エクセル vlookup エラー。 VLOOKUPでのエラー(#N/A)の対処はIFやIFERRORを使って解決しよう!

VLOOKUP関数でどうしても#N/Aエラーが出る場合の解決方法

エクセル vlookup エラー

VLOOKUP関数の使い方 では始めに「VLOOKUP関数の基本的な使い方」や「列番号の自動取得の仕方」、「0ではなく空白で表示する方法」と「含む条件の指定の仕方」をみてみましょう。 1-1. VLOOKUP関数の基本 まずはVLOOKUP関数の概要・使い方についてです。 1-1-1. VLOOKUP関数ってどんな関数? VLOOKUP関数とは、「指定された1列目で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返す」とても便利な関数です。 では具体的な例を見てみましょう。 セルF2に氏名を入力した時、左の表をもとにその人の受講日をセルF5に表示させたい時、VLOOKUP関数は有効です。 検索値とデータの範囲、欲しいデータの列番号などを指定すれば、検索値がある行の任意の列にある値を返してくれます。 このように、元になる表から必要な情報だけを取り出せるのがVLOOKUP関数なのです。 1-1-2. VLOOKUP関数の構文 ではVLOOKUP関数ではどのようなことを指定すればいいのでしょうか? VLOOKUP関数の構文は次の通りです。 VLOOKUP(範囲, 検索条件, 合計範囲) 検索値 範囲の先頭列で検索する値を指定 範囲 目的のデータが含まれるテーブルを指定 列番号 範囲の列番号を指定 検索方法 検索値との完全一致か、近似値を含めるかを指定 では数式を作ってみましょう。 範囲の1列目が検索値を検索する列になっていないとエラーとなってしまいます。 1-2. 列番号を自動移動させる方法 VLOOKUP関数は、「検索値」と一致した行のデータをまるっと抜き出すこともできます。 VLOOKUP関数の引数において検索値はF5、範囲はA2:D7、検索方法はFALSEとし、列番号を「氏名の表示セル」では2、「出身県の表示セル」では3、「受講日の表示セル」では4とすればよいのです。 でも全部のセルに手入力で数式を入れるのは大変ですよね。 そこで使えるのが「COLUMNS関数」です。 COLUMNS関数は「配列または参照の列数を返す」関数で、簡単に言うとカッコ内で指定した範囲の列数を返してくれます。 つまりVLOOKUP関数の引数である列番号に上手くCOLUMNS関数を使えば、後は数式をコピーするだけで2、3、4と変わってくれるのです。 このようにVLOOKUP関数とCOLUMNS関数を組み合わせれば、行のデータを抜き出すときにとても楽になるのです。 1-3. 0ではなく空白で表示させるには? 次にVLOOKUP関数の結果を、0ではなく空白で表示させる方法についてです。 VLOOKUP関数を使った時の困りごととして、上の例のように「返す値が空白の時には0になる」ことが挙げられます。 これはVLOOKUP関数の仕様なのである意味仕方ないのですが、これにも対処法はあります。 このようにすれば0ではなく空白が表示されるようになります。 1-4. 特定の文字列を含む条件の指定 続いて特定の文字列を含む条件の指定の仕方です。 例えば「あの人名前何だっけなぁ?」といった時、上の例のように思い浮かんだ名字や名前だけで検索できると楽ですよね。 このようにVLOOKUP関数は特定の文字列を含む条件で検索することもできます。 是非試して見てくださいね。 VLOOKUP関数応用編!もっと複雑な使い方 次にVLOOKUP関数のもっと複雑な使い方を紹介します。 複数条件の指定の仕方やIF関数の組み合わせ方を見てみましょう。 2-1. 複数条件の指定の仕方 まずは複数条件の指定の仕方からです。 通常VLOOKUP関数では一つの条件しか指定できません。 しかし工夫すれば複数条件にすることもできるのです。 例えば上のような表があったとします。 ここでは販売先と品名を検索条件として、該当する行の数量をセルH2に表示させてみます。 このようにすれば複数条件での検索が可能で、条件を3つ、4つと増やすこともできます。 2-2. IF関数と組み合わせる 次にVLOOKUP関数とIF関数の組み合わせ方です。 なお、IF関数の構文は次の通りです。 このようにVLOOKUP関数とIF関数を組み合わせればさらにやれることの幅は広がります。 是非この組み合わせも使えるようになってくださいね。 VLOOKUP関数のエラー原因と対処法 最後にVLOOKUP関数がエラーになる原因と対処法について確認します。 エラー毎に見てみましょう。 3-1. 「 REF! 」エラーになる場合 まずは「 REF! 」エラーになる原因と対処法からです。 3-1-1. 列番号が範囲を超えている この場合、まず「列番号が範囲を超えている」ことが考えられます。 例えば上の表からセルF2に指定した人の受講日をセルF5に表示させようとしてVLOOKUP関数を使いましたが「 REF! 」エラーとなりました。 エラーとなった原因はVLOOKUP関数で指定した「範囲」がB列~D列と3列なのに対し、「列番号」を4としており、範囲を超えているためです。 つまりこの例では、「列番号」を「4」ではなく「3」とすれば正しく表示されます。 REF! エラーが出た時には、「範囲」と「列番号」が正しいかを確認しましょう。 3-2. 3-2-1. 例えば上の例は「佐藤 幸三」さんを検索していますが、セルB3にいるにもかかわらず、結果はエラーとなっています。 この原因は「苗字と名前の間の空白」で、検索列(B2:B5)は全角スペースが入っているのに検索値(F2)は半角スペースとなっているからです。 つまりこの例では、検索値を全角スペースとすれば正しく表示されます。 3-2-2. 左端の列が検索列ではない 次に「左端の列が検索列ではない」ことも考えられます。 上の例でも「佐藤 幸三」さんを検索していますが、なぜかエラーとなっています。 この原因は「範囲で指定した左端の列が検索列ではない」ことです。

次の

VLOOKUPエラーの原因なぜ?よくある6つの代表的エラーを紹介

エクセル vlookup エラー

VLOOKUP関数の使い方 では始めに「VLOOKUP関数の基本的な使い方」や「列番号の自動取得の仕方」、「0ではなく空白で表示する方法」と「含む条件の指定の仕方」をみてみましょう。 1-1. VLOOKUP関数の基本 まずはVLOOKUP関数の概要・使い方についてです。 1-1-1. VLOOKUP関数ってどんな関数? VLOOKUP関数とは、「指定された1列目で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返す」とても便利な関数です。 では具体的な例を見てみましょう。 セルF2に氏名を入力した時、左の表をもとにその人の受講日をセルF5に表示させたい時、VLOOKUP関数は有効です。 検索値とデータの範囲、欲しいデータの列番号などを指定すれば、検索値がある行の任意の列にある値を返してくれます。 このように、元になる表から必要な情報だけを取り出せるのがVLOOKUP関数なのです。 1-1-2. VLOOKUP関数の構文 ではVLOOKUP関数ではどのようなことを指定すればいいのでしょうか? VLOOKUP関数の構文は次の通りです。 VLOOKUP(範囲, 検索条件, 合計範囲) 検索値 範囲の先頭列で検索する値を指定 範囲 目的のデータが含まれるテーブルを指定 列番号 範囲の列番号を指定 検索方法 検索値との完全一致か、近似値を含めるかを指定 では数式を作ってみましょう。 範囲の1列目が検索値を検索する列になっていないとエラーとなってしまいます。 1-2. 列番号を自動移動させる方法 VLOOKUP関数は、「検索値」と一致した行のデータをまるっと抜き出すこともできます。 VLOOKUP関数の引数において検索値はF5、範囲はA2:D7、検索方法はFALSEとし、列番号を「氏名の表示セル」では2、「出身県の表示セル」では3、「受講日の表示セル」では4とすればよいのです。 でも全部のセルに手入力で数式を入れるのは大変ですよね。 そこで使えるのが「COLUMNS関数」です。 COLUMNS関数は「配列または参照の列数を返す」関数で、簡単に言うとカッコ内で指定した範囲の列数を返してくれます。 つまりVLOOKUP関数の引数である列番号に上手くCOLUMNS関数を使えば、後は数式をコピーするだけで2、3、4と変わってくれるのです。 このようにVLOOKUP関数とCOLUMNS関数を組み合わせれば、行のデータを抜き出すときにとても楽になるのです。 1-3. 0ではなく空白で表示させるには? 次にVLOOKUP関数の結果を、0ではなく空白で表示させる方法についてです。 VLOOKUP関数を使った時の困りごととして、上の例のように「返す値が空白の時には0になる」ことが挙げられます。 これはVLOOKUP関数の仕様なのである意味仕方ないのですが、これにも対処法はあります。 このようにすれば0ではなく空白が表示されるようになります。 1-4. 特定の文字列を含む条件の指定 続いて特定の文字列を含む条件の指定の仕方です。 例えば「あの人名前何だっけなぁ?」といった時、上の例のように思い浮かんだ名字や名前だけで検索できると楽ですよね。 このようにVLOOKUP関数は特定の文字列を含む条件で検索することもできます。 是非試して見てくださいね。 VLOOKUP関数応用編!もっと複雑な使い方 次にVLOOKUP関数のもっと複雑な使い方を紹介します。 複数条件の指定の仕方やIF関数の組み合わせ方を見てみましょう。 2-1. 複数条件の指定の仕方 まずは複数条件の指定の仕方からです。 通常VLOOKUP関数では一つの条件しか指定できません。 しかし工夫すれば複数条件にすることもできるのです。 例えば上のような表があったとします。 ここでは販売先と品名を検索条件として、該当する行の数量をセルH2に表示させてみます。 このようにすれば複数条件での検索が可能で、条件を3つ、4つと増やすこともできます。 2-2. IF関数と組み合わせる 次にVLOOKUP関数とIF関数の組み合わせ方です。 なお、IF関数の構文は次の通りです。 このようにVLOOKUP関数とIF関数を組み合わせればさらにやれることの幅は広がります。 是非この組み合わせも使えるようになってくださいね。 VLOOKUP関数のエラー原因と対処法 最後にVLOOKUP関数がエラーになる原因と対処法について確認します。 エラー毎に見てみましょう。 3-1. 「 REF! 」エラーになる場合 まずは「 REF! 」エラーになる原因と対処法からです。 3-1-1. 列番号が範囲を超えている この場合、まず「列番号が範囲を超えている」ことが考えられます。 例えば上の表からセルF2に指定した人の受講日をセルF5に表示させようとしてVLOOKUP関数を使いましたが「 REF! 」エラーとなりました。 エラーとなった原因はVLOOKUP関数で指定した「範囲」がB列~D列と3列なのに対し、「列番号」を4としており、範囲を超えているためです。 つまりこの例では、「列番号」を「4」ではなく「3」とすれば正しく表示されます。 REF! エラーが出た時には、「範囲」と「列番号」が正しいかを確認しましょう。 3-2. 3-2-1. 例えば上の例は「佐藤 幸三」さんを検索していますが、セルB3にいるにもかかわらず、結果はエラーとなっています。 この原因は「苗字と名前の間の空白」で、検索列(B2:B5)は全角スペースが入っているのに検索値(F2)は半角スペースとなっているからです。 つまりこの例では、検索値を全角スペースとすれば正しく表示されます。 3-2-2. 左端の列が検索列ではない 次に「左端の列が検索列ではない」ことも考えられます。 上の例でも「佐藤 幸三」さんを検索していますが、なぜかエラーとなっています。 この原因は「範囲で指定した左端の列が検索列ではない」ことです。

次の

VLOOKUP関数で#N/Aエラーを表示させない方法 (IIFERROR関数など):Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

エクセル vlookup エラー

昨日はマンツーマン講習をやりました。 を受講される方はほとんどが資料持ち込みです。 持込資料の計算式を修正したり新たに作ったりと 資料を拝見しながらやりたい事をお聞きしその場で問題解決します。 固有の名称などはテストデータになっていてもその方が実際に会社で使っている資料です。 守秘義務の問題でファイルを送っていただくわけにいかないのでその場で初めて拝見します。 マンツーマン講習の到達点は今ある問題を解決し必要な計算式をご自身で作れるようになるです。 おかげさまで今まで到達しなかった方はいません。 昨日の講習内であった質問の中によくある質問があったのであなたにも共有しますね。 昔私が現場を預かっていた時よく直面し対応していた問題です。 データも計算式も合ってるのにエラーになる!? たとえば VLOOKUP関数を使った計算式で全部エラーになってしまったら・・・ あなたはどうされますか? 自分が作った計算式でなくてもこんな場面に直面する事があります。 計算式の結果がエラーになったら問題を解決するために原因を探る必要がありますよね。 そのために問題を切り分けます。 計算式が悪いのか? データが悪いのか? まずはデータを確認します。 計算式を見直すより手早くできます。 たとえばVLOOKUP関数で商品コードを使って単価を表示しているとします。 商品コードが両方の表に存在するのにエラーになっていないか確認します。 両方に同じコードがあれば単価は表示されるはずですよね。 データが正しいようなら計算式を見直します。 計算式も間違ってない・・・ どちらも間違ってないのに全部エラー・・・ データも計算式も正しいのにエラーになるのはデータ形式の問題! こういう場合 エラー原因のほとんどはデータの形式が合ってない為です。 同じ数字でも片方が数値形式でもう一方が文字列だとマッチしません。 VLOOKUP関数がエラーになります。 これは見た目ではわかりません。 ホームタブの中央にある数字の表示形式のところに 「標準」とか「日付」とか表示されている箇所で確認します。 その内容が一致していてもエラーが解消できない時は次の手順でデータを修正します。 さきほどのVLOOKUP関数であれば検索値として使う商品コードを選択。 「カンマやタブなどの・・・・・データ」にチェックが付いていることを確認し次へ。 区切り文字を「タブ」と「カンマ」にチェックし次へ。 列のデータ形式を該当する形式にします。 ちなみにコード類は中身が数字でも文字列のほうが適しています。 この現象は基幹システムなどからダウンロードしたテキストファイルでよくおきます。 データも計算式も合っているのに計算結果がおかしい時ためしてみてくださいね。 カテゴリー, , タグ, , , , , , , , 投稿ナビゲーション.

次の