バフンウニとは。 北海道のウニの旬と漁獲時期は?産地はどこ?美味しいのはなぜ?

北海道利尻・礼文産蝦夷バフンウニ塩水パックの通販|最北の海鮮市場

バフンウニとは

バフンウニの生態・生息地 バフンウニはホンウニ目オオバフンウニ科に属するウニの1種で、バフンウニ属に属する唯一の種です。 北海道南部から九州・中国地方の中南部、朝鮮半島南部にかけて分布しており、沿岸部から水深約20mまでの岩礁地帯に生息しています。 大きさは直径約4cm、高さ約2cmで、ウニとしては中型の種類です。 長さ5mmほどの短い棘に覆われ、両側から押しつぶされた楕円体のような形状をしており、体色は黒色を基調にやや緑がかる傾向が強いです。 1~4月頃が産卵期にあたり、この時期になると成熟した個体から放精・放卵が行われます。 卵の大きさは約0. 1mmで受精後60時間ほどでふ化し、プリズム型幼生が誕生。 その後プルテウス幼生期を経て、生後45日程度で成体と同様の姿形をした稚ウニへと変態します。 成体は海底で生活し、棘の間から管足という器官を伸ばして歩行します。 食性は海藻や水棲動物の死骸などを食べる雑食性です。 バフンウニの名前の由来 Sponsored Link ウニは漢字で「海胆」・「雲丹」・「海栗」と表記します。 まず、海胆に関しては昔は可食部が肝臓であると考えられていたために、肝を意味する「胆」の字があてがわれました。 次に、雲丹の場合については「雲」は集合体を、「丹」は赤いものを意味する漢字です。 よって、赤味を帯びたウニの生殖腺を意味し、主に加工品で使われる言葉です。 最後に、海栗は文字通り棘に覆われている外見が由来となっています。 バフンウニの場合、短い棘に殻が覆われ、 やや緑がかった外見が馬糞のようであることから「バフンウニ」と名付けられました。 バフンウニの旬の時期 バフンウニの 旬は産卵期が終了した後の夏です。 バフンウニは苦味物質であるプルケリミンを持ち、この物質は成熟に伴い増加し、放精・産卵を経ることにより減少します。 よって、産卵期とその直前の時期はバフンウニの体内にプルケリミンが多く、苦味が強い傾向にあるので食用には適しません。 産卵期を終えるとプルケリミンが減少するとともに、可食部である生殖腺も萎縮してしまいますが、しばらくすると次の繁殖活動に備えて栄養を蓄えた結果、栄養細胞と呼ばれる体細胞が発達してきます。 この栄養細胞の発達とともに生殖腺が大きくなる時期が夏頃なのです。 この時期のバフンウニは苦味が少なく、甘み・旨みが強いため美味しい食材として古来から親しまれ、生食の他、塩ウニなどに加工され全国に流通しています。 バフンウニの販売値段と相場 バフンウニは美味であることが知られ、需要も高いのですが生産量が少なく、特に活きウニは生産地で大部分が消費されてしまうので、ほとんど流通していません。 そのため、市場に流通しているバフンウニは塩ウニなどの加工品で占められています。 加工品となると価格は千差万別です。

次の

www.instavin.com: 塩うに 最高級 バフンウニ 80g ウニ 雲丹【冷蔵】 プレゼント ギフト 越前宝や: 食品・飲料・お酒

バフンウニとは

ウニと聞いたらやっぱりこの形をイメージします。 ムラサキウニはたくさんある長いトゲが特徴のウニです。 大きさは5~6センチほどで、日本でもっとも見られるウニといわれています。 見た目のとおり紫色の殻をもつことからムラサキウニと名づけられましたが、九州ではムラサキウニのことを「黒ウニ」と呼ぶ地域もあるようです。 淡い黄色、白っぽい身の色をしているため「白ウニ」ともよばれます。 味はあっさりとしていて上品な甘みがあります。 ムラサキウニの天敵はラッコ。 ラッコはウニが大好きで、ムラサキウニの鋭いトゲや硬い殻もなんのその、上手に石に打ち付けて割って食べてしまいます。 バフンウニとムラサキウニどちらが高級かわかりましたか? 一般的には体が小さいためとれる身の少なく、 味も濃厚なバフンウニが高級とされています。 ですがバフンウニは生で食べるとえぐ味が強いということで、獲れても食べない地域もあるんだとか。 みなさんはどちらがお好みですか? 私たちはウニのどの部分を食べているの? 私たちが食べているのは ウニの生殖巣(せいしょくそう)です。 産卵期の1~2か月前からオスの精巣やメスの卵巣が大きくなり、これが食用とされています。 よく見てみると同じ種類のウニでも黄色いウニとオレンジ色のウニがあるのですが何が違うのでしょうか。 黄色いのはウニの卵巣。 つまりメスのウニ、オレンジ色はウニの精巣でオスのウニといわれています。 オスの方がきめ細かい身で苦みがないため高価とされています。 バフンウニとムラサキウニだと色の濃いバフンウニが、オスとメスだと色の濃いオスが高価ということは美味しいウニを食べるには色の濃いものを選ぶと間違いないということなのでしょうか。 ウニと表す漢字はいくつある? 「ウニを漢字で書いてください」と言われたらどのように書きますか? 私が真っ先に頭に浮かんだのは「雲丹」でした。 雲丹は中国では栄養価の高い食品のことを薬とみなし「雲丹(うんたん)」と呼んでいたのが語源といわれています。 ウニも栄養価が高い食品のためこの漢字が用いられたそうです。 それとは別に「海丹」と表すこともあります。 「丹」は赤いという意味があります。 植物の「牡丹(ぼたん)」、「丹頂鶴(タンチョウヅル)」も赤に関係することから「丹」という漢字が使われています。 ウニは海で獲れる赤い身の生き物なので海丹と書くようになりました。 実は他にも書き方があります。 それは「海胆」と「海栗」。 漢字を見て、どうしてこの漢字になったかピンときた方も多いはず。 海胆の「胆」は肝のことをいいます。 昔の人たちはウニの肝を食べていると思ったことから、または肝のように濃厚な味わいだったことからこの漢字がつけられたといわれています。 海栗は、見た目のとおり、トゲだらけの姿が「栗」のようだからという理由でこの漢字になったそうですよ。 ウニには4つもの表し方があるんですね。 人気記事一覧• そういえば昔、友人が「カニとクモって仲間なんだよ」と言っていた気がします。 その時は、そんなわけ... 10,366件のビュー• お寿司で美味しいウニ、ウニがたっぷりのったウニ丼なんてたまらないご馳走です。 ウニは世界で約900種類、... 8,333件のビュー• もし、イワナとヤマメってどう違うの?と聞かれたら、あなたは答えられますか? なんだか漠然と「川... 5,984件のビュー• 「お寿司」と聞けばご馳走のイメージがありますが、回転寿司店が全国にできたおかげでかなり気軽に食べられるもの... 4,619件のビュー• 「アンチョビ」ってご存知ですか? 何となく聞いたことあるな、という人は多いと思いますが、あらため... 4,528件のビュー• キンメダイとキンキの違い、あなたはわかりますか?実は私、知りませんでした! もちろんどちらも聞... 4,264件のビュー• 塩漬けにした鮭の身を乾燥させて燻製にした「スモークサーモン」。 メインにもサイドにも、おつまみ... 4,147件のビュー• 「イカ」を丸々1杯買って調理したことはありますか? 調理済みのものや、切り身になって部分だけ売っ... 3,696件のビュー• 皆さん、「肺魚」って聞いたことありますか?鯛とかヒラメとかは知ってるけど、「肺魚」ってなかなか聞かないし、... 3,670件のビュー• ご家庭でよく食べられる貝のひとつに「しじみ」が挙げられます。 全国で一年中とられることもあり、馴染み深い... 2,730件のビュー• 「ムール貝」と「カラス貝」それぞれ聞いたことはありますか? 「ムール貝」というと、個人的にはイタリアンや... 2,587件のビュー• 四方を海に囲まれた日本。 国内でよく食べられる「大衆魚」だけでも色々と種類があって、食べる機会はもちろん... 1,866件のビュー• 1,691件のビュー• 数多くの水族館で飼育されているチンアナゴ。 砂から体を覗かせてゆらゆら揺れている姿がなんとも言えず可愛い... 1,535件のビュー• イカを知らない人ってほとんどいないんじゃないでしょうか?最近ではイカが主役のゲームも流行っていますよね... 1,402件のビュー• 突然ですが、みなさんは雷魚という魚を知っていますか? 雷魚とは、スズキ目タイワンドジョウ科に分類される淡... 1,393件のビュー• おでんに漬物、おにぎりや佃煮、そしてもちろんお出汁にも!昔から日本食には欠かすことのできない「昆布」に... 1,384件のビュー• 最近ではご当地グルメとしてイカスミをつかったやきそばやソフトクリーム、イカスミバーガーなんかも話題になっていま... 1,267件のビュー• 突然ですが、魚の寄生虫を見たことはありますか? そもそも寄生虫は何をするの? 寄生というのは、ある... 1,193件のビュー• タツノオトシゴって可愛いですよね。 常に立ち泳ぎをしているような不思議な見た目に、細長く伸びた... 1,127件のビュー.

次の

九十九島高島のよか魚特選粒うに「バフンウニ」ギフト 贈答用 :kk002:よか魚.com

バフンウニとは

バフンウニは産地を北海道南端以南から本州、九州と全国に幅広く生息しているウニの種類です。 収穫数が少ないウニで希少感があり、 濃厚なうまみと甘みがあるのが特徴となっています。 主な産地は 利尻、礼文島があります。 ウニは産卵前が旬の最もおいしい食べ頃の時期といわれています。 そのため、 産卵期の1か月前を旬の時期とします。 バフンウニの産卵期は1~4月です。 そのため、 バフンウニの旬の食べ頃の時期は12月~3月頃となります。 ちなみに殻に入っているところが馬糞ににている、ということからバフンウニと名付けられました。 オレンジ色が強いことから 赤ウニと呼ばれることもありますがあとで紹介するアカウニではありません。 キタムラサキウニは太平洋側には相模湾以北、日本海側には本州西端以北にを産地としているウニです。 キタムラサキウニの特徴としては棘が長く、棘の表面に光沢がなくてざらざらしています。 外見はムラサキウニに似ていますが、キタムラサキウニは大きさが少し大きく緑色ががかっているのが特徴です。 身は淡い黄色で白ウニと呼ばれることもあります。 粒も比較的に 大きくてボリュームがあり、身崩れしないので 寿司のネタとして使われることが多いウニの種類です。 風味がよく、口の中でとろけるのがキタムラサキウニの特徴となっています。 キタムラサキウニの産卵期は7~10月となっているので、 旬の食べごろ6~9月となっています。 東京でも目にかかりやすい種類のウニです。 九州では ムラサキウニの旬が4月上旬~7月中旬です。 アカウニが9月~10月初旬が旬となっています。 アカウニは東日本にはあまり出回らず、西日本で食べられることが多いウニです。 また、 熊本の天草地方では3月上旬にムラサキウニ漁が解禁されます。 九州の中でも早い時期にウニが食べられる地域なので、3月上旬に天草に行く際はぜひチェックしてみましょう。 沖縄では九州同様 ムラサキウニの旬が4月上旬~7月中旬です。 アカウニも九州同様に9月~10月初旬が旬となっています。 先ほども紹介した希少価値が高いレアなシラヒゲウニは主に沖縄地方で食べられるウニです。 夏の7月~9月末頃が旬の食べ頃となっています。 7月~8月までの短い場合もあるので注意が必要です。

次の