アイス シルク コットン 生地。 アイスシルクコットン生地 90cm×160cm ※単品2点までメール便可能 :Q558:コスチュームハウス

息苦しい立体マスクとさよなら【アイスコットン生地で冷感マスク手作り】

アイス シルク コットン 生地

いち早くマスクの生産に乗り出したクリスチャンディオール。 以前はつけている人を見るとギョッとした黒い色のマスクや、派手な柄物のマスクも市民権を得ています。 もはやマスクは衛生具ではなくファッションと化しているのです。 誰でも簡単に作ることができる布マスク、手芸屋さんには可愛い生地を求めてたくさんの注文があるそうです。 普遍的で簡単な構造の布マスクですが、人類始まって以来のクローズアップ、仕事がなくなった様々な業種がマスクの研究開発に乗り出し、斬新なデザインのものが生まれることでしょう。 夏でもマスクは外せない。 自然素材のアイスコットンマスク。 じきにマスクは行き渡り、品薄状態は解決されるかもしれません。 しかし酷暑とも言える夏がもうすぐそこに来ています。 夏までに状況が収束していることは考えにくく、従来のマスクをし続けるには大変辛いものがあります。 不織布や分厚いガーゼ生地、マスクで口元が蒸れ、かぶれてしまうこともあります。 今や25度超え(夏日)は年間150日ほど、一年の40%以上は汗とは無縁でいられないのです。 しかしこの状況下では暑いからといって簡単に外して良いものではなく、マスク未着用だと冷たい目で見られてしまうシーンもあることでしょう。 今までわざわざ暑い夏にマスクをするといったことはレアケースでしたが、今後は生地に工夫が必要になってきます。 夏のマスク生地に求められるキーワードは「冷感素材」「心地よい肌触り」「メンテナンス性」。 通気性に優れ、涼しいマスクがあれば夏を乗り切ることができます。 そんな都合の良い、夏用マスクのオススメ生地はないものでしょうか。 はまさにそれに適したガーゼ素材、夏用マスク生地のベストな選択肢と言えます。 インクジェットプリントをした試作柄、印刷適性も良好。 そしてもっとも重要なのはこれが、すでに反物、生地の状態で存在するということです。 夏炉冬扇、今から織物設計をして段取りを組んで製造していたのでは通常の流通、販売には間に合いません。 猫も杓子もマスクの今、綿を漂白した白生地である「晒」「ガーゼ」が不足しています。 肌に直接触れるマスク素材として大変適した素材であるアイスコットン、夏にマスクをする苦しさの改善に少しでも役立てば幸いです。 呉服関係はもちろん、マスクメーカー様、手芸屋さん、学校関係者様、理想的な夏用マスク素材に、 いただきましたら、在庫、詳しい仕様等ご案内させていただきます。 4m、生地面積は約5㎡ございます。 5月8日追記 10センチ単位でご注文いただけますので、個人でマスクを自作したい一般消費者の方のご注文はこちらからお願いします。 電話でのご注文は一切対応しておりませんので、ECサイトよりご注文をお願いします。 5月15日追記 6月5日追記 レビューしてくださったT様にの許可をいただきました。 アイスコットン襦袢生地を裏面使いされた時のレビューとなりますので参考にしてください。 6月20日追記 廣田紬のマスクがNHKで取り上げられました。

次の

アイスシルクとは!?アイスシルクという生地は一体どういうものなのだろう!?

アイス シルク コットン 生地

マスクの購入がとても大変な中、すこしでもお力になれればと製作しています。 リバーシブルになっているので、その日の気分に合わせて雰囲気を変えられます。 アイスシルクコットンを片面に使用したリバーシブルマスクです。 夏の暑い日の着用でも、ムレずに爽やか。 熱を吸い取る生地なので、サラサラしていて気持ちがいいです。 かわいいラベンダー色の綿麻生地と、アイスシルクコットンの組み合わせです。 かわいいけれど落ち着いたラベンダー色の生地なので、 可愛すぎることもなくオシャレに着用いただけます。 どちらもとても綺麗なお色で、とてもシンプル。 だからこそ、使う方を選ばず、使いやすいと思います。 リバーシブルなので、その日のコーディネートに合わせてチェンジが可能です! *サイズ* ふつう・大人用 おひとつおひとつ心を込めて手づくりしてます。 ほんわかした雰囲気のマスクで、 ピリピリした日常が少しでも和らぎますように。 *立体型で苦しくないです。 *水通しをしておりますが、ご使用前に一度洗濯をされてからご使用ください。 *優しく洗濯で繰り返しのご使用ができます。 *少し薄手の状態にしていますので、これからの時期にも苦なくご使用いただけると思います。 画像はすでに完成のものになっていますが、 他作品の生地との組み合わせ等のご希望はお気軽にお相談ください。

次の

触れると冷たい不思議な繊維、「アイスコットン」とは | バイク呉服屋の忙しい日々

アイス シルク コットン 生地

いち早くマスクの生産に乗り出したクリスチャンディオール。 以前はつけている人を見るとギョッとした黒い色のマスクや、派手な柄物のマスクも市民権を得ています。 もはやマスクは衛生具ではなくファッションと化しているのです。 誰でも簡単に作ることができる布マスク、手芸屋さんには可愛い生地を求めてたくさんの注文があるそうです。 普遍的で簡単な構造の布マスクですが、人類始まって以来のクローズアップ、仕事がなくなった様々な業種がマスクの研究開発に乗り出し、斬新なデザインのものが生まれることでしょう。 夏でもマスクは外せない。 自然素材のアイスコットンマスク。 じきにマスクは行き渡り、品薄状態は解決されるかもしれません。 しかし酷暑とも言える夏がもうすぐそこに来ています。 夏までに状況が収束していることは考えにくく、従来のマスクをし続けるには大変辛いものがあります。 不織布や分厚いガーゼ生地、マスクで口元が蒸れ、かぶれてしまうこともあります。 今や25度超え(夏日)は年間150日ほど、一年の40%以上は汗とは無縁でいられないのです。 しかしこの状況下では暑いからといって簡単に外して良いものではなく、マスク未着用だと冷たい目で見られてしまうシーンもあることでしょう。 今までわざわざ暑い夏にマスクをするといったことはレアケースでしたが、今後は生地に工夫が必要になってきます。 夏のマスク生地に求められるキーワードは「冷感素材」「心地よい肌触り」「メンテナンス性」。 通気性に優れ、涼しいマスクがあれば夏を乗り切ることができます。 そんな都合の良い、夏用マスクのオススメ生地はないものでしょうか。 はまさにそれに適したガーゼ素材、夏用マスク生地のベストな選択肢と言えます。 インクジェットプリントをした試作柄、印刷適性も良好。 そしてもっとも重要なのはこれが、すでに反物、生地の状態で存在するということです。 夏炉冬扇、今から織物設計をして段取りを組んで製造していたのでは通常の流通、販売には間に合いません。 猫も杓子もマスクの今、綿を漂白した白生地である「晒」「ガーゼ」が不足しています。 肌に直接触れるマスク素材として大変適した素材であるアイスコットン、夏にマスクをする苦しさの改善に少しでも役立てば幸いです。 呉服関係はもちろん、マスクメーカー様、手芸屋さん、学校関係者様、理想的な夏用マスク素材に、 いただきましたら、在庫、詳しい仕様等ご案内させていただきます。 4m、生地面積は約5㎡ございます。 5月8日追記 10センチ単位でご注文いただけますので、個人でマスクを自作したい一般消費者の方のご注文はこちらからお願いします。 電話でのご注文は一切対応しておりませんので、ECサイトよりご注文をお願いします。 5月15日追記 6月5日追記 レビューしてくださったT様にの許可をいただきました。 アイスコットン襦袢生地を裏面使いされた時のレビューとなりますので参考にしてください。 6月20日追記 廣田紬のマスクがNHKで取り上げられました。

次の