宇多田ヒカル flavor of life 意味。 宇多田ヒカル「Flavor Of Life」歌詞の意味(解釈)とは?

HEART STATION/Stay Gold

宇多田ヒカル flavor of life 意味

ダブル・プラチナ()• ミリオン(「FOL」、)• 2ミリオン(「FOL -Ballad-」、着うた)• ミリオン(「FOL」、)• トリプル・プラチナ(「FOL -Ballad-」、着うたフル)• プラチナ(「FOL」、)• ゴールド(「FOL -Ballad-」、PC配信) いずれも認定• 2007年度 金賞 チャート最高順位• 週間1位(3週連続、)• 2007年3月度月間1位(オリコン)• 2007年4月度月間5位(オリコン)• 2007年度年間2位(オリコン)• 2007年度年間3位(着うたフル)• 2007年度年間1位()• デジタルダウンロード数世界第2位 シングル 年表 () Flavor Of Life () (2007年) 目次• 概要 [ ] シングルとしては、前作「」より、約3ヶ月振りとなる。 系列ドラマ『』のイメージソング及び挿入歌であり、宇多田ヒカルがこのドラマの為に書き下ろした曲であるが、ドラマで使用されていたのはCDの2曲目に収録されている「Flavor Of Life -Ballad Version-」のみ。 もこのバージョンのみ制作された。 ドラマへ楽曲提供したのは5年ぶりである。 宇多田自身が原作漫画のファンだった事から、楽曲提供を引き受けた。 歌詞などは、特にドラマの視聴者層を意識して比較的分かりやすくしたという。 最初に出来上がったオリジナルバージョンをドラマ関係者に聴かせた所、「バラードにして欲しい」との要望が出たため「-Ballad Version-」が作られた。 なお、「-Ballad Version-」のアレンジには宇多田本人は少し携わった程度で、ほぼ違う人にアレンジを頼んだ形となった。 のが自身の番組「」内の「」の4位にこの曲を挙げた。 ジャケットのデザインは、のが手掛けた。 リリース前の仮タイトルは「安くておいしいミカン」だった。 主な記録 [ ]• では「」以来1年5ヶ月ぶりの初登場1位を記録し、その後3週連続1位を獲得。 2007年発売のシングルで唯一複数週1位獲得作品である。 同チャート3週連続1位は「」()以来10ヶ月ぶり、アーティストでは「」()以来約4年5ヶ月ぶり、自身では「」以来約4年11ヶ月ぶりの記録となった。 また、年間チャートは「」以来の2位を記録し、2007年リリースのシングルでは最も高い売上となった。 2007年発売のシングルでは唯一2週目の売上で10万枚を突破した作品である。 CD発売前にが解禁されると、邦楽では史上初となるリリース前に着うた200万ダウンロードを達成 、さらに発売後約1か月半にして着うたなどの音楽配信総数が558万ダウンロードを達成した。 7月18日には英EMIが、音楽配信数の総計で700万ダウンロードを突破し デジタルシングル売上世界1位となったと発表。 ダウンロード購入にユーザーが流れたこともあってかCDの売り上げは若干伸び悩み、70万枚強でミリオンセラーとはならなかったが、着うたフルとの合計での売上換算は約139万枚となる。 の調査によると、2007年中に720万ダウンロードを達成して同年度のデジタルシングル売上世界2位を記録した。 このランキングではこの年世界中のチャートを賑わした「」()を上回ったが、約10万ダウンロード差で1位の「」()には届かなかった。 2008年7月3日時点では818万ダウンロードを達成している。 ではオリジナルバージョンが年間1位となり、昨年の「」に続き、2年連続1位となった。 2007年10月5日O. の「・泣き唄ランキング」では、「-Ballad Version-」が1位を獲得。 表題曲は、度の(JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングで年間1位を獲得した。 収録曲 [ ] 全作詞、作曲:宇多田ヒカル• Flavor Of Life 4:50 編曲:宇多田ヒカル• Flavor Of Life-Ballad Version- 5:26 編曲:宇多田ヒカル(編曲、アレンジ)、(編曲)、冨田謙(編曲、ストリングスアレンジ 、(ストリングスアレンジ)• Flavor Of Life Original Karaoke 4:49• Flavor Of Life-Ballad Version- Original Karaoke 5:25• Flavor Of Life-Antidote Mix- CD Only Bonus Track 5:19 シングルでのボーナストラック及びCD限定曲は今回が初。 脚注 [ ]• 2015年11月25日閲覧。 、スポーツニッポン、2007年2月28日。 (のミラー)• 、デイリースポーツ、2007年4月19日。 、インプレス、2007年7月19日。 2008年1月号。 、毎日新聞、2008年1月30日。 livedoor ニュース、2008年7月3日。 、日本音楽著作権協会、2008年。 外部リンク [ ]•

次の

Flavor Of Life

宇多田ヒカル flavor of life 意味

今年、デビュー20周年イヤーに突入した宇多田ヒカルが、通算7枚目となるオリジナルアルバム『初恋』をリリースする。 これは彼女のディスコグラフィにおいて、初の日本語を冠したアルバムタイトルであり、今なお愛聴されている、1999年の彼女の1stアルバム『First Love』を想起させるタイトルでもある。 リアルサウンド二度目の登場となる今回のテキストでは、アルバム完成直後に行われたオフィシャルインタビューから、今作の制作風景や参加アーティストに特化した発言を中心に構成した。 前作から、さらには衝撃的だった1998年のデビュー時から今日までの間で、彼女の中で変わったこと/変わらないこととは何なのか。 そして20周年というひとつの節目を、いまどのような心境で迎えているのか。 宇多田ヒカル(以下、宇多田):自分でも象徴的なアルバムタイトルになったと思います。 もちろん、『First Love』と『初恋』の間にはいろいろな流れを経ているんですけど、その一方で、私としては特にスタンスを変えたつもりもなく、むしろデビューの頃から今まで、自分が歌っている主題は、基本的にあまり変わっていないと思っていて。 そうした想いの中で、かつての『First Love』からの今回の『初恋』という対比が、自分の中ですごくしっくりときました。 浅いものから深いものまで。 その関係性の築き方には誰しもモデルがあって、それはやっぱり最初の原体験というか、自分を産んでくれた人なり、面倒を見て、育ててくれた人たちとの関係だと思うんです。 それがその人の一生の中で、おそらく多くの場合は無意識に作用して、他者との関係性に影響していく。 その無意識の影響を紐解いては、「何故なんだろう?」と追求したり、時には受け入れようとしたりする。 それが私の歌詞の大体のテーマだと思うんです。 この曲の歌詞の一部は、ご自身も出演している清涼飲料水のCM撮影の際に訪れた雪原で浮かんだそうですね。 宇多田:雪の中にいたせいか、〈長い冬が終わる瞬間〉というのがぱっと浮かんで。 今回はそういう思いが詰まったアルバムでもあります。 宇多田:そう感じてもらえたらうれしいです。 たとえば「初恋」という曲も、恋の始まりとも終わりともとれるように書いています。 初恋というのは、それを自覚した瞬間から、それ以前の自分の終わりでもあるので。 たとえば紐を緩めることを「遊びを持たせる」と表現するじゃないですか。 今回の自分の作風や気持ちって、それに近いというか。 着物の帯をちょっと緩めて、息を深く吸うような感じで詞曲に臨むことができました。 でも好きで何度も聴いていた曲はいくつかありました。 折坂悠太さんの「あさま」という歌には衝撃を受けました。 宇多田:『花のち晴れ』の原作を読んであらためて気付かされたんですが、神尾葉子さんの作品は、一見、恋愛が繰り広げられる学園もののようで、実は年齢性別を問わない社会や他者との関わり方、本質的な意味での自分との闘いのプロセスが描かれているんですよね。 私、本来、少女マンガってあまり得意じゃないんですけど、神尾さんの作品はだから好きなんだなって。 それに気付いたら、曲も歌詞もどんどん膨らんでいきました。 宇多田:そうやって比較ができること自体、面白いですよね。 私自身は、ごく普通で単純な、心地の良い6/8拍子のつもりだったんで、それはとても予想外な反応でした。 それであらためて、自分がすごくスウィングを付けていることや、そこに細かく刻んだハイハットがさらにノリを複雑化させていること、ドラムとピアノが溜めたり突っ込んだりしていることが、実は独特なノリで、誰にでも感じられるものではないんだなと気付かされて。 ドラムがクリスじゃなかったら、この曲は成立しなかったかもしれない。 「Forevermore」もそうでしたね。 私一人のプログラミングで済ませていたら、決してここまでの熱量にはならなかった。

次の

宇多田ヒカルさんのFlavor Of Lifeについてなんですがこの曲...

宇多田ヒカル flavor of life 意味

カテゴリ• ありがとう、と君に言われると なんだかせつない さようならの後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い The flavor of life 友達でも恋人でもない中間地点で 収穫の日を夢見てる 青いフルーツ あと一歩が踏み出せないせいで じれったいのなんのってbaby ありがとう、と君に言われると なんだかせつない さようならの後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い The flavor of life 甘いだけの誘い文句 味っけの無いトーク そんなものには興味をそそられない 思い通りにいかない時だって 人生捨てたもんじゃないって どうしたの? と急に聞かれると ううん、なんでもない さようならの後に消える笑顔 私らしくない 信じたいと願えば願うほど なんだかせつない 「愛してるよ」よりも「大好き」の方が 君らしいんじゃない? The flavor of life 忘れかけていた人の香りを 突然思い出す頃 降りつもる雪の白さをもっと 素直に喜びたいよ ダイアモンドよりもやわらかくて あたたかな未来 手にしたいよ 限りある時間を 君と過ごしたい ありがとう、と君に言われると なんだかせつない さようならの後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い The flavor of life ありがとう、と君に言われると なんだかせつない さようならの後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い The flavor of life 頭サビです。 「ありがとう、と君に言われるとなんだか切ない」という歌詞にある「切ない」 という感情はさまざまな思いが絡み合っているものだと考えられます。 好きな相手に対してありがとうと言われて嬉しい、もっと踏み込んだ関係に なりたいけれど勇気が出せなくて歯痒い、といった感情です。 そしてそんな思いを噛みしめているため、「さようならの後も解けぬ魔法 甘くほろ苦い」と、 相手と別れた後も、甘くもあり苦くもある複雑な感情を抱えていると描写されるのです。 そんな複雑な思いを「The flavor of life」、つまり人生の妙味であると歌うのです。 じれったくて仕方がない 友達でも恋人でもない中間地点で 収穫の日を夢見てる 青いフルーツ あと一歩が踏み出せないせいで じれったいのなんのってbaby 一番Aメロ〜Bメロです。 まず、「友人でも恋人でもない中間地点」という主人公と相手との距離感が描写されます。 それに対して「あと一歩が踏み出せないせいで じれったいのなんのって」と、 自分の思う通りに行動できず、じれったさでいっぱいであることが綴られるのです。 恋した時には失恋することを恐れて、なかなか前に踏み出せないもの。 『Flavor Of Life』の主人公も同様です。 そんな恋に悩む主人公の姿が鮮明に描かれているパートと言えます。 再び甘く苦いあの味を噛みしめて どうしたの? と急に聞かれると ううん、なんでもない さようならの後に消える笑顔 私らしくない 信じたいと願えば願うほど なんだかせつない 「愛してるよ」よりも「大好き」の方が 君らしいんじゃない? The flavor of life 忘れかけていた人の香りを 突然思い出す頃 降りつもる雪の白さをもっと 素直に喜びたいよ ダイアモンドよりもやわらかくて あたたかな未来 手にしたいよ 限りある時間を 君と過ごしたい ありがとう、と君に言われると なんだかせつない さようならの後も解けぬ魔法 淡くほろ苦い The flavor of life 二番サビ〜大サビです。 ここで描かれるのは恋する相手と結ばれた後の主人公の姿です。 これまで描写されたように主人公ら相手に思いを告げられず、ずっとやきもきしていました。 そんな相手と結ばれたわけですから、普通に考えれば喜びでいっぱいの歌詞が綴られるはずです。 しかし、「さようならの後に消える笑顔 私らしくない」 「愛してるよ よりも 大好きの方が君らしいんじゃない?」 と、とてもそうは思えない歌詞が綴られています。 これは恋が実るまでの期間が長すぎたことに原因があるのではないでしょうか。 長く相手を思いすぎたせいで、自分の中で相手の理想像が出来上がってしまい、 付き合ってみるとそれと実際には異なることに気づき、 上記のような歌詞が記されるに至ったのだと思います。 しかし、だからといって幻滅するわけではなく、「あたたかな未来 手にしたいよ」 「限りある時間を君と過ごしたい」と、良好な関係を築いて共に時間を過ごしたいと歌うのです。 相手に告白できず焦れったい思いをしたり、付き合ったら付き合ったで何か違うと感じたり、 それでも一緒に過ごしたいと思ったりと、感情が目まぐるしく変わっていることが分かりますね。 しかし、そんな変わりゆくさまざまな感情こそが『Flavor Of Life』ということなのでしょう。 終わりに 今回は宇多田ヒカルのシングル『Flavor Of Life』を特集しました。 恋愛のおいて味わう様々な感情をテーマにしており、その秀逸な描写に 誰しもが頷いてしまうことだと思います。 また実は世に広く知られている『Flavor Of Life』は『Flavor Of Life -Ballad Version』で バラードアレンジがされていないオリジナルはもう少しアップテンポな曲調です。 発売されて10年以上経つ楽曲ですが、こちらを聞いたことがあるという方は 意外と少ないのではないのでしょうか。 また新たな発見があると思いますので、ぜひこちらも聞いてみてください。

次の