指 ささくれ 腫れ。 ささくれが化膿して、指がくさって激痛・・・トホホ

抜くと痛い!爪の「ささくれ」改善方法は?化膿・腫れた時のケアも

指 ささくれ 腫れ

人間が普段の生活の中で、一番見る機会が多い身体の部位は、きっと「手」ですよね。 字を書くにも、料理や掃除をするにも手を動かし、仕事中もかなりの頻度で目にしています。 いつも目にしているからこそ、指を切ったり、擦り傷や指が腫れるなど、手の異変には気づきやすいものです。 そのような場合、比較的初期段階で気が付くこともできますが、いつも酷使しているから、指が腫れることぐらい、そのうち治るだろうと思って放置しておくのは危険です。 単なる指が腫れる症状でも、それは恐ろしい病気の初期症状の可能性があるのです。 症状が悪化してしまえば、免疫力の低下や、患部を掻いたことによる傷から、別の病気や感染症を呼んでしまうこともあります。 そこで今日は、指が腫れる症状を伴う7つの病気について解説します。 ではご覧ください。 関節周辺が小さくプックリ指が腫れる、へバーデン結節やブシャール結節 指の第一関節や、第二関節周辺にプックリと丸く指が腫れる症状を、 へバーデン結節、ブシャール結節と呼びます。 これらは原因不明の腫れとされており、高齢の女性に多く現れるため、遺伝の可能性も指摘されています。 症状としては、患部のみ丸く腫れて、痛みを感じるようになり、腫れ方によって指が曲がってしまうこともあります。 左右同じように腫れが見られる場合は要注意です。 指全体が大きく腫れるのは、リウマチなど膠原病によるもの 膠原病の中でも最も多い、 関節リウマチによっても指が腫れる症状をひき起こします。 関節リウマチによる腫れは、どちらかと言うと関節周辺から指全体にかけて大きく腫れあがるような症状が多いでしょう。 指の関節に炎症がおこったために現れる症状です。 男性よりも女性の方が、およそ4倍も多く発症すると言われています。 また、治療法も確立されていないため、対症療法が主になるでしょう。 プツプツとして強い痛みを伴うのは、帯状疱疹による指の腫れ 帯状疱疹は水痘ウィルスと言って、 水疱瘡と同じウィルスに感染したために起こる病気です。 この病気にかかると、虫に刺されたように、赤くぷっくりと指が腫れるという症状がみられます。 特徴としては、その赤い腫れの中にプツプツとした水疱が見られたり、身体の片側のみに症状が現れます。 片手だけに強く痛む水疱ができたら、帯状疱疹を疑いましょう。 治療は、抗ウィルス薬を処方されたり、痛みによってはビタミンの注射を打つことがあります。 男性に多く、強い痛みを伴うのは痛風によるもの 痛風による症状が手指に出ることがあります。 痛風は、 身体に溜まった尿酸が関節付近で結晶化してしまうために、腫れや強い痛みが起こる病気です。 尿酸はプリン体の摂取により作られるため、ビールをはじめ肉や魚、砂糖などが多い食生活をしていると痛風のリスクを高めます。 手指のつけ根が腫れるのは、腱鞘炎やばね指によるもの ばね指は腱鞘炎とも呼ばれますが、腱鞘炎のもっと悪化した状態を指し、 指を曲げ伸ばしする際に、つまるような、引っかかるような感覚を伴います。 腱は、関節の筋肉を支える紐状の組織で、腱鞘炎による腫れでは、指のつけ根が腫れ、日常生活などによる酷使などにより症状が現れます。 一番の治療は、指を固定して安静にしていることですが、症状が深刻な場合はリハビリによる治療や、手術療法も選択されます。 指先が痛むひょうそは、小さな傷やささくれから菌に感染して起こります 水仕事や手荒れなどにより、指先に傷ができ、そこから 菌に感染して指が腫れるのがひょうそです。 ひょうそは、傷から黄色ブドウ球菌に感染して、ズキズキと指先が痛み、腫れを伴います。 治療では、黄色ブドウ球菌に効果のある抗菌薬や、痛みが強い場合は痛み止めを処方されます。 状態によっては自然治癒できる場合もありますが、悪化してしまうとリンパ管から菌が前身に広がり、リンパ節炎を引き起こしてしまうため、痛みがある場合にはしっかり受診しましょう。 冬場にありがちなのが、しもやけによる腫れです 真冬で外気が5度、日夜の温度差が10度以上ある場合に現れるのが、しもやけです。 外気が寒くなると血管の収縮が悪くなり、指先など毛細血管に炎症やうっ血を起こします。 主な症状は手や鼻の頭など表に出ている部分が赤く腫れ、じんじん痒みを感じます。 中には発疹を伴う場合もあるでしょう。 毛細血管の流れを良くするためにビタミンEを内服したり、炎症による痒みに対応するためにステロイドを塗布すると効果的です。 一言に指が腫れると言っても、腫れている部位、腫れ以外の症状や生活習慣などにより、起こる病気は様々です。 強い痛みや痒みを伴ったり、日常生活に影響がでているようなら、急いで病院を受診しましょう。 ここで紹介したリウマチや痛風などは、早期の対処により症状の進行を遅らせることができます。 また、帯状疱疹においても、部位によっては神経痛が残ってしまう場合もあるので、しっかりとした治療が必要になります。 ご紹介した病気の中には、生活習慣によって起こる病気もあるため、症状が無くとも日頃の食事や小さな傷などについては注意を向けておきましょう。 医学がいくら発達していても、全ての病気を治せると言うわけではありません。 日頃から健康的な生活を心がけ、予防に努めるのが一番の治療かもしれません。 まとめ 指が腫れる時に考えられるのは ・関節周辺が小さくプックリ腫れる、へバーデン結節やブシャール結節 ・指全体が大きく腫れるのは、リウマチなど膠原病によるもの ・プツプツとして強い痛みを伴うのは、帯状疱疹による指の腫れ ・男性に多く、強い痛みを伴うのは痛風によるもの ・手指のつけ根が腫れるのは、腱鞘炎やばね指によるもの ・指先が痛むひょうそは、小さな傷やささくれから菌に感染して起こります ・冬場にありがちなのが、しもやけによる腫れです.

次の

手の指が突然腫れて痛い原因は病気?何科に行けばいいの?

指 ささくれ 腫れ

指の膿 指から膿がでる皮膚病には、「爪周囲炎」と「ひょう疽」があります。 爪の周囲はいつも外傷の危険がある部位になります。 爪周囲がささくれなどで傷ついていませんか。 指がささくれなどで傷つくと、傷からばい菌が入ります。 ばい菌が入ると爪の周囲が赤くはれるなどの炎症を起こします。 爪の周囲が炎症をおこすのを「爪周囲炎」と呼びます。 指先の腹側が化膿するものは、「ひょう疽」と呼ばれます。 「ひょう疽」の正式名称は「化膿性爪周囲炎」です。 「化膿性爪周囲炎」は、手や足の爪周囲に急性の炎症が起きた状態のことを言います。 「化膿性爪周囲炎」は主に手の指先に起こります。 爪周囲炎は、爪の周囲にささくれなどの小さい傷がある・指しゃぶりで指が常時湿っている・水仕事が多い・手荒れによって手に傷を作っているなどの人に多くみられます。 爪周囲炎の症状 爪周囲炎の急性炎症では、指の爪の周囲の痛み・発赤・腫れ・膿がたまります。 爪周囲炎になるとズキズキする痛みで眠れないこともあります。 爪周囲炎の原因は、「ささくれ(さかむけ)」・「ふかづめ」・「陥入爪」・「マニキュア」・「爪を噛むくせ」などです。 爪周囲の傷に化膿菌が進入して発生します。 爪周囲炎が発生すると、爪の根もとに向かって化膿が進みます。 爪周囲炎の治療 爪周囲炎になると、爪の側面や爪の付け根の痛みと発赤・腫れがあらわれます。 指の爪周囲炎が悪化すると膿がたまって黄色くなります。 指の爪の下に膿がたまることもあります。 爪周囲炎初期なら、抗生物質の化膿止めと冷湿布で治療します。 指に膿がたまっているときは切開して膿を出します。 指に爪が食い込んでいる時は、食い込んでいる爪の一部を部分切除します。 爪の下に膿がたまっていれば爪を切除して膿を出します。 指の爪周囲が腫れて膿がでたらスグに皮膚科の診察を受けてください。

次の

【医師監修】体調不良のサイン?痛い指のささくれの原因や悪化による感染症のリスク

指 ささくれ 腫れ

[目次]• 痛い指のささくれの原因とは ささくれは、主に以下のようなことが原因となって発生します。 水仕事など日常生活での手・肌の乾燥• 乾燥した空気• 洗剤を使用する水仕事• 手洗い• 入浴時のシャンプー など、日常生活では手肌のうるおいを奪う機会がたくさんあります。 水仕事の時はゴム手袋を使用したり、 こまめにハンドクリームを使用するなどして、 手肌を乾燥から守りましょう。 爪へのマニキュア・ジェルネイル• マニキュアやジェルネイルなどのリムーバー• ネイルケアの一環としての甘皮除去• アルコール消毒 などが原因となり、ささくれができることがあります。 リムーバーは爪以外の 皮膚に付着しないようにしたり、 過度な甘皮除去をしないように気をつけましょう。 食べ物の偏りによる栄養不足 皮膚の原料となる• タンパク質• 肌の状態を健康に保つビタミン類• ミネラル類 が不足すると、ささくれができやすくなってしまいます。 特に、ビタミン類としては、• 皮膚や粘膜を健康的に保つビタミンA、B2• 皮膚障害の予防に効くビタミンB6• 肌を美しく保つビタミンC• ビタミンAの吸収を助けるビタミンD• 傷の治癒に役立つビタミンE の不足が原因とされます。 血行不良・体調不良 上記以外にも、運動不足などによる 血行不良や、 体調不良も原因となりえます。 ささくれは体調不良のサインかも ささくれができたところで、ほとんど気にしないという方は多いのではないでしょうか。 しかし、「たかがささくれ」と軽く見てはいけません。 ささくれができたら、まずは上記を参考に、何が原因かを考えてみてください。 単なる乾燥であれば、 乾燥を防ぎ、保湿をすることで治ります。 しかし、ささくれは 栄養バランスが崩れていることや体調不良のサインの可能性があることも忘れないでおきましょう。 ささくれが悪化すると感染症になることもある ささくれは 悪化すると化膿したり、 感染症にかかってしまうことがあります。 具体的には、カンジダというカビに感染したり黄色ブドウ球菌・連鎖球菌などに感染すると「 カンジダ性爪周辺炎」や「 ひょうそ」といった症状が現れることもあります。 そのため、ささくれとはいえ症状が 悪化した場合は、すみやかに病院を受診して治療を行いましょう。 ハンドクリームを使ったケア方法についてはの記事を参考にしてみてください。

次の