ドライ カレー と キーマ カレー の 違い。 もはや日本料理!?「キーマカレー」と「ドライカレー」の違い

「キーマカレー」と「ドライカレー」の違いは?

ドライ カレー と キーマ カレー の 違い

「ドライカレー」は、その名の通り、 したカレー、汁気の少ないカレー全般を指す呼称です。 日本ではカレー風味の である「カレー 」や、カレー風味の 「カレーピラフ」を指すこともあり、これらには挽肉が使用されない場合もあります。 また、 「キーマカレー」に類似した挽肉を使った水分の少ないカレーを白米の上に載せた を 「ドライカレー」と呼ぶこともあります。 いずれにしても、水分が少ない、またはほとんどないことが 「ドライカレー」の定義になっており、材料に決まりはありません。 また、 「キーマカレー」は から作る本格的なインド料理、 「ドライカレー」は、日本で生まれた簡易な家庭料理として区別される場合もあります。 「キーマカレー」の水分量が少ないものと、挽肉を使用した 「ドライカレー」は、外観上も似ているため混同されることもありますが、厳密には別の料理といえます。 「キーマカレー」インド発祥の挽肉を使ったカレー 「ドライカレー」水分の少ないカレー全般 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 439.

次の

もはや日本料理!?「キーマカレー」と「ドライカレー」の違い

ドライ カレー と キーマ カレー の 違い

日本でカレーライスを食べたインド人が 「これなんて料理ですか?とても美味しい!」 なんて事を言ったとか言わないとか それくらい日本のカレーライスとインドのカリーは違うものみたいです。 日本のカレーはインドからイギリスに伝わりイギリスから日本に伝わった料理 インドカレーはとろみがないのにイギリスに伝わったカレーにはとろみがあるのは• イギリス海軍のメニュー採用された時に船の揺れでカレーがこぼれないようにとろみをつけた説• フランス料理の技法を使っているのでとろみがある説 そんなヨーロッパのカレーライス(欧風カレー)を日本のお米に合うように更にとろみをつけたのが日本カレー。 カレー粉を使うのではなくメーカーが独自に調合したカレールーを使うのが一般的 カレールーはカレー粉みたいに小麦粉を使う事もないし、粉っぽくもならない。 インド人にとってカレーとは? カレーという言葉はインド南部の方言であるタミル語のkari(カリ)がなまったもの、という説が有力。 カリとは「ソース」または「汁物」という意味です。 という事は日本人の感覚で例えるなら インド人にとってカレーは和食にとってのお味噌汁なんじゃなかろうか? だから簡単に作れてバリエーションも豊富にある。 というかスパイスの調合はみんな違って家庭の味という感じ。 日本でも味噌汁は赤味噌と白味噌を混ぜたり出汁が違ったりと具も豊富 それと同じものをインド人のカレーに感じる。 インドと言っても北と南で食生活とかも違うし民族の違いや宗教の違いもあるので カレーもそれに合わせて進化していった感じですね。 おおざっぱに言うと北インドカレーはこってりとして濃厚 南インドカレーはしゃばしゃばしたカレーになっています。 インドカレーの特徴! インドカレーの特徴として• とろみがない• カレー粉、カレールーを使わない• スパイスを自分で調合して味付け• 短時間で作れる。 インドカレーは毎日、食べる料理なので短時間で作れるようになっています。 レシピを見ると レシピ• 食材をカット• 鍋でホールスパイス(粉になっていないスパイス)を炒める• 玉ねぎを色が変わるまで炒める。 にんにく、トマト、生姜を入れる• パウダースパイスを入れる。 ペースト状になったら鳥モモ肉を加える• じゃがいもを入れる• 鍋に水を入れる• 最後に青唐辛子とパクチーを入れて完成 ここまでかかる時間は15分ほどだと言います。 基本的には材料を炒めてスパイスを入れてペースト状になるまで炒めたら水を入れてとろみをつける と言った感じです 玉ねぎとトマトとスパイスさえあれば出来てしまう。 時間も15~20分くらいで作れてしまうお手軽メニューと言った感じです。 日本カレーの特徴 日本のカレーは• とろみがある(濃厚、もったりしている)• カレー粉やカレールーを使う• 具は玉ねぎ、にんじん、じゃがいもが一般的• 作り方は簡単 日本カレーはとにかくご飯と合うように作られていてご飯によく絡むようにとろみがついている。 具は玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなんかが一般的で入っているお肉で名前が変わったりする。 市販のスパイスを入れる人もいるけど、生のスパイスをすりつぶしたりはしない インドカレーよりも更にお手軽になった印象。 カレールーは油が入っているのでインドカレーよりもカロリーは高い インドカレーと違って粉末にしたカレー粉やカレールーを使うのでスパイスの香りは殆どない。 カレーの香りというのはあるけど、インドカレーほど鮮烈じゃない。 口直しにらっきょうや福神漬けを食べる。 ご飯の他にカレーパンやカレー南蛮、カレーうどんがある。 まとめ 日本カレーもインドカレーもお手軽時短レシピなんだけど インドカレーの場合はスパイスを自分で調合する必要がある。 スパイスさえ揃えば、二回に分けて使うスパイスと玉ねぎ、トマト、肉をフライパンで炒めるだけ 具のバリエーションはインドカレーの方がめちゃくちゃ多い 日本カレーとの違いはとろみが日本カレーほどじゃないのと独自でスパイスを調合する事。 日本カレーもインドカレーもどちらもとっても美味しいので違いが分かるとより美味しく感じられるかも? 日本のカレーはカレールーやカレー粉で作る。

次の

「キーマカレー」と「ドライカレー」の違いは何?

ドライ カレー と キーマ カレー の 違い

ドライカレーとは? 「ドライカレー」とは汁気の少ないカレー全般を指す言葉で、使用する食材に特に決まりはないようです。 日本では、カレー味のチャーハンやカレー味のピラフなどもドライカレーに分類されています。 実は、ドライカレーは日本で生まれた料理だといわれています。 ドライカレーと「キーマカレー」の違いは? インド料理の一つ「キーマカレー」とは、ひき肉を使ったカレーのことを指します。 「キーマ」とは、インドの公用語であるヒンディー語で「ひき肉」のことを意味し、調理法にかかわらずひき肉で作るカレーはすべてキーマカレーと呼ばれます。 カレーの本場インドでは宗教や地域によって使用する食材が異なりますが、羊や山羊、鶏などの肉を使用するものがほとんどだそうです。 中には、日本では豚肉のキーマカレーもありますが、それほど一般的ではありません。 キーマカレーに使用する食材はひき肉、玉ねぎ、にんにくなどを基本とし、トマトやじゃがいも、ナス、ひよこ豆などと組み合わせるものが多く見られます。 ご飯だけでなく、インドではチャパティと呼ばれる薄焼きのパンと一緒に食べられています。 一方のドライカレーは、ひき肉や玉ねぎを炒めたものにカレー粉などで調味し、ご飯の上にのせて食べるのが一般的です。 どちらも使用する食材に決まりはありませんが、ドライカレーのほうが具材が少ないのが特徴です。 DELISH KITCHENのおすすめドライカレーレシピをご紹介 ひよこ豆のドライカレー クミンシードを使った本格的なドライカレーを作ってみませんか。 ひき肉や野菜に加え、ひよこ豆も使うので食べ応えもしっかり!トマトジュースで煮込むことで濃厚な旨味も加わります。 煮る時間は7〜8分程度と短く、一般的なカレーよりも手早く作れるのも魅力です。 唐辛子とカレー粉のスパイシーさが後引くおいしさですが、子どもや辛いのが苦手な人用にはこれらの量を調整して作ってみてください。 ひよこ豆カレーはパンとの相性もバッチリです。

次の