ヴァニラ と アレン。 ヴァニラとアレンが喧嘩?原因写真が発覚!現在のすっぴんが怖すぎた!?

ヴァニラの整形前や現在・すっぴん画像は?後遺症や費用は?年齢も!|トピグーチャンネル

ヴァニラ と アレン

元の顔と現在の比較• 整形外科の場所はどこか• 収入源はどこからか• しかし、気持ち悪いという感じは無く 洗練されたって感じですね… 整形美男子と言われている理由が良く伝わります しかし、目と鼻と口と言い… 見事なまでに別人ですね。 お分かりいただけたかと思います。 それが私のモットーです。 最近の投稿• 最近のコメント• に takuo より• に 間瀬翔太 より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

ヴァニラの現在や元の顔は?すっぴんは崩壊?足切断がこわい!│のぞきあなから見た人間社会

ヴァニラ と アレン

テレビ出演をきっかけに、激しい整形を繰り返す姿とともに子ども時代に経験したいじめや父親から浴びせられた心ない言葉など壮絶な過去が話題となったヴァニラ。 高校時代に施術した初めてのプチ整形から現在までの整形回数は自身も数えきれないほどで、総額は2億円を軽く超えるという。 「フランス人形になりたい」というただ一つの目標に向かって邁進し、インタビューの1週間後にもオペを控えていた彼女。 「整形サイボーグ」とも揶揄されるなか、どんな思いで整形に挑み続けてきたのか。 1年間後遺症に悩まされた衝撃の大手術や一月あたりの美容にかける金額まで、赤裸々に語ってもらった。 整形美女ヴァニラさん フォトギャラリー• 誰が見てもかわいく美しいフランス人形に「現在は8%ぐらい近づいた」• 全然まだまだ(笑)、程遠いです。 フランス人形ってみんなのお家でガラスケースに入れて飾られていますが、それは美しくてかわいいから飾るわけですよね。 それを見て幸せな気持ちになれるっていうところがすごく大きいと思います。 小さい頃からロリータファッションなどに興味があって、そのお洋服が似合うお人形ちゃんのかわいい顔とか、人間とは明らかに違う二次元に近い顔にずっと憧れていたんです。 「怖さや痛みよりも、今の自分でいるほうが私は辛い」• 恐怖心などはありませんでしたか? ヴァニラ多少の恐怖心はありました。 でも小学生の子も親同伴で手術しているっていう話を当時の先生から聞いて「小学生がやっていることを高校生の自分ができなくてどうする」という気持ちで挑みました。 大きい手術だと今でもちょっと怖いと思うことはあります。 でも、「怖い」「痛い」よりも「今の自分でいる」ほうが私は辛い。 オペの前でも「これが終わったら次何しよう?」ってその次のオペのことをつい考えてしまって(笑)。 理想に近づくことが楽しくて、痛みでビビったりはしないですね。 むしろ施術前はアイプチをしていたんですけど、アトピーで肌が弱かったこともあって齧れたり爛れたりしてしまっていたんです。 それで皮膚科の先生からも「肌に良くないからアイプチは止めたほうがいい、プチ整形で二重にする方法もある」とアドバイスをいただいたり、おばあちゃんに相談したら「お小遣いあげるからそれで二重にしなさい」ぐらいの感じでした。 もともと自分がすごいコンプレックスを抱いていることを親にも言っていたので、親も「不細工だから整形すれば?」と。 テレビでそのことを言うと「酷い親」って批判されるんですが、今思うと私の背中を押すためにそういう突き放し方をしたのかもしれないなって思うんです。 「自分が楽しく生きられるんだったら、自分がやりたいようにやりなさい」っていう意味だったのかなって。 みんなが整形に対してポジティブだったし、誰にも反対はされなかったですね。 我が道を行くタイプなので、周りに反対されていてもやっていたと思います。 コンプレックスが少し軽減されて、まず自分の見る世界が変わってくる。 「相手がどう見てくる」よりもまず「自分が楽しくなる」ほうが先でした。 フランス人形が万人受けするとも思っていないので、人にどう思われるかはあまり重要じゃない。 「前のほうが良かった」って言われることもあるけど、私は今が満足でどんどん良くなってきているからすごく楽しいですね。 整形に痛みは付きもの。 切開した皮膚をベロンとめくって、おでこに人工骨を入れて、また閉じて縫うという6時間くらいの大掛かりな手術でした。 その時が今まで受けた手術のなかで一番の激痛でしたね。 痛み止めは飲み薬も座薬も全く効かなくて病院に通って点滴の痛み止めを打ちましたが、それでも痛かった。 顔の神経も一度それでちぎれちゃうので、後頭部に関しては触られてもわからないし、顔が動かせないので表情も作れなかったですね。 そこから1年ぐらいかけてだんだん感覚が戻ってきたという感じでした。

次の

アレンとヴァニラが喧嘩した修正無し写真はNGで削除?因縁の写メ画像は?

ヴァニラ と アレン

アレンは病気?自己愛の強い性格は医者の折り紙つき! パトロンに囲われ悠々自適な生活…仕事はただ美しくあること。 美しくなるためだったら、どんな手術も厭わない! そんなアレンさんの言動を見ていると、異常だと感じることも、あるのではないでしょうか。 アレンさんは、病気なのでしょうか? アレンは醜形恐怖症? 調べてみたところ、一般的に、整形手術を繰り返す人の間で疑われるのは「醜形恐怖症」と言う病。 自分の体や顔を「醜い」と感じ、肉体的な欠陥が頭から離れずに鬱状態になったりするのだとか。 あまりにも高い理想と現実のギャップに悩まされ、過剰なダイエットをしたり、整形を重ねたりすることもあるようです。 その原因についてですが、幼少期に容姿を傷つけられるなどのトラウマから、発症する場合が多くあるそうです。 アレンさんは、幼少期に虐めを受けており、容姿についてトラウマを背負った過去があるようですので、この病の可能性はあるかもしれませんが、定かではありません。 アレンに「自己愛性人格障害」との診断が! あまりに自分にしか興味が持てないこと、周りの感覚と違う自分、に疑問を抱いたのか、アレンさんはある時、心療内科に行かれた事があるそうです。 自己愛性パーソナリティ障害とは、自己を愛する行為が病的に高まり、自分に対する誇大感を持ってしまう障害です。 よって、自己中心的になり、周囲の人と共感ができなくなり、健全な人間関係を築けなくなります。 すると、職場での人間関係や家庭での夫婦関係に摩擦が生じ、関係がうまくいかなくなります。 不眠症やうつ病、不安障害などの心の病を併発することも多くあります。 参照:病院検索ホスピタ 誰にでも、健全な「自己愛」はあると思いますが、アレンさんに限っては、上記で言われているように、自分に対する過剰な自信が、かなり強いと言えるかもしれません。 美しい見た目に執着し、自分自身への強烈なこだわりがある。 誇大な自分へのイメージを満たし続けるべく、整形という切り札で突き進んでいる、とでもいうのでしょうか? 目指す先も、 世界基準の美「歩くダビデ像」のような「完璧な美」と言うことですし、この診断で言われているパーソナリティが影響している可能性は、少なからずあるのかも。 ダビデ像という至高の芸術品を、外側に掘り上げたミケランジェロと、 ダビデのような至高芸術品であるべく、自分の肉体を掘り上げているアレンさんは、ある意味では似ているのかもしれません。 ということで、アレンさんが「病気」と言って良いものかは、分かりかねますが、そのようなパーソナリティ「個性」をもった性格がゆえに、周囲には奇抜に映るのかもしれませんね。 生活習慣病で25kg太って脂肪吸引! アレンさんは、2020年9月に出演されたテレビ番組「アウト・デラックス」で、2年間で25kg太ってしまったことを告白されていました。 3ヶ月間ジムに通っていたそうですが、あまりに大変だったため、 努力が馬鹿らしいということに気づいたとか。 整形(脂肪吸引)でどうにかした方が「早い」という結論に達したようですね。 しかし、脂肪を除去して見た目を整えたとしても、体質を変えてあげなければ、身体が悲鳴をあげているのでは? 「人間離れした美」を表現するとは言えど、生命体としては人間の域を越えることは出来ないので、負担を重ねすぎることに対しては、心配の声が上がりそうです。 彼によると、このようなことは何も「特別な習慣ではない」そうです。 「あなたアレンにお金払わせた事ないわよね?」と友人に問いかけると 「あなた財布持ってきた事ないでしょう?」と言う返しが。 アレンさんはファンの間では「アレン様」と言われているそうですが「素晴らしいものを受け取るのは、自分にとって当然の権利。 」くらいのスタンスが垣間見えます。 庶民としては「人は財布がわり?」などと、つい思ってしまいがちですが、財布がわりにされたとしてもビクともしないお金持ちの世界観は、計り知れませんね。 ヴァニラがアレンの性格の悪さにブチ切れ! NG顔ネット流出騒動 2019年12月20日に放送されたドキュメントバラエティ『今夜解禁!ザ・因縁』(TBS系)で、整形サイボーグのヴァニラさんとアレンさんが「因縁の対決」をされました。 ヴァニラさんは、アレンさんが憧れを抱いていた女性で、フランス人形のような完璧な美を目指しており、その整形総額は、2億5千万以上とも言われています。 以前よりアレンさんに「パトロンから貢いでもらったお金で整形を繰り返すこと」に対し再三忠告をされていたそうですが、改心を誓いながら、改まらないことに対し怒っている、という出だしで番組は始まりました。 実は、2人の関係がこじれる以前に、ある事件があったそうです。 アレンさんが、ヴァニラさんと2人で撮った写真を、自分の顔にだけ加工処理を施し、無許可でSNSにアップしたのだそうです。 ブチ切れたヴァニラさんは、掲載をやめるよう長文のLINEをアレンさんに送りつけます。 それ以来、二人は口をきいていないのだとか。 アレンは人の気持ちを考えたことがない? ヴァニラさんは、アレンさん同様、並ならぬ美意識の持ち主ですので、自分のOKの出せないレベルの写真を晒されたこと、しかも自分にだけ美しく加工を施す、という思いやりに欠けた行動に対し、激怒していました。 「見た目がすべてじゃない、見た目が美しいってあっても心がブスじゃ意味がない」「心は顔に出るから、必ず」と指摘。 これに対しアレンさんは開き直り、まず、パトロンから貢いでもらうライフスタイルは変えないと主張。 SNSにアップした画像は、うるさいと思いながら消したが「修正をしないと表に出せないくらい、自分に自信がないだけでは?と思った。 」などと口撃。 ヴァニラさんは、そのようなアレンさんに対し「自分が修正をしたいなら、相手もそうではないか?と思えないことが、理解出来ない。 」と激怒。 アレンさんは 「人のことまで考えられないし、考えたことがない」と主張。 ヴァニラさんにとって、そのような思いやりに欠ける行為は「わざと」としか思えないのだとか。 人は、良くも悪くも自分の基準で他人を判断しますので、人のことを考える習慣がないアレンさんの立場は、理解できなくても仕方ありません。 逆もしかりで、アレンさんにとっては、ヴァニラさんの立場は理解出来ず、堂々めぐりなのかもしれません。 なんと性格が悪い…と思われますが、奇しくもご本人が言われているように「他人のことを考える習慣が本当にない」からだとしたら、これはアレンさんが診断を下されたパーソナリティ障害ゆえなのでしょうか。 アレンさん、周りに促されて渋々謝罪。 しかし反省の色は見られず「二度と謝らない!」 これをみた視聴者からは、ヴァニラさんに共感する声が多く上がっていました。 が、、これはあくまでテレビ番組であり、どこまでが本当なのか演出なのかは定かでありません。 しかし、アレンさんが自己愛の強さから、他人のことを考えれないとしたら… そのようなパーソナリティゆえに、日常的に周囲の人間関係でトラブルが起こっている可能性はあり、今回のヴァニラさんとの問題も、その一部が垣間見える一件だったのかもしれません。 良きにつけ悪しきにつけ「自分以外には、本当に興味がない」ということが証明されたと言うことでしょうか。 アレンさんの美意識に反したのでしょうか。 やはり美意識が高いだけに、それに合わないと気分を害されるようです。 「キレキャラ」で、責めの発信のアレンさん、「愚行が許せない!」というスタイルは楽しくて、ファンが増えそうですね。 でもブチ切れすぎて、倒れないでくださいね。

次の