ユリゴコロ あらすじ ネタバレ。 映画ユリゴコロのネタバレあらすじと感想

「ユリゴコロ」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|沼田まほかる

ユリゴコロ あらすじ ネタバレ

沼田まほかるの意外すぎる経歴とは?大ブレイクした小説「ユリゴコロ」あらすじネタバレ! 沼田まほかるが作家になる前にこんな過去が!沼田まほかるの意外すぎる経歴とは? 沼田まほかるは、湊かなえや真梨幸子らとともにイヤミス(読んだ後にイヤな後味が残るミステリー)の三大女王として、注目されている作家です。 名前だけでは、男性なのか女性なのか分からない沼田まほかるですが、1948年、大阪のお寺の1人娘として生まれました。 結婚後、実家の跡継ぎとして、沼田まほかるの夫が寺の住職となりますが、その後、2人は離婚。 主婦だった沼田まほかるは、僧侶となるための出家の儀式「得度」を経て、自身が僧侶となります。 しかし40代半ばで僧侶を辞すると、知人と建設コンサルタント会社を設立します。 ですが、こちらも10年ほどで倒産。 そして、50代で初めて書いた長編小説「九月が永遠に続けば」で、第5回ホラーサスペンス大賞を受賞し、56歳で小説家デビューを果たしました。 波乱万丈の経歴を持つ沼田まほかるは、その後も作品を書き続けますが、評価されるもののヒット作には恵まれませんでした。 しかし、2012年に発表した「ユリゴコロ」で第14回大藪春彦賞を受賞。 本屋大賞にもノミネートされると、それまで埋もれていた作品達も、一気に売れ出しました。 こうして、デビュー作「九月が永遠に続けば」の文庫版が、半年で60万部が増刷され「まほかるブーム」が到来します。 沼田まほかるの小説「ユリゴコロ」が気になる!あらすじネタバレ! 沼田まほかるがブレイクするきっかけとなった「ユリゴコロ」は、前半はホラーサスペンスで、後半は少しずつ愛の物語に変わっていく、そんな不思議な構成です。 あらすじは、恋人の失踪や、母の交通事故死と、不幸に見舞われた亮介が、末期がんを患う父が1人で暮らす実家の押し入れから、「ユリゴコロ」と書かれた殺人鬼の告白ノートを見つけたことから始まります。 これは創作なのか現実の話なのか……戸惑いながら、4冊のノートを読み進めていく亮介。 「このノートを記した殺人鬼は自分の本当の母なのではないのか」「いや、殺人鬼は父かもしれない」と、さまざまな疑問を抱きはじめます。 ノートを読み終え、父親から告げられたのは、ノートの筆者は亮介の実の母親で、今でもひっそりと生きているということ。 さらに、経営が傾いた喫茶店を経営している亮介を支え、見守り続けてきた細谷さんという女性こそが実の母親だったと分かります。 衝撃的な展開もさることながら、沼田まほかるの作品の魅力はそれにとどまりません。 それぞれの登場人物の心情描写が深いので、物語にどんどん惹きつけられてしまう点が1番の人気の秘密と言えます。 沼田まほかるのおすすめ作品ベスト3!人気作が相次いで映画化! 沼田まほかるのおすすめ作品はこちら!作品ベスト3を一挙紹介! 沼田まほかるの小説は、「ユリゴコロ」の他にも、たくさんのオススメ作品があります。 今回はその中でも、注目度の高い3作品についてご紹介。 まずは、沼田まほかるのデビュー作「九月が永遠に続けば」です。 シングルマザーの佐知子は、高校生の息子が失踪した日を境に、愛人の死、元夫・雄一郎の再婚相手の娘の自殺と、次々と不幸に見舞われます。 佐知子をはじめ、登場人物たちは皆、歪んだ人物ばかりで、息子の失踪の謎を探る佐知子とともに真相に近づくにつれ、何とも言えない息苦しさを覚える本作。 さすがはイヤミス三大女王と納得させられます。 続いて、ホラー作品の「アミダサマ」です。 物語の登場人物は、産業廃棄物処理場に放置された冷蔵庫の中に眠っていた少女ミハル、彼女と出会ってしまった僧侶の浄鑑と妻、サラリーマンの悠人。 ミハルの周りで次々に起こる怪現象の描写がなんとも不気味で、忍び寄るような静かな恐怖心を感じさせる作品となっています。 ミハルは一体何者なのか?沼田まほかるらしいドロドロな人間模様も堪能しながら、謎を解いていってもらいたい作品です。 最後は、「林檎曼陀羅」や「ヤモリ」「テンガロンハット」など9つの短編が収められた「痺れる」。 それぞれテイストが異なる怖さが満載で、沼田まほかるの世界観をぜいたくに味わうことができます。 沼田まほかるの人気作が次々映画化されて目が離せない!! 人気の高まりを受けて、沼田まほかるの作品が映画化されることが次々に発表されています。 2017年9月23日からは、主演・吉高由里子のほか、松坂桃李や松山ケンイチも出演している映画「ユリゴコロ」が公開予定です。 続いて、10月28日には「彼女がその名を知らない鳥たち」の公開も控えています。 「彼女がその名を知らない鳥たち」は、蒼井優と阿部サダヲのW主演で、監督を務めるのは「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」で知られる白石和彌。 あらすじは、金もなく下品で貧相な陣治に嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせず毎日を送っている十和子が、8年前に別れた黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つところから始まります。 また別のある日、十和子は、家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられました。 「十和子が幸せならそれでいい」と日に何度も電話をかけ、さらには十和子を尾行するなど異様なまでの執着を見せる陣治が、黒崎の失踪に関係しているのではないかとの疑いを持ち始めた十和子。 その危険が浮気相手の水島にまで及ぶのではとないかと、十和子と一緒にハラハラさせられるストーリーです。 公開に先立ち、第42回トロント国際映画祭のコンテンポラリー・ワールド・シネマ部門や、第22回釜山国際映画祭にも出品されるなど前評判も高い「彼女がその名を知らない鳥たち」。 沼田まほかるの独特な世界観を海外に知らしめる良いチャンスですね。 沼田まほかるの「ユリゴコロ」が漫画化でさらに大注目!亜月亮が上下巻を同時発売 沼田まほかるの人気小説「ユリゴコロ」は、映画化されただけにとどまりません。 2017年8月22日には、人気漫画家・亜月亮によってコミカライズされた上下巻の2部作も発売されました。 24年のキャリアを誇り、「Wピンチ!! 」「無重力少年」「都市伝説」などで知られる亜月亮が、「ラビダビスター!」に続く2度目の挑戦となるコミカライズ。 亜月亮は、「少し登場人物を削ってギュッ!と内容を圧縮」「代わりに、主要人物の心情等はなるべく原作の流れに忠実に描くよう心がけた」と創作の意図を説明しています。 活字だからこそ味わえる恐怖心や嫌悪感もあると思われますが、漫画化されることで、沼田まほかる独特のドロドロとした愛憎劇や復讐劇、そして人間の恐ろしい本性がどのように表現されるのか、楽しみなところです。 これにより、新しいファン層を獲得することができれば、イヤミスのジャンル拡大にもつながるはず。 イヤミスというだけあって、沼田まほかるの作品は、登場人物のあまりのクズさに、読むと不快感すら覚えますが、怖いもの見たさなのかついつい読み進んでしまいます。 それは、何より心理描写に優れているため、読者に他人事とは思わせず、リアルさを感じさせるからでしょう。 「ユリゴコロ」のように、ただ暗い読後感が残るのではなく、残酷な現実を受け止めながらも未来への希望や明るさを感じさせる作品を読めば、沼田まほかるが高い筆力の持ち主であることは明らかです。 50代後半に作家デビューを遂げ、「遅咲きの大輪」と話題の沼田まほかる。 その豊かな人生経験を生かして、今後も読者の心の奥深いところを揺さぶる作品を送り出していってほしいですね。

次の

ネタバレ「ユリゴコロ」あらすじ結末

ユリゴコロ あらすじ ネタバレ

ユリゴコロの見どころ 沼田まほかるの小説を熊澤尚人監督が映画化。 小説は2012年には大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネート、「このミステリーがすごい! 」国内部門第5位など数々の国内ミステリーランキングにランクインした。 青年がユリゴコロというノートを父の書斎で発見した。 そのノートは殺すことでしか生きられない女性の人生が書かれており青年が真相に迫っていくという物語である。 ユリゴコロのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 亮介は山奥でshaggy headというレストラン&コテージをしている青年です。 同棲中で婚約者でもある千絵と何不満なく暮らしていました。 ある日の事、突然千絵が失踪してしまいその上に亮介の父が末期ガンに襲われているという知らせが入ります。 お店の経営は一気に落ち込みます。 父は余生を家で過ごしたいと言い、亮介が訪問します。 すると父は留守で、することのない亮介は押し入れからユリゴコロというノートを見つけました。 小さな字がびっしりと書いてあり、書きはじめに「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通とちがうのでしょうか」とあり亮介は思わず見入ってしまいました。 そのノートには殺人者美紗子の半生が書かれていたのでした。 普通の人には心のよりどころ(ユリゴコロ)があるものですが美紗子には何もなく、何をしても楽しく感じられませんでしたが、ある日友達を池に突き落として溺死させたことで喜びを感じるようになります。 中学になり男子生徒を殺して再び幸せを感じた美紗子は再び幸せを感じます。 調理師学校に進学した美紗子は初めて友達ができましたが、その友達は病んでいてリストカット常習犯でした。 自分に近いと思った美紗子でしたが結局その子の事も殺してしまいます。 ネタバレと結末 大人になった美紗子は出会う人々を次々と殺していくのでした。 亮介は文面だけで美紗子を好きになってしまいます。 ある日、亮介の店に千絵の友人である細谷が訪ねてきます。 そして二人で調べていくと千絵が暴力団と繋がっていることがわかります。 一方ユリゴコロの中の美紗子は、お金のために体を売るようになります。 そのうちに美紗子は洋介と付き合うようになり妊娠して結婚します。 三人で幸せに暮らしている所に刑事が来ます。 それでも美紗子の罪はばれませんでしたが、次第に美紗子に罪の意識が出るようになります。 自殺未遂をしようとした美沙子はついにユリゴコロのノートが洋介にばれます。 洋介は美沙子を殺そうと思いましたがお金と地図だけ渡して別れます。 亮介はその子供が自分であるという確信に近いものがありました。 一刻も早く千絵に話をしたいと思いますが、千絵は暴力団に拉致されていることがわかります。 殺人者の息子として目覚めた亮介が暴力団の事務所に行った時には、すでに皆殺しされた後でした。 美紗子(細谷)が殺した後でした。 そして千絵も無事でした。 そこで亮介は細谷が美紗子であり自分の母だと気が付きます。 そして洋介(亮介の父で美沙子の夫)は病院に入院していることを教え、そして美紗子は洋介に会いに行き自主します。 すべてを知ってしまった亮介は今までの家を改めて見まわすのでした。

次の

「ユリゴコロ」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|沼田まほかる

ユリゴコロ あらすじ ネタバレ

製作国:日本• 上映時間:128分• 公開日:2017年9月23日• 監督・脚本:熊澤尚人 (「おと・な・り」「君に届け」「心が叫びたがってるんだ。 原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』• 音楽:安川午朗• 主題歌:Rihwa「ミチシルベ」 あらすじ カフェを営む亮介(松坂桃李)の日常はある日突然崩れ去った。 男手ひとつで育ててくれた父親が余命わずかと診断され、結婚を控えていた千絵(清野菜名)はこつ然と姿を消してしまったのだ。 新しい家族を作ろうとしていた矢先の出来事を受けとめきれない亮介は、実家の押し入れで一冊のノートと巡り会う。 「ユリゴコロ」と書かれたそのノートに書かれていたのは、美紗子と名乗る女(吉高由里子)の手記。 人を殺めることでしか自分の生きる世界と繋がることができない女性の衝撃的な告白だった。 そんな美紗子もやがて洋介(松山ケンイチ)と運命的な出会いをし、「愛」というこれまで知る由もなかった感情に触れることとなる。 しかしそれはさらなる悲劇の幕開けにすぎなかった。 自らの失意の中、美紗子の人生の奥深くに触れていくにつれ、次第にその物語が創作だとは思えなくなる亮介。 いったい誰が、何のためにこれを書いたのか。 なぜ自分はこれほどまでにこの手記に惹かれるのか。 そして機を待っていたかのように、千絵のかつての同僚だったという細谷(木村多江)が、千絵からの伝言を手に亮介の前に現れた……。 (公式サイトより) キャスト 美紗子……吉高由里子 亮介……松坂桃李 洋介……松山ケンイチ 亮介の父……貴山侑哉 みつ子……佐津川愛美 千絵……清野菜名 美紗子(中学生)……清原果耶 細谷……木村多江• といっても、この作品は心温まる物語ではありません。 吉高由里子さん演じる美紗子は、次々と冷酷で残忍な殺人行為を繰り返します。 怖くて美しい映像と、美沙子が抱える孤独の深さにゾッとさせられる。 それでもラブストーリーだと思うのは、この作品がホラーでもなければ、殺人行為の倫理を問うものでもないからです。 これほどまでに残忍な殺人を繰り返す美紗子が、親切で心優しい洋介に選ばれ、愛されるという不条理。 洋介に愛されることで、美紗子の〈ユリゴコロ〉が徐々に愛へと変化していく紛れもないラブストーリーなんです。 残念だったのは、ミステリーになりうる要素が用意されているにも関わらず、どれも生かされていないこと。 わたしは原作未読ですが、どうやら原作の設定を変えたことでミステリー要素が失われているようです。 原作はミステリー、映画はラブストーリーに重点を置いたサスペンス、という感じでしょうか。 以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。 〈ユリゴコロ〉とは タイトルの「ユリゴコロ」。 冒頭で、美紗子を看たお医者さんが「ユリゴコロがない」などと言うので一瞬混乱しますが、「ユリゴコロ」という言葉は存在しません。 幼い美沙子が、「拠りどころ」を「ユリゴコロ」と聞き間違えたんですね。 以来、美沙子は〈ユリゴコロ〉を求めて人生をさまようことになります。 生まれながらに良心が欠如し、他者に共感できない美沙子。 いわゆるサイコパスでしょう。 彼女の心の〈ユリゴコロ〉 (拠りどころ)は、死を味わうことでした。 亮介視点と美紗子視点 物語は、松坂桃李さん演じる亮介と、吉高由里子さん演じる美紗子の視点で、交互に展開していきます。 わたしは、美紗子のストーリーには引きつけられましたが、亮介のストーリーにはあまり心が動きませんでした。 少し強引な運び方だったように思います。 経営するカフェは順調、千絵との結婚を控えて幸せいっぱいの亮介。 ところが、千絵はとつぜん前触れもなく姿を消し、父親は余命わずかと診断されてしまいます。 そんなある日、亮介は実家の押し入れで〈ユリゴコロ〉と書かれたノートを見つけます。 それは、平気で殺人を繰り返す女性の、狂気に満ちた告白文でした。 美紗子サイド:死から愛へ 人とは違う感覚を持ち、誰とも心を通わすことができない美紗子。 子供の頃、たまたま友達が池に落ちて溺れる場面を目の当たりにし、えもいわれぬ感覚を覚えます。 美紗子が死に〈ユリゴコロ〉を見い出した瞬間でした。 心を満たすための殺人を繰り返す美紗子。 仕事も続かず、ついには娼婦となって道端に立つようになります。 そんな時に出会ったのが、松山ケンイチさん演じる洋介でした。 美紗子は洋介の素朴な優しさにふれ、徐々に惹かれていきます。 ところが、洋介から「大学生の時に男の子を死なせた」ことを打ち明けられ、美紗子は激しく動揺します。 実はその子供を殺したのは美紗子で、洋介はそうとは知らずに美紗子の罪を被って苦しんでいたのでした。 美紗子は父親のわからない子供を妊娠し、洋介から「結婚して一緒に育てよう」と言われます。 自分が殺人鬼であることを隠し、洋介と家族になる美紗子。 子供を産むと、美紗子は「憑きものが落ちたよう」になり、洋介に愛されることで初めて「喜び」を感じるようになります。 実は洋介は性的不能者で、ずっと美紗子を抱くことができませんでした。 その洋介に美紗子が初めて抱かれるシーンが素晴らしく、とても印象的でした。 他人には決して見えない美紗子の心の風景を描いているのですが、わたしはこのシーンがいちばん心に残っています。 ユリゴコロの変化 しかし、幸福な日々は続きません。 美紗子が殺人者であることを知る男が現れます。 美紗子は、3人の平和な暮らしを守るため、男を殺します。 この時、彼女の〈ユリゴコロ〉は間違いなく家族への愛であり、もう死ではなくなっています。 彼女が殺人を犯す理由が、前半とは全く異なっているのです。 洋介は、美紗子が書いたノートを読んで彼女が殺人鬼であることを知ります。 生かしてはおけないと考えた洋介は、美紗子をダムの上から突き落とそうとするのですが、どうしてもできない。 洋介は二度と会わないことを条件に、美紗子を生かすことを決めます。 亮介サイド:呼び覚まされる狂気 亮介は、美紗子のノートを読むうちに、自分の中に潜む凶暴な感覚に囚われるようになります。 そんな亮介の前に現れるのが、千絵の元同僚・細谷。 細谷は、千絵が既婚者であること、夫はヤクザで酷い扱いを受けていたこと、夫から逃げて亮介と出会ったが、夫に見つかって連れ戻されたことを、亮介に教えます。 千絵の夫を殺したい、という激しい欲求に駆られる亮介。 しかしこの細谷という女性、見るからに怪しい。 千絵の元同僚と言うだけで、見ず知らずの亮介のために探偵のような仕事までしてくれるのです。 普通の女性だったら、ヤクザに監禁された千絵の居場所を突き止めるなんて、怖くてできません。 勘のいい人なら、細谷=美紗子だとピンと来てしまう。 ほかにも、細谷が失踪した千絵と偶然再会したり、細谷がひとりでヤクザの事務所に乗り込んで皆殺しにしたり、亮介が現場に落ちているオナモミを見ただけで全てを察したり。 亮介サイドのストーリーは、やや荒っぽい展開が目立ちました。 亮介の覚醒は必要だったのか? 亮介は、ノートに書かれている殺人鬼が自分の母親で、死んだと聞かされていた母親・美紗子はまだ生きており、細谷こそが整形した美紗子であることに気づきます。 この後の展開はかなり強引で、わたしはちょっとついていけませんでした。 亮介が細谷(美紗子)を殺そうとして殺せない場面とか……うーんって感じですね。 亮介が狂気に目覚めるという設定が、少し安易な感じがします。 そのせいで亮介の未来が暗いものになってしまい、千絵との再会も素直に喜べませんでした。 美紗子が病床の洋介と再会するラストシーンは、穏やかな光に満ちて幸福感に包まれていたけど、わたしは亮介の将来が気になって気になって……。 それも狙いなのかしら。 俳優陣の演技が見どころ わたし、今まで吉高由里子さんのことが少し苦手だったのですが、これを見て好きになりました。 前半を見る限りは絶対に共感できない役なのですが、洋平と出会ってからの美紗子には、生まれたての赤ん坊のような純粋ささえ感じました。 ダムで洋平から死を促される場面は、彼女の涙があまりにも痛々しくて、殺人鬼である美紗子に感情移入してしまいそうになったほどです。 松山ケンイチさん、松坂桃李さんもよかったし、木村多江さん、佐津川愛美さん、清野菜名さんら女優陣の演技も光っていました。 流血が多かった佐津川さんのシーンをちゃんと見られなかったことが、つくづく残念。

次の