出雲 駅伝 2020。 3大駅伝「出雲駅伝」の中止検討 人員確保も困難に

2020年第32回出雲駅伝中止決定!中止の理由は何?ネットの反応と合わせて調べてみました(会見動画有)。

出雲 駅伝 2020

みなさん、こんにちは。 マオです! いよいよ『第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走』が、2019年10月14日(月)体育の日に、開催されます! 出雲・全日本・箱根の三つの駅伝を、「学生三大駅伝」と呼ばれています。 その内の一つが今大会の出雲駅伝です。 出雲駅伝の距離は、6区間45.1km、全日本駅伝8区間106.8km、箱根駅伝の10区間217.1kmと、それぞれ距離が大幅に違い、見どころ満載です! 特に出雲駅伝は距離が短い分、超スピードマラソンになりますので、思わぬドラマも生まれたりすることがあります。 アンカー区間で勝負が決まるため、「逆転の出雲」と呼ばれています。 現地観戦をする人もテレビやラジオで観戦する人も、生中継で応援したいですね! それでは早速本題へどうぞ。 区間3位以内で走って優勝に貢献して、監督を胴上げしたい」 2年 一関学院高出身 ハーフ:1時間02分54秒 — 駒大スポーツ陸上班 KomaspoTaf ファンや監督を気遣う小原拓未選手は、イケメンですね。 2019-20大学駅伝 — 陸マガ 陸上競技マガジン rikumaga 吉田圭太選手は青学のエース! 昨年の三大駅伝で、すべての区間賞を獲得している超注目選手です。 今季出雲大会でも期待の星のような選手で、どのような走りを見せてくれるのか楽しみです! 2019年9月14日に岐阜メモリアルセンターの長良川競技場で「日本インカレ5000m」が開催され、この大会で吉田圭太選手は、自己ベストタイム13分43秒54を記録し、日本人では1位。 3位に入賞しています。 吉田圭太選手のコメント 「昨季は三大駅伝ですべて区間賞を獲得したとはいっても、負担の少ない区間でしたから。 今季は往路の主要区間で勝負したうえで、区間賞を取りたいです。 今年の青学は弱いと言われていますが、キャプテンの(鈴木)塁人さんとは、『前半の流れをつくりたいですよね』と話してます。 ご本人の意欲的なコメントに、意気込みが伝わってきます。 原晋監督のコメント 「吉田がついに本格化しましたね。 青学の勝負は、吉田圭太選手に注目です! プロフィール 出身地 :広島県 生年月日:1998年8月31日 身長 :172cm 体重 :51kg 血液型 :A 出身高校:広島県立世羅高等学校 世羅高等学校は、駅伝で名を轟かせている有名な高校です。 陸上競技部は、2018年全国高校駅伝競走大会に男子は8年連続10回、女子は6年連続6回出場しています。 陸上部の 監督にインタビューしました。 キャプテン のみならず、OBの や などの活躍も目立ちます。 酒井監督が世界を目指すようになった理由と、学生駅伝に対する向き合い方も聞いてきました。 — 4years. 「どの大学に所属していたとしても、そのレベルの選手だったら27分台を目指していかないと。 可能性を秘めた選手だったら世界を目指していくんだ、と。 そういう姿勢が卒業後にすごくいい経験になり、学生駅伝のレベルを上げていくことにもなりますから」。 世界を目指すのなら、国内の学生駅伝で負けるわけにはいかないと思うのは当然。 「これぐらいは走らなきゃ」という考え方になる。 オリンピックを目指す以上、駅伝の区間賞は必須、と酒井監督は断言する。 最大で4秒差にまで詰めるが、次第に引き離されていき、12秒届かず2位に甘んじた。 今年の出雲はその雪辱に燃える。 全日本の7、8区や箱根の9区などで完全復活を遂げそうだ。 全日本の7、8区や箱根の9区などで完全復活を遂げそうだ。 東洋大学の選手が今回多めにクローズされましたが、みなさん日々彼らの成長を応援している人たちで、駅伝ファンの熱意が伝わってきます。 選手のみなさんが、どんなドラマを見せてくれるのか、楽しみですね。 出雲駅伝2019の出場校は? 北海道学連選抜 東北学連選抜 東海大学・・・両角速駅伝監督 青山学院大学・・・原晋監督 東洋大学・・・酒井俊幸監督 駒澤大学・・・大八木弘明監督 帝京大学・・・中野監督 法政大学・・・坪田智夫監督 國學院大學・・・前田監督 順天堂大学・・・長門俊介監督 拓殖大学・・・山下拓郎監督 中央学院大学・・・川崎監督 北信越学連選抜 皇學館大学・・・日比勝俊監督 愛知工業大学・・・奥野佳宏監督 立命館大学・・・田中正典監督 関西学院大学・・・鶴谷邦弘監督 京都産業大学・・・伊東 輝雄監督 広島経済大学・・・尾方剛監督 第一工業大学・・・岩元 慎一総監督、岩元 泉監督 出雲駅伝2019の順位予想は? 順位予想 1位 駒澤大 2位 東海大 3位 青山学院大 【出雲駅伝 2019 AI順位予想ー1位駒澤大、2位東海大、3位青山学院大】 台風が来る前にUPしておきます。 — 呼人@地図で駅伝・旧街道 gpscycling 順位予想 1駒沢 2國學院 3東海 4東洋 5帝京 6青学 下克上駅伝を予想しました。 1駒沢2國學院3東海4東洋5帝京6青学 — 箱根駅伝を走ったひとり社長 V29HZA6vEi5i12u 順位予想 1.國學院 2.東海 3.駒澤 出雲駅伝は國學院vs東海vs駒澤かな? エース力で青学、東洋、法政、拓殖がなんとかこの3校についていく構図になりそう。 中央学院や帝京はエース力でやや劣るんじゃないかと。 まぁ始まってみんことにはなにも分からんけどね。 大会前に、いろいろ予測するのも楽しみのひとつですね。 選手のタイムも参考にできますが、当日のコンディションなども気になりますね。 出雲駅伝2019のTV・ラジオ放送時間は? テレビ・ラジオともに、生中継です。 イケメン、注目選手、順位予想など、出雲駅伝マラソンの見どころは満載です! また、学生ならではの駅伝マラソンの醍醐味もあります。 将来、オリンピックなどに羽ばたいていく選手にも注目したいですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

全日本大学駅伝2020関東地区予選会【書類選考による選出7校は!?】/出雲駅伝・箱根駅伝の情報も!

出雲 駅伝 2020

今回はの戦力を分析していきたいと思います。 昨年度はは8位でしたが、2位、3位と常勝軍団復活の手応えを得た、その戦力を分析していきます。 大学2年生にして5000m13分41秒、10000m28分13秒のタイムを持っているのは、本当に強いです。 日本選手権でも実業団選手と対等に戦えるのではないでしょうか。 5000mで13分台を持つルーキー鈴木が3番目に入っているのにも注目です。 また、5000m14分05秒、2年次に1区賞の白鳥や、他にもランキング外ではありますが、5000m14分一桁台を持つ赤津、花尾、中洞、赤星など、近年では最高のスカウトといえるのではないでしょうか。 さらに、学内記録会で非公認ではありますが、酒井が28分39秒、石川が28分41秒、山野が28分42秒と28分台が続出。 中間層の育成も十分進んでいるように思えます。 経験者は7人残る今季、7人中5人が新4年生と4年生が割合を占めています。 前述のように学内記録会で下級生が好走を見せており、スカウトの面でも中間層の育成は十分進んでいます。 箱根の結果が物足りなかった伊東、加藤、神戸ら新4年生の奮起が優勝への鍵を握るでしょう。 今回はここまでにします。 次回も戦力分析を行なっていきますので、よろしくお願いします。

次の

「出雲駅伝」中止検討 国学院大・前田監督、箱根、全日本も「もしものことは覚悟」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

出雲 駅伝 2020

新型コロナウイルスの国内感染者が1日1000人に近づくなど、拡大が止まりません。 緊急事態が解除され徐々に再開され始めたスポーツ界にも、再び暗雲が垂れ込んできています。 ファンに大変人気のある 大学駅伝もその一つ。 このままコロナ禍が全国に広がり続ければ、秋冬にシーズンを迎える「3大大学駅伝」への影響が懸念されます。 既に一部の大会では中止の決定も。 最大のイベントであるお正月の風物詩・箱根駅伝2021は無事開催されるのか、現状を探りました。 (出典:Wikipedia、スポーツ紙報道など) 箱根駅伝2021中止はあり得るのか?出雲は中止の暗雲 毎年10月から大きな大会が続きシーズンインする 大学駅伝。 「学生ランナーの頂点」ともいえるお正月の 箱根駅伝2021に向けて、各大学の熱い戦いが今年も期待されます。 ところが今年は春先から蔓延してきたコロナ禍がいまだ収まらないどころか、夏になって全国で 一段と感染者が急増する事態に。 これを受け、 島根県出雲市で10月11日に開催予定の 「第32回出雲全日本大学選抜駅伝」の 中止を主催者が検討していることが判明し、関係者に衝撃が走っています。 出雲駅伝は、11月に開かれる 全日本大学駅伝、年明けお正月の 東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝2021)と合わせた 「大学三大駅伝」の初戦として、学生長距離界やファンが最も注目するレースの一つ。 長い歴史上、中止になったのは 台風が接近した14年の一度しかありません。 ひまり 箱根駅伝2021の現状 出雲駅伝中止の暗雲が濃くなってきたことから、にわかに懸念が増してきた 箱根駅伝2021の開催。 そもそも、このコロナ禍を受けて、陸上競技の「元締め」である 日本陸連の対応はどうなっているのでしょうか。 日本陸連は6月にコロナ対策の観点からの 大会運営指針を発表。 それによると 「コースを通過する全自治体が開催を認めていること」を開催の前提条件として挙げ、その上で主催者には 沿道での応援自粛要請を行うよう求めています。 これを受け、箱根駅伝2021主催者・ 関東学生陸上競技連盟は現時点での大会開催方針を発表。 6月に開催予定だった 全日本大学駅伝の選考会は中止し、書類選考に変更。 9月に予定する 関東大学女子駅伝も7月末時点の感染状況を踏まえて開催可否を判断するとしています。 箱根駅伝2021関連はまず10月に、シード校以外の出場を選考する 予選会が行われる予定ですが、これについては24日時点では特に公式発表はなし。 出雲、関東大学女子など他大会の開催状況をみて今後判断するとみられます。 ただ、例年予選会の開催地は 東京都立川市内の市街地など。 報道によると、主催者側は今年の予選会については 立川市の自衛隊立川駐屯地を周回するコースに変更し、 無観客で行う方向で調整しているそうですが、全国で最も感染者が急拡大中の都内だけに、 最終的に自治体が開催を認めるか見通せません。 まして本選ともなると、 東京・神奈川の往復200km以上もの長距離を何時間にもわたって走るロードレース。 沿道にも大勢の観客が押し寄せる巨大イベントだけに、 「自粛」「制限」がどこまで可能なのか、多数の沿道自治体や警察当局などの協力が得られるのか、全く不透明。 このまま秋以降もコロナ禍蔓延が続けば 通常開催は当然困難で、事態は非常に厳しくなりそうです。 要約すると... コロナ禍拡大が止まらず、3大大学駅伝の一つ・出雲駅伝が中止を検討• 箱根駅伝2021への影響必至。 10月の予選会も周回・無観客に変更へ• 秋もコロナ禍が続けば箱根中止の懸念も。 原晋監督は必死に開催訴え 甲子園や五輪同様、日本最大級の超人気イベントの箱根駅伝。 ただコロナという感染症蔓延の中では、この人気の高さが「あだ」でもあります。 当事者の選手の中にさえ「クラスターが起きて何かの駅伝が中止になると、そういう流れができてもおかしくない」との懸念は強いようです。 ロードレースでは事実上無観客は不可能。 選手自身が長時間密集状態で走ったり、伴走のコーチらが大声でアドバイスするなど、感染対策上の問題は他競技より多いといえます。 箱根で5度の総合優勝を果たした名将・ 原晋監督(青学)はTwitterで「お披露目の場を奪うことだけは絶対にしてほしくない」「また過剰反応。 大人と学生では一年の重みが違う」「今ここにリーダーの心意気を。 ノーリスクの世界はない」と必死に開催を訴えていますが、有力大の監督の中には「選手・大学側、支える側、見る人の三者が不安のない状態で迎えることが大事」と冷静な見方もあるようです。 ここにもコロナに対する過剰反応。 10月から始まる駅伝シーズンに向け選手は今日も出走準備をしている。 大人の一年と学生の一年は重みが違う。 リーダーは今年はしょうがないや…で終わらせないでほしい。 全ての駅伝が開催される事を祈る! 全国高校駅伝たすきリレーしない?

次の