世界 最 弱 の オセロ ai。 はじめしゃちょー(hajime)

はじめしゃちょー(hajime)

世界 最 弱 の オセロ ai

世界最弱のオセロAI作りました すでにたくさんの方にプレイされて、いまの戦績は5勝2110敗4引き分け! 負けられるなら負けてみてくれ!— 吉田 拓真 TakuAtCoder1 このAIを使ったゲームが、7月25日の夜に公開された「最弱オセロ」。 リリースされてから間もない、7月25日の22時52分時点では「5勝2110勝4引き分け」と、AIが圧倒的に負けている。 そして、公開されてから約7日経った、8月1日の19時00分時点では「1729勝465804敗73引き分け」と、勝ち数は増えたものの、圧倒的に負けている。 一体、何のために作ったのか? 「最弱オセロ」の開発者でAVILENのCTO、吉田拓真さんに開発した理由を聞いた。 当時、囲碁AI「アルファ碁」が出てきて、自分も同じようなものを作りたいと思い、興味を持ちました。 それに加え、ディープラーニング(深層学習)の勉強もしたかった、という面もあります。 その動画もAIを使っていて、そのAIは負けようとはしてくるのですが、それほど弱くはなかったため、もっと弱いAIを作ろうと考えました。 負けるコツはある? まず前提として、「最弱オセロ」が打つ手は、一手一手すべてに意味があるので、最初の一手から考えて打つ必要があります。 コツとしては、あくまでも私の予想ですが、相手の打てる場所を減らすように打っていくことです。 オセロは相手が打てる場所を減らすことが大事で、そうすると、終盤、自分が好きな場所に打てるようになるかもしれません。 あとは、相手になるべく角をとらせることでしょうか。 「最弱オセロ」に人間では負けられないと思っていました。 理由は定かではありませんが、公開した日(7月25日)の夜から多くの人に広まり、オセロの有段者がプレーしていて、「最弱オセロ」がかなり研究されているようなんです。 有段者に何度もやって研究されると、人間が「最弱オセロ」の弱さを上回ってしまうということだと思います。 「最弱オセロ」が勝ってしまっていることについては、私はとても興奮していて、みなさんが楽しんでくれているとプラスに捉えています。 あくまでも一時的なので、今は元に戻しています。 2つ目は、AI自体を学習させたこと。 3つ目は、「何手先まで読む」という設定を変えたことです。 元々は7手先だったのを9手先にしました。 どんなことに応用しようと考えている? 正直なところ、あまり考えていません。 あくまでも会社全体での遊び、エンタメです。 ただ、「最弱オセロ」によって、AI時代の可能性を感じました。 「最弱オセロ」に負けるコツは教わったので頑張って負けてみよう。 そして、吉田さんの開発理由は「ディープラーニングの勉強」のためということだったので、今回の反響を糧に、世界を驚かすようなAIを開発してくれることを期待したい。

次の

世界オセロ選手権2018優勝は小学生の福地啓介!オセロを始めたのは7歳の時

世界 最 弱 の オセロ ai

笑死… 🤣 談到 AI 人工智慧,許多人一定會想到那個強大的「AlphaGO」,應該有不少人也想過「我上我也行反正輸定了」想跟 AI 來互相鍛鍊棋藝。 初期状態をいじって対戦させてみました。 すいません。。。 — fkm fkm 開發者吉田拓真,這個 AI 是他研究 Deep Learning 的時候寫出來的,本來是以超強黑白棋 AI 為目標,但是同樣做黑白棋 AI 的人也很多。 此時他在 Youtube 上看到有人做超弱黑白棋 AI,才發現只要把他的程式碼改一行,最弱黑白棋 AI 就此誕生。 是的,在上週末筆者玩到的時候,最弱 AI 的勝率還有 0. 只不過,經過週末的玩家廣傳之下,許多玩家致力挑戰讓這個「最弱 AI」勝利,最終勝場突破 500 場,讓開發者不得不向更強的玩家發起挑戰,一定要讓 AI 再往更弱的方向前進。 起きたら負けオセロの勝ち数が500も増えてた みなさんが「弱く」なっている 特に強いの方々が打ち方を研究しているのかなと思うと胸が熱い 負けてられないので、近々さらに弱い方向に更新するかも — 吉田 拓真 TakuAtCoder1 最終,勝場數已逼進 1000 大關,開發者仍在今日上午進行更新,將難易度 MAX 解放(最弱的那種解放),就是為了阻止玩家繼續輸給這個最弱 AI。 說不定現在挑戰的你已經看到了千勝紀錄,不過能看到開發者反其道強化「最弱 AI」,或許只有腦洞特別大的日本人才會如此挑戰。 「最弱 AI」黑白棋挑戰:.

次の

目標開發「世界最弱AI」黑白棋,結果讓人類反而變得「更弱」! 🤖

世界 最 弱 の オセロ ai

弱い・・(笑)。 分かってるつもり でも、ついミスしてしまうのだ。 子どもか! 小学校時代の 友人Kとか、泣きながらよくやってたのだ。 デベロッパ(開発者) はUNBALANCE。 評価数26000、平均4.4で安心。 App Storeの情報を信じるなら(笑)。 いや、世の中、間違った情報だらけ、不正だらけなのだ。 東京都庁 の建物の耐震性能さえ信じられないほど。 KYB改ざん事件か! オセロをやるのは多分、18歳の頃以来だから、数年ぶりか(笑)。 その前はもう小学校まで遡ることになると思う。 「 置ける場所が ない時はパス」、「 おたがいに石を置ける場所がなくなった時、石の 多い方が勝ち」。 もう この時点で、勝ちは確信。 ちなみに小さくて薄い白丸は、打って いい場所のガイドで、表示を消すことも可能。 赤丸は、直前に 打った石。 小学生の時でも、ここまで不自然に弱い相手はいなかったはず。 ちなみに盤の端に小さく、A~Hの記号と1~8の番号が付いてる。 これは将棋や囲碁と同様で、棋譜(対局の記録)に使用。 親切な作りで、動きも軽い。 今のところ、エラー(誤作動)もなし。 iPad Pro使用。 棋譜 には相手の「PASS」(パス)も記録されてた。 下手ウマ(死語?)のつもりか。 下が昨夜の対局で、相手はレベル5、私は あえて不利な黒番を選択。 ちょっと緊張したけど、なぜかレベル1 より弱いくらいだった。 今回もまた、角や端を簡単に取らせてくれて、上図の時点でもう 勝負はついてる。 ヒントや一手戻るを使わずに勝つと、メダルをゲット。 あと5枚で 次のオセロ盤ゲットとか言われても、また地味な盤だとガッカリ するから止めとこう。 プログラミングのアプリは、まだ9勝1敗とか9対1って感じだから、 完勝目指して再挑戦する予定。 あれはマジメに勉強しないと 分からないから、敷居が高い。 ともあれ、今日は早くもこの辺で。。

次の