未来のミライ 声優。 【未来のミライの声優一覧】下手で違和感ひどいから内容が入ってこないって本当?

金ロー放送『未来のミライ』超豪華声優を振り返り

未来のミライ 声優

【未来のミライ】の評価が低い…? 2018年7月20日から公開された【未来のミライ】 夏休みに合わせた公開だったと思うんですが、評判が実はイマイチよくないみたいです。 未来のミライ見たんだけどね。 5点と評価が低め… これまでの細田監督作品である【サマーウォーズ】や【おおかみこどもの雨と雪】、【バケモノの子】と比べるとかなり反応が違います。 【未来のミライ】のストーリーについて、 4歳の男の子に妹が出来て、その妹に両親の愛を奪われたお兄ちゃんが、愛を求めてさすらい旅立つ物語 と細田守監督は語っていました。 これまでを振り返ると【サマーウォーズ】では大家族の絆、【バケモノの子】では血のつながりや種族にとらわれない家族の在り方を描いていたように感じます。 そう考えると同様に【未来のミライ】も「家族」をモチーフにしているわけですよね。 どうしてこんなにも評判に差が出てしまったのでしょうか? 【未来のミライ】観る人によっては評価が低い ゼロナナもそうなのですが、【未来のミライ】は家族のある人、特に母親にはすごく「分かる~」や「あるある!」と感じられるストーリーだと思います。 「未来のミライ」観てきました。 自分と被る描写が多くとても楽しむ事が出来ました。 — ironomoto ironomoto 未来のミライ観てきた… これはくんちゃんくらいの子どもと関わったことがある大人が観ると最高に面白いと思う… あとひいじぃじカッコよかった………w — 玉茄子 tamanasu2501 未来のミライは子供の成長見れるし親目線でみたら感動して泣ける。 細田守さんワールド後半になって全開してた。 弟や妹だっていう人にはほんとにピンとこなさそうだな、と。 ただ、描かれるもの自体にはすごく「細田守監督感」を垣間見られ、映像のエンターテインメント性はすごくあると思います。 タイムスリップをした先の景色には【おおかみこどもの雨と雪】のような繊細な描写が見られましたし、東京駅の雰囲気は【サマーウォーズ】のOz(オズ)のような近未来感がありました。 そういった部分を魅力的に感じる人も多いでしょう。 ただ、ストーリーそのものを楽しめるかどうかに関しては観る人を選んでしまうため、【未来のミライ】への評価が分かれるのではないかと思います。 【未来のミライ】声優が下手で微妙? 【バケモノの子】では、役所広司さんやリリー・フランキーさん、大泉洋さんなど多くの芸能人が声優を務めていましたよね。 【未来のミライ】でも、おとうさん役を星野源さん、おかあさん役は麻生久美子さん、未来からきた未来(ミライ)ちゃん役が黒木華さん。 麻生久美子さんについては、これまでの細田守監督作品でお母さん役を何度もやってきていて、安心して聞いていられました。 【おおかみこどもの雨と雪】少女期の雪役で声優を務めたときには、少し不評の声もあった黒木華さんも、今回は中学生キャラということもあってしっくりきましたね。 そして、主人公・くんちゃんには、上白石萌歌さんが声優初挑戦をするということも話題になりましたが、「下手」「違和感」との酷評があるんですよね。 実際、4歳の男の子っぽくなかったなぁというのが正直な感想… 公園で他の男の子たちが出てきたのですが、その声は男の子供が担当している中での上白石萌歌さんの声にはやっぱり違和感を感じざるを得ませんでした。 下手というのは簡単ですけど、個人的に、上白石萌歌さんにとって「小さな男の子」の喋り方やトーンってピンとこないでしょう…と思うんですよね。 未来のミライ観たいんだけど、くんちゃんの声が子供の声に聞こえなくて踏み止まってる、、、。 — にょ🦐 QjZlsy 未来のミライはZIPの特集で聞いたときにくんちゃんが完全に大人の女性声で幼さが感じられなかったのでどうでもよくなった — 真中しん con8corn 『未来のミライ』くんちゃんはどう見ても男の子です。 でもどう聞いても女の子です。 細田監督のフェティッシュはリアリティの足を引っ張るほどのことなのか。 だったら本当に男の子を起用した方が良かったのかな…なんて。 とはいえ、上白石萌歌さんはくんちゃん役に決まってから、保育園に行って4歳の子と実際に遊んだり話したりしたんだそうです。 結果としてはちょっと合わなかったかもしれませんが、上白石萌歌さんの演技にかける真摯な姿勢は素晴らしいと思いました。 そして上白石萌歌さんは元々、未来ちゃん役のオーディションに行ったということですので、上白石萌歌さんバージョンの未来ちゃんもちょっと聞いてみたいですねw スポンサードリンク 【未来のミライ】感想・まとめ 個人的には、【未来のミライ】はエンターテインメントというよりも、ホームビデオのようだったと思います。 「あぁ、子どもってこうだよねぇ…」と共感したり「あーもう!腹立つなぁ!!」とくんちゃんにイライラしちゃったり… 母親としては感情を結構振り回されて、もしかしたら細田守監督はそういった反応もお見通しだったのかも!? 自宅で急にタイムスリップとか、東京駅の天井破って元の時間軸へ戻るとか、展開が急すぎるところはありましたが… 目まぐるしくてミステリアスなところは、子どもの成長とちょっとリンクするなぁと感じました。

次の

未来のミライの声優星野源・上白石萌歌は評判ひどい?吹き替えの評価は? | 金曜ロードショー情報局

未来のミライ 声優

スポンサードリンク 映画「未来のミライ」を見た人々が、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいから、内容が入ってこないというの感想・評価をもってます。 「未来のミライ」は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『バケモノの子』など大ヒットアニメ映画を手掛けた細田守監督作品なのですが、そんなに声優が下手だったの理由はなんでしょう? あらすじは、4才の男の子くんちゃんが、突然現れた謎の少女ミライちゃんとともに時空を超えた大冒険に出て、家族の愛情や絆をたくさん感じる物語です。 主人公4才くんちゃんの声優を、女優の上白石萌歌さんが演じてるのですが、どうやらこれが、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいことになった理由のようです。 細田守監督はオーディション、くんちゃんの泣き声と、犬の鳴き声を演じさせたらイメージに合うということで起用されました。 上白石萌歌さんは保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、しゃべったり、役を模索したそう。 ミライちゃん役には、黒木華さんがオーディションで選ばれてます。 くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきた謎な少女役。 黒木華さんも姉弟がいるから、くんちゃんに共感できる部分があったそう。 「未来のミライ」も同じく声優に対して「違和感がすごい」「ひどい」「合わない」など下手だというボロクソな感想・評価が目立ちます。 映画の内容は面白くて良かったけど、声優が下手でキャラクターに合わない違和感があり、細田守監督作品ファンでさえ、なかなか物語に入り込めなかった人がいたほど。 一方で、おとうさん役の星野源さん、おかあさん役の麻生久美子さん、若い頃のおとうさん役の福山雅治さん、駅員ロボット役の神田松之丞さんは、声が良かったと声優が評価されてますが、くんちゃんの声優が下手すぎてそういった良い感想はほとんどかき消されてます。 予告動画でくんちゃんの声優演技が聞けます。 視聴者の感想は 「マジで下手くそすぎる」 「ヤバイぐらい下手で上映中にすごいイラっとしてた」 「声優ひどいな、聞くに耐えない」 「自転車乗るシーンの喘ぎ声なんだよ、完全に女じゃねぇかよ」 など酷評の嵐です。 上白石萌歌さんは18才の女性なんですが、声が4才の男の子に寄せておらず、16才も年上の18才女子そのままの声なので、違和感がすごいんです。 なので視聴者の感想は 「4才の子の声に全く聞こえない」 「初っ端から4歳児に思えない声」 「声が大人過ぎて動揺隠せない」 「声優合ってない」 「受け付けませんでした」 「くんちゃんの声に違和感」 「すさまじく不自然な声」 「しっくりこない」 「主役の声が壮絶に合ってない致命傷」 「役満振り込みレベルの痛手」 そして声優が合わない違和感ばかりか、主人公がしゃべるたびに虫唾が走るなど、視聴者に不快感まで与えてしまってるのでした。 映画そのものは、4才の男の子のリアルな描写に細部までこだわってるにも関わらず、声が完全に大人の声なので、違和感がすごいんです。 なので「子供の声優使えば良かったのに」という感想をもつ人は多いです。 「未来のミライ」は海外でアニー賞(インディペンデント部門)作品賞を受賞してるのですが、英語版の声優はちゃんと子供の声優を使ってようなのです。 子供の顔が子供の声をしゃべってるので、すごく自然ですね。 「どうにも入り込めなかった」 「悪いけど下手くそすぎて中身入ってこなかった」 海外版は子供の声なのに、日本版はやっぱり話題性を狙って芸能人声優を起用したのでしょうか?「代理店の計算高い嫌な感じ」が透けてみえる人もいたのでした。 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。 待ち受ける見たこともない世界。 むかし王子だったと名乗る謎の男。 幼い頃の母との不思議な体験。 父の面影を宿す青年との出会い。 そして、初めて知る「家族の愛」の形。

次の

金ロー放送『未来のミライ』超豪華声優を振り返り

未来のミライ 声優

「未来のミライ」のくんちゃんの声優について! さんによるからの写真 「未来のミライ」のくんちゃんの声優を務めているのは 上白石萌歌(かみしらいし もか)さんです。 上白石萌歌さんは東宝芸能に所属している女優さんで現役の大学生でもあります。 「羊と鋼の森」や「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などに出演されていますが、アニメの声優はこれがはじめての経験です。 上白石萌歌さんのプロフィールは以下のようになっています。 toho-ent. 萌音さんは「君の名は。 」でヒロインの三葉の声優や細田守監督の「おおかみ子供の雨と雪」の中でも声優の経歴があります。 それから上白石萌歌さんは、な、なんと NHK大河ドラマ「いだてん」で日本水泳女子初の金メダリスト、前畑秀子を演じるんです。 ちょうど、明後日の放送から登場します。 それに、NHKの2020応援ソング「パブリカ」を歌っています。 歌も上手なんですね! 上白石萌歌さんは今注目の女優さんです! 「未来のミライ」が公開されてから、「くんちゃんの声が合っていない。 」という批判もたくさんあり、正直、私も「うーん、ちょっと合ってないんじゃないかな?」と思っちゃったんですけど、細田守監督はそんなことも想定の上で、でも深い考えがあって上白石萌歌さんをくんちゃんの声優に起用されたんだと思います。 実は、上白石萌歌さんは最初、妹のミライの声優のオーディションを受けたそうです。 でもその時、細田監督がくんちゃんの声優をしないかと言われたのだそうです。 彼女の中に、何か光るものを感じられたのでしょうね。 主人公役をゲットした上白石萌歌さんは、幼い声と地の声の2種類をやってみたんですけど、監督から地の声でいくように言われたのだそう。 「未来のミライ」の駅員の声優は? さんによるからの写真 「未来のミライ」の駅員というのは、くんちゃんが時空の旅で出会うロボットで、東京駅の遺失物係をしています。 この駅員の声優がびっくりなんですけど、 神田松之丞(かんだ まつのじょう)さん。 神田松之丞さんと言えば、今をときめく講談師ですよね。 講談師ですから声での表現は説得力があります。 でもロボットの声優として神田松之丞さんを指名するなんて、細田守監督の発想はすごいですね。 アルバム: 松之丞 講談 -シブラク名演集 神田 松之丞は、日本の講談師。 日本講談協会および落語芸術協会所属。 2017年時点で二ツ目でありながら、独演会では定員数百人の会場を満員にするなど新進気鋭の講談師として注目を浴びている。 2020年2月に真打昇進とともに6代目神田伯山を襲名することとなった。 引用元 「未来のミライ」の中で、この駅員はとても重要な役割を演じています。 「失くしたものは自分自身、というわけですね。 」とくんちゃんに問いかけます。 くんちゃんは迷子になり、自分自身を忘れたことに気が付くのです。 でも、最後に「くんちゃんはみらいちゃんのおにいちゃん!」と答え、一人ぼっちの列車に乗らずにすみました。 いやあ、クールでいて柔らかいロボット駅員の声、ものすごーく素敵です! 神田松之丞さんにはまってしまいそうです。 「未来のミライ」の家系図も調査! この「未来のミライ」ができたのは、細田守監督の息子さんの姿がきっかけだったそうです。 監督の息子さんは親の愛情をさらっていく妹に嫉妬し、泣き叫びながら床を転げまわったり、大きくなった妹が出てくる夢を見たりしたのだそうです。 誰でも最初は自分一人と母親、そして父親とのつながりのなかで生き、そこに新しい誰かとの糸がつながります。 くんちゃんは未来の妹が現われたり、時を超えた世界でひいじいじに出会ったり、お母さんの弟のことを教えてもらったりといろいろな経験を通して、自分より先にいて、今の自分につながっているたくさんの命があることを知ります。 子供だったお父さんやお母さん、戦争で足を負傷して生還したひいじいじ、そして足が不自由なひいじいじを支え、共に生きてきたひいばあば。 そんな人達、そして、一瞬一瞬の出来事の重なり・・・それが家系図をつくっている。 最後のシーンは感動的でしたね。 テレビを見ていた夫が「ほんとだ。 そうじゃなかったら、今、I君(孫のこと)いなかったんだね。 」と感慨深げにつぶやいてました。 妹のことを「好きくない。 」と言い、わがままだったくんちゃんも、そんな家系図の中の一人であり、自分は妹の兄という存在であることを自覚していきます。 そして、自分のバナナを妹に分けてあげたり、妹を助けたりできるお兄さんになるのです。

次の