て こね 寿司 レシピ。 【秘密のケンミン】てこね寿司の作り方!伊勢志摩の名物レシピ6月20日

2/2 伊勢志摩の郷土料理、てこね寿司の作り方 [家族のお弁当レシピ] All About

て こね 寿司 レシピ

昆布(分量外:10cm片)を一枚と規定量の水を加えてご飯を炊きます。 炊き上がったら飯切りなどに開け、よく混ぜ合わせた合わせ酢をまんべんなくかけ、あおぎながら杓子で切るように混ぜます。 2.漬けダレ用の調味料を全て合わせて火にかけ、一度沸騰させます。 その後しっかりと冷ましてから、1cm幅程度に切ったカツオをタレに漬け込んで30分以上ほど冷蔵庫で寝かせます。 3.新ショウガはみじん切り、大葉は千切りにします。 ごまは乾煎りして冷ましておきます。 4.完全に冷めた寿司飯に新ショウガ、大葉、白ごま(半量)を加えてまんべんなく混ぜます。 5.タレに漬け込んだカツオの半量を寿司飯にざっと混ぜ、刻み海苔を表面に散らします。 その上に残りのカツオと白ごまを飾ります。 お好みでしょうがの甘酢漬けを添えて下さい。 ポイント ・カツオの漬けダレは、完全に冷ましてからカツオを漬けます。 そうしないとカツオに火が通って生臭くなります。 ・寿司飯に大葉や新ショウガを混ぜ込むときは、寿司飯が完全に冷めてから加えます。 そうしないと大葉が変色してしまいます。 >>>.

次の

(選定料理)てこね寿司のレシピ(すし久)|三重県の郷土料理|家庭で味わう郷土料理

て こね 寿司 レシピ

今回は、 カツオ 料理 の定番 レシピ ・ 手こね寿司 です。 この てこね寿司 は、伊勢・志摩の かつお 船のまかない飯として始まったようです。 てこね寿司 が、今や全国版へ・・・。 という事で、 かつお を頂いたので、一晩漬けにして てこね寿司 を作りました。 捌けない人は、カツオのブロックで買っくるか、刺身を買ってきて、漬けにしておきましょう。 それでは、てこね寿司を作っていきましょう。 1 まず、米に出汁昆布を入れて、硬めにご飯を炊きます。 次に漬け汁です。 2 鍋に、醤油・酒・味醂を煮立たせてから冷ましておきます。 3 漬け汁が冷めたら、カツオの刺身を漬け込んで漬けを作っておきます。 4 ご飯が炊き上がったら、寿司酢(酒・砂糖・塩を沸騰させて冷ましたもの)を廻しかけて、切るようして冷ましておきます。 それでは、盛りつけです。 5 酢飯の上に、カツオの漬けを載せて、針生姜・大葉・ネギ・煎り胡麻を散らせば完成です。 簡単でしょう。 見た目、豪華な料理には見えませんが、ちょっとしたおもてなし料理に如何ですか? 色目は今一ですが、味は最高です。 酢飯に、カツオの旨味を凝縮した漬けが纏わりついて美味しいですよ~。 それに、色んな薬味がいい仕事をしてくれています。 あと、お吸い物を添えれば簡単献立に! カツオかマグロの漬けを作って、酢飯に混ぜるだけの簡単なカツオ料理です。 これに、錦糸玉子や海苔をトッピングすると、彩り鮮やかなてこね寿司が出来ます・・・。 機会がありましたら、是非このカツオのてこね寿司を作ってみては如何ですか。 意外と簡単ですので、おもてなし料理にもいいですよ~。

次の

【レシピ】漁師飯「てこね寿司」 三重県伊勢志摩の郷土料理をつくってみた

て こね 寿司 レシピ

昆布(分量外:10cm片)を一枚と規定量の水を加えてご飯を炊きます。 炊き上がったら飯切りなどに開け、よく混ぜ合わせた合わせ酢をまんべんなくかけ、あおぎながら杓子で切るように混ぜます。 2.漬けダレ用の調味料を全て合わせて火にかけ、一度沸騰させます。 その後しっかりと冷ましてから、1cm幅程度に切ったカツオをタレに漬け込んで30分以上ほど冷蔵庫で寝かせます。 3.新ショウガはみじん切り、大葉は千切りにします。 ごまは乾煎りして冷ましておきます。 4.完全に冷めた寿司飯に新ショウガ、大葉、白ごま(半量)を加えてまんべんなく混ぜます。 5.タレに漬け込んだカツオの半量を寿司飯にざっと混ぜ、刻み海苔を表面に散らします。 その上に残りのカツオと白ごまを飾ります。 お好みでしょうがの甘酢漬けを添えて下さい。 ポイント ・カツオの漬けダレは、完全に冷ましてからカツオを漬けます。 そうしないとカツオに火が通って生臭くなります。 ・寿司飯に大葉や新ショウガを混ぜ込むときは、寿司飯が完全に冷めてから加えます。 そうしないと大葉が変色してしまいます。 >>>.

次の