かなり の 恐怖 を 感じ た。 家計簿にかなりの恐怖を感じます

#ゼルダの伝説 #リンサリ 「かなり恐怖を感じた」

かなり の 恐怖 を 感じ た

それは不安神経症でしょう。 重症なら病院に行くと良いかもです。 私の親友は、大学を出て数年経っても貯金が出来ませんでした。 家に生活費を3万円入れる「だけ」なのに何故貯金が出来ないのか悩んでいましたよ。 車はお父さんの車をいつでも自由に使えるし、ガソリン代から何から何までお父さんが負担していました。 最高に恵まれているのに貯金が出来ない秘密とは。 彼は100円、200円の小さな金額は、小さいからゼロと考えていたのです。 計算してみると、缶コーヒー代だけでも1日に1500円でした。 でも缶コーヒー代だけで、1ヶ月で4万5千円ですから、バカに出来ない金額です。 食事は、昼食と夕食は、毎日ファミレスでした。 「これ、かなり大きいんじゃないの? 」と言っても「でも1000円ぐらいの安い物しか食わないよ」と言っていました。 1日2000円として1ヶ月で6万円ですよね。 こんな奴と結婚した女性は大変だろうなと思いましたね。 私が一人暮らしを始めたときに驚いたのが、歯ブラシだとかボールペンだとか安くてめったに買わないものでポロポロ金が無くなっていく事でした。 そして最初のうちは訳が分らなくて家計簿をつけてみて初めて分ったのです。 でも数ヶ月は感覚的には理解できませんでした。 ですから家計簿をつけるのは、とても良いことだと再認識すると不安神経症が軽減するかもしれませんね。 家計簿には、記号で良いので店の名前も書くと良いですよ。 全く同じ品物なのに店によってえらく値段が違いますから。 独り暮らしのものですが、家計簿なんてつけるな!というコメントが多いですが、自分はつけるべきだとおもいます。 つけることによってその月の収支のバランスが見えてきますし、どこが無駄遣いだったのかということも一目でわかります。 ですが、つけたくない、逃げたいという気持ちもわかります。 そういう時は何か目標をつくりましょう。 ただ単に節約しててはただの苦行です。 ですので、今月はいくらの支出で抑えるぞ!と決めたらそれに収まるように頑張る、達成できたらご褒美に何かおいしいものでも食べに行くなどした方がいいですね。 1か月じゃ無理!というならば1週間でも良いんです。 1週間の支出をこれだけに抑えるにはどうしたらよいかと考えましょう。 達成できたらご褒美を、もし無理だったら、頑張ってきた自分への努力賞、もしくはおいしいものを食べながら反省会をしましょう。 家計簿をつけるうえで一番気をつけないといけないことは「やらなければならない」ではなくて「ゲーム感覚」で良いんですよ 無理なら無理で、今月は目標達成無理だな~と思ったら目標金額を上げるなど、ゲーム感覚でしていけばいいんですよ 重く考える必要はありません 家計簿がないとどうしても収支のバランスが崩れがちになりますので、軽い気持ちで「ゲーム」を楽しんでください^^ 我が家は私の母の代から『家計簿』というのは付けていませんでした。 母曰く、「いらない物を買っているわけではないんだから、出て行くお金に未練を残してもしょうがない。 」って。 その流儀なのか?私の女房殿も『家計簿』って付けませんでした。 「家計簿って付けないの?」と私が聞いたら女房殿曰く、「足りない時は足りないんだし、余る時は余るんだし、貴方にいちいち報告するほどのことでも無い。 それとも、大根の値段でも気になる?」って。 返す言葉はありませんでしたね。 ただ、日記みたいにコチョコチョ手帳に何かをメモってました。 亡くなった後は怖くてそれらの中身は見ていません。

次の

人が恐怖を感じる時とは? 小説作法

かなり の 恐怖 を 感じ た

今日、めちゃめちゃ怖い思いをしました。 朝から一日中大雨が降り続いてて、一部の地域では避難勧告も出てるくらいでした。 でも、どうしても家族を迎えにいかないといけなかったんです。 向かう途中、かなり至る所で道路が冠水していました。 かなりの恐怖を感じながらも、引き返すことなく、水の中にぶっ込んで行った無知な私を今は恐ろしく思います。 泣 てか、車ってあんな水の中にぶっ込んで行っても前に進むのねって感心しました…。 どっかの観光で乗った、水陸両用バスみたいだなー!っと、ヤバい状況なのに、不謹慎な自分の感覚を不思議に思いました。 しかし、1時間後には嘘のように晴れ、帰りは別ルートで帰ったけど、かなりスムーズでした。。 なんだこれ、約20年車運転してて、あんな恐怖味わったことないのに、こんな一瞬で変わるのか…やっぱ人間は自然の前では本当に無力なんだなと痛感しました。 言いたいことは何かっていうと、人って本当の恐怖によって、やっと気づかされるものがあって、そこからがスタートなんだってこと。 それの威力はでかい、二度とそんなことにならないよう、努力するし、忘れることもない。 いつもの生活に、ほんの少し自然が手を加えただけのことに、命の危険まで感じる、それはなんだなと。 いつもの平和ボケしてる私に、かなりの喝を入れられた1日でした。 恐怖や不安は悪いものではなく、そんな思いまでしたことを絶対無駄にせず、次に必ず活かすことが大切なんだと。 になった時にも思いました、二度ともうあんな状況(私の場合は仕事が原因)に自分を置かない!って誓いました。 それからは本当に試行錯誤で、まだうまくいってないけど、で頑張っているし、元の生活には戻らない決意も変わらない。 だからこの先も、恐怖や不安を感じたら、無駄にせず絶対次に活かしてみせる。 話は飛ぶけど、今回のこのコロナの件で、私は将来、畑を持とうと思った。 せめて食べる分、米や肉は無理にしても、簡単に育つ野菜は自分で自給自足してみようと目標を持った。 どうか無理やりでもいいから、今の恐れや不安を、具体的に、前向きに、次の目標や行動につなげてほしい。 与えられた恐れや不安を感じるだけでは無駄になってしまう、せっかく苦しみを伴ってまで感じたことなのに無駄になってしまう。 恐れや不安が与えてくれた気づきを大切にしてほしい。 今までの恐れや不安が、私に与えてくれたものはいつも偉大で、深く感謝しています。 h20180913.

次の

家計簿にかなりの恐怖を感じます

かなり の 恐怖 を 感じ た

「かなり恐怖を感じた」の元ネタとは何か?意味や元画像は?調べてみた。 まず、こちらが元ネタの画像である。 ご存知、 弁護士 唐澤貴洋 弁護士が発した言葉である。 別に、他意があるわけではない。 度重なる嫌がらせに対し、そのまま唐澤貴洋弁護士が 「かなり恐怖を感じた」という感想を述べたのが元ネタである。 こちらが何故ネタにされているのか? 意外にも、ネット上での唐澤貴洋の初出は 2012年。 結構前から一部で有名だった。 ひょっとしたら、 「なんか最近現れた人」と思ってる人も多いのではないだろうか? まぁそれもそのはずで、顔出しでテレビなどの メディアに出演するようになったのは割と最近の話である。 唐澤貴洋弁護士がなぜネタにされるようになったのか?についてはこちらをどうぞ 唐澤弁護士のテレビ出演 そんな彼が、初めてテレビで顔を出したのは2016年のNHKの取材。 長年イラストとして認知されていた彼が満を辞しての登場に、ネットの一部は大いに盛り上がった。 元々、自分の姿を公に出していなかった唐澤弁護士。 そもそも弁護士のプロフィール画像がイラストというのも問題があると思うが、少ない素材ゆえ活用できそうなものは次々にコラージュされていた。 そこに来てのテレビ出演。 もちろん素材にされないはずが無かった。 そして「かなり恐怖を感じた」の素材元の「世界一受けたい授業」も、唐澤弁護士の映像素材が少ない状態での主演だった。 それがネタとして広まっている大きな要因なのかもしれない。 今でこそ唐澤弁護士の実写映像は溢れかえっているが、当時は素材の少なさゆえに 「ネタに出来そうな素材は何でもネタにする」という熱意が一部の界隈にはあった。 ところが味をしめたのか、唐澤弁護士は自分から表に出過ぎてしまった。 それが結果的に素材収集班の熱意を下げる事となったとか何とか。 そして今に至る。

次の