デリケート ゾーン でき もの かゆい。 デリケートゾーンのかゆみだけなら市販薬でも治せる?おすすめサプリも

【医師監修】女性の陰部(デリケートゾーン)のかゆみの原因と改善方法|市販薬に効果はある?

デリケート ゾーン でき もの かゆい

身体の中でも とっても大切な部位であるデリケートゾーン 陰部。 自分の身体の一部なのに、きちんとした知識があるという人は意外と少ないのでは。 「ちょっと変だな」という違和感やトラブルが起こったときのためにも、デリケートゾーンについての正しい知識を身につけておきましょう。 恥骨のカーブに沿う、なだらかな丘が恥丘です。 尿道や腟の入口をやわらかく覆って保護します。 血管組織が豊富なため、打撲や小さな外傷でも腫れあがることがあります。 前側に尿道口、後ろ側に腟口があります。 小さな隆起ですが、男性のペニスに相当します。 膀胱から繋がっていて、尿が放出される出口です。 柔らかい粘膜でできていますが、タンポンの挿入や性行為に耐えられるだけの柔軟性と強靭さがあります。 強靭で、分娩の時は赤ちゃんの頭が出られるだけの伸縮性があります。 トリコモナス腟炎 かゆみ症状 強いかゆみ おりもの の状態 ・泡沫状で黄緑・異常な黄色 ・強い悪臭 ・量が多い その他症状 灼熱感・刺激感 主な 原因・誘因 性交渉による感染がほとんど 萎縮性腟炎 かゆみ症状 -(かゆみが起こる人も) おりもの の状態 -(雑菌が増えて、灰白色になることも) その他症状 性交痛 主な 原因・誘因 加齢(主に閉経前後から)に伴う腟の粘膜の乾燥・萎縮 乾燥して、バリア機能が低下して炎症を引き起こす 性器ヘルペス かゆみ症状 痛がゆい おりもの の状態 -(変化なし) その他症状 水疱(水ぶくれ)ができる 水ぶくれが破れて、びらん(ただれ)ができることも 主な 原因・誘因 初発の場合は、性交渉によるウイルス感染がほとんど クラミジア かゆみ症状 -(かゆみを伴うこともある) おりもの の状態 無症状~水っぽいものが増えることも その他症状 性交痛、腹膜炎による 下腹部痛、発熱 主な 原因・誘因 性交渉による感染がほとんど 細菌性腟症 かゆみ症状 軽度~強いかゆみ おりもの の状態 ・灰色がかった色で、水っぽい ・量が多い ・魚の腐ったようなニオイ その他症状 刺激感 主な 原因・誘因 腟内の善玉菌が減るなど、細菌バランスの乱れ ムレなど高温多湿な状態 かゆみを伴わないもの.

次の

デリケートゾーンがかゆい!かぶれの症状や原因、性器の悩み解決法は?

デリケート ゾーン でき もの かゆい

[目次]• 女性の陰部(デリケートゾーン)のかゆみの原因 まずは、陰部(デリケートゾーン)にかゆみが出る原因をご紹介します。 陰部がかゆくなる原因は、大きく分けて• 蒸れや摩擦などによるもの• なんらかの病気によるもの の2つが考えられます。 ここでは、病気以外の陰部のかゆみの原因は以下になります。 下着やタイツなどの締め付けで汗をかきやすい 下着で常に覆われているデリケートゾーンは、蒸れやすい部位です。 そのうえ、 ストッキングやタイツなどの締め付けがあるため、非常に蒸れやすい状況下にあります。 さらに、 生理になればナプキンをつけ続けることになるため、さらに 蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい状況になます。 夏に汗をかいたとき、そのまま放置すると汗のたまる場所がかゆくなることもあるでしょう。 それと同じく、肌が蒸れた状態が続くとかゆみの原因となります。 おりものによる痒み 汗などによる肌の蒸れやナプキンのほか、 おりものもデリケートゾーンのかゆみを引き起こす原因となります。 蒸れた肌は、ふやけて刺激に弱くなっています。 そこにおりものが付着したり、おりものが付着した下着などが接触していると、肌のダメージとなり、かゆみを引き起こす原因となります。 おりものの量や状態は、生理周期によって変わります。 特に、 おりものの量が増えるのは排卵期前後で、この時期のおりものは透明でドロッとした状態です。 また、10代のうちは女性ホルモンの分泌が安定せず、おりものの量も不安定です。 長い・濃い陰毛による蒸れ 陰毛は、デリケートゾーンの蒸れの原因のひとつでもあります。 陰毛が長すぎたり濃かったりする場合、悪くなりがちな 通気性がさらに悪くなり蒸れる可能性があるのです。 また、 生理のときに陰毛に付着した経血が刺激となって、デリケートゾーンのかゆみを引き起こす場合もあります。 一方で、間違った陰毛処理の結果、デリケートゾーンのかゆみを引き起こす場合もあります。 カミソリやハサミで陰毛を処理すると 毛の先端がとがり、それが刺激となってかゆみを引き起こすのです。 また、カミソリで陰毛を剃ったときに、陰毛だけでなく皮膚の表面にもダメージが加えられ、かゆみにつながる場合もあります。 ホルモンバランスや病気などによる免疫力の低下 免疫力の低下は、後述する病気を招きやすくなる要因です。 特に、カンジダ症は免疫力の低下が発症の原因のひとつとされています。 免疫力の低下を招く要因として、以下のことが考えられます。 更年期などによるホルモンバランスの変化• 抗生物質の使用• ステロイド剤の使用• ストレス• 寝不足 免疫力の低下は、デリケートゾーンのかゆみを引き起こす病気のみならず、さまざまな病気への抵抗力が落ちている状態ともいえます。 下着の摩擦による肌への刺激 デリケートゾーンでは、蒸れによって肌がふやけ、角質の肌バリア機能が低下しがちです。 すると、 下着との摩擦や、 雑菌、尿、おりものといった多少の刺激であっても肌へのダメージが大きくなり、かゆみにつながります。 また、 化学繊維の下着は肌に刺激を与えやすい傾向があります。 生理前の膣内環境の変化 生理前になると、女性ホルモンのバランスの変化にともなって、 膣内の環境が変わります。 それによって膣内に病原菌が入りやすくなり、かゆみが出やすくなるとされています。 膣内では、乳酸菌を増やすことでほかの病原菌が増殖しにくい環境を作っています。 その乳酸菌が生理前には少なくなるため、病原菌などが通常より増殖しやすい状態となるのです。 妊娠中も免疫力が低下しかゆみが出ることも 妊娠中は免疫力が低下しやすい時期です。 これは、妊娠中にホルモンバランスが急激に変化することが原因となっています。 そのため、デリケートゾーンの かゆみを引き起こす病気にもかかりやすくなる傾向があります。 また、妊娠中の免疫力低下は、デリケートゾーンのかゆみを引き起こす病気に限らず、風邪(かぜ)や虫歯などさまざまな病気にかかりやすくなる要因ともなります。 陰部の痛み・痒みが出る病気とは デリケートゾーンのかゆみを引き起こす病気にはどのようなものがあるのでしょうか。 それぞれの主な特徴をご紹介します。 かゆみの他に白いおりものが見られる膣カンジダ 膣カンジダは、性器カンジダともいわれる病気で、 カンジダというカビの一種が原因となっています。 カンジダは、女性器の周辺や口の中などにいる常在菌の一種で、健康なときには増殖しません。 しかし、なんらかの要因で免疫力が低下すると増殖し、患部に炎症を起こします。 デリケートゾーンや膣に強いかゆみが出るほか、 ヨーグルト状やカッテージチーズ状などの白いおりものが多く出るようになります。 かゆみ、ヒリヒリした痛みが出る性器ヘルペス ヘルペスウイルスへの感染で起こる病気です。 特に、初めて感染したときに症状が重くなりがちです。 デリケートゾーンのかゆみのほかに、 ヒリヒリとした痛みや灼熱感が出ます。 また、赤い発疹や激しい痛みも特徴的で、女性の場合は 排尿できないほどの痛みが出る場合もあります。 適切な薬を使えば1週間ほどで治るとされています。 黄色いおりものや臭いもあるトリコモナス膣炎 トリコモナス膣炎とは、 トリコモナスという原虫が膣に感染して炎症を起こす病気です。 デリケートゾーンのかゆみのほか、黄色くにおいのあるおりものが出てきます。 また、 悪化するとおりものの色が濃い黄色や緑色になります。 放置すると原虫が尿道にも感染して尿道炎を起こすこともあるうえに、 不妊などの原因にもなりえます。 性行為などで感染する毛じらみ しらみというと、昔の病気というイメージを持っている方もいるかもしれません。 しかし、主に陰毛に寄生するしらみの一種である毛じらみの感染症で陰部のかゆみが生じる方も多いといわれています。 強いかゆみがあるものの湿疹や赤みは出ません。 また、性行為などで感染します。 ここまで陰部のかゆみの原因について見てきました。 なんらかの病気が原因であれば、すみやかに病院を受診すべきですが、それ以外が原因のかゆみの場合は、ちょっとしたことを心がけるだけでも改善される場合があります。 次は、自分でできる陰部のかゆみの改善方法について見てみましょう。 陰部がかゆいときの改善方法 陰部のかゆみについて自分でできる方法として、おもに以下の4つがあげられます。 陰部を清潔に保つ• こまめにナプキンを取り替える• 通気性のよい下着を着用する• 陰毛を剃る それぞれについてご説明します。 デリケートゾーン専用石けんなどで清潔に保つ まず大切なのが、 陰部を清潔に保つことです。 汗や蒸れ、付着したおりものや経血をそのままにしておくことが陰部のかゆみにつながることから、石けんなどで適切に洗うようにしましょう。 しかし、洗いすぎると本来身体が持っているデリケートゾーンの殺菌作用を弱めることになります。 これは、石けんが弱アルカリ性なのに対してデリケートゾーンは酸性であるため、この酸性度が弱まってしまうためです。 そのため、陰部を洗うときには デリケートゾーン専用の石けんを使用することをおすすめします。 生理中はこまめにナプキンを取り替える ナプキンに経血が付着した状態が続くと、そこで細菌が繁殖しかゆみの原因となります。 2~3時間に1回は交換するようにしましょう。 また、生理中以外にも パンティライナーやおりものシートと呼ばれるアイテムを使うことをおすすめします。 おりものは、年代や生理周期によって量が異なりますが、下着に付着したままにするとかゆみの原因となります。 特に、 おりものの量が増える排卵期にはおりものシートをつけ、こまめに取り替えるようにしましょう。 通気性のよい肌にやさしい下着をつける 普段身につける下着の素材などにも着目してみましょう。 ナイロンなどの化学繊維でできた下着は、蒸れや刺激を起こすことから陰部のかゆみの原因となることをご紹介しました。 まずは、 締め付けないタイプの下着を選んでみましょう。 日中は補正下着で締め付けることの多い方でも、その分、 夜は締め付けないタイプの下着を選ぶなど、できる工夫をしましょう。 また、 綿や麻といった天然素材は通気性がよく、刺激も少ないのでおすすめです。 長い・濃い陰毛を剃る 蒸れの原因となることから、陰毛を処理するのも陰部のかゆみの改善方法になります。 しかし、前述したように間違った方法で処理をしてしまうと、かえって皮膚に刺激を与えかゆみが出ることもあり注意しましょう。 自己処理をする場合は、• ヒートカッター• VIOゾーン専用のシェーバー を使って、 毛先が丸くなるように処理することをおすすめします。 また、 脱毛サロンやエステなどでVIO脱毛を行っているところも増えているため、自己処理に不安がある場合や、陰毛の量で悩んでいる場合などは相談してみるのもよいでしょう。 感染による陰部のかゆみは病院で治療を デリケートゾーンのかゆみは、しばらく放置したり前述した方法を行うことで改善することもあります。 しかし、細菌などへの感染によって陰部のかゆみが生じている可能性が考えられる場合は、早めに産婦人科を受診したほうがよいでしょう。 産婦人科を受診する目安として、以下のことが考えられます。 夜も眠れないほどかゆみが強いとき• おりもののにおいが強いとき• カッテージチーズ状のおりものがあるとき• 黄色や緑色のおりものが出てきたとき 産婦人科での検査・診断 産婦人科では、まず内診でおりものを採取し、なんらかの感染症がないか検査します。 早ければその場で診断がつくこともありますが、検査結果が出るまで1週間ほどかかることもあります。 病院によっては、自身でおりものを採取してもよい病院もあります。 内診に抵抗がある場合は相談してみましょう。 治療費はどのくらいかかる? 検査と治療にかかる費用は、保険で 3割負担の場合は5000円以内と考えておけばよいでしょう。 検査の結果、なんらかの病気が原因と判明した場合、 塗り薬や膣に挿入するタイプの抗生剤などが処方されます。 では、実際に産婦人科ではどのような薬が処方されるのでしょうか。 陰部のかゆみを解消する処方薬 陰部の病気の場合、産婦人科では以下のような薬を処方されます。 膣錠 膣カンジダやトリコモナス膣炎が予想される場合、膣に挿入するタイプの抗生剤が処方されます。 内服薬 トリコモナス膣炎や膣カンジダの場合、飲み薬が処方されることもあります。 トリコモナス膣炎の場合は抗原虫薬が、 膣カンジダの場合は抗真菌薬が処方されます。 軟膏 かゆみが強い場合やアレルギーがかゆみの原因である場合、 ステロイドの軟膏が処方されることがあります。 また、膣カンジダの場合は抗真菌薬の塗り薬が陰部のかゆみの治療のために処方されます。 専用シャンプー 毛じらみの治療のために処方される、毛じらみを死滅する薬が配合されたシャンプーです。 卵には効果がなく、生きた虫に効果を発揮するため、 2~3週間ほどシャンプーを使用し治療を行ったら医師に虫がいないか確認してもらう必要があります。 市販薬の効果と注意点 上記はすべて病院で処方してもらう薬ですが、膣カンジダに関しては、 再発したときに使用できる市販薬もあります。 ただし、 再発性膣カンジダの治療薬をきちんと選んで使用することが大切です。 かゆいからといって、膣カンジダに市販のかゆみ止めやステロイドを安易に使用すると、悪化を招くことにもなりかねません。 膣カンジダをはじめ、病気が疑われる症状が現れたら、 市販薬で何とかするのではなく、産婦人科できちんと治療しましょう。 自己判断は間違いのもとです。 まとめ デリケートゾーンの最大の悩みといえるかゆみには、さまざまな原因があります。 病気以外の要因でかゆみが起きている場合は時間が経つにつれてかゆみがなくなることもありますが、なんらかの病気が原因の場合は、 病院で適切な治療を受けることが、早くかゆみを解消できる方法です。 また、病気によっては不妊につながる可能性もあります。 くりかえしとなりますが、陰部のかゆみとあわせて以下のような症状がある場合は、婦人科を受診しましょう。 陰部のかゆみが我慢できないほど強いとき• おりものが白いヨーグルトやカッテージチーズのような状態のとき• 黄色や緑色のおりものが出たとき• おりもののにおいが普段よりきついとき また、陰部のかゆみに自分でできる対処法として、 デリケートゾーン専用の石けんで陰部を清潔に保つようにしたり、 ナプキンやパンティライナーをこまめに取り替えたり、 下着の素材を見直したりなどがあげられます。 陰部のかゆみが気になる場合には、このようなセルフケアもとり入れつつ、気になる症状があれば病院を受診しましょう。

次の

デリケートゾーンにできもの?痛い場合の解決方法は?

デリケート ゾーン でき もの かゆい

デリケートゾーンの範囲とは? デリケートゾーンは、よくVIOと言われ3部位に分かれています。 VIOそれぞれの範囲を見てみましょう。 Vライン Vラインはビキニラインに生えている毛で、前から見ておへその下から足の付け根までの範囲を言います。 Vラインは欧米の女性は全てなくしてツルツルに処理する方が多いですが、日本人女性は自然な感じで毛量を減らしたり、生えている範囲を小さくするように処理する方が多いです。 公衆浴場や旅行先での人目を気にして残す方もいますが、男性にも自然な感じで減らす形の方が評判はいいです。 Iライン Iラインは陰部の両サイドに生えている毛です。 本来は陰部を守るために生えていますが、毛があることで菌が付着しやすく、臭いやかゆみの原因になることもあるので全部処理する方は多いです。 全部処理すれば見た目もスッキリし、お手洗いの後や生理中のお手入れが楽になるので衛生的にいられます。 なくても困らない毛なのでツルツルにしても問題ありません。 Oライン Oラインの毛は肛門周りに生えている毛のことを言います。 Oラインの毛も肛門を守るために生えていますが、なくても問題ありません。 IラインとOラインは全部なくしてツルツルにする方が多いです。 デリケートゾーンを自宅で処理するメリット・デメリット デリケートゾーンを自宅で処理している方は多いですが、メリットとデメリットの両面があります。 デメリットも知って、デリケートゾーンの処理で失敗や後悔のないようにしましょう。 メリット• いつでも気軽にできる• 誰にも見られずにできる• 恥ずかしくない デリケートゾーンの処理を自宅でするメリットは、いつでも自分の好きなタイミングでできるところですね。 水着になる前や、ショーツからはみ出た毛が気になってもすぐに処理できます。 また、脱毛サロンとは違って誰にも見られずに処理できるので、恥ずかしさもありません。 脱毛サロンで脱毛してもらうとなると、見られる恥ずかしさもありますが、「汚れが付いていたらどうしよう・・・臭っていないかな?」などの余計な心配をすることもあります。 自分で処理すれば何も心配することなくいられるので、気持ち的にも楽かもしれません。 デメリット• 見えづらく手が届きにくい• 処理しきれないこともある• 誤ってケガをすると痛い デリケートゾーンを自分で処理するデメリットは、IOラインは自分からは見えづらいく手が届きにくところです。 鏡を使って見えやすい角度でできればいいですが、慣れないうちや体が硬いと無理な体勢になるので難しいです。 見えずらいので剃り残しをしてしまうこともあります。 また、IOラインは粘膜に近いため皮膚が薄いので、うっかり傷つけてしまう恐れがあります。 菌の繁殖しやすい部位なので、傷付けないように処理するアイテム選びも重要です。 デリケートゾーンを自宅で処理する方法 デリケートゾーンを自宅で処理する方法は5つあります。 それぞれの処理方法やメリットとデメリットを見ていきましょう。 カミソリ• 電気シェーバー• ブラジリアンワックス• 電熱シェーバー• 家庭用脱毛器 カミソリ カミソリは安価で手に入りやすいので、初めてデリケートゾーンを処理したのはカミソリだったという方は多いです。 T字やI字があって扱いやすいので、見えやすいVラインの処理はしやすいです。 しかし、使いやすいが上に切れやすいので、IOラインの処理にはあまり向いていません。 電気シェーバー 電気シェーバーは刃にガードが付いているのでカミソリより安全に処理できます。 アタッチメントで毛の長さを調整できるものもあるので、1つ持っていると便利ですね。 お肌を守りながら処理できるので、IOラインにも使いやすいです。 ただ、毛をカットするので伸びてきた毛の毛先が鋭くなるため、IOラインはチクチクして痛くなることもあります。 ブラジリアンワックス ブラジリアンワックスは、はちみつや松ヤニからできたワックスを溶かして脱毛したい部分に塗り、乾いたら一気に剥がして毛を抜く脱毛方法です。 エステサロンのメニューにありますが、セルフでできるキットが売られているので、自宅でできます。 刃を使わない方法なので安全ではありますが、塗るのが難しかったり、ワックスが違うところに付いてしまったりなど結構大変です・・・。 しかも一気に剥がすため痛みがあります。 慣れればキレイに仕上がりますが、デリケートゾーンの自己処理としてはあまり向いていません。 電熱シェーバー 電熱シェーバーは、電気シェーバーと違い毛を熱で切り取る方法です。 毛をカットするわけではないので根元からの処理はできません。 熱で切り取るため、毛先が細くなるため肌に当たってジョリジョリすることはありません。 剃ってツルツルにするよりも、毛の量を自然な感じで減らしたい方に向いている自己処理方法です。 家庭用脱毛器 脱毛は脱毛サロンや脱毛クリニックに行かなくても自宅でできます。 家庭用脱毛器なら簡単操作で脱毛できるので、脱毛サロンに行きたいけど恥ずかしい方や、忙しくて時間のない方でもOKです。 照射する前にシェービングをしますが、定期的に照射することで毛が細くなり、発毛するスピードが遅くなるのでお手入れが楽になります。 おすすめの家庭用脱毛器をご紹介! 自宅で誰にも見られずに脱毛できる家庭用脱毛器ですが、色々種類があるので迷ってしまいますよね。 そんな方には、ハンディタイプで使いやすい「ドクターエルミスゼロ」がおすすめです。 操作方法も簡単で、ボタンを押すだけで照射レベルを自動で調整するので、難しいことはありません。 機械が苦手な方でも安心して使えます。 また、1台で脱毛と美肌ケアのできる優れものです。 脱毛用とフェイス用のアタッチメントがあるので、付け替えるだけで2種類のケアができます。 それではドクターエルミスゼロの詳細について見ていきましょう。 ドクターエルミスゼロの脱毛効果とは? 家庭用脱毛器のドクターエルミスゼロは、コンパクトでありながら、脱毛サロンで使われている脱毛器と同じレベル照射ができます。 照射する部位や単発照射・連続照射の選択も液晶ディスプレイを見ながらできるので簡単です。 面倒な設定がないので、脱毛したいときにすぐに取り掛かれるのがいいですね。 照射する部分になでるように当てれば脱毛できるので、手の届きにくいデリケートゾーンにも使いやすいです。 ドクターエルミスゼロの脱毛は脱毛サロンとどう違う? ドクターエルミスゼロと脱毛サロンを比較してみましょう。 脱毛サロンは日本一店舗数が多く、料金が安いことで有名なミュゼプラチナムと比較してみます。 まずはミュゼプラチナムのVIOの脱毛料金を見てみましょう。 VIOの各部位と、セットプラン、VIOを含んだ全身脱毛の料金です。 デリケートゾーン4回分の61,200円よりも安いので、4回も使えば元が取れてしまうということですね。 しかも、デリケートゾーンだけでなく、全身にも美肌ケアとしても使えるので、かなりコスパがいいです。 また、ミュゼプラチナムは予約して来店しないと行けず、スタッフが照射するのでデリケートゾーンを見られてしまいます。 恥ずかしくないように配慮してくれますが、慣れるまではやはり恥ずかしいですよね・・・。 ドクターエルミスゼロなら自分一人で脱毛できるので、誰にも見られずに恥ずかしい思いをすることなくデリケートゾーンの脱毛ができます。 安く、しかも自分で脱毛したい方にドクターエルミスゼロはおすすめの家庭用脱毛器です! まとめ デリケートゾーンの処理方法や、自宅でできる脱毛についてご紹介してきましたがいかがでしたか? 家庭用脱毛器があれば好きな時に簡単に脱毛でき、定期的に継続することで毛のない状態を長く維持することができます。 デリケートゾーンのシェービングを繰り返している方は、脱毛してしまった方がお手入れが楽になるのでおすすめです。 脱毛して見た目もスッキリし、いつも衛生的でいられるので、デリケートゾーンを自宅で処理している方は、家庭用脱毛器も検討してみてくださいね!.

次の