猫口臭い。 猫の口臭が生臭い時の原因は?考えられる病気と対処法

猫の口臭が気になるのですが? |猫のニオイ対策|教えて猫ノート 猫のお悩みスッキリ解決!

猫口臭い

口臭がしたら、まずは口の中の病気を疑ってみて! 年をとったりや体が弱い猫ちゃんは、口の中の病気にかかりやすいと言われています。 お口が匂ったり、よだれが出ていたりする場合は歯や口腔の病気の可能性があるので病院に連れて行きましょう。 お口の中の病気にかかると治りにくく、痛みがひどく食事ができなくなったりしてしまいます。 どんどん口臭が目立つようになります。 歯肉炎の状態では歯はまだしっかりしていますが進行して歯周炎になると、口臭がさらにきつくなり、ちょっとしたことで歯ぐきから出血してしまいます。 放っておくと歯周ポケットが深くなり、歯が抜け落ちてしまうことも。 進行すると口のなかの粘膜や歯肉が真っ赤に腫れ、ただれや潰瘍、出血がみられます。 口臭も強くなり、ネバネバした血が混じったよだれをたらします。 猫の口内炎では歯肉炎をはじめとする歯周病や破歯細胞性外部吸収病巣を併発するケースが多く見られます。 口の中の病気は、猫エイズや白血病ウイルス感染症などの病気の兆候であったりするので、このような症状を見つけたらすぐに獣医さんに相談しましょう。 子どもの頃から歯磨きの癖をつけよう! 人間の歯と同じように、猫の歯も、虫歯になりやすいのは幼少期といわれています。 特に猫ちゃんの場合は、柔らかい食べ物を好むので、歯や舌の表面に細菌がつきやすく、そのため歯垢や歯石がたまりやすくなるのです。 時々、指にガーゼなどを巻いて歯をやさしくこすってあげるか、猫用歯ブラシで磨いてあげましょう。 猫の歯の表面のエナメル質は、とっても薄いので毛の柔らかいブラシを使用することをおすすめします。 はじめは歯磨きを嫌がりますが、何度も口を開ける練習をして、飼い主が口の中をいじることを習慣づけましょう。 毎日少しずつ慣らしていくことが大切です。 大人になってからは難しいので、できるだけ子猫の頃から身につけておくとよいでしょう。 そうしておけば、口臭にも気づきやすくなるので、いざ病気になっても、お口の中なのか、そうでないのかがわかり、猫ちゃんの健康状態を把握することができます。 口臭の原因がご飯の場合もあるってほんと? 猫ちゃんの口臭が病気ではなさそうと思ったら、ご飯の見直しをしてみるのも一案です。 ウエットフードを多く与えている飼い主さんは、ドライフードを主食に。 ドライフードを主食にしている、もしくはドライフードのみを与えている飼い主さんは、ドライフードの銘柄を変更してみるのもひとつの対策です。 好き嫌いの多い猫ちゃんの場合は、銘柄を変えると食べなくなってしまう可能性もあるので、その場合は飲み水に混ぜて口腔衛生を改善するグッズや猫ちゃんが噛み噛みすることでデンタル効果を期待できるオモチャなどもあります。

次の

【獣医師が解説】猫が臭いおならをするのはなぜ?原因と対処法とは|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫口臭い

加齢 猫は歯磨きなどのお手入れをしないと2歳くらいから歯垢がついてきます。 放置しておくと歯の表面をがっちり覆うほどの歯石がつきにおいの原因になります。 歯石がついている歯でご飯を食べると歯ぎしりのようなギッギッという音を出しながら食べたり、咬むときに頭を左右に振りながら食べることがあります。 エサの種類 添加物や保存料、香料のたくさん入ったエサを食べると口が臭くなる原因になります。 また、ウェットフードはドライフードに比べ歯に付着し、口の中に食べかすが残りやすいため口臭の大きな原因になります。 また、水分が多く含まれているため唾液の分泌が少なくて済むことも原因の一つです。 ドライフードは物理的に歯の表面の歯垢をそぎ落としたり、歯肉を刺激して鍛えることができますので上手に使い分けてあげることが良いでしょう。 歯周病 歯周病とは歯茎に炎症が起きる「歯肉炎」と歯を支える歯根膜や歯槽骨にまで炎症が波及し、破壊される「歯周炎」の総称です。 歯垢や歯石に潜む細菌が原因でおこります。 歯周病がひどくなると歯がぐらぐらしたり、根元に膿が溜まったりします。 歯周病はどのような猫にでも起こりますが、腎臓病や糖尿病などの慢性疾患、あるいは猫白血病ウイルス(FeLV)感染症や猫免疫不全ウイルス感染症 猫エイズ などの感染症によって免疫力が低下していると、悪化しやすい傾向があります。 治療法は「歯肉炎」であれば消毒や抗生物質、消炎剤の投与で改善が見られます。 歯周炎にまで進行している場合は、全身麻酔をしたうえで歯垢・歯石を取り除き、歯周ポケットにたまった汚れや炎症を起こした組織などを取り除きます。 歯のぐらつきがひどい場合には抜歯手術を行うことも有用です。 猫は基本的に食事を丸呑みしますので、歯が1本もなくても食べるには困りません。 猫の場合、細菌が原因でおこる歯周病で口内炎をおこすことが多いですが、猫の風邪の原因となるウイルスも口内炎を引き起こします。 人の口内炎のようにビタミンの不足や栄養の偏りで起こるわけではありません。 口が臭いだけでなく、痛みが伴うのでよだれをたらしたり、食事をとりづらくなります。 痛みのサインとして、ドライフードを口の端からポロポロ落としてしまう、食事中にギャーと叫んで走り回ったり、ポロポロとなみだを流しながら食べることもあります。 口が痛いためグルーミングができず、目や口周りが汚れてきます。 全身のグルーミングができなくなると毛がばさばさになったり毛玉ができたりします。 口内炎自体は抗生物質やステロイド、免疫を増強するインターフェロンを投与して治療します。 基礎疾患がある場合はその治療も同時に行います。 リンパプラズマ細胞性口内炎 口内炎の中でも、特殊な口内炎があります。 歯や歯肉には問題はなく、口角の部分が限局的に重度の潰瘍をおこす原因不明の病気です。 原因がわかっていないので対症療法を行うことになります。 ステロイドで消炎鎮痛を行ったり、インターフェロンの投与を行いますが、なかなか治りにくく症状が悪化したり良くなったりを繰り返します。 猫の腎臓病 ネコに多い病気であり、急性腎不全をおこし尿毒症になると、独特のアンモニア臭がします。 また慢性腎不全は、免疫力を低下させるため、口内炎を起こしやすくし、やはり口臭がします。 食欲低下、嘔吐もよく見られます。 急性腎不全では尿は減り、慢性腎不全では反対に尿は増えます。 しかし、肝炎などで肝臓の働きが低下したときは、分解しきれなかった臭いの物質が血液中に混ざって口臭となります。 胃腸の病気 胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気にかかると消化不良を起こし、食べ物が十分に消化できなくなり、胃や腸で食べ物が停滞することにより、異常発酵をおこします。 そこで発生した臭いの物質が、腸管から吸収され、血流にのり肺から排泄されることにより、口臭となります。 また、腸の働きが低下して腸内の細菌バランスが崩れたケースでは、悪玉菌が増殖して臭いの物質を発生させることもあります。 口腔内腫瘍(がん) 口の中にがんが発生し、そのがんが潰瘍をおこしたり、壊死することで崩れてくると腐ったような強烈なにおいがします。 猫に多いがんは扁平上皮癌、線維肉腫、悪性黒色腫があげられます。 元気な時は全く問題になりませんが、免疫力が低下したり体力が落ちている時など細菌の増殖に負けてしまい口内炎を起こしてしまうことがあります。 加齢やネコ免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)、猫白血病ウイルス感染症などが大きな原因となります。 猫の口臭予防について 一番の予防は歯磨きですが、歯磨きができないような場合もケアをする方法はいくつかありますのでご紹介します。 エサ ドライフードを主体にします。 においを抑える成分が配合されていたり、歯石を軽減する効果のあるフードもあります。 歯磨きトリーツ 歯磨きと同等の効果があります。 固くできており、唾液の分泌が盛んになり、よく噛むため表面的な汚れもそぎ取ります。 消臭成分が含まれているトリーツもあります。 歯磨き用おもちゃ 咬むことで歯垢をそぎ落とします。 歯石・口臭除去スプレー 歯に毎日スプレーするだけで口臭を軽減できます。 数か月かけて少しずつ歯石が溶解されるものもあります。 全身麻酔が行えない猫には有効です。 病院で一度歯石をきれいに取ってもらう必要があります。 基本的には麻酔を行わなければいけないので高齢や体力のない猫、病気が併発している猫は処置が難しくなります。 そうならないためにも、そもそも歯石がつかないように日頃からお手入れができるといいですね。 自宅で口臭をチェックする時のポイント 口が臭いと思った時、口の中を見てみてください。 ・歯垢や歯石はついていますか? ・歯肉炎、口内炎はありませんか? ・口の中にただれて赤い部分はありませんか? ・歯が折れたりぐらぐらしていませんか? ・歯肉や舌にできものができていませんか? ただし、口が痛い時猫は無理やり口を開けて中を見ようとすると怒って咬んだりひっかいたりしてしまうことがあります。 人間だって痛いところを触られたら反射的に手で払いのけてしまいますよね? 飼い主さんがけがをしてしまうこともありますので、無理せずに病院で口の中を見てもらうようにしましょうね。 さいごに 今回は猫の口臭について解説してきました。 猫の口臭がする場合には何かの病気の可能性もあります。 口臭がする場合は猫の様子をよくよく観察することをおすすめして時間のある時にでも動物病院で診てもらいましょう。 「動物病院に連れていきたいけど治療費はどのくらいかかるんだろう?」 「愛猫の病気を治してあげたいけど高額費用を支払う余裕がない…」 という飼い主さんはとても多いです。 動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。 動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。 経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。 でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。 ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。 複数のペット保険の資料を比較することで「 あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。 利用は無料です。 詳しくはこちらをご覧ください。 >>> <<<.

次の

猫の口が臭い!においの原因は?病気かも!?

猫口臭い

糖尿病 猫の糖尿病の症状として、食餌量や水の飲む量の増加、多飲に伴う排尿の回数の増加があります。 また、体内にケトン体という物質が作られることにより、口臭が確認されます。 ケトン体が原因となるケトン臭は、甘酸っぱい臭いであることが特徴です。 猫での糖尿病はインスリンホルモンの枯渇が主体であるため、糖尿病を発症する原因として食べすぎなど食習慣の乱れがひとつ挙げられます。 早食いが食べすぎの原因にもなるため、猫の食器を食べづらい構造のものに変えることは早食いの予防策になるでしょう。 また、高齢の猫も糖尿病になるリスクが高まります。 高齢になると、基礎代謝が低下することにより、若い頃と同じように食事を与えると、カロリー超過になる可能性があります。 シニア用のキャットフードがあるため、それらに切り替えることをおすすめします。 腎不全 猫は腎不全になる可能性がとても高い動物です。 中高齢の猫になると、さらに発症リスクは高まります。 遺伝やほかの病気による併発が主な原因です。 腎不全を発症すると、食欲不振、排尿の回数の増加等の症状が現れます。 腎不全は、アンモニアなど体内の老廃物を正常に排出できなくなり、強い口臭の原因となります。 歯周病 生活習慣病のひとつである歯周病は、猫も発症する病気です。 口内に傷がつくことで炎症を起こしたり、口内が食べ残しの食べ物などにより不衛生であるため細菌が繁殖したりすることで歯周病が起こります。 歯茎が痛むことにより食事をしたがらないく、歯茎からの出血の症状があります。 口から腐敗臭のような強烈な臭いがすることも歯周病の症状のひとつです。 動物病院で歯石を除去したり、ウェットフードからドライフードへ変更し、歯にフードの食べカスが付着しないしたりするようにすることが対処方法として挙げられます。 巨大結腸症 猫が長期間に渡る便秘をしている際は、巨大結腸症を疑う必要があるでしょう。 巨大結腸症の症状としては、便秘のほか、食欲不振や排便中の嘔吐等が見られます。 長期間便秘をしていることに伴い、口から便の臭いがすることが特徴です。 巨大結腸症の原因として、先天性である場合があります。 また、事故や病気によって自律神経に障害が発生したり、骨盤が変形したり、慢性的な便秘が続いたりして便が正常に排出されないことで発症します。 巨大結腸症の治療を行う際は、症状が軽減するように対症療法が施されます。 まずは便が正常に出やすいように処方食を与えることによる食餌療法が主体となります。 一般的に便秘の場合、食物繊維の摂取が便秘解消に良いイメージがあると思いますが、猫の場合は不溶性の繊維質の摂取は便が固くなってより出づらくなり、便秘への対策としては水溶性繊維質の摂取が重要と言われていますので注意が必要です。 食餌療法に組み合わせて、適宜下剤を使用することもあります。 レントゲン検査により症状の改善が見込めない場合には、外科手術による治療を行います。 口内炎 猫の口内炎には猫エイズウイルスなどの感染症や、糖尿病等の内科疾患が原因となるものと、原因が不明なものがあります。 口内炎による痛みから食欲不振に陥ったり、よだれが多くなるほかに、口臭がきつくなることも症状のひとつです。 猫の口内炎の治療方法は、原因疾患に基づきます。 歯周病の場合は歯石の除去や歯肉の炎症を抑える治療を、その他原因となっている病気の治療を中心に行います。 まとめ 猫の口が臭い場合は、様々な体内の病気が考えられます。 普段は口臭が気にならない猫の口臭が臭いと感じたら、それは病気のサインかもしれません。 一度動物病院へ連れて行き、獣医師に相談することをおすすめします。 犬の病気 症状から探す• 部位から探す• 病名から探す•

次の