浄土 真宗 49 日。 中陰壇(後飾り)の飾り方やお供え方法・浄土真宗の正しい置き方

中陰壇(後飾り)の飾り方やお供え方法・浄土真宗の正しい置き方

浄土 真宗 49 日

49日お布施の相場 【浄土真宗】49日法要までに準備すること 49日の法要を迎えるにあたって、お布施の金額も気になりますが、何を準備すればよいのか。 葬儀の時には、古来のしきたりを葬儀担当者に聞きながら時間が過ぎたのではないでしょうか。 無事に49日法要を迎えるためにも、今後の法事・年忌について知りましょう。 浄土真宗の法要【お布施の一覧表】 法事・年忌・・・3万円 こちらは、忌明け法要と呼ばれる49日法要に始まり、1周忌、3回忌、7回忌と、没年から数えて、50回忌までの間に12回の法事があるのですが、これは住職から手渡される「 忌日表(きびひょう)」に記載があるでしょう。 そうですよね。 私でも自信がありませんから。 もちろん、代々引き継げばよいことなのですが、50回忌の前に33回忌がありますので、 お寺によっては、33回忌でけじめをつける方もみえますよ。 この12回分の法事は迎える年ごとに、法事の中でも大きな役割を果たす営みです。 七日法要・・・5,000円 こちらは、 49日の法要までの期間にもお経をもらう事です。 二七日、三七日、四七日、五七日、六七日と葬儀と同日に初七日法要があるのと同じように、亡くなられてから、七日ごとに行われます。 二七日?見た目では何日の事かわからないですね。 このように数字を掛け算してみてください。 ご逝去後の14日目のことを表しているのです。 そうなんです。 49日の忌明け法要を迎える前にも、七日ごとにお経をもらいましょうという日なのです。 百か日法要・・・1万円 こちらは、卒哭期(そつこくき)とも呼ばれていて、 泣くことをやめて、悲しみに区切りをつけましょうといわれる日です。 ですから、納骨をこの日に行う方も少なくありませんよ。 月参り・・・3,000~5,000円 月参りとは、ご逝去された日にちだげを見て、 毎月々お参りに来てもらうということです。 これは、住職の都合もあり1~2日ずれることもありますが、浄土真宗では、3回忌法要までは務めることを勧めています。 初盆・・・1万円 忌明け後に初めて迎えるお盆には、故人様が里帰りをした、また先祖を敬うことから特別なお盆とするのです。 寺院によっては、合同の「お盆会」などを開くことがありますので、こちらへ参加されるのも良いかもしれません。 参加費用は2,000円ほどでしょう。 入仏法要・・・1万円 こちらはお仏壇を購入された時にお参りしてもらいます。 「 仏壇開き」とも称されます。 墓開き・納骨・・・2万円 新たにお墓や納骨堂を持たれた時に読むお経があります。 既にお墓や納骨堂をお持ちの方で、納骨だけでしたら1万円程度です。 性抜き・・・1万円 こちらはこれまでとは逆に、 お仏壇やお墓を移動させたり、または 廃棄する場合に読まれるお経です。 昨今、このような廃棄や撤去が増えていると言われています。 祥月命日・・・1万円 冒頭でも話した、50回忌までに12回行う年忌法要ですが、12回とは言わず、 毎年お務めが欲しいといわれる場合です。 年忌の年以外の命日になります。 このように、多くの法事・年忌があるのですが、それぞれに 今後どのような供養をしていくのかは、ご家族で話し会い、住職とも相談をしながら決めていけばよいでしょう。 参考: 49日法要向けて準備すること 葬儀の時には葬儀社の式場を利用する場合が多いのですが、法要場所を考える時には、• 葬儀社の法要室 主にこちらになるでしょう。 そして、準備をする中で 、最も大切なものの1つに「位牌」があります。 葬儀の時に使用した「白木の位牌」があるのですが、こちらは仮の位牌のため、 49日法要までに「本位牌」を作る必要があるのです。 浄土真宗では黒塗りの位牌を使うことはなく、「繰り出し位牌」です。 この繰り出し位牌は、屋根の部分を取り外すことができ、中には木の板が数枚納められていますので、これを 前もって住職のところへ持参し、この板に法名を書いてもらう。 このような準備は49日の忌明け法要の1週間前までには整えましょう。 その他、お花やお供えについても住職に確認をしてください。 お寺によっては、「手ぶらで来てください」「必要なものはこちらで整えます」など、各寺院により異なっています。 参考: まとめ 法事や年忌がこのように数多くあることに驚かれた方もあるでしょう。 しかし、長い年月をかけて、供養をしていくことですから、3回忌を終えると、「これで次までは時間が空くわ」と少し肩の荷が降りたような感じになる方もお見えですよ。

次の

浄土真宗のお布施の相場を徹底解説!初七日のお布施はどうすればいい?

浄土 真宗 49 日

そもそも四十九日とはどのようなものなのか? 仏教における四十九日の持つ意味や、なぜ四十九日法要が行われるのかについて簡単に説明します。 浄土真宗における四十九日の意味とは? 仏教の宗派の中でも浄土真宗では四十九日についてどのような意味があるのかについて見ていきます。 浄土真宗での四十九日法要の流れとは? 浄土真宗で行われる四十九日法要の流れについてご紹介します。 浄土真宗での四十九日法要に持参する物とは? 浄土真宗の四十九日法要で持参すべき物について見ていきます。 浄土真宗の中陰檀に飾るものとは? 浄土真宗で四十九日の間に設けられる中陰檀に飾るものについて解説します。 四十九日法要を友引に行っても大丈夫なのか? 法事を行うには縁起が悪いとされる友引の日に四十九日法要を行っても大丈夫なのかどうかについて見ていきます。 国内最大規模の仏教宗派であるだけに、浄土真宗の四十九日法要に参列する機会も多いはずですので、ぜひ最後まで読んでいただき、実際に参列する際に役立てていただければと思います。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 最初に、仏教の各宗派で行われる四十九日法要(四十九日)について、簡潔に説明していきます。 四十九日とは、仏教の教えで亡くなった方があの世で生まれ変わり成仏するまでの期間を指し、特に故人の命日からの数え方で 四十九日目に行われる法要を意味するものです。 四十九日の間は故人の霊はあの世とこの世とをさまよっている状態で、その間に閻魔大王の裁きで生まれ変わる先が決められているとされています。 そのため、四十九日目に盛大に法要を行うことで、故人がめでたく成仏してあの世(極楽浄土)に生まれ変わることを祈るのが四十九日法要の持つ意味です。 「終活ねっと」では、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しております。 四十九日について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 浄土真宗といえば、念仏を信じて唱える者は誰もが救われるという考え方が軸となっている宗派です。 浄土真宗での四十九日の意味合いはどのようになっているのでしょうか? まず浄土真宗では、亡くなった方は仏様(阿弥陀如来)のお力で すぐに成仏して極楽浄土で生まれ変わるものとされています。 そのため、他宗派のように亡くなってから四十九日の間、閻魔大王の裁きを待ちながらこの世とあの世との間をさまようという考えは持っていません。 では、浄土真宗では四十九日をどう考えているのでしょうか? 他宗派では四十九日は故人のためのものと考えられていますが、浄土真宗の場合は残されたご遺族のためのものと考えられています。 つまり、ご遺族が四十九日間の中で故人のことをしのびつつ、仏様の教え(特に念仏の教え)についてかみしめるための期間というのが、浄土真宗にとっての四十九日の意味です。 言い換えれば、 四十九日を機に信心を深め、仏様に感謝するという意味があるといえます。 浄土真宗の四十九日法要の流れ 浄土真宗での四十九日の意味について見てきたところで、ここでは実際に 浄土真宗で行われる四十九日法要の流れについて見ていきましょう。 僧侶の入場 四十九日法要は、導師として読経などを行う僧侶の方が入場するところから始まります。 なお、入場に先立って僧侶の方も準備があるため、法要をご自宅など寺院以外の場所で行う場合は僧侶の方を出迎えたら、 一度控えの間として用意した部屋にお通ししましょう。 施主・喪主の挨拶 読経や焼香に先立って、施主・喪主の方が挨拶する時間が持たれます。 主に参列者一同に 参列していただいたことへの感謝が主で、全体としては法要の開始を告げるものでも大丈夫です。 ただし、比較的長めの挨拶になる場合は、使う言葉に注意が必要となります。 例えば、 「冥福」や「追善」、「永眠」といった言葉は浄土真宗の考え方にそぐわないため、使わないようにしましょう。 お経・焼香 挨拶が終わったら、僧侶の方による読経が行われます。 読経は時間にして20分から30分間ほどですが、唱和されるお経の種類は寺院によってさまざまです。 しかし、必ずといっても良いほど唱えられるお経として、正信偈(正信念仏偈)と呼ばれる浄土真宗の教義を詩という形でまとめたものが挙げられます。 そして、正信偈を唱える場合は、僧侶の方だけでなく 参列者もそろって唱和するのがしきたりです。 読経が終わると、焼香の時間が持たれます。 焼香は喪主・施主から始まり、故人のご遺族、ご親族、知人・友人という順番が一般的です。 浄土真宗での焼香の作法はまず、焼香台の前まで進んだ後で1度軽くお辞儀をします。 この時にお辞儀をする対象は、あくまでも仏様であるという点に注意しましょう。 お辞儀の後、お香をつまみ押し戴かないまま香炉に入れます。 なお、お香を入れる回数は、本願寺派(西本願寺・西本願寺派)で1回、大谷派(東本願寺)で2回という作法です。 お香を入れた後に1度合掌と礼拝を行ってから、ご自分の席に戻ります。 僧侶による法話 参列者全員が焼香を終えると、法話の時間が持たれます。 法話とは、仏教の教義にまつわるお話のことで、特に浄土真宗は四十九日を含め法要の際の法話を非常に大切にする宗派です。 理由として、先ほども見た浄土真宗にとっての四十九日が持つ意味合いが大きく関係しています。 浄土真宗では四十九日とは、仏様の教えを深くかみしめ、 仏様に感謝するための期間という意味が大きいです。 そのため、浄土真宗の法要では法話の時間を通じて 仏様の教えについて知ることが大切とみなされます。 とはいえ、法話の時間そのものは5分から10分程度とそれほど長いものではなく、内容も最近のニュースや雑談などをもとにしたものが多いです。 言い換えれば、あまり肩に力を入れることなく、簡単に親しみを持って聞くことができるものといえるでしょう。 ただし、法話は中身をしっかり吟味して、深くかみしめるように聞けば味わい深いものです。 僧侶の退場 四十九日のすべての式次第が終わると、僧侶の方が退出して終了となります。 退場した後、喪主・施主の方は僧侶のところにお礼を伝えつつ、 法要のお布施を渡しましょう。 もし、この後の会食に僧侶の方が参加できない場合や遠方からお越しの場合は、 御膳料(会食代わりの金銭)やお車代(交通費)もお布施と一緒に渡します。 会食 法要や納骨が終了した後は、ご自宅や寺院、料理店などで会食を行い、故人をしのぶ時間が持たれます。 この会食が終わる際に喪主・施主の方は、あらためて参列者一同(僧侶の方が参加している場合は僧侶の方にも)お礼の挨拶をします。 そして、 参列者がお帰りになるタイミングで香典返しを渡します。 浄土真宗での四十九日の持ち物 浄土真宗の四十九日法要の流れについて見てきました。 ここまで見てきて、参列する際に持参すべきものについて考えだしている方もいるのではないでしょうか? そこでここでは、浄土真宗の四十九日で一般的に用意するものについてご紹介します。 大きく分けると、 お供え物と香典とが挙げられ、どちらも必要であるという点に注意しましょう。 お供え物 まず、お供え物から見ていきましょう。 浄土真宗の四十九日や故人に対する考え方が他宗派とは意味が異なるだけに、 お供え物についても守るべき独特の作法があります。 のし紙の表書きは「御供」や「御仏前」 お供え物を持参する際に欠かせないのが、お供え物に掛けるのし紙です。 そして、のし紙を掛ける際には表書きを記すことが作法とされています。 仏教の各宗派のお供え物で使われる表書きとして「御供」や「御仏前」、「御佛前」などが代表的で、お線香をお供えする場合は「御香儀」や「御香資」も使われる場合が多いです。 そして、浄土真宗の場合でもこれらの表書きが多く使われます。 ただし、注意しなければいけないのが四十九日よりも前にお供え物を持参する場合で、 浄土真宗では「御霊前」は使わないため気を付けましょう。 これは先ほども見た、 浄土真宗では故人が死後ただちに成仏するという考え方のためです。 購入したお店の店員さんに掛け紙をしてもらう際に、浄土真宗の法要旨を伝えると間違えずに済みます。 また、画像からダウンロードする形で掛け紙を用意する場合も気を付けましょう。 何をお供えするべき? それでは、浄土真宗の四十九日ではどのようなお供え物がおすすめなのかについても見てみましょう。 多くの場合で持参されるお供え物として、菓子折り・果物・お線香・仏花・お餅などが挙げられます。 菓子折りについては、仏壇から下げられた後に分けられることから、 個別包装でかつ保存がきくものが良いでしょう。 特に故人が生前好んでいたものであれば、ご遺族に誠意が伝わるうえ、非常に喜ばれます。 お金をお供え物の代わりに持参する場合は? 最近では、お供え物のかわりにお金を包んで持参するという方も増えてきています。 このような場合は、表書きについてはどのようにすれば良いのでしょうか? お金を持参する場合は 「御供物料」や「御仏前」という表書きを使います。 また、お金をお供え物のかわりとする場合は、香典とは別に用意することがポイントです。 香典 浄土真宗の四十九日では、お供え物の他に香典を持参することも重要なことです。 ここでは、 浄土真宗の四十九日で持参する香典についていろいろと見てきます。 香典袋の表書きは? 香典についても、袋に表書きを記すことが重要となってきます。 浄土真宗の四十九日では 「御仏前」や「御佛前」と書くのが作法です。 「御霊前」については先ほど書いた理由から決して使われませんので、コンビニなどで市販されている「御霊前」と印字されたのし袋の封筒を選ばないように気を付けましょう。 なお、水引については黒白もしくは黄白のもののほか、金額によって双銀のものを使います。 7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 こちらの記事では7回忌の香典の金額相場、表書きや包み方についても解説しています。 是非ご覧ください。 名前の書き方は? 表書きを書いたら、その下に名前を書くことも忘れないようにします。 香典を包んだ方の 名前をフルネームで記すのが一般的です。 夫婦連名で香典を持参する場合は、夫のフルネームを記したうえでその左横に妻の下の名前を記します。 また、複数人の連名の場合は3人までであれば立場の上下順に右側からフルネームで記し、4人以上の場合であれば部署名などを書いたうえで、中に詳しい内訳を記した目録を同封しましょう。 なお、使う墨は葬式の場合と異なり、普通の黒い墨で大丈夫です。 香典の相場はいくら? 香典を持参する際にどうしても気になるものとして、包む金額の相場を挙げる方も多いでしょう。 香典の金額については、故人との関係の深さによって変わってきます。 ただ、故人との血縁関係がある場合であれば 1万円から3万円、血縁関係がない場合は5千円から1万円が一般的です。 なお、会食に参加する場合や夫婦で一緒に渡す場合は、1万円から2万円ほど多く計算して包んでおくと無難といえます。 服装はどうする? 四十九日に参列する際には 服装に気を付けることも重要です。 黒などの落ち着いた色の正装(スーツやワンピース)が基本となります。 また、女性の場合のアクセサリーについては、黒や白の一連となっているパールであればつけてきて問題はありません。 また、男女とも結婚指輪は外さなくても大丈夫です。 より詳しいことは、下記のリンクの記事をご参照ください。 浄土真宗では四十九日までの期間は、中陰壇と呼ばれる祭壇を設置する慣習があります。 ここでは、中陰壇に飾るものや飾り方について見ていきましょう。 なお、中陰壇とは四十九日の法要までの間、 故人のご遺骨や遺影、位牌を安置する三段仕立ての仮の祭壇のことです(位牌は四十九日の後に過去帳にかえる)。 ちなみに、四十九日の法要までの過ごし方として、中陰壇ではなく仏壇の方に7日ごとにお参りします。 お花 中陰壇にお供えする物として最初に挙げられるのがお花です。 お花は中陰壇でも一番下の段に、お線香やろうそくとともにお供えします。 そして、主にお供えされるのは 無色花(むしきか)と呼ばれる青木のみの種類(樒やヒサカキなど)です。 また、青木と白い菊を一緒にお供えする場合もあります。 落雁 落雁(らくがん)とは、米などで作った粉に水あめや砂糖を混ぜたうえで着色し、型を使って固めたお菓子のことです。 中陰壇の時だけではなく、お盆(初盆も含む)の際の盆菓子としても頻繁に使われます。 飾る場所は三段のうちの中段で、供笥(くげ)と呼ばれる盛り付け用の器具に載せるのが一般的なやり方です。 ろうそく ろうそくは 中陰壇の下段にお花やお線香とともにお供えします。 浄土真宗でも主流な宗派である本願寺派と大谷派の場合は、白い和ろうそくを飾るのが一般的です。 また、他にも白の和ろうそくに銀箔を貼りつけたものも使われます。 仏飯 仏飯、つまり故人や仏様にお供えする料理も、中陰壇の中段に白木の仏膳に載せた形でお供えします。 仏飯には白飯・汁物・煮物・和え物といった 精進料理があり、肉や魚など仏教の不殺生の考えにそぐわないものはお供えしません。 浄土真宗のお布施はいくら? 法要の際に行うことの一つとしてお布施というものがあります。 お布施を包むという経験はなかなかないと思います。 なのでお布施の相場はどのくらいなのか知っている方は少ないのではないのでしょうか。 では、浄土真宗のお布施はどのくらい包めばよいのでしょうか。 浄土真宗のお布施は、ご本尊の阿弥陀如来への感謝の心を示すものと言われています。 そのためお布施の金額はご自身の気持ち次第の額でよいとされています。 しかしそうは言うものの、一般的な相場は存在します。 四十九日法要の場合は、忌明けの大事な法要であるためお布施は3万円~5万円程と言われています。 上記での金額はあくまでも目安なので、厳しい場合などは事前に僧侶と相談し、自分自身の無理のない金額でお布施を包むようにしましょう。 四十九日法要を友引に行っても大丈夫?• 四十九日とは、故人が亡くなってから成仏して生まれ変わるのに必要とされる期間や四十九日目に行われる法要のことを指す。 なお、四十九日までの間、故人の霊はあの世とこの世をさまよっている状態とされている。 浄土真宗では四十九日とは仏教の他宗派と違い、故人をしのびつつ仏様の教えをかみしめ、感謝するためのものを意味する。 これは浄土真宗では亡くなった方はすぐに仏様のお力によって成仏し極楽浄土で生まれ変わるという考え方があるためである。 浄土真宗の四十九日法要の流れとしては、僧侶が入場と施主・喪主の挨拶に始まる。 読経と焼香では、正信偈は必ず参列者とともに唱えられ、焼香は押し戴かない状態で1回もしくは2回香炉に入れる形で行われる。 その後法話を通じて、仏様の教えをしっかりとかみしめる時間が持たれる。 なお、法要が終わった後は会食が行われる。 浄土真宗での四十九日の持ち物としてお供え物と香典の両方が必要である。 いずれも表書きでは「御霊前」を絶対に使わないようにする。 お供え物については菓子折りやお線香、あるいはお供えとするお金を持参する。 香典はお供えの金銭と別に用意し、金額も故人との関係性を考慮して決める。 服装は黒系の正装が基本で、身につけるアクセサリーも必要最小限のものにする。 なお、ご遺族側はお返しとして、3千円から5千円相当のものを渡す。 浄土真宗では四十九日までの間は中陰壇と呼ばれる三段仕立ての仮の祭壇を設ける。 お花(樒などの無色花、もしくは白菊を一緒に添えたもの)とろうそく(主に白の和ろうそく)は下段にお供えする。 また、落雁と仏飯(精進料理)は専用の盛り付け具や仏膳に載せてお供えする。 四十九日法要を友引に行うことは、仏教と六曜が関係していないことから特に問題はない。 浄土真宗にとっての四十九日とは、他の仏教宗派と異なり成仏して極楽浄土に生まれ変わった故人をしのびつつ、仏様の教えをかみしめて感謝する意味があります。 その点では、故人が生前の行いによって地獄に落ちたのではないかと心配する必要はないでしょう。 そして、他宗派と死に対する考え方が異なる分、浄土真宗の四十九日では香典などの表書きや法要で使う言葉などでさまざまな違いがある点も理解しておくことが大切です。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

浄土真宗の法事・法要はどんなもの?作法とマナー

浄土 真宗 49 日

香偈 2. 三寶禮 3. 四奉請 4. 懺悔偈 懺悔文 5. 十念 6. 破地獄偈 7. 敬礼六位 8. 浄食加持偈 9. 変食陀羅尼 10. 五如来 11. 阿彌如來根本陀羅尼 12. 餓鬼回向文 14. 開經偈 16. 佛説阿彌陀經 17. 不明 18. 十念 19. 摂益文 光明文 20. 念佛一會 21. 不明 22. 舎利禮文 23. 総回向偈 總廻向文 25. 十念 26. 総願偈 四弘誓願 27. 三唱礼 三禮 28. 送佛偈 29. ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授下さい。 よろしくお願い致します。 この49日のお経の読み方は、下記のブログにふりがな付きで書き込んでいます。

次の