寒中 見舞い メッセージ。 寒中見舞いに手書きで添える一言は。上司や親戚など相手別の文例など|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

寒中見舞いのマナー!手書きのメッセージを添える場合の文例は?

寒中 見舞い メッセージ

年賀状と時期が終わったころに「寒中見舞い」を書いたり、もらったりする人も多いと思いますが、「寒中見舞い」の意味や出す時期はいつからいつまでなのでしょうか? また、「寒中見舞い」には印刷されたハガキを使うことが多いですが、印刷だけですと、もらった側は少し寂しいですよね。 今回は、寒中見舞いに一筆書き加える利いた一言や、メッセージ、添え書きの例文を紹介します。 寒中見舞いの意味とは? 寒中見舞いは、一年で一番寒い時に相手の健康を気遣って出す便りのことですが、以下のような目的で出すことが一般的です。 関東では1月8日~2月3日頃 関西では1月16日~2月3日頃 ということになりますね。 年賀状への返礼の場合、遅くなると相手に対して失礼だということもあり、松の内が過ぎたらなるべく早く出すようにしましょう。 はがきの種類は? 寒中見舞いのはがきには、郵便局で販売されている、 切手の部分に「ヤマユリ(普通の紙面)」「胡蝶蘭(普通の紙面・インクジェット用)」「山桜(インクジェット用)」のデザインの通常はがきを使用するのが一般的です。 喪中の場合は、 お悔やみなどで用いられる落ち着いたデザインの胡蝶蘭を選ぶのが無難です。 「ヤマユリ」や「山桜」は華やかなデザインのため、喪中の際は避けた方が良いようです。 外部リンク: また、切手のデザインが印刷されていないはがき(絵葉書など)の場合は特にデザインを気にする必要はなく、自分が好きなものを用いても問題ありません。 但し、 喪中の場合は、華やかなデザインのはがきや切手を選ばないよう気を付けましょう。 「弔事用63円普通切手花文様」という切手があるのでそれを使用するといいでしょう。 気の利いた一言・メッセージ・添え書き 基本的な文章が印刷されたはがきを使用する場合、一筆添えるともらった人もうれしいですよね。 ここでは、例文を紹介いたします。 ただし、 喪中の場合は添え書きなどをするのはマナー違反という考えもありますので、一筆添えることは避けた方が無難です。 みなさまお変わりありませんか」 「お久しぶりです。 お近くにおいでの際はお知らせください」 「〇〇ちゃんもいよいよ春から小学生ですね!」 「娘が今年は受験生です。 温かく見守ってくださいね」 「暖かい季節になったら、ぜひ我が家へ遊びにいらしてください」 「今年は長期休暇に遊びにいかせていただきます!」 「子どもたちがすくすく成長するよう願っています」 「久しぶりにお会いしたいですね」 「春に家族で帰省します。 そのときはぜひお会いしましょう」 「いつも気にかけてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです」 「旅行はいかがでしたか?今度お土産話を聞かせてくださいね」 「息子が水泳を習い始めました。 昨今は、メールやSNSでのやりとりが増え、はがきで季節の挨拶をすることは減ってきていますし、印刷だけのはがきも多いですよね。 しかし、届いたはがきに手書きの一言が添えられているだけで、その人が自分のことを想いながら一筆添えてくれたんだな~と心が温かくなりませんか? 自分が出す立場でも、相手の事を思い出し、考えながら一筆添えると、きっと気持ちも相手に伝わるのではないでしょうか。 関連: 関連: 関連: -.

次の

寒中見舞い / 余寒見舞いの文例:季節の挨拶としての寒中見舞い、年賀状の返礼、寒中見舞い状への返事、喪中対応の文例・例文「年賀状・暑中見舞いドットコム」

寒中 見舞い メッセージ

年賀状の基本• 年賀状アプリ• 年賀状作成 ソフトなど• パソコン年賀状 の作り方1• パソコン年賀状 の作り方2• 年賀状 お役立ち情報• 喪中はがきの 基本• 暑中見舞いの 基本• 暑中見舞い お役立ち情報• 時候の挨拶• 季節の挨拶状と 文例• 年賀状と文例• 一般挨拶状と 文例• 結婚関連の 書状と文例• はがきと手紙の 豆知識• 年賀状ソフトの 活用• 寒中お見舞い申し上げます 暖冬とはいえ、さすがに冷え込む今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。 おかげさまで私どもは無事に過ごしておりますので、ご安心ください。 世間では流感が猛威をふるっております。 時節柄、くれぐれもご自愛ください。 寒中お伺い申し上げます。 暖冬とは申せ、やはり朝晩の冷え込みは辛いものがございます。 無理をせず温かくして、ゆっくりとお過ごしください。 私どもは皆元気にしております。 病気知らずの家族に恵まれましたことに感謝する毎日です。 もうすぐ春の足音も聞こえてきましょう。 どうぞお風邪など召しませぬよう、お体を大切にお過ごしください。 余寒お見舞い申し上げます 春とは名ばかりに厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 そちらは雪下ろしで大変な日々なのではと案じております。 雪解けの頃、家族で帰郷いたしますが、お会いできるのを楽しみにして、この寒さを乗り切るつもりです。 それでは、くれぐれもご自愛くださいますよう念じております。 寒中お見舞い申し上げます ご服喪中のことと、年頭のご挨拶は遠慮させていただきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私どもは元気に過ごしておりますので、ご安心ください。 ご家族がひとり欠けたこの冬は、寒さもひとしおと存じます。 世間では流感が猛威をふるっておりますが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 寒中お伺い申し上げます ご服喪中と存じ、年始のご挨拶はご遠慮させていただきました。 【故人名・敬称】がご逝去なさって数ヶ月、ご一家の皆様には、お寂しい毎日をお過ごしのこととお察しいたします。 【故人名・敬称】にはお世話になりながら、お返しもできないままお別れすることになってしまいました。 今はご冥福をお祈りするばかりでございます。 厳寒の折から、皆様どうか御身大切にお過ごしください。 寒中お見舞い申し上げます 寒さはこれからが本番ですが、皆様にはお変わりございませんか。 【故人続柄】の喪中のため年始のご挨拶を差し控え、失礼いたしましたが、今年もなにとぞよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。 寒中お見舞い申し上げます 【故人続柄・敬称】ご逝去のこと、存じ上げなかったとはいえ、新年のご挨拶を申し上げ大変失礼いたしました。 寒い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしください。 寒中お伺い申し上げます 御喪中をわきまえず年始状を差し上げてしまい、深くお詫び申し上げます。 遅ればせながら、【故人続柄・敬称】のご冥福をお祈り申し上げます。 本格的な寒さを迎える折、御身お大切に、元気でお過ごしくださいますよう。 寒中お見舞い申し上げます ご丁寧なお年始状をいただき、有難く存じます。 亡き【故人続柄】の喪中につき年頭の挨拶を控えさせていただきました。 旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、年を越してしまいました非礼を深謝いたします。 寒い日が続きますが風邪など召されませぬようお気を付けください。 寒中お見舞い申し上げます 年頭のご挨拶を頂きありがとうございました。 【故人続柄】は【死去年月】に他界いたしました。 旧年中にお知らせ申し上げるべきものを、年を越してしまいましたご無礼の段、どうかお許し願います。 故人が生前に賜りましたご厚情に深謝申し上げますとともに、この厳寒の折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

次の

喪中の寒中見舞いマナー、文例と友達に一言手書きで添えるなら。

寒中 見舞い メッセージ

番号 用途 文例 WG01 寒中見舞い 寒中お見舞い申し上げます。 厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私どももおかげ様をもちまして一同無事に暮らしております。 余寒も厳しいようですが、 お風邪など召されませぬようご自愛ください。 WG02 寒中見舞い 寒中お見舞い申し上げます。 新年のご挨拶を頂きながらもご挨拶が遅れ、 誠に申し訳ございません。 皆様お元気にお過ごしとの事で安堵いたしました。 本年も例年と変わらぬお付き合いをお願い申し上げますとともに、 幸福に満ちた一年となりますよう心よりお祈りいたしております。 WG03 寒中見舞い 寒中見舞い申し上げます。 ご服喪中との由を賜り、 年頭のご挨拶を失礼させていただきました。 ご家族の皆様はお寂しくご越年のこととお察し申しあげます。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 厳寒の折、 くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 WG04 寒中見舞い 寒中お見舞い申し上げます。 ご服喪中とは存じあげず、 お年始状を差し上げ、大変失礼いたしました。 さぞかし皆様お寂しくお過ごしのこととお察しいたします。 遅ればせながら、謹んで哀悼の意を表します。 寒い日が続きますが、皆様お身体を大切にお過ごしください。 WG05 寒中見舞い 寒中お伺い申し上げます。 向寒の折、皆様にはお変わりございませんか。 喪中につき年頭のご挨拶を差し控え失礼いたしましたが、 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 WG06 寒中見舞い 寒中お見舞い申し上げます。 新年早々、お年賀ありがたく頂戴しました。 厳しい寒さ続きの毎日ではございますが、皆様ご健勝で お過ごしとのご様子、なによりとお慶び申し上げます。 私方、喪に服しておりますため、 年末年始のご挨拶は失礼させていただきました。 服喪中のお知らせが行き届きませんでしたこと、 深くお詫び申し上げます。 本年も皆様にとりまして良いお年でありますよう、 心よりお祈りいたしております。 WG07 寒中見舞い 寒中お見舞い申し上げます。 年頭のご挨拶をいただきありがとうございました。 旧年中にお知らせ申し上げるべきものを、 年を越してしまいました非礼をお許しください。 父が生前に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに、 皆様の一層のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

次の