平成 ジャンプ ストーカー。 元(?)平成ジャンプの森本龍太郎君の煙草事件についてです1.なぜ龍...

Hey!Say!JUMPのストーカー集団?迷惑なファン?平成処女軍団が気になる

平成 ジャンプ ストーカー

11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

【平成】Hey! Say! JUMP メンバーの名前を覚えたい!【ジャンプ】

平成 ジャンプ ストーカー

「出所後、今度こそ殺しにくるのではと一生恐怖を感じて生きることになる。 死んでしまってほしい」 2月、東京地裁立川支部の101号法廷。 遮蔽用のついたて内で、被害者女性がそう述べた瞬間、被告人席の男が叫んだ。 「じゃあ殺せよ!」。 裁判長から退廷を命じられ、ついたて脇を通る際、男は今度は子供をあやすような口調で「殺すわけがないだろう?」と語りかけた。 その後、女性の声は震え続けた。 女性は芸能活動をしていた女子大生、冨田真由さん(21)。 昨年5月、東京都小金井市でファンの岩崎(旧姓・岩埼)友宏受刑者(28)にナイフで刺され一時重体となり、かろうじて一命を取り留めていた。 岩崎受刑者は殺人未遂罪などに問われ、今年3月、懲役14年6月の実刑判決が確定した。 岩崎受刑者は事件の約2年前から、冨田さんのブログやツイッターに交際や結婚を求める投稿を執拗に繰り返していた。 冨田さんが拒絶しても「諦めない。 僕はしつこい」「憎んでほしい。 愛している」などと投稿し続け、最終的にブロックされた。 恨みに思った岩崎受刑者は事件1週間前にナイフを購入し、自身のブログに「ギターは墓標」「君の努力を全部無駄にする」などと犯行予告とも取れる内容を書き込んだ。 岩崎受刑者がライブ会場に向かう冨田さんを待ち伏せし、首などに30カ所以上の傷を負わせる凶行に走ったのは、ブロックからわずか3週間後のことだった。 黄色いひまわりの花に囲まれ、晴れ着姿ではにかむ女性。 平成11年10月、埼玉県桶川市で元交際相手の男らに殺害された猪野詩織さん=当時(21)=の父、憲一さん(67)と母、京子さん(同)は、まな娘の遺影を前に事件後の18年間に思いをはせる。 詩織さんが殺害された桶川事件が、その後相次いだストーカー事件の原点といえ、その後、ストーカーという言葉が定着した。

次の

Hey!Say!JUMP中島裕翔にストーカー…逮捕された女性にネットの反応

平成 ジャンプ ストーカー

Hey!Say!JUMPの中島裕翔につきまとい行為をした疑いで、都内在住の20代女性が逮捕されたことが23日、分かった。 デイリースポーツの取材に対し、所属事務所が概ね事実を認めた。 女性はつきまとい行為を繰り返していたことから、警視庁から警告を受けていたが従わなかったため、逮捕となった。 Hey!Say!JUMPのファンについては、一部の熱狂的なファンの公共交通機関利用のマナーが改善されないため、今年5月にアリーナツアーが見送りになると発表されたばかり。 近年、メンバーの新幹線の移動時に一部ファンがホームに殺到したり、飛行機の搭乗ゲート前の通路をふさぐなどして、一般利用者に迷惑をかけることが問題となっていた。 好きなら傷つけるんじゃなくて、好きな人の幸せを願おうよ。 裕翔くん辛かったね。 しんどかったね。 もう最悪よ。 そんな人に何でこんなことするの? 近付きたいからって、 ストーカーするのは違う。 ちゃんとJUMPは、 ファンと会う機会をくれてるのに、 なんでこんなことするの? 本当に裕翔くん、ごめんね。 今日mステだよ?? いつものようにキラキラの笑顔で出てきてくれるんだろうけど、不安だったんだろうな。 一人のファンのおかげで裕翔くんにもファンにも迷惑がかかる。 — 侑希奈 0226cheer.

次の