終末のワルキューレ ヘラクレスvs。 アニメ化熱望!『終末のワルキューレ』神VS人類のバトル漫画のネタバレ感想

漫画「終末のワルキューレ」のあらすじ(ネタバレ)!人類vs神の争い!アダムの勝敗は…

終末のワルキューレ ヘラクレスvs

あらすじ 誕生から700万年が経過しても進歩の兆しがない人類は、万物の創造主である神々が1000年に1度集結して開かれる「人類存亡会議」にて、終末を与えられようとしていた。 戦乙女(ワルキューレ)の長姉ブリュンヒルデは決議に待ったをかけ、超特別条項神VS人類最終闘争(ラグナロク)により人類の行く末を決めてはどうかと提案する。 当初はその申し出を相手にしなかった神々だったが、ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられたことでラグナロクの開催が決定。 かくして、天界が誇る最強神たちと、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、13番勝負の幕が上がる。 北欧の最強神 トールに対し、ブリュンヒルデは中華史上最凶かつ最狂の戦士と謳われる 呂布奉先を先鋒としてぶつける。 生まれたときから最強の名を独り占めにしてきた呂布は自分と互角に渡り合うトールの強さに歓喜し、トールもまた自身の技の「闘神の雷槌」を受け止め、さらに自身を傷つけた呂布を好敵手と認め、互いに戦いを楽しむ。 トールのヤールングレイプルをラーングリーズが神器練成した方天戟で破壊するも、それはヤールングレイプルによって封じ込んでいた、トールの全力を引き出すことになった。 トールの「覚醒雷槌」を1度は受け止めたものの、受け止めたダメージによって両脚を破壊された呂布は、折れた両脚で立ち上がり闘技場に乱入してきた愛馬の赤兎馬に跨がり、自らが生前に最強の敵との邂逅を信じて完成させた一撃「空喰」で逆転を狙う。 両者の全力での打ち合いにの末に、呂布は「方天戟」もろとも右腕を失うが、自らの全てを出し尽せた強者との闘いに満足し歓喜を覚え笑いながら消滅した。 人類に勢いを取り戻すため、ブリュンヒルデは原初の人類 アダムを次鋒に送り込む。 対する天界は神々の長たる ゼウスが自身の出番を待ち切れずに名乗りを上げる。 アダムの自分が見た神の技を模倣出来る「神虚視」によってゼウスのあらゆる攻撃を即座に模倣し圧倒するが、ゼウスはアダムの強さを認め自身の最強形態「阿陀磨須」で対抗する。 「阿陀磨須」の攻撃を全て「神虚視」で模倣するアダムだったが、これらの力はどちらも自らの身体に大きな負荷をかけるものであり、試合は互いが全力を出すことで相手の限界を待つ我慢比べとなる。 殴り合いの最中にアダムの目が限界となり失明してしまい、「神虚視」を発動するどころかゼウスの攻撃を一方的に受け続ける展開になってしまうが、アダムはワザと攻撃を受け続け、ついにゼウスの髪を掴むことに成功する。 そして、再び拳を払い続け、互いの殴り合いの末、最後はゼウスが耐えきれずに尻をつくものの、アダムが殴り合いの最中に既に死んでいたことが判明し、試合は神側に軍配が上がる。 人類側の2連敗で後がないブリュンヒルデは、神側の第3鋒が同じ神ですら恐れる ポセイドンだと分かると対戦者を決めかねていた。 そこに「史上最強の敗者」こと 佐々木小次郎が自ら名乗りを上げ、ブリュンヒルデは死しても尚剣の道を探究し岩流を進化させて来た小次郎に望みを見出す。 ポセイドンの怒涛の攻撃を、小次郎の能力である「千手無双」による先読みで対抗しポセイドンに真っ向から挑むも、ポセイドンによって自身の神器である備前長光三尺余寸をへし折られてしまう。 勝負がついたかと思われた矢先、小次郎は折れた刀をフリストの能力を使い、大小二本の刀へと「神器再錬」し、宮本武蔵と同じ二刀流の「二天岩流」へと変わり再びポセイドンに挑む。 小次郎は生前に戦った剣士達の技術を駆使する「二天岩流」でポセイドンを追い込むが、全力のポセイドンの怒涛の攻撃により、一転して再び追い込まれる。 一度はポセイドンとの圧倒的な力の差の前に勝負を諦めかけるも、師を始めとする幾多の剣士達の鼓舞によって奮起し、自身が欲する勝利を求めポセイドンの強さに抗い続けたことで、森羅万象凡ゆる物を読み神の手すらも完璧に先読みする「萬手無双」へと開眼。 ポセイドンの攻撃を躱し続けた小次郎は奥義「双燕斬虎万刃撩乱」によってポセイドンを倒し、小次郎と人類はついに悲願の初勝利を飾る。 ポセイドンが消滅し、初勝利に喜ぶ人類側に対して、神側は人類が強いことと、ブリュンヒルデが本気で神を倒すつもりでラグナロクを提案してきたことを再認識する。 神側はゼウスらのギリシャ神であるポセイドンの敗北は、ギリシャ神で返したいと言うギリシャ神達からの要望で「不屈の闘神」 ヘラクレスを次戦に出場させる。 一方のブリュンヒルデは、ヘラクレスが出ると解ると事前にヘラクレスの対戦相手と決めていた「霧の殺人鬼」 ジャック・ザ・リッパーを選出する。 ジャックからの要望をヘラクレスが受諾したことで、4回戦は19世紀の英国倫敦の街並みを再現した闘技場での戦いとなる。 戦いはジャックの変幻自在な攻撃をヘラクレスが真っ向から受けて立ち、自身の必殺技でもある「十二の災禍と罪過」の御業でジャックを圧倒しジャックを追い詰めるが、ジャックがヘラクレスから逃げようと時計塔を登り、時計塔を倒したヘラクレスへジャックが投げた時計の文字盤によって、ヘラクレスは左腕を切り落とされてしまう。

次の

終末のワルキューレの最新刊(8巻)が無料?!ZIPやrarなしで読むには!

終末のワルキューレ ヘラクレスvs

その表紙がこちら。 これまで人類側の代表と神側の代表が向かい合うような表紙が続いていましたが、今回は初めてジャック・ザ・リッパー1人だけが表紙に描かれています。 不敵な笑みと怪しげに光る眼がカッコいいですね。 そしてつい先日、この『終末のワルキューレ』の見どころをコンパクトにまとめた紹介動画もUPしたので、ぜひそちらの動画もこのブログと合わせてご覧ください! 「面白い!」「よかった!」と感じていただけたなら、応援の意味も込めてチャンネル登録、コメント、高評価もしてもらえると嬉しいです! 第4巻から続く佐々木小次郎 VS ポセイドンの激闘で、佐々木小次郎が「神器再練」によって二刀流を手にしたシーンから幕を開けた第5巻。 しかしそれでもポセイドンには敵わず彼が諦めかけた時、会場にいる歴代の剣士たちが彼に熱い声援を送り、それに応えるように覚醒した小次郎がみごとポセイドンの両腕と胴体を切り落として見せたのです。 佐々木小次郎は勝利し、3戦目にしてついに人類は神から一勝を勝ち取りました。 この異質な決闘は、はたしてどちらの勝利となるのでしょうか? では、さっそく第6巻の内容の方に入っていきましょう。 紀元前2000年ごろ、ギリシャのデーバイという村にいたアルケイデス(のちのヘラクレス)は、貧弱な体でもいつも正しき者のために先頭に立つ正義感の溢れる少年でした。 そしてそんな彼が鍛錬を積み力を身につけた頃、軍神アレスの軍勢が彼の村に神の裁きを与えに来ます。 その結果、彼はゼウスの力を身に宿し、たった1人でアレスの軍勢を壊滅させてしまいました。 その後、様子を見かねて天から降りてきたゼウスによってアルケイデスは神と成り、ゼウスの子として ヘラクレスと名づけられました。 マンガが違えばきっと主人公にうってつけのキャラだと思います。 互いに能力を駆使した激闘の第2幕が始まる! ヘラクレスが力一杯振りかざした棍棒の一撃を、神器の傘で受け流すジャック・ザ・リッパー。 現時点ではヘラクレスのみが血を流していますが、優生劣勢はほとんどないように思えます。 しかしジャックが負ったのは肩の脱臼程度のダメージで、次は不敵な笑みと共にジャックが攻撃を仕掛けていきます。 縦横無尽にナイフを飛ばしている隙に街中にピアノ線を張り巡らせ、そのワイヤーによって弾かれることで軌道が変わる予測不能のナイフの雨をヘラクレスに浴びせたのです。 これによってジャックの右目の片眼鏡が破壊されたのですが、ここから彼の様子に少し変化が現れます。 この4回戦はこれまでとはちょっと異質な戦いとなっていますが、お互いの必殺技が飛び交うバトルシーンこそこのマンガの醍醐味って感じがしますよね。 緊張感のある一進一退の攻防に息つく暇なく読み進めていました…。 そこから、彼の幼少期の頃の様子が描かれ始めます。 しかしある日、「成功したら迎えにくる」と約束していた彼の父親となる劇作家が貴族の女と結婚したことを知った母親は、そこから態度を一変し泣き叫びながら「あの人がいなきゃあんたのいる意味なんかないんだよ!」と彼に言い放ちました。 激闘の決着は次巻へと持ち越しです。 まとめ 実はこの第6巻の最後、ジャックが時計塔の時計版をヘラクレスに投げつけ、彼の左腕を切断することに成功します。 神器以外で神であるヘラクレスの体を傷つけることはできないはずなのですが、一体何が起こったのでしょうか? 今回はヘラクレスとジャックの両方の過去編が描かれたこともあって、ちょっとバトルシーンに物足りなさを感じてしまいましたね。 ただ第7巻の予告には「完全決着」の文字があったので、次巻こそはきっとより激しいバトルが展開されることになるでしょう。 このジャック・ザ・リッパーVSヘラクレスの決着も、第5戦目のそれぞれの代表が一体誰なのかも、続きが待ち遠しいことばかりです…! 〜追記〜 『終末のワルキューレ』7巻の発売日は? 以下の記事に『終末のワルキューレ』第7巻の見どころをまとめています。 合わせてご覧ください。

次の

終末のワルキューレ 29話 勝ったのはオレだ の感想

終末のワルキューレ ヘラクレスvs

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作)は月刊コミックゼノン連載中です。 『終末のワルキューレ』前回(19話)のあらすじは・・・ 今まで培った様々な達人の動きを取り入れた小次郎の剣捌きを受け、血だらけになるポセイドン。 だがポセイドンは鼻歌を歌うと、全身の筋肉を肥大化させて本気を出す。 小細工なしの彼の本気に諦めかける小次郎だが、今まで出会ってきた全ての戦友の為に奮起し、空気や地面の振動も感じ取るレベルでポセイドンの懐に潜り込む。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 真っ二つに切断されたポセイドンは、全身にヒビが入って消滅していった…。 神々が意気消沈しているのと対照的に、人類とヒルデたちは涙ながらに喜ぶ。 小次郎は皆からの声援を受けるが、本音は人生でようやく得た勝利に浸りたい所である。 だが流石に疲れた小次郎、仰向けになって倒れる………所を、神器から戻ったフリストに抱えられる。 仇は必ず取るという約束が守られ、安心するゲル。 だが人類が存続するのに必要な勝利数はあと6つ。 ソファに腰掛けたゼウスの後ろに、アレスとヘルメスがいた。 シヴァやロキもいる。 ヒルデが本気で神々を倒すつもりなら、こちらも迎え撃つまで。 それを聞いたシヴァは次は自分と名乗りを上げるが、ゼウスはギリシャの借りは我々ギリシャに返させて欲しいと言う。 ヒルデとゲルはそこを歩きながら、次の神側の出場者が誰か話していた。 「オレだ」 強い圧を放って2人の前に現れる男。 ゲル「ヘラクレス兄様」 彼の名はヘラクレス。 ゲルやヒルデの兄である。 改めて彼は、次の試合で自分が出ると宣言する。 ヒルデは彼の武運を祈った。 らせん状の外階段をヘラクレスが歩いていると、ロキが現れる。 ロキは彼がヒルデたちと仲が良かった事などをからかうが、彼は武人として恥ずかしくない闘いをするまでと返す。 そして、自身が人類の終末に反対である事も……… ヘラクレスとしては、人間代表に完膚なきまでに勝った後で、人類救済を申し出るつもりらしい…。 彼はいつでも正しい者の味方だ。 ヒルデは最初からヘラクレスの相手だけは決めている。 彼女が人類の中で一番嫌いなクソ中のクソ野郎らしいが……。 とうとう第4回戦に入る。 現在は神2-1人。 そして迎える序盤戦の天王山。 司会者が立っているのは、1~2ha 10000~20000m2 もありそうなロンドンの街だった。 今までの闘技場で最大である。 そのため観客達はモニター観戦となる。 人類代表がこの闘技場を要請したらしい。 そしてそれをヘラクレスが受理してくれたのだ。 ………人類代表が霧と共に現れる。 英国紳士の恰好をし、顔には仮面を付けている。 仮面の下からは、口ひげを生やした紳士風の男の顔が現れる。 それを見たロキは、人選をしたヒルデを「やらしいヤツ…」と評す。 ………向こう側からは、馬に乗った豪傑が現れる。 ネメアの獅子、地獄の番犬ケルベロスを…素手で屈服させた豪勇。 あまり声援を受けないジャックに対し、ヘラクレスは神たちに応援される。 まるで悪者を倒す正義のヒーローのようだ。 無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。 ぜひ有効に利用したいですね。 登録無料で月額料金不要。 無料で読める作品が約1万5000冊もあります。 是非試し読みをして本を選んでくださいね。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の