したからといって感染が起きるわけではありません。 それを、口とか鼻とかの粘膜に持っていくことで感染するわけですから、できるだけ早いタイミングで。 除菌スプレーのようなものでこまめにやるというのも手ですし、あとは 抗菌作用のあるウェットティッシュなども活用して こまめに手をきれいにしていただく。 妊婦や子どもが重症化しやすいというデータがない Q. 妊婦さんが感染した場合はどうなる?(30代女性) 加藤綾子キャスター: 17日に示された目安では、妊婦さんも念のため重症化しやすい高齢者や基礎疾患のある方と同様の対応を求められていますね。 二木芳人氏: 基本的には今の段階で、 妊婦さんは特にコロナウイルスに感染すると、重篤になりやすいというデータはありません。 しかし、通常のインフルエンザで妊娠後期に感染すると胎児も母体も非常に危険な状態になることがあるので注意しなければ、ということが世界では常識なんですね。 それに準じて、おなかが大きくて胸を圧迫するような妊婦さんに関しては少し慎重に対応をしていこうということです。 呼吸器系が弱い子どもは重症化しやすい?(30代女性) 二木芳人氏: 子どもがこのウイルスに感染し、重症化しやすいというデータは、やはりありません。 しかし、健康な子どもはそれでいいのですが、 呼吸器系とか心臓とか何か基礎疾患を持っておられるお子さんは、具合が悪ければ早めにかかりつけの先生に相談していただくことがよろしいんじゃないかと。 慎重に対応していただければと思います。 (「Live News it! 」2月17日放送分より).

次の

風邪との違いは“長引く”こと、人混みでの予防法はこまめに殺菌…街の疑問を専門家が解説

風邪 と コロナ の 症状 の 違い

ご質問ありがとうございます。 ご相談内容、拝見いたしました。 おからだがご不調の様子、ご心配のことでしょう。 記載いただいた情報で考える限り、風邪などのウィルス感染症が疑われますが、新型コロナウイルス感染症は発熱、一般の風邪症状や頭痛、下痢、結膜炎、味覚障害、嗅覚障害を呈することもあり、その可能性は否定はできないところながら、現時点では検査も簡単には出来ない状況であり、診断自体が難しいところです。 酸素吸入が必要なレベルの呼吸困難といった入院を要する症状がない場合は、現状では治療法も確立しておりませんので、基本的には経過観察しかありません。 どうあれ、手洗い、マスク着用などをしていただいて周囲にうつさないように生活してください。 外出や出勤、登校はやめましょう。 もちろん、今後、呼吸困難などがあれば帰国者・濃厚接触者相談窓口に連絡して、受診先の病院をどこにするかなどの指示を仰いでください。 ただし、相談センターも人手が限られておりますので、重症でなければ、お電話も極力、控えてください。 また、医療機関を受診される場合も、くれぐれも事前連絡なしに受診することは厳に慎んでください。 一般の風邪であった場合はウィルス感染症であり、上記の漢方を使ってもいいですが、特効薬と呼べるレベルの治療薬はありません 風邪薬も市販のものと病院処方のもおので効果に大差ありませんし、風邪薬を早く飲んだからといって治りが早くなるということも科学的には立証されていません で、現実的には時間が薬というところです。 それでも、一般的な「風邪」で薬物治療をするとすれば、高熱で辛ければ解熱剤、咳が止まらなくて辛ければ咳止め、などの「症状」を抑える対症療法しかありません。 十分な栄養と水分補給、静養により自己免疫力を高めて治すのが一番です。 抗生剤も無効ですが、上記のような解熱鎮痛剤などの治療薬 市販もされています をご希望でしたら、お近くの内科クリニックを受診されてもいいですが、医療機関でコロナウィルスをうつされるリスクもありますので、自宅で安静が無難だと思います。 受診されるなら必ず事前で電話をしてから受診ください。 なお、抗生剤は使えば使うほど効かなくなります 耐性菌ができてしまいます。 抗生剤は本来、細菌感染症に限って使用すべきものですが、風邪やインフルエンザなどウィルス感染症でも処方されることが少なくありません。 抗生剤を濫用すると耐性菌が出来てしまって、肝心な時に薬が効かない状況になりかねません(副作用に見舞われる可能性もあります)。 あるいは、細菌感染症であっても効果の乏しい抗生剤を悪気なく、処方してしまう医師や、根拠なく必要以上に多くの菌に効く 叩く必要のない菌まで叩いてしまう 抗生剤 ニューキノロン系の抗生剤など を処方する医師もいます。 いずれの場合も、やはり、耐性菌を生むことになってしまいます。 耐性菌は家庭内を含めて、ヒトからヒトに伝播するので、社会的な問題にもなっております。 特に、抵抗力の弱い、子供さんやお年寄りには由々しき問題です。 そういった方で耐性菌による感染症が生じてしまうと、菌を叩く抗生剤が無いという状況にもなりかねません。 安易に抗生剤を処方する医師への受診は避けることをお勧めします。 急に熱が出てきた という状況ですね。 気道症状 あまり明確ではないようです。 通常はウイルス性の感染症の風邪ではないでしょうかと判断されるような状況ですね。 状況からすると典型的な新型コロナウイルス感染症とは言い難い症状ではあるかと思います。 しかし 新型コロナウイルス感染症も 軽症であれば微熱や軽い咳そして少しお腹が具合が悪い という程度で経過することもあり、また無症状という場合もあるくらいです。 おそらく可能性とすると新型コロナウイルス感染症の可能性は低いと思われます。 現時点では しばらく経過観察でもよろしいのではないかと思います。 しかし最近新型コロナウイルスの PCR 検査 閾値が下がりましたので 熱がかなりしんどいような状況であったり 呼吸困難を伴ったりするようであれば 阿蘇保健所に電話連絡をされみちゃんの検査の相談をされても宜しいかと思います。 万が一新型コロナウイルス感染症であった場合他人に感染が広がってしまう可能性がありますので、念には念を入れて家族や 友人職場の方たちに 感染が拡大しないようにマスク装着や できるだけ別空間でお過ごしになるなど感染対策は十分にしていただくようにご配慮をお願いいたします。 そして熱がつづいたり、呼吸症状が強くなってきたりするようであれば、まずはお近くの保健所に電話連絡をして 指示を仰ぎお近くの内科や指定病院 の発熱外来なので 診察を受けていただくように お願いします。 直接診察をしていませんので断定はできませんが、「高熱がある、悪寒がする、喉が痛い、ものが飲み込みにくい」などの各種身体症状を認めていますうえに、「昨日の朝39度熱が出て、風邪薬を飲みながら様子を見たのですが下がってもすぐ上がってしまいます。 喉も痛みがあります。 咳や痰、鼻水はありません。 味覚や嗅覚もあります。 食欲もちゃんとあります。 」と詳細に記載されています症状や状況から推察をさせていただきますと、これらの原因は細菌、ウイルス、マイコプラズマのいずれかがのどで炎症を起こしていることにある可能性が極めて高いと思われます。 考えられる病名を知りたいについては、急性咽頭炎あるいは急性扁桃炎ですが、細菌感染症であるかウイルス感染症であるかマイコプラズマ感染症であるかは実際に検査をしないことには鑑別できません。 つまり「普通の風邪でしょうか?それともコロナでしょうか?」については新型コロナウイルス感染症の可能性を否定しきることはできませんが、新型コロナウイルス感染症の可能性は低いと思います。 高熱を認めていますことから、治療の必要性は高いでしょうし、新型コロナウイルス感染症の可能性を除外してもおくためにも病院受診をおすすめします。 医師が適切な回答を提供できるよう取り組んでおりますが、公開されている内容は相談者からインターネット経由で寄せられた内容のみに基づき医師が回答した一事例です。 通常の診察で行われるような、相談者の感じている症状・状態の詳細の聞き取りや観察などのコミュニケーションに基づく正式な診断ではなく、あくまで「一般的な医学的情報」を提供しています。 あなた自身について気になる症状がありましたら、当サービスのコンテンツのみで判断せず、必ず医療機関を受診し、医師の指示に従ってください。 なお、当サービスによって生じた如何なる損害につきましても、運営元である株式会社eヘルスケアはその賠償の責任を一切負わないものとします。

次の

新型コロナの典型的な症状と受診する目安は?(忽那賢志)

風邪 と コロナ の 症状 の 違い

コロナウイルスは発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで人に感染するものは6種類が知られています。 その仲間には2002年に確認されたSARSなど重症の肺炎を起こすものもあります。 詳しくはを参考にしてください。 2019年12月に中国の武漢で発生したコロナウイルスはこれまでに見られなかった新型であり、世界保健機関(WHO)では、これを2019-nCoVと名付けています。 【追記】WHOは2月11日にこの感染症の正式名称を「Covid-2019」にすると発表しました。 新型コロナウイルスの感染状況 2月7日現在、新型コロナウイルスは中国で3万人以上の感染者が発表され、死亡者も600人以上に上っています。 (この数は毎日のように多くなってきているので最新情報はその都度変わります。 ) 中国以外でも、数は少ないですが感染者の数が増えてきています。 が得られます。 英語ですが、数字なので大体わかると思います。 赤はConfirmed Cases :新コロナウイルス感染者数 白はDeaths:新コロナウイルスによる死者数 緑はRecovered:感染者のうち回復した人の数 右下のグラフは感染者数の時系列の増減を表しており、オレンジは中国本土、黄色はその他です。 重症の場合は呼吸困難や肺炎につながります。 初期症状が通常の風邪やインフルエンザの症状と似通っているため、医者であっても判断は難しいといわれてます。 冬季で風邪やインフルエンザにかかる人が多い中、その症状がもしかしてコロナウイルスなのかどうかと心配する人も多いのではないでしょうか。 実はうちの息子が1月中旬にずっと咳き込んでいて、はじめは学校で風邪をうつされたのではないかと思っていました。 でも、そのうち新コロナウイルスの問題が深刻化してきたので、私も気になって調べてみたのです。 そうすると次のことがわかりました。 新型コロナウイルスでよく見られる症状• 息切れ• 筋肉痛• 疲労感 新型コロナウイルスではそれほど出ない症状• 下痢 新型コロナウイルスで普通は見られない症状• 喉の痛み 参考資料: 症状については個人差があるので、素人がいちがいに判断するのが100%正しいとはいえません。 けれども、目安としては「鼻水が出て喉が痛い」という症状がある場合は、コロナウイルスというよりは風邪やインフルエンザである可能性が高いということのようです。 ただ、初期の症状は風邪やインフルエンザなどと見分けがつかないこともあり、専門の検査でウイルスの有無を調べる以外に、はっきり区別できる方法はありません。 高齢者や体の弱い人、もともと呼吸器系の持病などを持っていたりする人は、少しでも症状がある場合には専門医療機関に相談するべきです。 新型コロナウイルス診断方法 日本の場合は疑似症として保健所に届け出た後、地方衛生研究所または国立感染症研究所で検査することになります。 は、まずは最寄りの保健所に問い合わせるようにとアドバイスしています。 なお、現時点の潜伏期間は1-12. 5日(多くは5-6日)とされており、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。 新型コロナウイルス相談フリーダイヤル 厚生労働省は新型コロナウイルスについて、無料で通話できる相談窓口を設置しています。 フリーダイヤル電話番号:0120-565653 利用時間:平日だけでなく土日や祝日も含め午前9時から午後9時まで 新型コロナウイルス予防方法 新型コロナウイルスの感染経路は咳、飛沫、接触による感染なので、予防方法としてもっとも効果的なのは手洗いです。 石鹸やアルコール消毒液などを使って指のあいだまで丁寧に手洗いすることが大事です。 特に人混みの多い場所や公共交通機関などで咳などの呼吸器症状をもつ感染者に接触した可能性がある場合は、丁寧な手洗いを心がけましょう。 さらに、咳などの症状がある人はウイルスなど病原体の飛散を防ぐためにマスクをつけたり、咳をする場合にティッシュや袖で口や鼻を抑える「咳エチケット」を心がけることが大事となります。 言い換えれば、マスクは感染者から自らを守るためというよりは、自分が咳などをするときに他の人に病原体をうつさないために効果があるということです。 新型コロナウイルス治療方法 今のところ、この新型コロナウイルスに有効な抗ウイルス薬などはなく、対症療法だけとなります。 中国を始め、世界中の研究機関で新型コロナウイルスに効く治療法を開発研究しており、効果的な治療薬や予防薬の開発が期待されています。 新型コロナウイルスはこわい? 新型コロナウイルスは短期間に広まったため「こわい」という先入観がありますが、実際はそうでもないのではないかと言われています。 感染者の経過分析などから現時点では通常のインフルエンザ相当かそれよりやや強いという認識のようです。 健康な人が感染しても重症化する可能性は高くなく、WHOは報告されたほとんどの症例は軽度であり、重症となった患者は2割にとどまっているといいます。 今のところは過度に恐れず現状を正しく認識し、手洗いや咳エチケットといった、風邪やインフルエンザにも通じる感染予防を行うのがいいでしょう。 例外は高齢者や呼吸器系疾患がある人で、新型コロナウイルス感染で重症化しやすい人にとっては十分な注意が必要です。 ちなみに感染者の年齢は幅広く、中国では感染していた妊婦から生まれた新生児の感染も確認されています。 けれども、今のところ子どもで重体に至ったケースはないそうです。 まとめ 最後になりますが、私は医療の専門家ではないので詳しい情報を知りたい人は自分で信頼できる情報を得るようにしてください。 特に、新型コロナウイルスについては今のところ感染状況などの情報がその都度変わってきているので常に最新情報をチェックすることが必要です。 一般的な感想になりますが、今回の新型コロナウイルスのニュースで一つ良かったことは人から人にうつる感染症についての認識が広まってみんながより注意するようになったことでしょう。 今年は風邪やインフルエンザの流行が抑えられているところが多いようですが、人混みを避けたり、手洗いやマスク着用などの予防策を行っている人が増えているからではと考えられます。 この習慣が根付くことで新型コロナウイルスだけでなく風邪やインフルエンザ、食中毒といった流行が減るといいですね。 それに、日本でもコロナウイルス対策のための社員にを導入した企業も出たということで、これもいいニュースだと思いました。 日本では特に顕著ですが「風邪くらいで仕事を休んだら人に迷惑がかかる」と言う人がいます。 風邪薬の宣伝で「風邪でも絶対に休めない社会」というのがありましたが、あれは問題です。 またこのCMが流れてきたので言っておくけど『風邪でも絶対に休めないあなた』なんて人はいない。 以前僕の職場ではそう思い込んで熱を押して出勤してきた40代の社員が肺炎を併発して亡くなってしまった。 風邪をひいたら絶対に休むべきだ。 誰かが亡くなるまえにそれに気づいて欲しい。 健康な人なら風邪の症状を薬で抑え込まないほうが良く、休むのが一番と言うのはイギリスなどでは常識です。 薬を飲むことで体に備わっている免疫力が弱くなり、逆効果になることもあります。 自分のためにも、人に迷惑をかけないためにも、風邪でもインフルエンザでも治るまで家でゆっくり休養するのが一番です。

次の