宝くじ 10億。 令和初の年末ジャンボ宝くじで10億円が当選した場合の使い道とは?

「宝くじ1等6億円」確実に当選する方法 「1ユニット」を買い占めればいい

宝くじ 10億

売り場には、いくらまで換金とシールが貼ってあります 駄々をこねても換金はしてくれません。 そもそも宝くじ売り場には、手持ち金がたくさんあるわけではありませんからね。 10万円換金はみずほ銀行!その手順は? みずほ銀行がない地域は提携の銀行でも可能です。 行く前に確認してください。 それでは確認手順・みずほ銀行の調べ方を知っておきましょう。 みずほ銀行サイトの画面にいきますが、赤枠の「ATM・店舗」をタップしてください。 サイトに訪れて一番上の画面に「ATM・店舗」があります。 「ATM・店舗」のご案内の画面がでましたが、少し下までいきます。 「みずほ銀行のATM・店舗検索」をタップします。 現在地から検索• キーワードから検索• 都道府県から検索• 駅名から検索• 路線名から検索• 店番号から検索• 住所から検索• サービス内容から検索• 50音から検索 これらがありますが「都道府県から検索」の赤枠をタップします。 例として青森県、青森市と設定しました。 青森県では68県、青森市では13件のみずほ銀行のATM、店舗があるみたいです。 赤枠の青森支店をタップします。 窓口は何時まで空いてるのかチェックする事ができますので、高額当選したら最初にみておく事をオススメします。 店舗情報では地図をタップすると出てきますので、番地等が分からない場合は地図検索を活用してください。 換金手順ですが、みずほ銀行に換金しに行ったらまず入り口にいる係りの人にジャンボ宝くじで10万円が当選したことを伝えてください。 裏面に住所・氏名を記入し沢山の人が順番を待っている場所で一緒に待つこと数分…。 10万円を手にすることができます。 ジャンボ宝くじの高額当選なので、多くの人が思い描いている別室に通され、神妙な面持ちで当選金を受け取る…そんな想像をしてしまいますが、それは1,000万円以上の当選者だけです。 みずほ銀行に行っても10万円換金はすぐに終わるもの 高額当選と言えども10万円くらいなら、そんなに簡単なものなのか!と拍子抜けしてしまうくらいあっという間の出来事なのです。 流れるように終わってしまうので、余韻を楽しむ余裕もないのが残念なことです。 過去に高額当選でみずほ銀行へ行った時、受付のお姉さんは淡々と仕事をこなし流れ作業のように終わってしまいました。 それだけみずほ銀行にとっては『日常』なことなのであまり身構えずにリラックスして換金に行ってください。 10万円換金時の持ち物は? ジャンボ宝くじで10万円もの高額当選をした場合銀行へ行く時はなにか必要書類や持ち物はあるのでしょうか? 印鑑?住民票?戸籍謄本?? せっかく銀行まで行って、持ち物が足りないから換金ができないなんてことが起きたら二度手間です。 でも安心してください。 10万円ならなにもいりません。 持ち物が必要になるのは50万円以上の時です。 運転免許証、健康保険証など本人確認ができる書類が必要となってきます。 100万円以上を超える高額当選の場合には本人確認ができる書類と印鑑が必要となります。 健康保険証など顔写真のない物は、公共料金の領収書などを追加で持っていってくださいね 10万円ならなにもいらないのですぐに銀行にいけますね! しかし中には当選確認をせず、宝くじ売り場に持ち込んで初めて自分が高額当選をしていることに気づく人も多くいます。 いくら当選しているのか販売員に教えてもらいたいところですが、忙しいとなかなか言い辛いものがありますよね。 5万~100万円未満?100万円以上、10万円確定 どの換金か を見分ける裏技 すぐにでも銀行に行くために、せめてなにもいらないのか、本人確認の書類だけなのか、もしくは印鑑まで必要なのか、知りたいことでしょう。 実は瞬時に見分ける方法があります。 それはオートチェッカーにかけた時ハズレ券を返してもらうはずですが、通常は『ハズレ』と書いてある右下の部分にアルファベットが書かれています。 これが高額当選のサインです。 アルファベットには2種類あり『B』と書かれているものは高額当選5万円~100万円未満。 100万円~それ以上なら『C』と書かれています。 年末ジャンボ宝くじを例にしてみると… 5等 1万円 4等 10万円 3等 100万円 1等の組違い賞 10万円 …と言うことは『B』と印字されている時点で10万円が確定します。 見た瞬間みずほ銀行へ向かえますね! 換金の事で気をつけたい事 ジャンボ宝くじで10万円当たったら、確かにみずほ銀行で換金してもらうことは可能ですが、一番気をつけたいのが支払い期限です。 どの宝くじにも共通して言えることですが、支払い期限は支払開始から1年間しか有効期限がありません。 ジャンボ宝くじを1年分まとめて宝くじ売り場にチェックしてもらっていると高額当選が出たりします。 有効期限がまだまだ残っている場合は良いのですが、有効期限が差し迫っている場合、慌ててみずほ銀行に駆け込まなくてはいけませんよ。 もし当たっているかどうかチェックしに行った日が、期限最終日だった場合、窓口が開いている時間であればすぐに銀行に行けますが、15時ぎりぎりだと間に合わない可能性があります。 この場合販売員が事務所に連絡し、事務所からみずほ銀行へ通達をしてくれます。 これで15時を過ぎたとしても換金してもらえるのですが「仕事が終わってから行こう」なんて悠長なことは言っていられません。 出来る限りジャンボ宝くじ溜め込みすぎないようにチェックして余裕を持って銀行に行けるようにしてください。 まとめ ジャンボ宝くじが10万円も当選したら宝くじ売り場での換金は無理でした。 5万円以上になったらすぐにみずほ銀行に駆け込んでください。 伸ばし伸ばしにしていると支払期限が1年間しかないので、せっかく当選したジャンボ宝くじでもただの紙切れとなってしまいます! 今回はジャンボ宝くじで10万円当選したら、みずほ銀行で換金してもらえると説明しました。 当選した金額が少額か高額か知っておくのも大事です。

次の

【年末ジャンボ宝くじ2019】10億円が当たったら税金は!?気をつけなきゃいけないこと!

宝くじ 10億

ジャンボ宝くじの当選確率 いわゆる宝くじといった場合にはこのジャンボ宝くじを連想する方が多いのではないでしょうか? グリーンジャンボ(2〜3月)、ドリームジャンボ(5〜6月)、サマージャンボ(7〜8月)、オータムジャンボ(9〜10月)、年末ジャンボ(11〜12月)とほとんどの月に何かしらのジャンボ宝くじが実施されています。 1等当選確率は1000万分の1です。 ジャンボ宝くじは10万通りの番号と100の組の組み合わせとなっているので単純です。 1等の当選金は3億円、その前後賞の当選金は1億円です。 前後賞のみでも億万長者になれることを考慮すると、1億円以上の当選金が得られる確率は1000万分の3( 333万分の1)ということになります。 ちなみに期待値的に当選する333万枚買うには約10億円がかかる計算になります。 当選金アップ時は2000万分の1になる! 2015年の年末ジャンボ宝くじから1等の当選金が7億円(前後賞が1. 5億円)と大幅に増やされたことを受けて、1ユニット(1000万枚)の数を2倍(2000万枚)に増やしました。 それによって1等当選確率は2000万分の1にまで低下しました……。 そのため、1等以上の当選金が得られる確率は半分になり、2000万分の3(667万分の1)になりました。 その後、当選金が1等5億(前後賞1億)の時は通常の1000万枚となっています。 なので、ジャンボ宝くじを買うときは1等の金額だけでなく、1ユニット当たりの枚数が何枚か?もチェックする必要があるということになりますね。 ジャンボミニ宝くじ ジャンボ宝くじと同時期に行われるミニ宝くじ。 1等1億円で1ユニット当たりの1等は5本入っています。 つまり1000万分の5= 200万分の1ということになります。 1億円を目指すという意味では確率は高いといえます(もはや麻痺状態) ロトの当選確率 数字を自分で予想して一致した数に応じて当選金がでるというものです。 代表的で高額当選金があるものに「ロト7」と「ロト6」があります。 ロト7の場合、1〜37の数字から1つを選び、7個全部当たれば1等となります。 当選確率は37の7乗となり、 約1029万分の1です。 前後賞的なものはないので、億万長者になるには厳しいものがありますね。 ただし、1等当選時の当選金は4億円(キャリーオーバー時は最高8億円)と高額です。 ちなみに、ロト6の場合、6個正解で1等になります。 ただし、選ぶ数字は43個あります。 43の6乗通りの組み合わせがあることになります。 全部正解する確率は約609万分の1となります。 当選金は2億円(キャリーオーバー時は最高4億円) toto BIGの当選確率 サッカーくじです。 実は1億円以上の高額当選金が期待できる宝くじの中では1等の当選確率が最も高く 約478万分の1(4782969分の1)となっています。 コンピュータが14試合について無作為に「勝ち」「負け」「引き分け」を選び全部正解すれば1等になります。 1等に当選した時の当選金は3億円(キャリーオーバーで最高6億円)となります。 ちなみに、このtoto BIGさらに当選確率を上げることができます。 それは「 試合が天候などで中止になりそうな時を狙う」というものです。 toto BIGは試合が中止になった場合、「勝ち、負け、引き分け」のどれにマークされていても「当選扱い」になります。 仮に1試合が休止になれば、当選確率は3倍になります。 2試合休止なら9倍、3試合休止なら27倍、4試合休止なら81倍と大きくアップします(5試合以上休止の場合はくじ不成立となる)。 なお、実際に4試合休止になったことがあり、熊本地震の時に4試合が中止となりました(第838回BIG)。 ただし、この時の1等当選金はキャリーオーバー分を含めても2674万円となっており、1億円には届きませんでした(2等以下は一律300円という異常な状況)。 1億円以上の高額当選をする宝くじの確率比較 宝くじで1億円以上の高額当選の確率を当たりやすい順にランキングしていきます。 ジャンボミニ宝くじ:200万分の1• ジャンボ宝くじ(1等5億円):333万分の1• toto BIG:478万分の1• ロト6:609万分の1• ジャンボ宝くじ(1等7億円):667万分の1• ロト7:1029万分の1 当たりやすいといっても途方もない数字ですね。 確率的にはジャンボミニ宝くじが1億円当選確率はいちばん高くなります。 確率の世界、何百万分の1ってどんな世界? 宝くじの当選確率って、確率がちいさすぎてわかりにくいですよね。 というわけでこうした何百万分の一という確率がどの程度なのかをいくつかまとめてみました。 いろいろな確率 2億9220万分の1 アメリカの宝くじパワーボールのジャックポット当選確率 2000万分の1 ジャンボ宝くじで1等に当選する確率(1等7億円) 1000万分の1 ジャンボ宝くじで1等に当選する確率(1等5億円) 609万分の1 ロト6で1等当選する確率 667万分の1 ジャンボ宝くじで1億円以上の高額当選をする確率(1等7億円のとき) 478万分の1 totoBIGで1等(最高6億)が当選する確率 333万分の1 ジャンボ宝くじで1億円以上の高額当選をする確率(1等5億円のとき) 200万分の1 ジャンボ宝くじミニで1等(1億円)の高額当選をする確率 160万分の1 人が一生の間に局地的な隕石、小惑星、彗星の衝突で死亡する確率(スティーブン・A・ネルソン) 13万5000分の1 落雷で死ぬ確率 3万分の1 飛行機が墜落する確率 1万2000分の1 ホールインワンが出る確率 万分の1という確率について事例をまとめてみました。 宝くじで億万長者になれる確率って隕石にあたって死ぬ確率よりも低いんですね。 雷に打たれて死ぬ確率の20倍以上ということなので、よく考えてもわからなくらいほぼほぼ当たらない確率だといえそうです。 それにしてもすごいのがアメリカの宝くじですね。 ジャックポットは2億9220万分の1……。 なお、このパワーボールの最高当選額は15億8600万ドル(日本円換算1744億円相当(1ドル110円計算))です。 この時は3人当選者が出たので、一人あたりは581億円の当選金だったようですが、ケタが違いますね。 億万長者になりたいならどの宝くじがおすすめなの? 1億円以上の当選を単純に目指すならミニジャンボ宝くじ(1等が200万分の1)が最も高そうです。 最高1億円以上の夢も見たいならはtotoBIGの確率が高いということになります。 特に、試合中止のタイミングであればさらに効果的、BIGは中止となる試合が出た場合には大きく当選確率がアップします。 1試合休止なら159万分の1、2試合休止なら53万分の1、3試合休止なら18万分の1になります。 なお、期待値で考えると宝くじは全然ダメです。 「」と言われるくらいですからね。 例外としては、totoBIGは分配率は50%になりますが、キャリーオーバーが発生している場合には1等当選者に配分されることになります。 実際に「」でも記事にしていますが。 838回は試合中止が4試合でBIG1等当選者が66口もでました。 期待値は140%を超えた計算になりますが、1等当選金額は2600万円と規模は小さくなりました。 なお、2試合以上が中止になったのは下記のタイミングです。 1試合だけの中止は悪天候などで時々あります。 2007年7月14日:3試合の中止(台風4号の影響)• 2012年9月30日:3試合の中止(台風17号の影響)• 2016年4月16日・17日:4試合中止(熊本地震・暴風の影響) 不謹慎かもしれませんが、狙い目は巨大台風襲来時…ですかね。 ちなみにtotoBIGの購入はClub totoに登録しておけば、締め切り前にスマホや携帯電話で購入することもできるのでお勧めです。 以上、各種宝くじの1等の当選確率のまとめ。 億万長者になりやすいのはどの宝くじ?というお話でした。

次の

宝くじの1等の当選確率を比較。億万長者になりやすい宝くじはどれ?

宝くじ 10億

年末ジャンボ宝くじは一等前後賞で10億! いよいよ今年も年末ジャンボ宝くじの発売開始時期が近づいています。 発売は2015年11月25日~12月22日(火)の約一ヶ月で、賞金はなんと一等前後賞を合わせると最大で10億円です! 年末の12月31日には27人のビリオネアが誕生します。 万が一、本当に万が一ですが、読者の皆様がもし宝くじで一等前後賞に大当たりしたとします。 貴方は10億の大金を宝くじで得た時に、税金の支払いをどうすればよいかご存じですか? いきなり聞かれると、はっきり答えられない方も多いことと思います。 本日はそんなわけで「宝くじと税金」のお話をさせていただきたいと思います。 宝くじで当選すると税金は持っていかれるの? 結論から申し上げますと、宝くじは個人で購入している限り所得税・住民税ともに課税されません。 なぜなら宝くじの購入代金の約40%は、収益金としてすでに発売元の自治体の収入になっているためです。 言い換えれば、宝くじが購入された段階で各自治体は収入 税金 を受け取っているため当選金には、税金が課されないことになっています。 とはいえ、10億円分の宝くじに当選しても思わぬところで税金を取られる場合があります。 以下がそのケースです。 税金をとられるパターン1:共同購入の場合 個人で宝くじを購入していれば当選金には税金は課されませんが、注意しなければならないのが共同購入をしている場合です。 共同購入した宝くじの当選金を1人の方が受け取りに行き、その後に共同購入者に配分した場合は、金銭の贈与があったとみなされて贈与税が課されることになります。 これを回避するためには、当選金を共同購入者全員の名義で受け取る必要があります。 (代表者が委任状をもって受け取りに行く方法もあります。 ) 税金をとられるパターン2:当選金を配ってしまった場合 個人で購入した場合でも、 当選金を家族や友人に配ってしまうと、贈与税の対象になるので注意が必要です。 せっかく宝くじに当たって億単位のお金をもらったのに、羽振りよく家族にバラまいて、あっという間にスッテンテンになったというテレビの体験談には、こういった要因も絡んでいるかもしれませんね。 当選金を事業資金に充てた場合は証明書を! 最後になりますが、もし読者の皆様(特に経営者の皆様は注目!)が10億円の宝くじに当たったとします。 もしかすると貴方はその10億円のうち、幾分かを事業資金に充てるかもしれません。 その際にも注意すべき事項があります。 当選金を事業等に使用した場合は、税務署から資金の出所を問われることがあります。 その際にしっかりと証明できるように金融機関に「当選証明書」の発行を依頼しておくのがいいでしょう。 身近にあるものでも、知らなかったために税金が課されてしまうことがあります。 将来、高額当選をした際に困らないようにこのような知識を付けておくのもいいのではないでしょうか。

次の