多重 録音 アプリ。 多重録音ができるアプリ「4XCAMERA」名前は難しいけど操作は超簡単

弦楽器のiPhoneでの多重録音【準備編】

多重 録音 アプリ

久しぶりにアプリの記事です。 最近はまっているアプリありますか。 私はどうぶつタワーにはまっています。 話題に上がっているのはもちろん存じておりましたが、そんなにおもしろいか?と食わず嫌いをしていました。 普通に面白いです。 最高に面白いです。 やっぱり流行るものにはしっかりと流行るなりの理由があるわけですね。 さて今回ご紹介するのは少し変わったアプリ。 画面分割で多重録音ができるアプリです。 ローランド株式会社からiPhone/iPadだけで画面分割の本格的な演奏動画を簡単に作成できるアプリ『4XCAMERA フォーエックスカメラ 』 iOS版 が、2018年1月8日 月 よりApp Storeで配信開始されました。 最近配信されたばかりのアプリですが見てみましょう。 各パートをひとりで演奏して多重録画できる 例えば、ギターの演奏動画を撮り、その動画をガイドにヘッドホンで聴きながら、別の楽器や違うパートの演奏動画を録画。 ユニークな演奏動画を作成することができます。 多重録音、動画投稿サイトでもよく見かけますね。 録音作業を行い、動画編集ソフトを使用して、と少し難しそうなイメージがありますが、このアプリならタップ一つで簡単に作成することができます。 アプリならではの簡単な操作性。 2つ以上の動画を1つの動画にまとめることができるので演奏動画で使用する以外にも、旅先での思い出動画やお祝いメッセージとしての動画などの作成にも使えそうです。 音量調整、トリミング、位置調整などの操作も簡単でわかりやすいので誰でも使うことができます。 好きな曲を聴きながら、コピー演奏の動画を作成できる アプリ内でiPhoneやiPad上の曲にアクセスできるので、原曲をガイド・トラックとして使用できます。 原曲をヘッドホンで聴きながら、自分の演奏やボーカルを動画撮影。 動画には自分の演奏しか録音されないので、気分を盛り上げながらコピー演奏の動画を作成できます。 撮影時に音符マークのボタンがあるのでそこから好きな曲を選びます。 選んで録画のボタンを押すと選択した音楽がスマホから流れてきます。 イヤホンやヘッドホンを挿さないとスマホから音楽が流れてしまうので注意してください。 ワイヤレスイヤホンなんかと接続すればコードも邪魔にならなくていいかもしれません。 録音する媒体がスマホになるので音質などこだわる方は専用機器やPCソフトからの録音をオススメします。 あくまで簡易的に超簡単にできるというのが本アプリの魅力なのです。 遠く離れたバンド仲間と「ミュージック・ビデオ」を作成できる 海外など遠く離れた仲間と一緒に「ミュージック・ビデオ」を作ることもできます。 ドラムなどガイドとなる動画を撮影し、その動画をクラウドに保存したりメールで送ったりして、メンバーとシェア。 各メンバーは、動画の曲をイヤホンで聴きながら、自分のiPhoneやiPadで演奏動画を録画、すべてのメンバーの動画をアプリ内のアルバムに保存してお好みのレイアウトに整えれば、バンドオリジナルの「ミュージック・ビデオ」が完成します。 バンド活動もクラウド化できてしまうという。 まさに現代的バンドマン。 先ほど書いた通り、演奏だけでなく動画を組み合わせることができるアプリなので他のことにも使えるかなと思います。 演奏動画の編集アプリとしての魅力をお伝えしましたが、正直な感想といいますか触ってみた感じだと演奏に特化してるとはまだ言いづらいかもしれません。 今のところ、細かい音の設定、エフェクトの挿入、BPM調整などの機能は携えておりません。 まだリリースしたばかりのアプリなので今後の追加機能に期待したいところですね。 逆を言えば気軽に誰でも簡単にできるというがこのアプリの魅力なのかもしれませんが。 簡単に録音ができて、簡単にSNSにアップできる。 期待のRolandからリリースされたこのアプリ。 面白いことは間違いないので気になる方は覗いてみてはいかがでしょう?.

次の

アカペラの一人多重録音方法や使用機材をご紹介!ハモネプ風の動画のとり方も!

多重 録音 アプリ

久しぶりにアプリの記事です。 最近はまっているアプリありますか。 私はどうぶつタワーにはまっています。 話題に上がっているのはもちろん存じておりましたが、そんなにおもしろいか?と食わず嫌いをしていました。 普通に面白いです。 最高に面白いです。 やっぱり流行るものにはしっかりと流行るなりの理由があるわけですね。 さて今回ご紹介するのは少し変わったアプリ。 画面分割で多重録音ができるアプリです。 ローランド株式会社からiPhone/iPadだけで画面分割の本格的な演奏動画を簡単に作成できるアプリ『4XCAMERA フォーエックスカメラ 』 iOS版 が、2018年1月8日 月 よりApp Storeで配信開始されました。 最近配信されたばかりのアプリですが見てみましょう。 各パートをひとりで演奏して多重録画できる 例えば、ギターの演奏動画を撮り、その動画をガイドにヘッドホンで聴きながら、別の楽器や違うパートの演奏動画を録画。 ユニークな演奏動画を作成することができます。 多重録音、動画投稿サイトでもよく見かけますね。 録音作業を行い、動画編集ソフトを使用して、と少し難しそうなイメージがありますが、このアプリならタップ一つで簡単に作成することができます。 アプリならではの簡単な操作性。 2つ以上の動画を1つの動画にまとめることができるので演奏動画で使用する以外にも、旅先での思い出動画やお祝いメッセージとしての動画などの作成にも使えそうです。 音量調整、トリミング、位置調整などの操作も簡単でわかりやすいので誰でも使うことができます。 好きな曲を聴きながら、コピー演奏の動画を作成できる アプリ内でiPhoneやiPad上の曲にアクセスできるので、原曲をガイド・トラックとして使用できます。 原曲をヘッドホンで聴きながら、自分の演奏やボーカルを動画撮影。 動画には自分の演奏しか録音されないので、気分を盛り上げながらコピー演奏の動画を作成できます。 撮影時に音符マークのボタンがあるのでそこから好きな曲を選びます。 選んで録画のボタンを押すと選択した音楽がスマホから流れてきます。 イヤホンやヘッドホンを挿さないとスマホから音楽が流れてしまうので注意してください。 ワイヤレスイヤホンなんかと接続すればコードも邪魔にならなくていいかもしれません。 録音する媒体がスマホになるので音質などこだわる方は専用機器やPCソフトからの録音をオススメします。 あくまで簡易的に超簡単にできるというのが本アプリの魅力なのです。 遠く離れたバンド仲間と「ミュージック・ビデオ」を作成できる 海外など遠く離れた仲間と一緒に「ミュージック・ビデオ」を作ることもできます。 ドラムなどガイドとなる動画を撮影し、その動画をクラウドに保存したりメールで送ったりして、メンバーとシェア。 各メンバーは、動画の曲をイヤホンで聴きながら、自分のiPhoneやiPadで演奏動画を録画、すべてのメンバーの動画をアプリ内のアルバムに保存してお好みのレイアウトに整えれば、バンドオリジナルの「ミュージック・ビデオ」が完成します。 バンド活動もクラウド化できてしまうという。 まさに現代的バンドマン。 先ほど書いた通り、演奏だけでなく動画を組み合わせることができるアプリなので他のことにも使えるかなと思います。 演奏動画の編集アプリとしての魅力をお伝えしましたが、正直な感想といいますか触ってみた感じだと演奏に特化してるとはまだ言いづらいかもしれません。 今のところ、細かい音の設定、エフェクトの挿入、BPM調整などの機能は携えておりません。 まだリリースしたばかりのアプリなので今後の追加機能に期待したいところですね。 逆を言えば気軽に誰でも簡単にできるというがこのアプリの魅力なのかもしれませんが。 簡単に録音ができて、簡単にSNSにアップできる。 期待のRolandからリリースされたこのアプリ。 面白いことは間違いないので気になる方は覗いてみてはいかがでしょう?.

次の

Acapella というアプリが面白いので…

多重 録音 アプリ

Acapellaは多重録音が簡単に楽しめるアプリです。 外出自粛が必要な今、おうちじかんを充実させるのにかなり有効ですので、音楽が趣味の人は是非試してください。 Acapella は版もあり、試してみましたが、こちら()のように機能が低く、直ぐにを購入しました。 ちなみにはモデルでも十分で、Kumaさんはのでたまに繋ぐ程度で間に合ってます。 を買って早速 Acapella をダウンロードしました。 巷の噂では無料版でも 1 分まで楽しめるはずだったのですが、どうやっても 30 秒までしか試せませんでした。 そんなことは深く追求せず、この時点でハマることが確定していた Kuma さんはフルパッケージで課金。 年間 5500 円ぐらいだったと思います。 この機能でこのお値段ならお得だと思います(無料版でも十分遊べます)。 Acapella の使い方や機能については、いろんな人が紹介してるので調べてみてください。 操作で難しいことは特になく直感的に操作できるので、直ぐに慣れると思います。 多重録音は、全国の部員、団員にとてもオススメです。 録ってみてまず始めに感じるのが、タテのズレです。 どんなに気をつけて吹いても、なかなか揃わないフレーズがあり、詰まりやすい音形や遅くなりやすいフレーズなど、自分の癖を確認できます。 そして、合奏で如何にいい加減に吹いてたかを痛感します。 タテが合うとピッチが気になります。 他のパートを聴きながら吹くこともでき、全部のパートを録ってからボリューム調整もできるので、例えば 3 音が根音に対してどの程度、低く弱く吹いたら良いかなど、体感できます。 って周りに勧めてるんですがなかなか浸透しません 😅。 Acapella に必要なもの ・ または ・イヤホン・・・初めは 100 均で十分です。 マイク付きのイヤホンだとブレス音が入るのでマイク無しがよいです。 Acapella にあったほうが良いもの ・ ・・・今まで何個か買いましたが、初めはこれで十分。 ・ ・・・初代のマイクが壊れたのでちょっと良いマイクを買いました。 ・ ・・・狭い部屋で吹いて場合などに役立ちます。 ・ ・・・オススメのアプリです。 無料なのにプログラムが出来てrit. を合わせる時などに重宝します。 ・・・・フローリングの部屋など、反響音が大きい場合は高いマイクを買うより効果的だと思います。

次の