ご 尽力 いただき ありがとう ござい ます。 就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

ご配慮いただきありがとうございますは正しい敬語?意味・使い方も

ご 尽力 いただき ありがとう ござい ます

自分が何かを成し遂げるために奮闘している際や相手がかなりの労力をかけて助けてくれたことに対して感謝の気持ちを込めて「ご尽力」という言葉を使います。 次は「ご尽力」を用いた文章の作り方を例文を交えてくわしくご紹介いたしましょう。 例文1「ご尽力いただき」 感謝の気持ちを表現する際にも、ただ「ありがとうございます」と伝えるよりも「ご尽力」や「ご尽力いただき」を用いて伝えた方が感謝の気持ちを込めて伝えることができます。 「ご尽力いただき」はビジネスにおいて使いやすい表現なので、しっかり覚えておきましょう。 「賜り」も敬語の1つで目上の人から何かをいただくという意味で使用されます。 とても丁寧な表現方法なのでフォーマルなシーンでも使用することができます。 例文 ご尽力を賜り、深く感謝申し上げます 例文3「多大なるご尽力」 「ご尽力」に「多大(ただい)」を付けて、さらに相手に感謝を示す表現方法もあります。 たとえば、取引先にプロジェクトの協賛をしてもらったが、関連会社も含めてさまざまなサポートをしてもらった場合などに使用します。 例文4「ご尽力ありがとうございました」 感謝の気持ちを直接伝える言葉の1つが「ありがとうございました」という言葉です。 「ご尽力ありがとうございました」は、「いただき」をプラスするとより丁寧な表現になります。 例文 この度は弊社の商品開発にご尽力いただきありがとうございました。 例文5「皆様のご尽力により」 ビジネスにおいては一人の担当者に対してだけでなく、会社全体に対して感謝の気持ちを伝える場面もあります。 会社全体のお力に感謝を申し上げますという意味を込めて、「皆様のご尽力により」という表現を活用します。 例文 この度は皆様のご尽力により売上目標を達成することができました。 皆様のご尽力により今期の純利益を前期より上回ることができました。 ご尽力と組み合わせる言葉 相手に「ご尽力」をいただくことはとても有難い行動の1つです。 「ありがとうございます」や「御礼申し上げます」などと組み合わせて上手に感謝の気持ちを伝えましょう。 「ご尽力」はさまざまな言葉と組み合わせることでより丁寧な表現になったり、多くの方に感謝の気持ちを伝える表現にかわります。 たとえば、「ご尽力を賜る」や「ご尽力いただき」という言葉は敬語を組み合わせた表現になります。 このような言葉を使用するには正しく敬語を理解しておく必要があります。 正しく敬語の理解したい方におすすめなのが「美しい日本語と正しい敬語が身に付く本」です。 ビジネスでは敬語は必要となる言葉なので、しっかり学習しておくことをおすすめします。 自分が何かを成し遂げるために奮闘している際や相手がかなりの労力をかけて助けてくれたことに対して感謝の気持ちを込めて「ご尽力」という言葉を使用します。 「ご尽力」という言葉は使うシーンによって表現方法がやや異なります。 次に「ご尽力」を使う場面をいくつかご紹介いたしましょう。 ビジネス ビジネスにおいて「ご尽力」を使う場面は、取引先に協力いただいた時や関連会社から何かサポートしてもらった時などに使用します。 たとえば、新しい商品を開発する際に部品に不具合があり、急遽別の取引先から部品を即座に納品してもらってとても助かった時などに感謝の気持ちを込めて使用します。 恩師 「ご尽力」はビジネス以外の場面でも使用することができる言葉です。 自分がお世話になっている恩師に何か助けてもらった場合も「ご尽力」を使用することができます。 」のように使用します。

次の

「~していただきまして、ありがとうございました」

ご 尽力 いただき ありがとう ござい ます

Ads by Google 「ありがとうございます」の一般的な言い換え例文 心からお礼申しあげます。 /お礼の申しようもございません。 /うれしく存じます。 /うれしい思いでいっぱいです。 /胸がいっぱいになりました。 /ほんとうに助かりました。 /感謝しております。 /感謝申しあげます。 /感謝してやみません。 /感謝の言葉も見つかりません。 /感謝の念を禁じえません。 /感激のかぎりです。 /恐縮に存じます。 /恩にきます。 /足を向けて眠れません。 /ご恩は一生忘れません。 /まことにありがとうございました。 /なんとお礼を申してよいものやら、言葉もございません。 /多大なるご尽力をいただき、深謝しております。 ビジネス文書|時候の挨拶文の次に書くお礼の言葉 ビジネス文書で、書き出しの時候の挨拶文(拝啓 早春の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます。 など)の次に書く、日ごろお世話になっているお礼を述べる挨拶文も「ありがとうございます」だけではなく、別の言葉を使うと、形式的な印象を与えない文章になります。 ビジネス文書|ていねいなお礼の挨拶文 平素は何かとご指導を賜りまして、お礼申しあげます。 /日ごろは格別のご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。 /常々ご高配にあずかりまして、深謝いたしております。 /いつもひとかたならぬお力添えをいただきまして、感謝申しあげます。 /毎度格別のご愛顧を賜り、感謝の念にたえません。 /平素は身に余るご厚情にあずかり、恐縮至極に存じます。 /常日頃よりお世話になりまして、厚くお礼申しあげます。 ビジネス文書|一般的なお礼の挨拶文 常日ごろよりお心にかけていただき、厚くお礼申しあげます。 /日ごろはたいへんお世話になり、ほんとうにありがとうございます。 /いつも何かとご指導いただき、感謝の念にたえません。 /常々お心配りをいただき、心からお礼申しあげます。 /いつもたくさんのお心づくしをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 /日頃よりいろいろとお引き立ていただき、深く感謝しています。 /いつも格段のご協力をいただきまして、まことに恐縮しております。 「ありがとうございます。 」を使ってはいけない、ということではありません。 手紙やハガキの中で、何回も「ありがとうございます。 」を使うのは避けて、別の言葉に置き換えたほうが深みのある文章になる、ということです。 「ありがとうございます。 」と書いたほうが相手に感謝の気持ちがストレートに伝わることもあります。 プライベート|ありがとうございます。

次の

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

ご 尽力 いただき ありがとう ござい ます

「ご尽力」の詳しい意味と、「お力添え」との違いとは 「ご尽力」の詳しい意味は、言葉を分解してみるとよくわかります。 「尽力」は「力を尽くす」や「努力する」という意味ですが、目上の人に対して使う場合には、尊敬語である「ご」を接頭辞として結合させます。 そうすることで、 「相手(目上の人)が自分に対して力を尽くしてくれたこと」を敬意をもって感謝する表現となるのです。 接頭辞「ご」を抜いて「尽力」のみにすると、自分自身が精一杯力を尽くすことを表します。 目上の人へ使う場合には「ご尽力」を、自分の努力を表現したい場合には「尽力」と使い分けましょう。 「ご尽力」と「お力添え」使用するシーンに注意 先ほど「ご尽力」と似た意味を持つ言葉に「お力添え」があることをご紹介しましたが、使用する場合には注意が必要です。 「お力添え」は、上司など目上の敬意を払う相手に援助をしてもらいたい時や、された時に使う謙譲語です。 「より一層のお力添えをお願い致します」など、こちらもビジネスシーンではよく利用される言葉です。 「尽力」は言い方によって、相手を敬う言葉にもなりますし、自分に対しても使うことが可能な一方、「お力添え」は相手からの助けを指す時だけに使用する言葉です。 接頭辞「お」を抜いたとしても自分に対して使うことはできません。 そして、「ご尽力」も「お力添え」も助けてもらったことに対して使いますが、簡単に言い表すと 「ご尽力」は「努力」、「お力添え」は「援助」と、助力の度合いが違い、「ご尽力」の方が重い意味を持つことがわかります。 軽い手助け程度で「ご尽力」を使ってしまうと、嫌味に捉えられてしまうこともありますから、相手にどの程度助けてもらったのかを判断して使い分けましょう。 ・I put some hard work into this presentation. ・When it comes to this project I will spare no effort. 「ご尽力」や「お力添え」はビジネスメールで目上の人に送ろう! ビジネスマンとして円滑にコミュニケーションを取るには、正しい言葉づかいが重要です。 特に目上の人へ使用する「ご尽力」や「お力添え」に関しては、使い方を間違えることのないようにしましょう。 ビジネスメールでは、言葉の選び方ひとつで文章の伝わり方が変わってしまいます。 言葉一つで印象アップも可能なので、相手と良好な関係を築いていくためにも、 目上の人とのメールでお礼を述べる際には「ご尽力」を正しく使いこなしましょう!.

次の