蚊 に 刺され やすい 人 の 特徴。 蚊に刺されないための対策!知っておきたい刺されやすい人の特徴

蚊に刺されやすい人の特徴とは?【原因と対処法】

蚊 に 刺され やすい 人 の 特徴

そこで今回は、蚊の 雑学を話しつつ、刺されやすい人の 特徴をいくつか紹介していこうと思います。 O型の人が刺されやすいって本当なの!? 蚊は人が発する 分泌液で人を識別するのですが、A型・B型・O型・AB型と4種類ある血液型の中で、 O型が蚊が好むとされています。 あるチームが行った研究によると、A型の人よりもO型の人は約 2倍近く刺されやすいデータが出るほど。 という事は、O型が蚊に刺されやすいという噂は本当だと言っても良いでしょう。 しかし、何故蚊はO型を好むのかという科学的根拠はないそうです。 刺された後に腫れる理由は? 蚊に刺されると、患部がプクプクと腫れますよね。 そして腫れた部分が痒くなるはずです。 注射を刺されても腫れないのに、何故蚊に刺されたらこういった症状が表れるのか?? それは、、蚊の『 唾液』が深く関係しているんです。 蚊は人や動物を刺すときに唾液を出します。 そして、その唾液には2つの作用があります。 蚊に刺されやすい人の特徴 蚊が好む色の服を着用している 蚊が好む色があるのをご存知でしょうか?? どんな色を好むのかと言いますと、蚊は『 暗い色』つまり、黒色に反応しやすいと言われています。 蚊は目が悪く、 白と 黒の2つの色しか識別できないため、必然的に濃い黒色を好むのではないかと言われています。 黒はどんな色とも合わせやすいので、コーディネートで取り入れられる事が多いと思います。 暗い色の服を着てはダメとは言いませんが、蚊に刺されやすいなと感じた時は 明るい色 の服装で過ごすのが良いかもしれません。 体臭の強い人 先程も話しましたが、蚊は2つの色しか識別出来ないほど 目の悪い生き物です。 目が悪い分、『 嗅覚受容体 』というセンサーを使い、匂いを感知して獲物を探します。 そのセンサーに感知されやすいのが人間の 体臭。 夏には多く 汗をかくと思いますので、代謝が良い人は特に注意です。 汗の染み込んだ服は蚊にとっては最高の獲物ですからね。 これから蚊に多く刺されないためにも、暑い日は タオルを常備し、頻繁に汗を拭きとるよう心がけましょう。 ビールをよく飲む人 ビールをよく飲む人は蚊に刺されやすいんです。 理由は至って簡単で、ビールを飲むことで体温が上がり、 二酸化炭素が多く放出されるからです。 また、ビールを飲んだ後に吐く 息も蚊にとっては好みの匂いだと言われています。 しかし、蚊に刺されやすいからビールを控えろと言うのも無理だと思うので、蚊が多く出現する時期はなるべく外での飲酒は控えるようにしてください。 また、バーべーキューなどであれば、 虫よけ効果のある塗り薬 を事前に塗っておくなどの対策をしてから飲酒を楽しむようにしましょう。 刺された時に試してほしい対処法 一番手っ取り早いのは、市販されている『 ムヒ』を塗ることでしょう。 しかし、ムヒを購入していない家庭も多くあると思うので、自宅で簡単に出来る対処法をいくつか紹介します。 患部を冷やす 刺された箇所を冷やすことで 一時的に痒みを止める事が出来ます。 これは、脳が痛みよりも冷たさを優先して感知するため、一時的に痒く感じなくなります。 しかし、冷却するだけだと直ぐに痒さがぶり返してきますので、冷却後に違う処置を行うようにしましょう。 患部を密閉する 刺された箇所に 絆創膏を貼りましょう。 絆創膏が無い場合は セロハンテープで代用可 痒くなる原因は蚊の唾液だという事実をお話しましたが、唾液の痒み効果は 空気に触れることによって発症するのです。 ですので、空気に触れないようにすれば痒みが収まるというわけです。 しかし、石鹸であれば何でも良いといったわけではなく、『 アルカリ性 』の石鹸で洗うようにしてください。 何故かと言うと、蚊の唾液は 酸性で生成されているため、アルカリ性と混ぜることで 中和します。 中和してしまえば唾液の痒み効果が薄まり、患部の痒みが徐々に抑えられていくというわけです。 刺された 直後に洗ってあげると痒みを抑える効果が増大するらしいので、自宅で刺された場合は直ぐに処置するようにしましょう。

次の

蚊に刺されやすい人の特徴はコレ!男性と女性で違う?

蚊 に 刺され やすい 人 の 特徴

蚊に刺されやすい人の特徴はコレ 蚊に刺されやすい人の特徴として多いのは ・ 体温が高い人 ・ 汗をかきやすい人 ・ アルコール類を多く飲む人 ・ 糖分の高い炭酸飲料をよく飲む人 ・ 足が臭くなりやすい人 ・ 黒い服をよく着る人 などです。 体温が高い人 蚊に刺されやすい人の特徴で体温が高い人っていうのは、蚊っていうのは温度が高い場所に多く集まってきます。 なので、体温が高い人と体温が低い人では、体温が高い人の方により多く蚊が集まってきます。 蚊が多く集まりやすいっていうことは、それだけ蚊によく刺されやすくなってしまいます。 汗をかきやすい人 蚊に刺されやすい人の特徴で汗をかいやすい人っていうのは、蚊っていうのは水分が多くある場所に多く集まってきます。 汗をかきやすい人っていうのは、それだけ皮膚の表面に汗の水分が多く付着してしまっています。 更に、汗をかくことによってバクテリアなどの常在菌も皮膚の表面に多く発生してしまいますし 汗には、乳酸が多く含まれています。 蚊っていうのは、バクテリアなどの常在菌や乳酸が多く集まっている場所にも集まりやすいです。 なので、汗をかきやすい人は、水分や常在菌や乳酸などが皮膚の表面に多く溜まってしまうので蚊に刺されやすくなってしまいます。 アルコール類を多く飲む人 蚊に刺されやすい人の特徴でアルコール類を多く飲む人っていうのは、蚊っていうのは二酸化炭素のにおいに多く集まりやすいです。 ビールやお酒などアルコール類を飲むと、息を吐く時に多くの二酸化炭素を排出してしまいます。 なので、アルコール類を多く飲む人は、飲んでいない人に比べると自然と二酸化炭素の排出量が多くなり 蚊が集まりやすくなって刺されやすくなってしまいます。 そして、更にアルコールが体内に入ると、血液の循環も早くなってしまい体温も高くなりますし汗もかきやすくなってしまいますからね。 糖分の高い炭酸飲料をよく飲む人 蚊に刺されやすい人の特徴で炭酸飲料をよく飲む人っていうのは、これもアルコール類と同じで二酸化炭素を多く排出してしまうからです。 なので、コーラなど糖分の高い炭酸飲料をよく飲む人も蚊が集まりやすくなり刺されやすくなってしまいます。 スポンサーリンク 足が臭くなりやすい人 蚊に刺されやすい人の特徴で足が臭くなりやすい人っていうのは、バクテリアなどの常在菌が多く発生してしまうからです。 足が臭くなってしまう大きな原因は、足に雑菌や常在菌が多く発生してしまいイソ吉葉酸という物質を多く発生させているからです。 先ほども書いたように、蚊は常在菌が多い場所に多く集まってきてしまいます。 なので、足が臭くなりやすい人は、足の裏や足の指や足の甲など蚊に刺されやすくなってしまいます。 黒い服をよく着る人 蚊に刺されやすい人の特徴で黒い服をよく着る人っていうのは、蚊は黒や紺など濃い色に多く集まってきてしまいます。 なので、黒い服をよく着る人は、明るい色の服を着ている人よりも蚊に多く刺されやすくなってしまいます。 更に、黒い服を着ていると日光を多く集めやすくなり体温が高くなりやすいですし 体温が高くなると汗もかきやすくなってしまいますからね。 蚊に刺されやすい人の特徴は、このような人が多いです。 蚊に刺されないようにする為の対策方法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。 そして、蚊に刺されやすい人っていうのは、男性が多いのか それとも女性が多いのか 男性と女性では何か違うことがあるのか っていうと、蚊に刺されやすい人は、 男性も女性も同じです。 上記で書いた蚊に刺されやすい人の特徴に、どれか該当してしまっていると男性でも女性でも蚊に刺されやすくなってしまいます。 そして、女性の場合は、 妊娠している人は蚊に刺されやすくなってしまいます。 妊娠している人は、妊娠していない女性と比べると二酸化炭素の排出量が自然と多くなってしまいます。 なので、女性の場合は、妊娠していると蚊に刺されやすくなってしまいます。 蚊に刺されてしまった時の痒みを抑えて早く治していく為の正しい対処法については、コチラの記事に書いてあります。 蚊に刺されやすい人の特徴は ・ 体温が高い人 ・ 汗をかきやすい人 ・ アルコール類を多く飲む人 ・ 糖分の高い炭酸飲料をよく飲む人 ・ 足が臭くなりやすい人 ・ 黒い服をよく着る人 などです。 そして、男性も女性も同じように蚊に刺されやすくなってしまうので違いは特にありません ただし、女性の場合は、妊娠している人は、二酸化炭素の排出量が自然と増えてしまうので蚊に刺されやすくなってしまいます。 睡眠中に蚊に刺されないようにしていく為のおすすめの予防対策については、コチラの記事に書いてあります。

次の

蚊に刺されやすい人の特徴はコレ!男性と女性で違う?

蚊 に 刺され やすい 人 の 特徴

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ どうやって人に寄ってくるの? 彼らがターゲットを認識できるのは、生き物の吐き出す二酸化炭素に反応しているからだ。 2007年のによると、蚊には二酸化炭素を嗅ぎ分ける器官がある。 二酸化炭素は普通、肺から出た後もすぐに空気とは混ざり合わない。 煙突の煙のように、しばらくの間は一本のつながったら帯のようにして漂っているのだ。 このセンサーにより、 蚊は最大で50メートル近く離れた場所からターゲットを狙うことができるのだ。 血液型は関係あるの? Credit:depositphotos 結論から言うと、 血液型は蚊に刺されやすさに関係している。 2004年のでは、 O型の人はA型の倍、蚊に刺されやすかったとの実験結果を報告している。 では、そもそも血液型とは何なのだろうか? これは赤血球表面の糖やタンパク質の違いによるものである。 蚊が血を吸う目的は血液そのものではなく、血中のタンパク質だ。 このタンパク質の傾向が血液型により異なっていることが、刺されやすさの差異を生む原因のようだ。 また、血液型は皮膚からの分泌物の化学的組成に影響を与えている。 蚊たちはそうした皮膚上の化学物質を感じ取る能力があり、血を吸う前から対象の血液型を判断することが可能と考えられている。 皮膚の細菌叢も関係している Credit:depositphotos 他にも、皮膚上の細菌に蚊を惹き付ける要因があるとする研究報告もある。 2011年のオランダの研究者によるでは、皮膚微生物が蚊の刺されやすさに影響しているという。 人の汗などは本来無臭のものだが、細菌の作り出す化学物質と混ざることで臭いを引き起こす。 蚊を誘引しているのは、この特定の化学物質だ。 つまり人の 皮膚上に築き上げられた細菌コロニーが、蚊を惹き付ける人と、そうでない人の差を生んでいるというわけだ。 皮膚細菌に蚊の誘引効果があることを示した研究は、他にも日本の高校生がアマチュア研究者としてを行っている。 彼は家族の中でもっとも蚊に刺されやすい妹の靴下に、蚊が強い反応を示したという例を上げている。 そして、妹の足は無臭だが、足の臭い父親よりも、蚊が引きつけられていたことから、その 原因が皮膚上に潜む細菌の種類に依存しているのではないかという結論を出した。 実際、妹の足をアルコール消毒などして細菌を減らしたところ、蚊に刺される頻度が大きく減ったという。 これについては、先のオランダの研究でも指摘されており、同じ家族であっても皮膚の細菌コロニーには違いが生まれるため、例え父と娘の間であっても生成される化学物質が異なり、蚊に刺される頻度に影響してくるという。 蚊を惹き付ける要因は 二酸化炭素や汗、体温? Credit:pixabay 蚊は二酸化炭素を追う傾向があるため、 運動したあとや、もともと呼吸が荒い人などは狙われやすい。 ただ、蚊が二酸化炭素を頼りにするのは遠距離の場合だ。 ターゲットから1メートルほどの距離まで接近すると、犠牲者の選別は個人的な要因へと変化していくという。 それは上で述べた血液型や、皮膚から発散される化学物質が主な要因になる。 汗をかきやすい人は、化学物質の発散量も増すため、蚊を引き寄せる要因になる。 また体温が高いことも蚊を引き付ける原因になるだろう。 また、この他にも飲酒した人間が蚊に刺されやすくなるというもある。 ただ、この研究では飲酒によって有意に体温や汗中エタノール濃度などの変化を確認できなかったとしており、飲酒が蚊の誘引を引き起こした理由については謎だと結論している。 結局対策はあるのか? はっきり言うと、血液型や皮膚の細菌叢を変更することは不可能だ。 皮膚細菌は消毒や洗浄で落とすことが可能だが、皮膚の常在菌へダメージを与えるような対策を安易に多用するのは危険が伴うだろう。 こうなってくると、もう蚊に刺されやすい人は諦めるしかなさそうにも思える。 しかし、こうした研究を報告する多くの研究者たちが推奨している対策方法が存在する。 それが服の色だ。 これはかなり古くから知られているである。 蚊はかなり視力が良いことが知られており、 黒い色を好む傾向がある。 そのため 明るい色の服を選ぶことは良い対策になるはずだ。 「おいおい、ここまでの数々の研究報告はなんだったんだ」と思わなくはないが、やはり一番実行しやすい対策がもっとも効果的ということだろう。 結論としては、 O型で息が荒く、体温が高くて汗かき、かつ蚊が好む皮膚細菌コロニーを持ち、黒い色の服を好む人は蚊に刺されやすい可能性があるということだ。 心当たりのある人たちは注意しておこう。

次の