二 重 整形 仙台。 二重(ふたえ)、目もと、まぶたの整形施術一覧

美容整形・美容外科/仙台中央クリニック/二重・豊胸

二 重 整形 仙台

QUOLITY 城本の二重整形は、 選べる保証制度が充実しています! 二重まぶたを代表とする目の整形手術は、たくさんあり、美容外科の中では、一番多い手術です。 その理由としては、最も目立つ部位であり、「目鼻立ちがスッキリしている」や「目は心の鏡」等多くの言葉があるように目元の綺麗さは、対人関係においても重要です。 二重まぶたにする方法として、アイプチやテープによる癖付けを目的として多くの材料が市販され試されています。 しかしながら、皮膚のかぶれや面倒さもあり、結果的に二重手術を受ける方が多くなっています。 その二重手術の中でも、最も多い手術が埋没法です。 ダウンタイムも短く、とても簡単な手術である事が選ばれる理由でしょう。 どこのクリニックのどんな医師であれ、無難にできる基本的な手術です。 しかし、型通りの手術はできるとしても、要求された形や幅にでき、また腫れも少なく満足してもらう結果を出すには、豊富な経験と知識が必要です。 また、経験があっても、人の話を聞かない医師だったり、忙しくて自動的に説明から手術まで決まってしまうクリニックは良くありません。 埋没法では、手術後に二重まぶたが元に戻ることがあります。 これは、糸が切れることなどで起こりますが、絶対に戻らないと言える方法はありません。 その欠点を補うために、長期の保証制度をとっているクリニックがあります。 これに対して、保証制度がない、または1年未満の保証のみのクリニックもあり、この点に気を付けて選ばなくてはなりません。 埋没法に対して切開法がありますが、手術手順が多い分、少々腫れが生じ、また二重幅が広い時期が比較的長くなります。 手術後、数日から1週間で抜糸します。 その時期から腫れは次第に落ち着き、個人差はありますが、2~3週間で自然な状態になります。 片目だけ二重切開を受ける方もいます。 手術を受けていない片目と比べますので、腫れの程度が比較的長引く事があります。 その他、このページ以降では、二重まぶた、目の整形手術について、より詳細に説明したいと思います。 SAYAKA KUROKI• MIRAI TAKAOKA• KANA UEHARA• MITSUKI YOSHIDA• ERIKA KASAHARA• SAYURI OHSAWA• CHIHIRO NAGAI• MARI KOMATSU• RINA TAKEUCHI• SAKI NAKATANI• ARISA MIZUSHIMA• MARI UENO• YUKA KAMIYA• HITOMI HAYAKAWA• MAHO KURODA• MANAMI MIYAZAWA• SHOHKO MATSUDA• MISATO KASE• AIRI TAKANASHI• SAORI OGAWA• KEIKO OHNO• KAHO HAYASHI• TOMOKO KOBAYASHI• HINA UEMURA• SAKURA OKAMOTO• AYA YOSHIOKA• YUH AOKI• NORIKO OKADA• REI NANAMI• CHISATO NISHIYAMA• ERI TAKAGI• YOHKO ITOH• MEGUMI NAKAGAWA.

次の

切らない二重まぶた整形

二 重 整形 仙台

仙台中央クリニックでは、二重の手術をしてもらったが戻った、腫れるのが困る、出来上がりは大きく目が開いてクリクリの目になりたい、と言う方の為に、究極の二重をご案内しています。 最初から、ワンランク上の整形を希望している方、整形で失敗して今度は失敗したくないという方が、希望をいただいています。 戻らない二重 通常の二重手術は、まぶたの状態により、戻ることがあるために、何度も留め直しを繰り返す方がいらっしゃいます。 究極の二重は固定がしっかりしていますから、一重に戻ることはありません。 一重に戻ったらどうしようと、心配することはありません。 1週間で完成する二重 「せっかく二重手術をしたのに戻ってしまったので、今度は戻らないように手術してください。 」と言うご依頼をいただいています。 戻らないように二重の整形をすることは可能ですが、腫れが全くゼロで、戻らない二重手術をすることは不可能です。 仙台中央クリニックでは、技術革新により1週間で完成する究極の二重手術を開発し、ほとんど腫れない状態で、戻らない二重を作ることが可能になりました。 完成度が高く、ダウンタイムが短い手術です。 ワンランク上の二重整形を目指す方、お休みのとれない方に喜ばれています。 究極の戻らない二重の適応、メリットとデメリット 究極の戻らない二重の適応• 二重が一重に戻ってしまった。 何度も二重整形を繰り返している。 究極の戻らない二重のメリット• 一重に戻ることのない二重の作成ができます。 何度も二重整形を繰り返すことが無くなります。 究極の戻らない二重の注意事項やデメリット(稀なものを含む)• 不自然な二重になることがあります。 長期に腫れが継続することがあります。 傷が目立つことがあります。 状態によっては、引き受けてもらえないことがあります。 希望通りでない場合は、再手術が必要になることがあります。 モニター写真.

次の

東京美容外科 仙台院の二重整形《美容医療の口コミ広場》

二 重 整形 仙台

共立美容外科では、 メスを使わない「切らない二重手術」を採用。 目の上に点 ポイント と点 ポイント を結んで、二重のラインを作ります。 麻酔のかけ方や手術で使用する極細の糸など、独自の研究結果に基づき、 大きくてチャーミングな目もとに仕上げます。 手術痕が残らず、腫れづらい自然な仕上がりで、眼瞼下垂 まぶたが重くなる・目が開けづらくなる の心配はありません。 所要時間は20分程度。 共立美容外科は痛みが少ないように手術を行うことを、医師一人一人が意識していますので、「痛みが少ないようにする治療」に配慮して麻酔も行っています。 例えば、麻酔の注射も痛みが少ないように極細の注射針を使用したり、麻酔の注射も痛みが少ないようにするために、事前に点眼の麻酔薬を目に浸透させてから、麻酔の注射針を優しく刺しています。 一般的に、挙筋法は「眼瞼下垂を生じやすい」と言われていますが、共立美容外科の固定法は、逆に挙筋挙上させたりする固定を作ることができるので、そういった心配はほとんどありません。 私が美容整形業界に入った30年前、 二重のラインを糸で固定する「埋没法」は、麻酔が痛いのは当然、術後にまぶたが腫れるのも普通のことでした。 そんな 当時の常識を覆したいと開発に着手したのが「 共立式二重埋没P-PL挙筋法」の始まりです。 たとえば、針。 その頃主流だった角ハリを より摩擦が少ない丸ハリに変えたり、糸についても より細いものを特注したり・・・。 もちろん、 道具だけではなく、技術についても、糸のかけ方やかける部位、糸の結び方や埋め込み方、ラインの出し方について研究を重ねることで、 腫れを抑え、取れにくい共立独自の挙筋法へたどり着いたのです。 また 麻酔薬にしても、浸透圧を変えてより痛みが少ない液剤を開発したり・・・、これ以上は企業秘密なので言えませんが、医師仲間と夜な夜な研究に没頭し、より痛みの少ない二重整形の施術を考案してきました。 共立式二重埋没P-PL挙筋法はこんな方にオススメです! 共立美容外科の二重手術で使用する糸は、 もともと血管の手術に使用されていた糸です。 この糸は極めて細く、体内で分解されないのが特長です。 二重が長く保たれ、また伸びる糸なので糸の結び目が小さくすみますので、 糸が目立たず自然な二重にすることが可能です。 小さなお子様にも負担をかけずに手術が行えるよう、医療用の糸や麻酔針もこだわっています。 当院では、目 上まぶた に柔らかく、やさしい、思いやりのある手術を心がけています。 カウンセリング・術後のケアにも十分に時間をとるようにしておりますので、ご安心下さい。 二重の瞼のラインは、平行型 へいこうがた と末広型 すえひろがた の二種類あります。 平行型のラインとは、目の輪郭の上の部分 上まつ毛が生えている部分 のラインと瞼の折り目のラインが平行になっているラインの事です。 一方、末広型のラインとは、瞼の折り目が目頭についていて目尻にはついていない場合、つまり、目頭から目尻に広がっていくラインの事を言います。 日本人の場合、生まれつき平行型のラインの方は少ないと言われています。 また、目が大きく見えるのは末広型より平行型と言われています。 共立式二重埋没P-PL挙筋法は、平行型も末広型もどちらも形成することが可能です。 患者様のご希望に合わせてご対応しています。 一般的な美容整形クリニックが行う「埋没法」や、「共立式二重埋没P-PL挙筋法」は、メスを入れずに気軽に行える手術ではあるものの、デリケートなまぶたに針を入れる以上、体質や担当医の腕、針の太さによっては痛みや腫れが出る可能性はあります。 共立美容外科では、痛みや腫れのリスクを限りなくゼロにするために、徹底して丁寧で腕の良い医師のみを採用することはもちろん、道具にもこだわり、さらに十分な冷却を行うなど、アフターケアまで万全の体制を敷いています。 また、クリニックによっては、「切らない二重整形」の場合、担当医ひとりで施術を行うこともあるようですが、私たち共立美容外科では、患者様の大切なお顔に手を入れさせていただくという責任意識のもと、どんなに経験豊富な医師であっても、看護師等が必ず付き、2人以上で施術を行うことを義務付けています。 通院回数 1回 回復までの期間 2,3日〜1週間 カウンセリング当日の治療 可 入院の必要性 なし 制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可 仕事・外出 可 その他特記事項 なし 対応医院 全国25院全ての共立美容外科でお受けいただけます。 表示料金は全て税抜きの金額です。 表示料金は目安の金額となります。 術後のアフターフォローもしっかりしております。 追加料金は一切かかりません。 いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。 二重の保障に関しての 当院の考え方 永久保証や10年保証を売りにしているクリニックがございますが、そのようなクリニックでも、加齢や体型の変化による目もとの変化は、保証の対象となっておりませんのでご注意ください。 目もとは加齢でたるみが出たり、体型の変化 太ったり、痩せたり 、妊娠などによって、• 自然にラインが下がってくる• 徐々に幅が狭まってくる• ラインが薄く見える• くぼんだり、腫れぼったくなる という変化がどうしてもあります。 当院では確実に保障できない「永久保障」は謳わず、「1年保障」「2年保障」「3年保障」までをご用意しております。 上記期間内に二重が取れてしまった場合、再手術は無料で行います。 長期保障を謳う費用の高い施術を他院で検討される際は、よくご確認の上、ご検討されることをおすすめします。 「埋没法による手術の場合、眼にダメージを与えるケースが多いと聞きました。 まぶたの裏側に糸が出ていると、まぶたの毛細血管や細胞を傷つけるので、眠っている時などに酸素等を送る役割をする毛細血管等が通常の働きができなくなり、眼に負担がかかるとのことです。 こちらで手術を受けたのですが、とても不安です。 」 お聞きになった話の出所はわかりませんが、そのような説明をする医師もいると聞きます。 埋没法では結膜下に糸が通ります。 最初のうちは、コンタクトレンズをしているときのようなゴロゴロ感を感じることもあります。 もし、この糸が皮膚から露出してしまったら、すみやかに糸を抜きます。 抜糸せずに放置しておけば、目に確実にダメージを与えます。 不安視されているのは、このような危険性のことだと思います。 しかし、角膜は刺激に鋭敏です。 手にほこりがついても気づきませんが、目にほこりが入れば誰だって痛みますね。 糸が露出して目にあたれば、痛くてたまらないはずです。 放置しておけるものではありません。 したがって、「埋没法は目にダメージを与える」という話は、「糸が露出するという特殊なケースが起こり、しかも、その痛みに対して、平気で眠っていられるほど強靱な忍耐力を持っている人」を想定していますので、何らかの意図のある情報操作なのではないかと思えます。 ただ、用心に越したことはありません。 何か不安に感じたら、検査にお越しください。

次の