エイジ フレンドリー 職場。 エイジフレンドリーな職場の実現に向けて 有識者会議が報告書案をとりまとめ

令和2年度 全国安全週間/愛知労働局

エイジ フレンドリー 職場

2012年3月10日号 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・」第60回 ここ数年、エイジフレンドリーという言葉が日本のみならず、多くの国で目につく。 エイジフレンドリーとは、もとは英語で age-friendly と表記する。 直訳すると「年を取ることに対して親和性が高い」の意味で、日本では「高齢者にやさしい」と訳されることが多い。 エイジフレンドリーという言葉が最近目につく理由の一つとして、 WHO (世界保健機関)が提唱する Age-friendly Cities (エイジフレンドリー・シティーズ)の動きが広がり始めていることが挙げられる。 この動きは「高齢者にやさしい都市」というコンセプトに基づき、定められたガイドラインに従って市民参加型で街づくりを進めるものだ。 もう一つの理由としては、日本のみならず多くの国で高齢化が進み、これに対応した商品やサービス、店舗つくりやインフラ整備に対する意識が高まっていることも挙げられる。 こうした「高齢者にやさしい」モノ・サービス・インフラづくりの動きは今後ますます進展する社会の高齢化への対応策として歓迎すべきものである。 その一方で「高齢者にやさしい」ことを一つの側面だけに偏りすぎると陥ってしまう落とし穴がある。 「高齢者にやさしい」街づくりの最初の例は、1960年代にアメリカアリゾナ州に建設されたサンシティ( Sun City )である。 このサンシティは、入居者の年齢を55歳以上に制限した初の居住コミュニティだ。 年齢制限のために、開設当初多くの論議があったが、当時55歳以上で若い世代との同居を好まない人たちに支持され、その後全米各地に何か所か同様のコミュニティが広がっていった。 しかし、建設から30年、40年と経過するにつれ、いろいろな問題が出てきた。 最大の問題は、コミュニティの居住者が高齢者ばかりになってしまったことだ。 入居当初は55歳以上限定の割に活気があったのだが、年月の経過とともに徐々にコミュニティの活気が失われていった。 たとえば、住民組合の代表が、何か新たな取り組みをしようと呼びかけても、「自分はもう先が長くないから、今のままでいい」などと後ろ向きな態度で対応されることが多くなったのだ。 「高齢者にやさしい」ことの落とし穴の例は他にも見られる。 NTTドコモのらくらくホンは「高齢者にやさしい」携帯電話のパイオニアである。 最初のモデルからこれまでにのべ1800万台以上売れたが、実は初期段階ではそれほど売れなかった。 消費者への知名度が低かったせいもあるが、当初のモデルは、ユニバーサルデザインを全面的に採用し、高齢者にとって機能面での使いやすさを前面に出したものだった。 確かにディスプレイの字は大きく見やすかったし、操作ボタンも大きく押しやすく、老眼の人でも使いやすいと評判だった。 また、耳の遠くなった人でもはっきりと聞こえる音声補整が施されていたり、握力の落ちた人でも握りやすく落としにくい形状であったりと機能的にはそれまでの携帯電話にはない優れたものだった。 にもかかわらず、当の高齢者のなかには「らくらくホンなんて使いたくない」という意見が根強くあった。 その最大の理由は「製品のデザインが年寄り臭くって、それを持っていると年寄り扱いされるのが嫌」というものだった。 周りから年寄だと見られていても、本人はまだそれほどだと思っていない人は案外多い。 仮に自分は年寄だと認識をしていても、まだ自立して元気に生活できるうちは、周りの人に「あなたは年寄」だと言われたり、老人扱いされたりするのは嫌なものだ。 NTTドコモでは、その後検討を重ね、「高齢者にやさしい」機能は従来以上に強化したうえで、デザイン面で、もっとスタイリッシュで、年寄臭くないモデルを開発した。 その一つ「らくらくホンベーシック」シリーズは、発売以来、中核モデルとして、毎月の売れ行きトップ10位に常時ランクされるほどの人気機種となった。 らくらくホンの例が示しているのは、機能面で「高齢者にやさしい」ことが、デザイン面では「高齢者にやさしい」とは限らないことだ。 「高齢者にやさしい」とひとことで言っても、異なる多くの視点による吟味が必要なのだ。 次回は別の種類の落とし穴についてお話ししたい。 あわせて読みたい関連記事• イキイキと元気に暮らす秘訣が満載! さらに増刷、3刷!! 中国語版も好評発売中! DOL年末年始に読みたい 「2014年ベストビジネス書」! Amazonランキング 「マーケティング・セールス」など 2部門で1位! 成功するシニアビジネスの教科書 超高齢社会を ビジネスチャンスにする技術 (日本経済新聞出版社) シニアビジネスの悩みが解決する 次のビジネスチャンスがひらめく 「インサイト」が満載! 3刷、大好評発売中! 韓国・台湾でも好評発売中! シニアシフトの衝撃 超高齢社会を ビジネスチャンスに変える方法 (ダイヤモンド社) アマゾン「経営理論」部門1位! Kindle有料タイトル最高位20位! 日本のシニアビジネスの第一人者が シニアシフトに取り組む際に 留意すべき点や 事業成功のための要点を 余すところなく伝える 親が70歳を過ぎたら読む本 (ダイヤモンド社) ついに6刷、大好評発売中! アマゾンの社会福祉部門・ 医療関連科学部門で1位 高齢の親を抱える 現役ビジネス・パーソン向け。 目からうろこの必読書。 老人ホーム選び、相続トラブル、 認知症による生活トラブルなど 「高齢期の親に関わる諸問題」の トラブル予防と対処法を テーマ横断的にわかりやすく整理。 村田裕之プロフィール•

次の

令和2年度「全国安全週間」を7月に実施

エイジ フレンドリー 職場

現在、少子高齢化という社会問題を背景に、「高年齢者雇用安定法」の改正法案が国会で検討されています。 改正法案は2021年4月から適用される見通しで、高齢の労働者が希望すれば70歳まで働き続けられるようにすることが企業の努力義務となります。 高年齢の労働者の就労が一層進むと予想されることを受け、2020年3月16日厚生労働省が「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(エイジフレンドリーガイドライン)」を公表しました。 今回は、エイジフレンドリーガイドラインをわかりやすく紹介します。 エイジフレンドリーガイドラインの趣旨 高年齢の労働者の就労が増えることで、労働災害により休業4日以上となる死傷者のうち、60歳以上が占める割合が増加すると見込まれています。 エイジフレンドリーガイドラインは、こうした見込みが立っている中で、高年齢労働者が安心安全に働けるよう職番環境を整えることを目的に、事業者や労働者に取組が求められる事項を取りまとめています。 厚生労働省はエイジフレンドリーガイドライン普及のため、中小企業に対する個別コンサルティングや、補助事業(エイジフレンドリー補助金)の各種支援を行うとしています。 エイジフレンドリーガイドラインの内容 では、エイジフレンドリーガイドラインの内容はどのようなものなのか、そのポイントを見ていきましょう。 事業者に求められる取り組み (1)安全衛生管理体制の確立等 経営トップ自らが安全衛生方針を表明し、担当する組織や担当者を指定するとともに、高年齢労働者の身体機能の低下等による労働災害についてリスクアセスメントを実施 経営者自らが高年齢労働者の労働災害について、安全衛生の方針を表明することとしています。 まずは会社としての宣言が大切ということですね。 (2)職場環境の改善 照度の確保、段差の解消、補助機器の導入等、身体機能の低下を補う設備・装置の導入などのハード面の対策とともに、勤務形態等の工夫、ゆとりのある作業スピード等、高年齢労働者の特性を考慮した作業管理などのソフト面の対策も実施 視力低下に合わせて適切な照明の明るさを調整することや、身体機能低下に合わせ作業場の段差の解消をすることなどの物理的な職場環境の工夫が必要とされてます。 また、高年齢労働者に合わせた作業スピードや勤務形態の工夫など仕事の取り組み方にも工夫が求められます。 これらは本人の体力や健康状態によって相談をして決めていくほうが良いでしょう。 (3)高年齢労働者の健康や体力の状況の把握 健康診断や体力チェックにより、事業者、高年齢労働者双方が当該高年齢労働者の健康や体力の状況を客観的に把握 健康診断等により高年齢者の健康状況や体力を適切に把握することが必要とされています。 (4)高年齢労働者の健康や体力の状況に応じた対応 健康診断や体力チェックにより把握した個々の高年齢労働者の健康や体力の状況に応じて、安全と健康の点で適合する業務をマッチングするとともに、集団及び個々の高年齢労働者を対象に身体機能の維持向上に取り組む 高年齢労働者の体力や健康状態に応じて適切な内容の業務を割り当てる必要があります。 健康状態にまったくそぐわない体力を使う仕事ふってしまっては、リスクは高まります。 また、高年齢労働者を対象に身体機能の維持向上を取り組んでもらえるよう事業者側での工夫と配慮が必要です。 (5)安全衛生教育 十分な時間をかけ、写真や図、映像等文字以外の情報も活用した教育を実施するとともに、再雇用や再就職等で経験のない業種や業務に従事する高年齢労働者には、特に丁寧な教育訓練を実施 高年齢労働者へは、業務を教えるための教育について工夫が必要とされています。 十分に時間をかけ、例えば写真や図、映像など文字以外の情報を存分に交えわかりやすい教育制度をつくりましょう。 また、経験のない業種や業務に就く場合には、特に丁寧に教育をすることが大切です。 労働者に求められる取り組み 労働者側には以下の取り組みが求められます。 ・ 健康診断等による健康や体力の状況の客観的な把握と維持管理 ・ 日常的な運動、食習慣の改善等による体力の維持と生活習慣の改善 事業者側と労働者側双方に対し取り組みが求められています。 事業者側では身体機能の低下に対してのケアや作業管理、また健康状態の把握についてなどさまざまな取り組みが必要です。 また、労働者側では自身の生活習慣や健康管理についてが取り組み内容として挙げられています。 終わりに 定年延長や高齢労働者の雇用は、見方によってメリットとデメリットどちらの側面も感じることがあると思います。 しかしながらエイジフレンドリーガイドラインを用いて職場環境を整え、高年齢労働者のその豊富な経験値を社員の育成などうまく企業の中で活かせるように工夫することが、人生100年時代の現代には必要かもしれません。 <参考> 厚生労働省「「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」(エイジフレンドリーガイドライン)を公表します」.

次の

エイジフレンドリー

エイジ フレンドリー 職場

昨今の人手不足は、企業経営者、特に中小企業の経営者にとって、とても深刻なものです。 経営者の中には、「人手不足は一時的なものである」「採用活動の強化により解決するであろう」と考える方も多いと思います。 しかし、日本社会の人手不足は決して一時的なものではなく、今後もさらに悪化していきます。 さらに、少子高齢化によって若年層の数が減少していくため、採用による新たな人員確保も難しいのが実情です。 こうした状況においては、企業の人手不足解消のためには「高齢者活用」がカギとなります。 しかし、高齢者は、長年の経験によって経験や技術、ノウハウなどが豊富である一方、体力の衰えから来る問題を抱えています。 そのため企業が高齢者活用を進めていくためには、高齢者が働きやすい職場環境の整備など、解決すべき課題があります。 一方で行政でも、企業がより積極的に高齢者活用を推進して行くための制度作りを推進しています。 高齢者活用を検討している中小企業経営者が注目しておきたいのが、「エイジフレンドリー補助金」です。 以下では、 1 ~ 3 の構成で、日本社会の人手不足の現状、高齢者活用の課題、そして高齢者活用に向けた「エイジフレンドリー補助金」の活用について紹介していきます。 1 日本社会の人手不足の現状について 2 高齢者活用のメリット・デメリットについて 3 エイジフレンドリー補助金の活用について 目次• 日本社会の人手不足の現状について 東京商工リサーチの調査によると、2019年上半期における、人手不足による企業の倒産件数は191件(前年同期比3. これは、集計を開始した2013年以降で最多です。 実際に、調査対象企業の66. 日本社会の人手不足の背景 最初に、日本社会の人手不足の背景を整理していきます。 1 少子高齢化による生産年齢人口の減少 日本の総人口は、2008年をピークに減少局面を迎えています。 少子高齢化により問題になるのは「生産年齢人口」の減少です。 生産年齢人口とは、15歳以上から64歳までの、生産活動に従事できる年齢の人口のことです。 総務省によると、生産年齢人口は1990年代まで増加を続け、1995年には8,726万人になりました。 しかし、その後は減少しはじめ、2015年には7,728万人にまで減少しました。 そして将来的には、2030年には6,773万人、2060年には,418万人にまで減少することが試算されています。 2 従業員の高齢化 人手不足と並行して、従業員の高齢化も問題になっています。 これまで企業を支えてきた熟練の従業員たちが定年退職することで、人手不足が深刻化しています。 中小企業庁が行っている「承継アンケート」によると、高齢者層の退職により企業経営に「影響がある」「少し影響がある」と回答した企業の割合は54. 8%と半数にのぼります。 3 新たな人材獲得の厳しさ 生産年齢人口の減少により、若手社員の新規雇用が難しくなっていることも、従業員の高齢化に伴う人手不足に拍車をかけています。 最近の内閣府の調査によると、仕事の見つけやすさの指標である「有効求人倍率」は、2017年4月にバブル期最高の1. 46倍を超える1. 48倍と試算されています。 これは、企業の人材獲得の厳しさを物語っています。 特に中小企業にとっては、求職者の安定志向による大手志向が根強いこともあり、求人に応募が集まらない状況が今後も続くことが見込まれています。 4 働き方の多様化 価値観が多様化した若年層世代では、仕事のやりがいや、福利厚生を重視する人も増えています。 そのため、金銭面の条件だけでなく、従業員の「働きやすさ」に取り組んでいる企業の人気が高まっています。 また厚生労働省によると、特定の企業に属さない「フリーランス」が約170万人います。 正社員の獲得が難しい場合、派遣社員やフリーランスの活用も視野に入れる必要がありますが、多様な働き方が可能になるよう、会社制度を整えていく必要があります。 しかし、福利厚生や労働環境の改善に大きなコストを割くことが難しい中小企業では、働き方の多様化に合わせて会社制度を整えていくことが難しいのが実情です。 そのことも、中小企業が採用活動で苦戦を強いられる背景になっています。 人手不足によって高まる企業倒産のリスク 高齢者の定年退職によって生じた従業員数の減少は、若年層の採用によって補わなくてはなりません。 しかし、採用難によって従業員の数が減少すれば、現場の従業員への負荷が増加します。 そして商品やサービスの質の低下にもつながっていきます。 東京商工リサーチが2016年に行った調査によると、「人手不足」関連の倒産が310件も発生しています。 内訳は、代表者の死亡や後継者がいないことによる「後継者難」型が268件、求人に対して人材が集まらなかった「求人難」型が24件、定年退職や転職などによる「従業員退職」型が18件、「人件費高騰」型が18件となっています。 このように、人手不足が深刻化している昨今では、企業倒産のリスクも高まっています。 高齢者雇用の利点と課題について 少子高齢化により若年層の人員確保が難しくなる中、高齢者活用を積極的に進めようとする企業が増えています。 しかし、高齢者活用をすすめるためには、利点とともに解決すべき課題を把握しておく必要があります。 高齢者活用の利点 高年齢者活用には、下記のような3つの利点があります。 1 経験・スキル・ノウハウ・人脈の活用 2 若手社員の手本としての役割 3 組織の知見が広がる 1 経験・スキル・ノウハウ・人脈の活用 高齢者には、これまで培ってきた経験に基づくスキルやノウハウがあります。 そのため、同業種への転職や再雇用による継続雇用の機会を得た場合、蓄積されたスキルやノウハウを活かすことができます。 加えて、これまで培ってきた人脈を活かし、新たなビジネスチャンスにつなげることもできます。 2 若手社員の手本としての役割 高齢者は、働く意欲が高い方が非常に多いです。 高年齢者達が意欲的に働く姿を見ることで、従業員のモチベーションが向上し、組織が活性化します。 さらに、高齢者は、若年層と比べて礼儀正しく勤務態度が良好な方が多いため、他の従業員の手本になります。 3 組織の知見が広がる 高齢者が持つ知恵や価値観を企業風土に上手に融合すれば、会社組織全体の知見が広がります。 それにより、新たなビジネスモデルの構築や業務の効率化につながる可能性も出てきます。 高齢者活用の課題 一方で、高齢者活用を進めるにあたっての課題として、下記の2点が挙げられます。 1 高齢者に優しい労務環境の整備 2 高齢者の業務をサポートする仕組みの整備 1 高齢者に優しい労務環境の整備 まず、高齢になると、年齢による体力面の衰えにより、思うように働けない方も出てきます。 また、長時間労働による疾病リスクも高まってきます。 そのため、時短勤務や健康診断の導入など、肉体面の不安を考慮した労務管理を整備する必要があります。 2 高齢者の業務をサポートする仕組みの整備 高齢者社員は、経験が豊富である一方、新しい技術やスキルに疎い場合があります。 また、動作の緩慢さや記憶力の低下などによるミスも発生します。 そのため、標識や目印の設置、補助ロボットの導入など、高齢者の業務をサポートする仕組みの導入が必要です。 エイジフレンドリー助成金の活用について これまで見てきたように、人材不足に対処するためには、若年層の採用が難しいこともあり、高齢者活用がカギとなります。 一方で、高齢者活用に向けては、体力面の不安による課題を解決する必要があることも事実です。 その解決策の一つとなるのが、政府による補助金制度の活用です。 以下では、高齢者の肉体面のケアのために役立つ「エイジフレンドリー補助金」を紹介します。 エイジフレンドリー補助金とは 2019年11月27日の政府による有識者会議において、高齢労働者の労災防止に関するガイドライン骨子案が示されました。 その中で、厚生労働省から、高年齢労働者の安全・健康の確保に向け、「高年齢労働者安全衛生対策補助金(エイジフレンドリー補助金)(仮称)」の新設が提示されました。 現在は2020年度の施行に向け政府内で調整が進められています。 この補助金制度は、60歳以上の高年齢労働者を雇用する中小企業等を対象に、労働災害防止、健康確保等の独自の取組に対し、費用の一部を補助することを目的としています。 以下では、補助金の概要を紹介します。 詳細については、厚生労働省のホームページをご確認ください。 補助金の概要 1 目的 高齢労働者の増加にともない、転倒や腰痛など、労働事故に占める高齢者の割合が増加しています。 そのため、当補助金では、以下の取り組みに対する支援、促進を目的としています。 2025年には、団塊の世代が75歳以上の「後期高齢者」となります。 これは、国民の3人に1人が60歳以上になるという「超超高齢化社会」を意味しており、人手不足も一層深刻化していきます。 企業にとっては、高齢者活用を進めることで、少しでも人手不足を解消することが必要です。 一方で、高齢者活用を推進するためには、高齢者が働きやすい職場環境を整備する必要があります。 「エイジフレンドリー補助金」を活用することで、高齢者が働きやすい環境を整備することができますので、企業にとって大きなメリットになるでしょう。 施行後すぐに申請できるよう、制度の整備状況を注視しておきましょう。

次の