アイアン スイング 基本。 アイアンショット|基本とチェックポイント

ゴルフスイングの基本まとめ

アイアン スイング 基本

コンテンツ• スイングに入る前に ゴルフスイングの基本をマスターするために ゴルフスイングはボールをより遠くへ、より正確に飛ばすという2つの目的を同時に果たさなくてはいけません。 またそれは、人間の体の自然な動きの中から生まれるべきで、力んだり無理な体勢をしてまでするものではありません。 ゴルフスイングの解説を読んで、実際にそのとおりに練習してみて違和感がなければ基本的に問題ないですが、あきらかに窮屈に感じたり体に負担がかかるようであれば、それはスイングの基本ができていないと思っていいでしょう。 「ゴルフはメンタルなスポーツ」とよく言われるように、スイング自体の注意点もありますが、精神的(意識的)な点でも、ゴルフスイングの基本として大切なことがありますから、ぜひ一緒に覚えておきましょう。 グリップの握り方のポイント ゴルフは遠心力でボールを飛ばすスポーツなので、遠心力を最大限に発揮できるグリップの握り方をしなくてはなりません。 スクエアグリップ、ストロンググリップ、ウィークグリップのどれにでも当てはまることですが、必ず 力を入れて握らないことが重要です。 自分でも「ちょっと弱いかな?」ぐらい軽くて大丈夫です。 人からクラブを引っ張られたら手から抜けてしまうくらいのイメージです。 特に初心者は強くグリップを握りがちなので注意しましょう。 クラブフェースとスタンス 最初のスイングの基本として、クラブフェースの向きを意識するようにしましょう。 クラブフェースが向いている方向にボールは飛んでいきます。 それに、スタンスの要素が加わってボールはフック・スライス・ストレートとボールの弾道が決まります。 スイングの過程で「今クラブフェースはどこを向いているか」ということを意識することは、初心者のうちに基本を身につける上では大切なことです。 力まずヘッドを走らせる ゴルフはクラブを振ってボールを飛ばすわけですが、注意したいのは「力でクラブを振るわけではない」ということです。 肩の回転を使って自然にクラブヘッドを走らせるイメージです。 思い切りクラブを振りたいからといって、腕の力に頼ってはいけません。 そのためにも、肩の回転を始めるときに決して手を使ってはいけません。 肩を回転させ、クラブのシャフトをしならせてヘッドが走るようにスイングするのが基本です。 また、飛距離を出すためにも必要なことですが、肩の回転を意識しすぎて肩に力が入ってしまっては意味がありません。 あくまで自然体で力むことなくスイングしてみましょう。 それでは、続いてゴルフスイングの基本を、アドレスからフィニッシュまで各ポイント毎に確認しておきたいポイントを解説していきます。 初心者は必見!基本なゴルフスイングの流れ アドレス時のポイント グリップができたら、次はアドレスです。 アドレスがしっかりできていないと、安定したいいスイングはできません。 ここでもしっかりポイントをおさえておきましょう。 アドレスで両足にかかる体重配分は、「右6:左4」が理想 「右足により体重をのせなくちゃ・・・」と考えてしまうと、思っている以上に体重を右足にのせてしまいがちです。 あくまで理想ですので、頭の中では左右均等に構えているくらいのイメージを持ちましょう。 肝心なのは、体の軸が傾かずにバランスがとれていることです。 打ち方やクラブによってこの体重配分は大きく変わってくるということも覚えておきましょう。 アドレス時のボールの位置は、ゴルフクラブによって変わる アドレスした時のボールの位置は、使うクラブによって変わってきます。 「ドライバーなら左足カカトの延長線上」、「9番アイアンなら体の中心寄り」といった具合です。 クラブの番手があがればあがるほど、ボールは「スタンスの中心に寄る」「体に近くなる」ことになります。 上体を前傾させる前にヒザを曲げないこと この手順にはぜひ気をつけて欲しいのですが、ヒザを曲げるのはアドレスの最後と覚えておきましょう。 先にヒザを曲げてしまうと、重心がカカト側に乗ってしまい、下半身が安定しません。 まず股関節から上体を前傾させ、体重が爪先に乗った状態を確認してから、軽くヒザを曲げます。 この時、肩とヒザ、足の親指が一直線上にきていれば正しいアドレスになっていると言えます。 ゴルフクラブのグリップが、左足股関節を指すように構える アドレスした時の両手の位置ですが、クラブのグリップが左足股関節を指す位置にあればOKです。 (体の中心のやや左側にくるはずです。 )両腕は両肩から自然に下りたところでクラブを握ります。 ここで力が入ってしまうと必要以上に体から離れたところでクラブを握ってしまったりしますので、あくまでリラックスした状態でアドレスの姿勢をつくることが重要です。 ショットの前に、体の向きを最終確認 ここまで正しく実行できていても、体の向きが狙った方向とあっていなければ、ボールはもちろん狙ったところに飛んではくれません。 体の向き(肩や腰・スタンスのライン)と飛球線が平行になっているか確認しましょう。 この時、ボールに対して平行に構えようとすると、どうしても体が微妙に右方向にずれたりします。 ボールに対してではなく、ボールを飛ばす目標に向かって構える意識を持つことを心がけましょう。 バックスイング時のポイント 正しいアドレスでしっかり構えることができたら、次はいよいよスイングの開始です。 スイングといっても、クラブを振り切るまでにはいくつかの過程があります。 常に安定したスイングをするためには、それぞれの過程のポイントをしっかりおさえる必要があります。 テークバックでの注意点 アドレスからスイングを開始する時の動きをテークバックと言います。 クラブヘッドを最初に動かしていきますが、クラブヘッドが右足の前にくるまでは体と平行になるように動かします。 次第にクラブを上げていきますが、両手が腰の高さに上がるまでは両方のヒジを曲げないようにします。 テークバックですぐに右ヒジを曲げてしまうと大きなスイングができなくなり、結果として飛距離もでません。 腕を自然に伸ばしたままクラブを上げていきましょう。 最後に注意したいポイントとして、右ヒザを伸ばさないようにします。 アドレス時の右ヒザの位置をそのままキープしてテークバックします。 そうすれば自然と右足股関節に体重が乗り、自然な体重移動ができます。 体を回すのは右に90度(目標の反対を向く)で十分 クラブを思いっきり振ろうとして、バックスイングで体を必要以上に捻る人がいますが、体を捻り過ぎるとバランスを崩したスイングとなりしっかりボールを打てなくなってしまいます。 理想は、体を右に90度回し、左ワキが右足股関節の上にきている状態と覚えておきましょう。 右ヒジが下方向を向いているか確認しよう バックスイングでは右ヒジを曲げてクラブを上げていきますが、ここで右ヒジの向きに注意しましょう。 正しい動きは、右ヒジを下に向けたままクラブを上げていくことですが、逆に右ヒジが上を向いているとスイングが安定せず、ミスショットの原因になってしまいます。 初心者がやってしまいがちなミスですが、一度意識すればすぐに修正できる問題です。 早いうちに確認して、バックスイングでの正しい右ヒジの使い方をマスターしましょう。 トップスイング時のポイント トップスイングとはバックスイングとダウンスイングの切り替えポイントであり、クラブを最も高く振り上げた状態のことを言います。 ここからクラブを振り下ろしていきますので、トップスイングがしっかりできていないとしっかりボールを捕らえることができなくなります。 トップスイングは止まった状態で確認できますので、自分のスイングが正しいかじっくり確認してみましょう。 左肩の位置は「右足の上・アゴの下」 正しくバックスイングができていれば、トップスイングでは左肩の位置が右足の上、さらにアゴの下に入っていることになります。 この時、体重の約8割が右足股関節にかかっているイメージです。 無理にこれ以上に体を捻る必要はありません。 バックスイング同様、右ヒジが上を向いて右ワキが開いていないか注意しましょう。 左手親指でクラブを支える 自分のトップスイングを確認する際には、クラブを左手親指で支えているか確認します。 左手親指にしっかりクラブの重みを感じていれば正しいトップスイングになっているはずです。 左手首の向きが正しくないと左手親指にクラブが乗りませんので、フェースが開いてスライスになる、といった具合にミスショットの原因になってしまいます。 ゴルフスイングにおける非常に大事なポイントですので、トップスイングのフォームはしっかりチェックしましょう。 ダウンスイング時のポイント トップスイングからボールをインパクトするまでのスイングをダウンスイングと呼びます。 ダウンスイングで最初に動くところは「左ヒザ」 ダウンスイングと聞くと、クラブを振り下ろすイメージがあるせいか、トップスイングの状態からすぐにクラブを動かしてしまう人が大変多いです。 しかし、正しいダウンスイングというのは、まず最初に「左ヒザをアドレスの状態に戻す」ことから始めます。 それと同時にクラブを下ろし始めるのです。 左ヒザを戻さないままクラブを振り下ろそうとすると、右足に体重が残りすぎてしまうという問題が起こります。 逆に、体重を左足に戻そうという意識が強すぎると上体が左に流れてしまいますので注意が必要です。 ダウンスイング中には、体重配分が右から左に移動していきますが、体の軸は動かさないことを意識しておきましょう。 インパクト時のポイント ボールを打つ瞬間のことをインパクトと呼びます。 インパクト時にフェースがボールに対してまっすぐ当たればボールもまっすぐに飛びます。 これまでスイングの過程でポイントをチェックしてきましたが、すべてはインパクトを正しく再現するためと言って過言ではありません。 ここで失敗しないためにも、インパクト時のポイントをチェックして下さい。 インパクトの理想形は「ハンドファースト」 クラブヘッドよりも両手が前に出た状態でインパクトすることを「ハンドファースト」と言います。 インパクトではこのハンドファーストの形になっていることをまず確認しましょう。 ハンドファーストを意識し過ぎて極端に両手が前にでた状態でインパクトをすると、フェースが大きく開いてしまいスライスの原因となるので注意しましょう。 また、体の中心がボールの右側にきたままインパクトできているかもゴルフスイングの重要なポイントです。 インパクトはアドレスの再現ではない 確かにインパクトの瞬間はアドレスの位置にクラブヘッドが戻ってきますが、体の姿勢はアドレスの時とは違った形になります。 アドレスと比べてインパクトでは「腰が開いた状態になる」「体重配分が左足に多くなる」という違いがあります。 ゴルフではこの違いを意識しておかないと、腰の回転が止まってボールに体重が乗らなかったり、ハンドファーストの形が作れなくなってしまいますので注意が必要です。 フィニッシュ時のポイント クラブを最後まで振り切ったところをフィニッシュと呼びます。 (インパクトからフィニッシュまでをフォロースルーと呼びますのでこちらも覚えておきましょう。 )トップスイングと一緒で、フィニッシュは静止した状態ですのでポイントもチェックしやすいでしょう。 フォロースルーで体重配分がほぼ左足に移る インパクトからフォロースルーにかけて、体が目標方向に向くように回転させていきます。 この時、体重がほぼ左足に乗るようにします。 インパクト後は右腕がしっかりと伸びた状態になり、両手が腰の高さまできた時にシャフトが地面と平行になっていれば正しいフォロースルーとなります。 フィニッシュは左足一本で立てるのが理想 最後にスイングの最終地点、フィニッシュの形を確認します。 フィニッシュでは、右肩と右腰が左足の上にあり、左足一本で立ってもバランスよく立っていられる状態になっているのが理想とされます。 (試しに右足の爪先を上げて3秒立っていられるか確認してみましょう。 ) クラブですが、左手とクラブの角度、左ヒジと左ワキの角度がそれぞれ90度になっていれば、バランスのとれた綺麗なフィニッシュになります。 クラブが地面と平行よりも、ヘッドが下がっていることが確認できればOKです。 スイングの理想を目指すために大切にしたいこと 理想のゴルフスイングとは? ゴルフスイングの理想を定義するなら「毎回同じスイングができる」ことです。 状況やクラブが変わっても、毎回同じスイングができれば、ボールを正確に飛ばすことは難しくないはずです。 ただ、特に初心者はそうですが、現実的にはうまく毎回同じようにスイングすることは難しいですよね。 練習場で素振りをしている時は基本的に毎回同じ軌道でスイングできているのに、コースに出た途端、自分のスイングが一定ではなくなってしまう…。 こういう経験をしたゴルファーは少なくないと思います。 それでは一体どうしてそのようなことになるのでしょうか? 「コースでは思わず力んでしまうからでは?」 確かにそういう理由もありそうです。 何事でも本番となると、プレッシャーもありますから力が入ってしまうのも納得できます。 しかし、素振りとそうでない時の最も違うこと…それは「ボールがあるかないか」ですね。 ゴルフスイングで大切なこととは? 「ボールがあるとスイングが一定しない…」 これはなぜでしょうか。 その答えはズバリ、 ボールに当てにいくスイングをしてしまっているからです。 つまり、素振りのときはボール(目標物)がないため常に自分のスイングができるのですが、意識が目標物にいくことで、無意識の内に目標物にあわせるようなスイングをしてしまっている、という状態になってしまうのです。 このことから何が言えるのかと言うと、「スイングの調子が悪くなってきたな」と感じたら、最初にスイングを修正しようとするのではなく、 自分のスイング軌道にボールがセットされているかを確認するべきということです。 つまり「ボールの位置がいつもとずれていないかを確認する」ということです。 スイングを修正するというのはとても大変なことですし、ラウンド中であればそれはなおさらです。 実際のラウンド中に思ったようにクラブがボールに当たらなくなたら、「ボールに当てにいくスイングをする」のではなく「スイングに当たるようにボールをセットする」ことを意識してみましょう。 \ SNSでシェアしよう! / 初心者ゴルフ部の 注目記事を受け取ろう•

次の

【図解】すぐにできる!正しいゴルフスイング軌道を作る方法

アイアン スイング 基本

アイアンの正しいスイング、ダウンブローを身に付ける方法 アイアンショットは距離と方向性が求められます。 ドライバーと比べると長さが短くなるため、打ちやすさを感じると思います。 とは言え、地面にあるボールを打つアイアンショットも意外と難しいものです。 今回は基本に立ち返り、スコアメイクのカギを握るアイアンの正しいスイング法や打ち方、飛ばし方について、過去の成績からミスター29の異名を持ち、数々のゴルフスクールを経営する羽生淳一プロに聞いてみました。 アイアンの正しいスイングはダウンブロー 地面にあるボールを打つアイアンは、他のクラブとそもそも、クラブの軌道が全然違います。 ここでは、アイアンの理想的な軌道を実現するために大切になる、正しいスイングを身に付けるために、アイアンに最適なスイング方法はどんなものなのかを紹介していきます。 アイアンをうまく打つためにもダウンブロー 「ティーアップするドライバーと違って、アイアンは地面にあるボールを打ちますから、実は意外と難しいのです」(羽生プロ) 初心者の特徴ですが、地面にあるボールを打つ際、ボールを上げようと思うあまり、ボールをすくいあげようとします。 これが諸悪の根源になっています。 実は、トップやダフリなど、アイアンのミスの原因は同じすくい打ちなのです。 ですから、アイアンを上手く打つためには、「ダウンブローを覚えることが大切です」 ダウンブロースイングとは ダウンブローとは、スイングの最下点の手前でボールがヘッド当たり、ボールをとらえるスイングになります。 ボールの先の芝を削り取るイメージになります。 ダウンブロー軌道で打つことができれば、最下点までの間にボールにヘッドが当たればボールが上がりますから、ミスショットが出にくく、ライが悪くてもきれいにボールをとらえることが出来ます。 一方、初心者の方は、スイングの最下点でボールを打とうとする傾向があります。 しかし、最下点は1点しかありません。 そこで打つのは難易度が高く、技術が必要になります。 まずは、今あなたがダウンブロー軌道で打てているか、チェックするポイントをあげてみますので、ご自身でチェックして下さい。 【ダウンブローに打てているか3つのチェックポイント】 1 ボールの先の芝が削れているか?(ボール真下、手前ではダメです) 2 グリーンに落ちたボールに、バックスピンが掛かって、しっかり止まるか? 3 芝に沈んでいてもボールを上げることが出来るか? アイアンをダウンブローで打つための方法 アイアンをダウンブロー軌道に打つと、アイアンのミスショットが減り、グリーン上にしっかりとボールを止めることができるようになります。 しかし、アイアンをダウンブローで打てないという方も多いはず。 では、どうすればアイアンをダウンブローに打てるのでしょうか? アイアンをダウンブローに打つための構え ダウンブロー軌道でアイアンを打つにはどうしたらいいのでしょうか? ドライバーはヘッドを地面と水平の軌道で打ちたいと以前説明しました(ドライバー 打ち方の記事へのリンクを設置)。 アイアンは、ヘッドを上から下に動かしたいので、ボールを横から捉えるドライバーショットとは違う構え方が必要となります。 この構え方こそ、ダウンブローにスイングするための、重要なポイントになります。 ドライバーよりもスタンスは狭く、ボールの位置は、スタンスの真ん中ぐらい。 上から打ち込める構えをつくります。 そして上からボールをヒットしやすいように、ボールの位置より、グリップの位置が、飛球線方向にある「ハンドファースト」の構えをします。 このハンドファーストを崩さないようにスイングすると、ダウンブローにインパクト出来ます。 【構え方のチェックポイント3点】 アイアンをダウンブローで打つためには、まず構えた時点で、以下のチェックポイントを忘れないようにしてください。 1 ボールは体の真ん中、もしくは左耳の真下にセット(ドライバーよりも左足寄り) 2 肩幅と同じぐらいのスタンス幅 3 ヘッド位置よりグリップ位置が飛球線方向にあること(ハンドファースト) アイアンをダウンブローに打つインパクト アイアンの構え方がわかったら、次に大切なのは、トップの時に作った手首の角度を維持することです。 これによって、ハンドファーストにインパクトを迎えることができるため、ダウンブロースイングが完成します。 この写真のように、トップで作った手首の角度をキープして、ダウンスイングすると、ヘッドが上からボールに向かって降りますから、ハンドファーストをキープしたインパクトになります。 実は多くのアマチュアゴルファーは、トップの位置から手首の角度を保ったままインパクトを迎えられずに、ボールを打とうとしてしまうのです。 ダウンブローの最大の敵、アーリーリリースを治す アイアンの正しいスイング、ダウンブローがわかってきましたか? 言葉にすると簡単そうですが、「ダウンブローは難しい」と言うベテランゴルファーも多いです。 そこで、なぜダウンブローが難しいのか、その理由と、ダウンブロースイングを身に付けるための自宅でできる簡単な練習法をご紹介します。 ダウンブローが難しい理由 どうしてダウンブローに打つのが難しいのでしょうか? 「アイアンは地面からボールを打つクラブです。 地面から打つということは、地面に当たらないように気をつけながら、ボールに直接ヘッドを当てないといけません。 しかしボールにヘッドを当てようとすると、ボールをすくい上げるようにヘッドを使おうとしてしまうのです」(羽生プロ) すくい上げる、つまりヘッドを下から上に使う動きになりますから、体重は右体重のまま。 すくい上げようとしても、地面がありますからヘッドを入れるスペースがありません。 だからトップ、ダフリの両方のミスが出ます」 つまり多くの初心者は、ダウンブローの真逆の軌道でアイアン打とうとして、ミスショットを繰り返しているわけです。 ダウンブローにスイングするための練習法 そこで、ハンドファーストのインパクトを身に付けるため簡単な練習法を紹介したいと思います。 これを練習すれば、トップの位置で作った手首の角度(コック)を保ったままインパクトを迎えられる=ダウンブローに打てるようになります。 自宅でもできる練習ですから、トライしてみて下さい。 まずは左手一本でアイアンを持ちます。 クラブは9番アイアンでも7番アイアンでも構いません。 そして片手でトップの位置を作ってみてください。 この時に、左手親指にグリップが乗ります。 その時にクラブの重さをほとんど感じないポジションがあります。 この位置にクラブが上がれば、手首の角度を保ったままクラブをスッと降ろすことができます。 このポジションを自分で見つけて、キープしてください。 トップの位置で止まっているだけで、正しいトップの位置、切り返しの位置を身体が覚えてくれます。 鏡の前やスマホなどで撮影して、ポジションをしっかりとチェックしてください。 アイアンのミスが多いという人は、スイングのトップの位置で、いいポジションにクラブが上がっていないことが原因と考えられます。 このトップの位置を見つけられないと、クラブの重さが手に思いっきりかかってしまうので、アーリーリリース(手首の角度を保てない状態)しないとクラブが降ろせなくなってしまうのです。 このポジションはドライバーも同じです。 飛距離アップにも繋がるので是非マスターしましょう。 羽生プロが導く、斬れるアイアンショットを生むダウンブローの極意 ダウンブローと言う言葉は、あまり耳慣れなかったと思います。 しかしアイアンをダウンブローに打つスイングは、ミスショットを減らしてくれますし、飛距離も稼げる一石二鳥のスイングです。 ダウンブローで打つためには、まず上からヘッドを入れるために、適した構え方をすること。 そして、手首の角度をキープし、ハンドファーストにインパクトをするのが極意です。 ぜひ今回紹介したトップの位置を覚えて下さい。 この打ち方ができると、ドライバーの飛距離も劇的に伸びます! このスイングに筋力は必要ありませんから、女性ゴルファーも挑戦してみて下さい。 取材協力.

次の

初心者でも上達するゴルフ練習方法!アイアンの打ち方基礎編

アイアン スイング 基本

アイアンの調子が悪い時のトラブル対処方法について解説します。 アイアンがなぜか上手く打てなくなるという悩みは多いようです。 アイアンのクラブは1番~9番までありますが、初心者にとっては5番~7番くらいが使いやすいと言われています。 アイアンのクラブはそれぞれでヘッドの角度が異なります、 使い慣れている5番~7番からロングヒットを狙ってロングアイアンに持ち替えると急に駄目になったという人も多いでしょう。 元来、ロングアイアンは初心者には難しいと言われ続けてきました。 その理由の一つとしてヘッドの角度が立っているので、ついつい掬い上げるようなゴルフスイングになってしまいがちだという指摘があります。 また、アイアンで調子が悪くなるのは、ゴルフスイングが安定していないことが原因のことも多々ありますので、ゴルフスイングの基本を見直すことも必要になってきます。 アイアンのゴルフスイングを安定させるには、トレーニングを積み重ねるしかありません。 最初は、6番アイアンくらいを使って、基本的な中距離のゴルフスイングの基本をマスターしましょう。 この場合、二つのポイントがあります。 フルスイングするのではなく、ボールの芯を捉える意識を大切にすることと、思った場所へ飛ばすことに意識を集中してトレーニングすることで、ゴルフスイングが安定してきます。 ただし、これで安心せずに他のアイアンクラブでの練習もするようにしないといけません。 それまで問題なく上手くショットできていたドライバーやミドルアイアンについてもスイングに自信がなくなりがちです。 こうなると、収拾がつかなくなってしまいます。 こうした場合は、無理をしてアイアンを使わず、最近人気のユーティリティークラブを使う方法も検討してみましょう。 ユーティリティークラブは、一本あるだけで色々な使い方が可能ですから、ゴルフスイングを安定させるのにもきっと役立つ効果が期待できるでしょう。 アイアンショットの克服法 アイアンショットの克服法として一番容易な方法としては、得意の番手のクラブを最初につくり、そこから不得手なアイアンのスイングイメージを変えていくと良いと多くのゴルフレッスン書に書かれているゴルフスイングの基本的な手段です。 ゴルフ練習場に出向いて得意なクラブの感覚をプラスに作用させて自信につなげることが大切です。 ゴルファーなら誰もが得意なクラブはあるはずです。 そのクラブを持つシーンでは、どうしてか安心してスイングできたりします。 そのクラブがグリーンを狙える8番アイアンだったり、飛距離を出せるフェアウェイウッドだったりと人様々です。 ゴルフスイングの基本を作るのに適している基本のアイアンは、番手からいうと7番です。 この7番アイアンでどんどんトレーニングしてゴルフのフォームを固めていけばいいのです。 初心者向けのハーフセットにも含まれている場合が多いクラブですし、扱いやすさからみても、他のアイアンクラブよりも早くマスターできる人が多いようです。 しかし、人によってクラブというものはどうしても好き嫌いが出てきます。 そうであるならむしろ、積極的にその傾向を活用したほうがゴルフ上達の近道になります。 もしも、8番アイアンを手にした場合にかなりの確率でグリーンオンを狙えるだけの腕前を身に付けているのであれば、他のアイアンクラブで失敗しても、8番アイアンを持つシチュエーションになると、まるで別人のように見事なナイスショットをすることがあるものです。 スポンサード リンク 必要なのは、自信のある8番アイアンを持ったときの感覚をプラスに考えて、その自信をほかのクラブヘと広げていくことです。 具体的には、この例では8番アイアンがイメージづくりの基本のモデルとなります。 そして、3番アイアンであっても8番と同じスイング、同じリズム、同じテンポで振っていくようにトレーニングしましょう。 ゴルフ練習場で8番アイアンと3番アイアンを交互に一回ずつ打ちながら、同じ感覚でスウイングできるようになるまで繰り返してトレーニングを積むことが大切です。 このクラブを手にしたらなんとかなるというクラブを、早く見つけることは必要です。 得意クラブができてしまえば、その自信がポジティブな効果を生み出して、必ずほかのクラブのスイングにも良い影響を与えてくれるからです。 アイアンショットでのポイント アイアンショットで要求されるのは、遠くへ飛ばす技術ではありません。 ポイントになるのは如何に正確に方向性を出すかにかかってきます。 その点を考慮すると、無闇に足を使わないゴルフスイングを目指すのが良いでしょう。 アイアンショットでは、インパクトまではかかとを上げる動作は禁物です。 ベタ足状態をしっかりと維持することが必要です。 べ夕足状態をキープすることのメリットは両膝や腰の高さが安定して身体の上下動が減り、ボールと常に一定距離を保つ第一歩になることです。 クロスバンカーからのアイアンショット クロスバンカーからのアイアンショットでは、アイアンクラブを握る必要はありませんが、身体の上下動を防止する意味でアドレスでは腰を落とし気味にして、股関節をよりしっかりさせて構える意識を持ちましょう。 ボールを1個分だけなかに寄せることで、ダフリというミスショットを防ぐ効果が期待できます。 くれぐれも大振りは避けて、スリークォータースイングにするのが適当でしょう。 左足下がりでのアイアンショット スポンサード リンク ゴルフコースにスロープは付き物です。 その点が、ゴルフ練習場と大きく違います。 コースでは傾斜に合わせて、身体が低いほうへ流れるのを食い止める必要があります。 そのため、スタンスを広くして立つことが先決です。 この場合、身体の回転運動で飛ばすことは難しいことが多いものです。 体重移動も行わないで、腕の振りを中心としたスイングにするしかない場合も増えるでしょう。 飛距離を欲張ってリキミが入ると身体が起きあがったり、バランスを崩してよろけてしまいます。 前下がりでのアイアンショットの場合は、まず最初に素振りを行ってみましょう。 それによって、どの程度アイアンクラブを振ることができるのかを調べるのです。 それ以上にスイングするような無謀な冒険は避けましょう。 アドレスの体勢では手だけでボールに合わせようとしないで、両ひざを深く沈める姿勢を取りますが、その両ひざが伸びないようにスイングするのがポイントになります。 実践的なアイアンの使い方 アイアンクラブの使い方のポイントは、クラブを短く握った場面では、決してフルスイングはしないことです。 ゴルフスイングの中でもコントロール性が要求されるのがアイアンですから、無理に飛距離を欲張るのは禁物なのです。 いつもよりタイミングはもっとゆっくりと力まないでスイングしてください。 アイアンショットで失敗しないための鉄則があります。 それは、トラブルの状況だと感じたら、必ずクラブを短く握ってスイングすることを考えることです。 ここでのポイントは、中途半端な気持ちでクラブを短く持たないことです。 アイアンを短く持つということは、まず距離に関しては捨てることになります。 その決断をしたのですから、無闇に距離を欲張って大振りすることなナンセンスです。 ところが、実際には大振りするゴルファーが結構多いものなののです。 コンパクトなゴルフスイングを基本にすると決めたら、それを実行すべきなのです。 スポンサード リンク 冷静に考えれば、クラブを短くもつほうが、はるかにクラブはコントロールしやすくなるのが理屈ですが、欲が出ると、短く持つことがマイナスに働きます。 たとえば1グリップだけ短く握った場合を考えてみましょう。 すると、いつもの感じとは違うと感じるはずです。 簡単に1グリップ分短く握るとは口では幾らでも言えますが、普段からそういう状況を想定したトレーニングをしていないと、かえって短く持つほうが軸にブレが出てしまい、正しいゴルフスイングの基本から逸脱してしまうケースがあるのです。 アイアンクラブを短く持つことによって前傾角度も大きくなります。 そのため、身体が比較的起き上がりやすい癖のあるゴルファーは、ゴルフスイングの途中で耐えられなくなくなって、思わず上体が伸び上がってしまう確率が高くなるのです。 アイアンクラブを短く持ったら、決して力を込めずに普段以上にゆっくりしたリズムとテンポで、スイングするように心がけることです。 そうすれば安全策を実践した意味が生きてきます。

次の