今思えば汚かった。 今まで男性とエッチした中で、ドン引きした「場所」を教えて下さい。

【歌詞】【和訳あり】欲望に満ちた青年団(ONE OK ROCK/ワン・オク・ロック)の歌詞、タイトルの読み方、意味

今思えば汚かった

仕事、妊活、上手くいかない人生に疲れた日々 辛い派遣社員 私は派遣社員として工場で働いていました。 工具を製造する会社でオイルまみれで汚れるし、重い物をたくさん運ばなければいけないし、なにより上司が毎日怒鳴っているような職場でした。 毎週の様に新しい派遣社員が入ってきても翌週にはほぼ全員が辞めてしまうような会社でした。 女性は2〜3人で私はその中の1人。 今思うと何故あんな会社すぐに辞めなかったのかと思うほど今で言うブラック企業だったと思います。 ですがあの頃はすぐに辞めてしまうのは恥ずかしくて、情けない事の様に思っていました。 毎日の様に怒鳴られるのをひたすら我慢して仕事をしているとそのうち精神的に病んで来ました。 「心が沈む」のをはっきりと自覚しました。 終わりのない妊活 私は29歳の時に12歳年上の男性と結婚しました。 子供はすぐに欲しかったので結婚してすぐに妊活を始めました。 クリニックで検査もしましたが、小さな原因でタイミングが合わない事もあったりしましたが、これと言ってはっきりした治療の必要な原因は見つかりませんでした。 タイミング方、人工授精、採卵と治療を進めても子供は出来ませんでした。 お金だけがどんどん出ていき、焦りと苛立ちを感じていました。 そして子供が出来ないという事実が精神をむしばんでいきました。 自分は女として価値がない。 我が子を一生抱く事が出来ないのか。 そんな事ばかりを考える様になりました。 ある日突然、家のお風呂に入れなくなった 仕事で身も心も疲れはてると家の中が荒れ始めました。 仕事で疲れて帰ってきて、ご飯を作って洗濯物を干すのが精一杯でお風呂の掃除はほどんど出来ずに、シャワーで浴室を流すだけで済ませていました。 そんな日が続くと家のお風呂に入っても疲れが取らずにリラックスできなくなりました。 そこで無意識のうちに近くのスーパー銭湯へ行く様になっていました。 初めはスーパー銭湯は天井が高くて、広いお風呂は気持ちいいな…。 と思っていましたが今思えば家のお風呂が汚かったから入りたくなかったんだなと思います。 当時はそんな事にも気づかないほど疲れ果てていました。 家に帰る事が嫌になり始めた お風呂も外で入るようになると今度は家に帰るのが嫌になってきました。 スーパー銭湯で気持ちよくなっても玄関のドアを開けた瞬間にごちゃごちゃした部屋を見るとイライラしました。 片付けるほど気力もやる気もなかったし、せいぜい洗濯物を干すぐらいで家の中は荒れ放題でした。 断捨離を始めたきっかけ そんな毎日を送っていても心のどこかでこのままではいけないと思ってはいました。 そして仕事を辞めて妊活に集中しよう!そう思い仕事を辞めました。 辞めてからは時間もあるし、ストレスは無くなったしで心が浮上していくのがわかりました。 そして改めて家の中の汚さを目の当たりにして、大掛かりな断捨離をしようと決意しました。 部屋をスッキリさせてやり直そう!そう思ったのです。 なので私の断捨離を始めたきっかけは 仕事を辞めたから。 その後断捨離をしていくつもの幸運に恵まれました。

次の

長編にちゃんまとめ 修羅場・浮気:2/3嫁はベッタリしてくるくせに「たまには一人だけの時間がないと自分が保てない」と携帯も切ってどっかに行く事があった。今思えばあの時から不倫してたんだろうな→制裁にスカッと!

今思えば汚かった

なぜHSPは片付けが苦手なのか。 本によると、 HSPは掃除に取り掛かってても、面倒なことに直面すると自分の内面の世界に逃避しがちで最後までやり遂げられない(かなり大雑把な要約・・・)というようなことが書いてありました。 そのほかにも、 ・目の前のことに集中するのが苦手。 ・目的から外れることへの衝動を抑える力が弱い。 などなど、片付けがうまくいかない要素がHSPにはあるということでした。 また、HSPのようにマルチタスクが苦手な人も片付けが苦手な傾向にあるし、元々脳の仕組みが片付けに向いていない人もいるようです。 その点について分かりやすく解説してくれている動画を見つけました。 片付けが苦手なHSPの特徴とも重なる部分が多いので、参考になります。 片付けが苦手な理由はなんとなくわかってきました。 苦手を克服すべく、実際片付けが苦手で悩んできた自分を振り返ってみることにしました。 昔から片付けが苦手 思えば、昔から片付けが苦手でした。 実家に住んでいた頃は、最低限、母が片付けてくれていたので、特に問題なし。 悲惨だったのは、大学に入り一人暮らしをしていた頃。 この頃は、確実に汚部屋の住人でした。 片付けてくれる人はいませんし、社交的な性格ではなかったので、部屋を訪れる人もほとんどおらず、荒れ放題でした。 自分は片付けが苦手なんだな・・・と自覚しだしたのはこの頃。 社会人になり、学生時代より少し広い部屋で一人暮らしをしていた時も、やっぱり部屋は汚かった。 台所などは悲惨で、とても人に見せられないレベル。 今思えば、一人暮らしで出る洗い物や洗濯の量など、大したことないように思うのだけれど、当時はそれを片付けることすらままならない状態でした。 その後、結婚し、すぐに妊娠出産して専業主婦になりました。 片付けができなくて困るのはここから!今までは汚くたって、自分さえ良ければそれでよかったのです。 でも今は、同じ部屋で夫と子供が暮らすわけなので、汚部屋のままというわけにもいかず・・・ これは大問題となりました。 克服すべく、今までしてきたこと このままではいけないと思い、片付け、掃除に力を入れることに。 でもこれが、全くできない! 朝、せっせと掃除して、綺麗になった気がした部屋も、夕方にはグッチャグチャ! 何故なら、私が片付け下手なうえに、散らかす天才(子供たち)が我が家には2人もいるから! 子供が寝た後に、部屋をリセットする。 と言うコツを実践しようとするも、体力なさすぎて、子供の寝かしつけ中に自分も一緒に寝てしまう始末・・・。 それでもなんとか片づけたい一心で、いろいろ手を出しました。 収納、整理整頓の本、ブログを読みマネしてみる 片付けられないくせに言うのもお恥ずかしいのですが、 収納や整理整頓の方法などを解説している本やブログ、動画などをみるのが大好きです。 スッキリ片付いた部屋。 コゲひとつないピカピカのコンロ。 洗い物の残っていないシンク。 見ているだけで癒されます。 憧れます〜・・・。 収納方法をマネしてみたり、素敵なお部屋の写真でモチベーションを上げて掃除にとりかかったりしてみたものの、その場かぎりになってしまって、そのうちすぐ元の雑然として部屋に戻ってしまいました。 断捨離してみる 「」を読んで触発され、本まで買って断捨離を決行しました。 リンク 捨てられない人種だったのですが、古くなった服やサイズアウトした服などは捨てられるようになりました。 キッチンから、水切りカゴなどが無くなり、少しだけスッキリしたキッチンになりました。 がしかし、 断捨離速度より、モノが増える速度がはやく、なかなかスッキリしきれずにいます。 挫折した 途方に暮れた やってみるものの、なかなか思うように片付かず、誰か遊びに来る前日に半徹夜で片付けてなんとか乗り切る生活。 片付けが苦手な母のことなどお構い無しに、子供たちは、しまった側からオモチャを出し、お茶やご飯をこぼし、泥まみれの服で部屋に入ってくる・・・ 私の貧弱なお掃除スキルでは到底太刀打ちできません。 そんな中、子供も幼稚園に入り、公園遊びやランチ会などで外出する機会が増えました。 そういう集まりが苦手な私は、帰ってくるともうグッタリ。 フラフラで帰宅して、部屋に入ると、 待っているのはモノが散乱した汚部屋。 「部屋が荒れている人は心も荒れている。 」というのをどこかで読んで、益々落ち込みました。 なんで私は片付けられないんだろう・・・ どうして片付かないのかもよくわからない・・・ やってもやっても綺麗にならない・・・ 無力感でいっぱいでした。 HSP的解決方法を試してみた その後、自分はHSPで、HSPは片付けが苦手な人もいると知り、その対処法を参考に自分の片付けを見直してみました。 とりあえず意識してみたポイントは、次の2つ。 目の前の作業に集中!• 複数の作業を同時進行しない。 自分では全く気づかなかったのですが、上の2点を気にしながら作業していると、 自分が今までいかに色んなことに気が散っていたのかがわかりました。 掃除機をかけていると、部屋の隅に洗濯物が落ちているのに気づき、その洗濯物を洗濯機のところに持って行くと、今度は洗濯機を回さなければ!と思い、洗濯機に洗濯物を入れ回し始めると、洗剤の付いた手を洗いに行った洗面台が汚れているのに気がつき、洗面を洗ってしまう・・・というように、目につくものに飛びついてしまい、結局最初にやっていた部屋の掃除機がけが途中のまま!というようなことが度々ありました。 冷静に考えたら、おかしなことをしているのですが、 そうしていることすらも気づいてなかった自分。 あ、自分って本当に目の前のことに集中できてなかったんだな・・・ これがうまく片付けられない理由の一つなのかもしれない。 と思いました。 今までは、「やっているのに全然部屋が片付かない」「なぜ片付かないのかも分からない」状態だったので、解決の糸口が見えたような気がしました。 まとめ それから掃除するときは、作業が脱線しないように意識しながらするようにしています。 フラフラ〜と気持ちが逸れそうになったら、ダメダメ!今やってるのはこの作業!と言い聞かせます。 綺麗なスッキリした部屋にはまだ程遠いですが、これからは一箇所ずつ、コツコツと綺麗にしていきたいと思います。 いつか、床にモノがない空間で暮らしてみたい・・・.

次の

「HSPは片付けが苦手」に深く納得した私。

今思えば汚かった

謝り癖が治りません。 私は、母親から今思えば虐待を受けていました。 例えば母親が物を失くしたとすると 必ず私に難癖を付けてきてました。 盗んだだろう、どこかに隠しただろうと言われていました。 私は本当にその様な事はやっていません。 だけど母親は私だと決めつけ、暴言を吐きます。 その暴言は盗んだことの他にも、私は今の家の養子なため 捨て子だからどうのこうのなど、私が触れて欲しくないところまで触れて暴言を吐かれていました。 最初の頃は私は何もやっていませんので知らないなどと 言っていたのですが、それを言うとまた暴言。 何でも良いからすみませんと言えと散々に言われ 言わなかったら蹴る。 髪を引っ張るなどの暴力も受けていました。 命の危険を感じて泣きながら何度も何度もごめんなさいごめんなさいごめんなさいと謝るといのが 小学生から高校生までずっとでした。 今は親元を離れ一人暮らしをしているのですが、 彼氏、友達からいつもそんなに謝らなくていいよ等を 言われます。 ただ、何度も謝らないと 私の気が済まなくなってしまい、恐怖心に押しつぶされそうになり何度も何度も謝ってしまいます。 この謝り癖の直し方はあるのでしょうか。

次の