転生したら悠々自適の皇妃ライフ 待たなくても。 【転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?】待たなくても読めるサイトは?

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ37話~38話まで!(韓国版→日本語訳)|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 待たなくても

なんで「徳川家康」は強かったんですか? 戦国時代の世で一介の国人領主から強大な今川家を潰し 織田家を良く助け凄く強大で戦が強かったとされる 武田信玄にも抵抗し続け生き残り、 後にその武田家を潰し天下人となった 豊臣秀吉にも反抗し小牧、長久手の戦いで 打ち勝ちどんどん領土を大きくし 関ヶ原なんかでも勝利し武家の1番えらい「征夷大将軍」となって 歯向かう豊臣家を潰し天下泰平をもたらしました。 なんでこんなに強かったのですか? 補足逃げ足が速い、健康などなど皆様の回答を見ると 「しぶとい」という言葉を思いつきました。 「金ヶ崎の退き口・三方ヶ原の戦い・神君伊賀越え・大坂夏の陣」と すさまじい逃げ上手でシブトイですね! このシブトサはどうして備わったのでしょうか? なんか家臣もシブトイ人が多いような・・・ あまり語られる事はありませんが、家康は戦国時代でも1~2位を争う「逃げ足の早い」武将です。 「逃げる」と言う決断をする事も早ければ「逃げ足」そのものも驚異的な早さです。 家康の生涯の戦いの中にはこの「逃げ足の早さ」で生命を拾っている局面が何度かあって、これが家康の強さに繋がっている事は事実です。 実は家康は「海道一の弓取り」と言われるほど戦が上手い武将ではありません。 この事は家康が生涯の合戦の中で何度か敗北している事でも明らかです。 それでも「強い」と思われているのは武名の名高い強力な武将が配下にいた事と「天運」が強かったからです。 つまり家康が天下を取れた理由は「天運」「家臣に恵まれた」「逃げ足が早い=決断力」と言う事になります。 徳川家康の他を制した強さの理由として筆頭に挙げられるのは、やはり壮健・ 長寿ぶりでしょう。 戦国期の日本のなかでは、その時期時期でもっとも天下に近づいた人間は、 何人もいました。 しかし戦乱や政略で失墜するほかに、寿命によって命運を落とす人間のほうが はるかに多かったのです。 歴史の分岐点での、独立有力大名の寿命を考えてみましょう。 たとえば、本能寺の変(1582年)での情勢。 伊達政宗: あと54年。 毛利輝元: あと43年。 上杉景勝: あと41年。 徳川家康: あと34年。 長曽我部元親: あと17年。 豊臣秀吉: あと16年。 小早川隆景: あと15年。 蒲生氏郷: あと13年。 豊臣秀長: あと 9年。 堀秀政: あと 8年。 大友宗麟: あと 5年。 滝川一益: あと 4年。 丹羽長秀: あと 3年。 この後は秀吉が天下を席巻しますが、その秀吉死去時(1598年)の情勢。 宇喜多秀家: あと56年。 (流罪) 細川忠興: あと48年。 伊達政宗: あと38年。 毛利輝元: あと27年。 福島正則: あと26年。 上杉景勝: あと25年。 黒田長政: あと25年。 徳川家康: あと18年。 前田利長: あと16年。 最上義光: あと16年。 池田輝政: あと15年。 加藤清正: あと13年。 浅野長政: あと13年。 島津義久: あと13年。 黒田孝高: あと 4年。 長曽我部元親: あと1年。 前田利家: あと 半年。 このように見ると、もちろんここに挙げていない戦没した者も多々ありますが、 家康・徳川家の潜在的ライバルと成り得た武将達が、次々と寿命を迎えて 死んでいるのが判ります。 これらのライバル大名の代替えの間隙をついた和戦様々な方法で、家康と 徳川家は安泰を掴んでゆきました。 逆に言うと、家康より長い寿命を果たした実力者のなかで潜在的敵対者と して居続けられたのは、唯一福島正則だけでした。 彼が家康死後に幕府から与えられた悲劇的な処遇は、ご存じの通りです。 家康と徳川家が天下を制覇した戦略は、 ・強い勢力には同盟して、徹底した忠誠を尽くす。 ・同等・弱い勢力は、時間をつかって力を漸減させる。 の2つです。 これを破った戦略は、小牧長久手、関ヶ原、そして大坂攻めのみでした。 弱体化した豊臣家ね。 いや「弱体化させた」かな? 強い? 天下を獲れたのは、寿命の長さや、「時代を動かした織田信長に近い立場だった」という天運が、 まず最低限の必要条件だとは思いますが、それ以外を考えてみます。 人づかいが上手いのが家康。 」 という内容をテレビで、歴史学者の磯田道史先生が言ってました。 たとえば武田の旧家臣団を取り込んだり。 (補足):それと個人的意見ですが、人が成長するのにもっとも効率がいいのは自分より優れた人に学ぶことだと思いますし、 大きな仕事を成し遂げるときも同様に、もっとも効率がいいのは人の協力を得ることだと思います。 そうすることで古くからの家臣の信頼が強くなったと思います。 秀吉と戦った小牧長久手の戦いでは、戦い自体は家康優勢の中 最終的に秀吉が母と妹を徳川家に差し出すという奇策をうった事によって 事実上家康が秀吉の臣下になり、決着となりました。 「戦術で勝った家康だったが、戦略では秀吉が勝った」と言われるように 天下人に早く到達するという意味ではその時負けた家康でした。 ただ、秀吉サイドは肉親さえも道具にしてしまうという印象も周囲に広まったと思われるので、 家臣の信頼という部分では秀吉のような「近道」がいつも正解では無いのかもしれません。 また三河は農民が多いので、「チームワークがあって、命令に忠実である」などの農民の特性が軍隊には適していたようです それと今川家に家康が人質にされていた時代に、三河武士がコキ使われて 前線で戦うよう指示されているうちに精強な軍団に成長したという話も書いてありました。 家康本人や家臣・兵士全体にこうした強さがある気がします。 また、家康が逃げ上手なのは、忠実な配下の者に守られていたからだと思います。 用心深さや、謙虚さが身についたと思います。 家康の名言 『人生に大切なことは、 五文字で言えば 「上を見るな」。 七文字で言えば 「身のほどを知れ」。 』 家康は、 戦略では武田信玄の次で、 戦術は上杉謙信の次 謀略は毛利元就の次じゃないでしょうか! 意外と短気でしたが、弱小大名で大国に挟まれ、又、短気な信長もいた為、あまり目だ立つず、決断力・行動力に富んだ武将だったのでしょう。 これは後に彼の名声となったでしょう。 強い者に負けると解かっていても、万が一の勝利を求めて戦いを挑んだ戦い。 これも又、北条氏の数倍の敵を駆逐。 日の出の勢いで秀吉数倍の敵に局地戦で勝利。 勢力は拮抗。 秀忠の徳川の主力(精鋭)を待たず勝利。 ここぞとの決断力・行動力は見習いたい。 待てば・忍耐だけでは天下は取れるものではない。 ホトトギスの例えや、「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し」のことわざは、今でも彼の謀略にはまってる証拠です。 兵法は策が多い方が勝つ。 だました方が勝つ。 それにしても、相手は大物クラス、武田信玄・北条氏・豊臣秀吉・西軍陣営、戦略・戦術・外交・謀略にて天下を取りました。 決して、長寿や忍耐、逃げ足・しぶとさなど地味な方法で天下を取ったのではなく、ここぞと言う時の決断力・行動力・時勢を見る目で、天下を取りました。 イメージとは恐いものです。

次の

魔王城でおやすみ【第126話】悠々自適に憧れて♡ 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 待たなくても

打ち明けて少し楽になるレアナ。 シヴァはそんなレアナを心配するが、ポールは初めて聞いたためショックを隠し切れないでいた。 「ところで、襲撃事件の犯人は捕まった?」 とレアナ。 まだ捕まっていないこと、そして皇帝が捜査に参加したことなどこれまでのことを報告するポール。 それを聞いて驚くレアナ。 皇帝が貴族の家を捜査させたことが原因で反発がすごいのだと続けて話すポール。 「陛下が神殿に直接行くとおっしゃっったそうですが、どうなるか…」 ミアも連れて行くという噂も流れていると聞いて考えるレアナ。 (ミアを連れて行くなら…) 皇帝とミアが手を繋ぎ笑顔で歩くシーンを思い浮かべるレアナ。 (もしかして原作の流れに戻すために変わっているのかな?) しかし原作と違って、レアナはミアをイジメたことがないし、これまでの皇帝の態度、言動は憎まれているような感じではない…。 と頭を悩ませるレアナ。 そんなレアナをジーっと見るシヴァ。 ニコっと笑い 「何か話したいことでも?」 と話しかける。 「ポールが神殿の話を出した後から何か気にされているようなので」 そう言いながらレアナの心を読むシヴァ。 レアナは驚きながらも否定し、 「陛下が私に気にかけるわけもない!」 と動揺しながら話すレアナ。 しかし、 「本当にそう思いますか?」 「陛下は、妃殿下を心配していますが、どう近づけばいいか分からないのではないでしょうか?」 「気持ちにない相手を気遣う人はいません。 だから、もう心を開いても良いのでは?」と言うのでした。 それを聞いて複雑な表情を見せるレアナ。 (本当に大丈夫かな?) (私が原作のミアのポジションになったということであれば… 一番頼もしい人は陛下だ) (だったら・・陛下のそばが一番安全) 少し不安な気持ちは残るレアナだったが、 その結論に至るのでした。 そこで、ポールは自分が失言したのではと気にしていたのだ。 すると、ポールの頭にの乗った葉っぱを取ってあげながら 「何かに気づくきっかけになったよ…」 と優しく微笑むシヴァ。 それに対して黙るポール。 (顔、近すぎだろ) と顔を赤らめるポールなのでした。 38話ネタバレ! 神殿にある司祭の名簿を皇帝に渡すテリア。 その名簿に目を通しながら・・ 今後の神殿への対応など真剣に話す2人。 するとそこに、 ドアがノックされ 要件を伝える使用人。 その話を聞いて目をまん丸にする皇帝。 レアナが応接室で待っているという報告だったからだ。 バッと立ち上がる皇帝。 「レアナが…?」 「レアナが!」 皇帝の顔がパァッと明るくなる。 すると乙女のようなことを言い出す皇帝。 そんな皇帝にドン引きのテリア。 「とにかく数日間まともに食べられなかったのにどうしたというのか。 今すぐ侍従たちを行かせろ」 「いや、今すぐ行くと伝えなさい」 とあたふたする皇帝。 そんな皇帝にテリアは鬱陶しく感じながらも、レアナの元へ行ってはいかがかとと提案すると… ダッシュでレアナの元へ行く皇帝だった。 その途端に、体を震わせ怯えてしまう。 (…もう大丈夫。 ここは陛下の・・) と自分に言い聞かせるレアナ。 するとそこで、 花束を持った皇帝が登場! 「レアナ!待たせた!」 「君より大事なことは無いから気楽に…」 と、ドアを開けると同時に話し始める皇帝。 驚くレアナ。 口をポカンと開ける皇帝 レアナの顔色が悪いことを察知すると 「今すぐ皆退け!」 と言って医者を呼ぼうとする陛下。 とにかく騒がしい登場だった。 皇帝はソワソワしていた。 (いざ来たものの…ぎこちない。 ) 皇帝が子犬のような顔をしているから、話を始められないレアナ。 ふいっと顔を横に向けると、 それだけで緊張する皇帝。 「ご心配おかけして申し訳ございません。 」 そして多少のズレがありながらも 本題に入るレアナ。 「ご相談したいことがあるのです。 」 「もしよろしければ…安全な場所…」 と言いかけた瞬間、 立ち上がりカップを倒してしまう皇帝。 」 レアナはぽけーっとする。 すると皇帝から 「不安ならば、ここに留まったらどうか?」 と提案する皇帝。 そして… 「レアナ。 君を守ることを許してほしい。 」 と必死に言う皇帝なのでした。 そんな必死に言う皇帝を姿を前に、意外と冷静なレアナ。 (悩んでいたのがバカみたい) と思うレアナだった。 38話終わり!.

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ37話~38話まで!(韓国版→日本語訳)|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ 待たなくても

本日のランキング• 原作タイトルは「갓 오브 블랙필드」。 原作小説の表紙がカッコいい!いじめられっ子の「中の人」がメチャ強軍人に変... 「私の夫は冷凍庫に眠っている」は、小説投稿サイトエブリスタ発!ヒューマンサスペンス。 続きがどうしても待ちき... ピッコマで極道高校生が無料で読めそう!くらげバンチで「極道高校生」は読めるかな?!サンデーうぇぶりで「極道高校... 健気健体!バランスが大事ぞよ…。 水霊信果、幻想的で美味しそう…。 僕も梅の木の下で梅花生功して丹田を形成しようか... 原作版の公式PVはこちら! おお…実写も交えてカッコいい!! 喧嘩独学の原作は韓国のコミックNAVER連載!最... 中国のマフィアを一掃する秘密任務を遂行する国家情報院の殺し屋Kこと「ジン」。 海外での任務遂行の間に愛娘の「スヒ... ピッコマにRetry〜再び最強の神仙へ〜があるみたい!「Retry〜再び最強の神仙へ〜」が無料で読めるかくらげ... 「ひとナー」にも充分キますが、第1話でブラッシングする娘とか、「ケモナー」にズキンと来る!!ケモナー幸せすぎて... SNSで共感の嵐!「自分と同じ境遇の人が居るんだと安心した」 『よくわからないけれど、私たち、相性最高なのかも... 希少な関西弁ヒロインマンガ!!戦え!肉厚ラブコメディ!みにあひはcomico(コミコ)で無料で読めるみたい!み... 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?の公式PVがあるぞ~ 夢みたい!愛読書の皇宮恋愛ファンタジー小説の世界に入っ... 清楚で可愛らしい容姿で、それなりに付き合った人もいる、普通のOL美月 24 しかし、彼氏に頭をポンポンされたり... 踏みにじられた悔しさをバネに!才能を見出してくれる人との出会いは運命!世界へ飛び出す!ボクシング漫画!作者は、... どん底人生から、御屋敷生活に!意地悪する人もおらず、ほっこり読めるぞ。 ある日、私は冷血公爵の娘になったはピッコ... コミック盗掘王の公式PV動画はこちら! 盗掘王はピッコマで無料で読めるみたい!盗掘王を絶対無料で見るぞ。 17サ... あやかしトライアングルの無料試し読みはこちら!... 3話ヒロイン…!自分の拡散動画への反応を見ながら…あ〜、お前…、そういう…。 レモンエロウが無料で読めるアプリは? 今のところレモンエロウが読める無料アプリは見つかりませんでしたぞ。 古町、ハタチの漫画家デビュー作ヤンマガにて連載開始!!... 隅山巴文先生が、フランスで単行本描き下ろしした作品。 第17回えんため大賞 ライトノベル ビーズログ文庫部門... 前世でプレイしてた乙女ゲームの暴言ばかり吐く悪役女王になっちゃった!! エボニーはロマンス小説のコミカライズ!原題は「에보니」。

次の