赤城 神社 主婦 失踪 事件。 失踪事件

実在事件ファイル

赤城 神社 主婦 失踪 事件

89 ID:??? 実は手持ち金を隠し持ってたとか? こっそり銀行口座持っててカードだけ、とか。 だとしたら、その後の生活には困らないだろうし。 20 ID:??? 40 ID:??? 偽名で口座、いや、無理か。 52 ID:??? 37 ID:??? 34 ID:??? どこかに資金があったと思わせるのはどのようなケースでも同じ。 事実、このスレや考察系サイトなどでもへそくりだの協力者だのいろいろ言われている。 重要なのは、「わざわざ印象に残るように」101円という情報が出ている点。 まさか小銭の残額から家族が独自に101円だと突き止めたわけではなかろうから、 本人が何らかの形で家族に「101円だけ持っていく」ことを宣言したということだと解釈される。 実際には家族が知らない別口の「失踪資金や協力者がある」と勝手に想定するのは「101円」のエピソードがあろうがなかろうが変わらない。 であれば、「決意」を意味する101円という情報を印象付けるのはそれなりに合理的だろ。 93 結局、家族と不仲の可能性が高い。 しかし自札ならば遺体があるからねぇ。 遺体は無いわけだろう。 田舎の主婦48才は駆け落ちは無いだろう。 観光地は誘拐は無いだろう。 18 ID:??? とすれば、手持ちが百円少々の主婦、といった立場への思い遣り、としか考えられない。 38 ID:??? 07 ID:??? その場の手助けだけでなく、失踪後の生活までも綿密に計画した上でのさ。 44 101円 新たな決意を意味する を持って出た、というあたりが胡散臭い。 80 ID:??? 10 ID:??? 93 ID:??? 90 ID:??? 48 この事件を題材にしたドラマを最近やっていた。 83 ID:??? 44 ID:??? 自分の意志で失踪したわけでなく、誰かに拉致されたと思うけどな。 38 ID:??? 36 ID:??? 40 ID:??? 56 ID:??? 50 ID:??? 41 ID:??? もしそうならにゆーすでやるわ。 これも室蘭も家出。 虐待されてたんやろ。 80 ID:??? 10 この失踪した主婦にすれば 我が娘は結婚して孫もできたわけで もう面倒くさい家庭とはおさらばしたかったんじゃないのかな。 義母やら叔父、叔母って旦那側の家族に気を使いながら我慢してたど思う。 マジメ一筋の旦那は何も気づいてなかった。 主婦48なら旦那は50すぎぐらいと思うけど この年齢になって義母とか疲れるね。 ツツジ見に行くなら夫婦と娘と孫で行けばいいものを。 とにかくこの主婦は長年の不満はあったはず。 66 ID:??? 77 ID:??? 17 ID:??? 51 だいたい、こーゆーのは何十年か経って、本人が子供に連絡してくる。 もちろんカネの無心だ。 08 明らかに家出だわな。 何も持ち物を持って行かなかったのがポイント。 中年女性の家出によくあるパターン。 探さないで下さいって意味。 それと、この家族は何かを隠している。 何かをだ。 だいたい予想がつく。 良い家族ぶってもダメ。 全てをさらけ出せ。 でないと奥さんは戻ってこない。 だって何も変わらない家族の元へ帰っても意味ない。 真実を言うべきだった。 恥でもテレビの前で奥さんに謝るべきだった。 79 ID:??? 78 ID:??? 79 ID:??? 01 ID:??? 神隠しとか何次元とかあり得ない話で盛り上がれるのが凄い。 87 ID:??? 98 DVDかなにかで精神的に辛くなって 家出を決意したんだろ。 101円はそういう意味あるみたいだし。 佇んでたのは自分の中で本当に家出するのか?それでいいのか?って自問自答の 時間だったんだろう。 翌朝、神社の近くに現れたのはすぐ遠くに移動したら家族に 捕まりやすいと思ったんだろう。 夕方?から翌朝までは近くの洞穴に潜んでたのだろう。 30 ID:??? 29 ID:??? 赤城山の伝承に大蛇伝説があるから大蛇の仕業だな。 13 ID:??? なんか韓国語習ってたとかなんとかだったね。 00 ID:??? 68 ID:??? ご自身のホラー体験・不思議体験などありましたら、TOPページメッセージフォームよりお願い致します。 ziyu.

次の

赤城神社主婦失踪事件の真相は?霊視結果やホームビデオの人物についても

赤城 神社 主婦 失踪 事件

事件の概要 1995年、滋賀県東近江市の大塚団地で不可解な事件が発生。 突然、団地住人が全員いなくなる。 一週間後には近くの森で老婆の遺体が発見。 さらに一週間後には行方不明だっ団地住人が自殺。 この事件をきっかけに心霊スポットとして有名に。 肝試しにきた大学生グループの一人が何者かによって日本刀で惨殺される。 団地住民が集団失踪• 近くの森で老婆の遺体を発見• 失踪していた団地住民が自殺• 大学生が何者かによって殺害 1~3までの事件は1週間ごとに起きている。 そして心霊スポット化して有名になったあとに、肝試しに訪れた大学生が殺害されているので、時系列として4は一連の事件よりも後になる。 事件の真相は不明で未解決事件として噂が広まっている。 大塚団地があった場所はこちら 本当に起きた事件なの? と言うのも、大塚団地集団失踪事件について調べてはみたものの、いまいち有力な情報がない。 それどころか「そんな事件起きていない」とか「デタラメだ」などの意見のほうが多かった。 しかし、いくつかの事実らしき情報もあった。 それによると殺人事件自体は本当に起きているようだ。 4つの事件を1つずつ検証してみようと思う。 余談だけど「大塚団地集団失踪事件」と検索すると「大塚団地集団失踪事件怖すぎwwwwwwwwwwwww」というタイトルのサイトばかり表示されたのが気になった。 怖いのか笑っているのかどっちなんだろう。 余談終わり。 団地住民が集団失踪・・・していない? いきなりだけど、この情報が一番怪しい。 オカルト的というか都市伝説風味が強すぎる。 団地の住民が全員消えたのならもう少し事件として話題になっていいような気がする。 調べても出てくるのは都市伝説サイトだけ。 廃墟の団地に心霊的な噂をこじつけたいと考えて集団失踪ということにした、と考えるのが自然かな。 ホラー映画とか怖い話でもよく失踪が題材にされていたりするし。 失踪ってミステリアスな雰囲気を醸し出す言葉なんだろうね。 大塚団地集団失踪事件の「集団失踪」という一番重要な部分が早くも消滅してしまった。 大塚団地事件、なんだか一気に興味が薄らいでしまう名前だ。 薄気味悪さを出すために集団失踪事件にしたのは効果的だったと思う。 近くの森で老婆の遺体を発見・・・されてる! どうせこっちも適当なでっちあげだろうと思いつつ調べてみると、なんと本当に起きている事件だった。 それも未解決事件で今だに犯人が見つかっていないらしい。 〈事件名〉蒲生町岡本における主婦殺人・死体遺棄事件 〈発生・覚知〉2000年6月27日 〈概要〉東近江市蒲生岡本町(旧蒲生町岡本)の雑草地で朝、近くの主婦高岡慶子さん(65)の遺体が見つかる。 首を絞めて殺害され、鈍器のようなもので頭を殴られた跡があった。 前日の朝に畑仕事に出かけ行方不明になっていた。 2006年1月に蒲生郡は合併により東近江市に変更されている。 つまり事件が起きた場所と大塚団地があった場所は滋賀県東近江市で一致するということ。 大塚団地集団失踪事件では、殺害された老婆は首を絞められ殺害されたあとに鈍器で頭を強打されていたとあるが、これも一致。 老婆というには少々失礼な年齢にあたる気がするけど。 唯一違うのは事件発生の日付 大塚団地集団失踪事件では、1995年に集団失踪が起きてから1週間後に老婆の遺体が発見されている。 しかし、実際に事件が起きているのは2000年6月。 この5年という期間はなんだろうか。 と思ったけど、よく考えたらそもそも集団失踪は起きていないと考えられる。 それなら1995年という日付にはなんの脈絡もないわけで、1週間後なんてのも気にする必要なし。 「大塚団地集団失踪事件の老婆殺害事件」と「蒲生町岡本における主婦殺人・死体遺棄事件」は同じ事件と考えていいんじゃないかな。 失踪していた団地住民が自殺・・・しているかもしれない こちらに関しては詳しい情報なし。 唯一見つけたのが「殺人事件、自殺などがあったことは地元の人が知っているまぎれもない事実」という心霊スポットによくある謳い文句だけ。 信憑性に欠ける。 じゃあ自殺が無かったかと言われたらハッキリと答えられない。 自殺だと事件性がないのでニュースとして残っておらず、もしかしたら本当にあったかもしれないが事実を確かめられない。 自殺はそんなに珍しいことでもないし。 団地で自殺があったからみんな引っ越して住民がいなくなったとか、廃墟になったあとで浮浪者あたりがここで自殺をしたとか、いろいろ考えられるけど全て妄想。 確証はない。 こればかりは地元の人に聞くしかないので考えても無駄だろうね。 団地住民の自殺はあったかもしれないし、なかったかもしれない。 大学生が何者かによって殺害・・・は胡散臭い 大学生を散弾銃で 事件から数年後に大学生グループが肝試しで団地に侵入。 団地には服部という名前のお婆さんが一人だけ住んでいてたそうで、大学生を散弾銃で迎撃。 あ、散弾銃じゃなくてRPG-7だったわ。 という書き込みを2ちゃんねるで発見。 どう見てもネタでした。 しかし、もう一つ手がかりとなる情報が。 大学生を刀で 廃墟となった大塚団地にはまだ一世帯だけ住んでいて、真夜中になると一軒だけ明かりがついている。 大塚団地よりも少し手前の道には日本刀が刺さっており、写真を撮ろうとすると住人である服部さんに襲われてしまう。 容赦なく日本刀で切りかかる服部さんに対して警察は関与していない。 ただの怖い話でした。 証拠なし。 ソースなし。 この話は創作だったって事で片付けよう。 まとめ• 失踪事件はなかった• 近くで老婆殺害事件が起きたのは真実• 団地住人の自殺は不明• 大学生殺害の話はよくある噂話 失踪事件はなかったと言い切ったうえであえて失踪事件に繋がる要素を1つ。 廃墟となった大塚団地の部屋には荷物や洗濯物が放置されていたらしい。 壁のポスターや作りかけのジグソーパズルもそのまま。 テーブルの上には食べかけのご飯。 まるで住人が忽然と姿を消したような状況から失踪事件説が発生したのかも。 まぁ個人的には信憑性のない話は好きじゃない。 住民はみんな神隠しにあったんだーと言うわけにもいかず。 大塚団地が取り壊された今となっては調べようもない。 ってことで失踪事件はなかったと判断。 大塚団地集団失踪事件は不幸な事件と偶然近くにあった廃墟を掛け合わせた創作混じりの都市伝説だった。 これが結論。 真相解明できてないような気もするけど。 新しい事実が発覚したらまた調べよう。 電子馬 近隣住民として一応書いておきます。 まだ若いので以下の事情は両親・祖父母に聞いたのですが、 「大塚」というのはそこいら一体の地名のことです。 そこにバブル頃地価の上昇狙いで団地ができたのでそう呼ばれるようになりました。 大倉 おおくら。 漢字があってるかどうかは不明 建設が建てたので、別名大倉団地とも呼ぶそうです。 老婆の殺人事件は書かれている通り確かに事実です。 夕方、山畑で殺害されたそうです。 両親も当時警察にDNA鑑定をさせられたと言っていましたが、結局犯人は見つからず、未だに情報提供を求める立て看板やポストが各所に設置してあります。 が…はっきり言ってこれが大塚団地と関係あるかは私も甚だ疑問です。 近いとはいえ別の町で起こった事件ですから。 大塚団地についてもう少し書くと、各家は即興で建てられたようなプレハブらしく、その後バブルがはじけ住人は離散したのではないか?と言っていました。 見に行ったことはありませんが、ネット上の画像を見るとほとんど夜逃げだったみたいですね。 記事にも登場する服部さんですが、両親がその近辺に山菜を採りに行った時快く許可していただいたらしく、日本刀だとかそういう怖い話の出所になりそうな人ではないようです。 というか、たとえ警察が黙認していても近辺で噂になるはずです… その服部さんが団地周辺を管理していると考えられるので、そりゃ不法侵入されたら怒るでしょうね、という話です。 ちなみに…親戚から聞いたのですが近くの団地 こっちは栄えてますよ では黒ビルという廃墟ビルがあるらしく、こっちのほうが小学生の頃話題になっていたのを覚えています。 匿名 地元の物です。 知ってる範囲で書かせてもらいます。 子供の頃はおおくら、おおくら山とか呼んでました。 昔は山菜などを取りに行った高齢者が迷ったりして消防団など捜索に出られるほどで夜だど地元のものでも迷いそうな感じのとこです。 敷地内に小さな池や1番登ったとこ辺りに滑り台やジャングルジムなどあり当時遊びに行きました。 まず老婆殺人事件ですが場所は岡本町になりますし、大塚団地の事件とは切り離して考えた方がいいと思います。 当時は隣の字になる大塚にも何度も警察が聞き込みにきてました。 大塚団地についての情報に戻ります。 親に聞いた話ですが昔はおおくら山でよく火事があったそうです。 私が聞いた情報だと、団地に土地を買われた方が たまに団地に来て不要なものなどを処分するのに焚き火をして燃やしたりしてしてそれが原因で山火事が起きたと聞いています。 あと当時から常時住んでおられたのも一軒と聞いてました。 後は他府県に住んでおられる方がたまに買ってある土地を見にきて先ほど書いたように自分の土地に生えた草などを野焼きされていたとのことです。

次の

【未解決】赤城神社主婦失踪事件とは?主婦が失踪?事件の真相は?

赤城 神社 主婦 失踪 事件

概要 [ ] などによって人物の行方が捜されている場合、これに該当する。 となっている間は として扱われる場合もある。 なお、失踪事件で人物の行方が明らかになるケースとして、・事件などで生存している事例、・事件などでしている事例がある。 日本の失踪事件 [ ] 現在未解決の主な失踪事件 [ ]• 失踪(1935年9月2日)• 失踪(1971年6月頃)• (1973年6月23日)• (1979年1月30日)• (1984年2月〜6月)• (1985年10月10日)• (1988年12月4日)• 徳島男児失踪事件(1989年3月7日• 三重小2女児失踪事件(1991年3月15日• 福島県船引町における女子小学生行方不明事案(1991年7月25日• 横浜市旭区小3女児失踪事件(1991年10月1日• 失踪(1992年11月23日• (1996年7月7日) - の一つ。 三重女子高生失踪事件(1997年6月13日)• 赤城神社主婦失踪事件(1998年5月3日)• (1998年11月24日)• 室蘭女子高生失踪事件(2001年3月6日)• (2003年5月20日)• 坂出タケノコ掘り女児行方不明事件(2005年4月29日)• 岡山地底湖行方不明事件(2008年1月5日)• 郡上市ひるがの高原キャンプ場女児不明事件(2009年7月24日)• 失踪(2009年12月19日)• (2010年7月 - )• 大分県日出町主婦失踪事件(2011年9月12日)• 山梨キャンプ場女児失踪事件(2019年9月21日) 行方が解明された失踪事件 [ ]• 失踪(失踪・に死亡したことが後に判明)• (失踪・保護)• (にの合宿所から失踪。 に詐欺容疑で逮捕)• の第一の事件(失踪・遺体発見)• (失踪・遺体発見)• (1978年失踪者多数・より一部が帰国)• (失踪・遺体発見・遺体身元確認)• (失踪・遺体発見)• (失踪・遺体発見)• (失踪・保護)• (失踪・同年死亡確認• (1996年5月5日失踪・遺体発見)• (失踪・死亡確認)• (失踪・死亡確認)• (失踪・死亡確認)• (失踪・死亡確認)• (失踪・死亡確認)• (失踪・死亡確認)• (失踪、同年の捜索作業で遺体を発見)• (2011年失踪、翌年遺体発見、母親を)• (2013年7月失踪、打ち切り後、2ヵ月半後に神社で制服姿のままで発見)• (1月27日失踪、2月2日夜、自宅近くのアパートで保護。 男が逮捕される)• (2014年3月10日失踪、3月27日保護。 男が逮捕される)• (6月24日失踪、7月20日保護) 注:名称は当時のものではなく、現在のもの 海外の失踪事件 [ ] 以下は行方が解明されたものも含まれる• - 6月26日に生じたと推定される集団失踪事件。 号 - 12月4日 船に乗っていた乗組員と乗客が失踪。 以後行方不明。 - 12月3日、を出港後失踪。 現在まで船体および乗員の発見には至っていない。 - 1900年12月、・のアイリーン・モア島灯台の灯台守3人が失踪。 - 1909年、からに向け航行中に失踪。 現在まで船体および乗員乗客の発見には至っていない。 - 1913年9月29日、上の船で失踪。 海に転落死したものと推測される。 - 1913年12月26日以降、で失踪。 - 1921年1月、船に乗っていた乗組員が失踪。 以後行方不明。 、 - 1924年6月8日、で失踪。 1999年にマロリーの遺体発見。 - 1926年12月3日失踪、同年12月14日発見。 詳細はを参照。 - 1928年、を飛行機で探検中近くで遭難。 現在まで機体および遺体の発見には至っていない。 - 1930年8月6日、で失踪。 - 1934年6月8日、で失踪、同年6月13日発見。 - 1937年7月2日、太平洋上、もしくはの近くで失踪。 - 1938年3月27日、・間の船上で失踪。 - 1939年12月10日、3000人の中国兵が忽然と姿を消した事件。 兵士達の行方は、今もって明らかではない(事件そのものが実話なのか含めて謎が多い。 - 1943年4月4日、爆撃任務から戻らず失踪。 1958年にて機体発見、後に搭乗員の遺体も発見された。 - 1945年1月16日、・での司令部に向かった後失踪。 ソ連軍により処刑された可能性が高いとされている。 1947年に病死したとの資料もあるが、それ以降の目撃もあるとされる。 - 1945年7月15日、で失踪。 - 1945年11月28日、にてに連行された後消息不明。 1946年死去とされる。 - 1946年5月14日、(旧)にてに抑留された後消息不明。 1953年死亡宣告。 - 1950年1月26日、 ・からに向かっていた輸送機が失踪。 現在まで機体および乗員の発見には至っていない。 - 1954年5月11日、で失踪。 現在まで船体および乗員の発見には至っていない。 に巻き込まれたとされる。 - 1957年2月25日、で4歳の少女が失踪し、数日後に近隣の空家のクローゼットの中で遺体となって発見された。 事故でクローゼットの中に閉じ込められて餓死したと考えられている。 - 1961年4月21日以降、で失踪、1968年死亡宣告。 現地で銃殺されたともいわれているが未確認。 - 1961年11月17日、・で研究中に失踪。 現地のに殺害されたとの説もある。 - 1962年3月16日、 本土からに向かっていた旅客機がととの間を飛行中に失踪。 機体が発見できなかったため真相不明。 - 1962年6月11日、である。 2人の囚人とともに自作のいかだを使って脱獄不可能とされたから脱獄。 以後消息不明。 - 1965年10月29日、・で失踪。 - 1967年3月26日、で失踪。 - 1967年12月17日、・の海で遊泳中に失踪。 2005年、現地の検視官により水死したものと最終判断された。 - 1969年7月1日頃、ヨットによる世界一周航海中に大西洋上で失踪。 船に遺された日誌から、精神的に錯乱しに投身自殺したものと判断された。 現在に至るまで遺体は発見されていない。 - 1973年11月、のに単身で出向き消息不明。 1982年に勢力に処刑されていたことが判明。 - 1975年7月30日、・の自宅を出た後失踪。 - 1978年10月21日、でからへ向かう途中、上空で失踪。 現在に至るまで遺体は発見されていない。 - 競走馬。 1983年2月8日、覆面をつけた男らに誘拐される。 翌日、犯人グループから200万ポンド(約7億円超)の身代金を要求する電話があり、拒否した所以後連絡は途絶え、行方不明になった。 2000年に現場から160キロメートル離れた山中で、2つの弾痕がある馬の頭部が袋に入った状態で発見され、シャーガーのものではないかと騒ぎになったがで無関係と判明。 - 1984年2月12日 - 世界初の冬期単独登頂を果たしたが、翌2月13日に行われた交信以降は連絡が取れなくなり、消息不明となった。 現在に至るまで遺体は発見されていない。 - 1988年9月20日にアメリカ合衆国・で大学へ向かう途中に失踪。 - 3月26日に住んでいた5人の小学生が失踪した事件である。 事件発生から11年が経過した9月に失踪小学生のものと思われる5体の白骨死体が臥竜山で発見された。 検死の結果、道に迷っての遭難や転落などの事故ではなく、何者かにより殺害された事件であることが判明した。 しかし犯人が誰であるかは不明のまま、3月25日にが成立した。 - 1992年5月12日に頂上付近で失踪。 - 1995年2月1日に宿泊先のホテルから失踪。 - 1996年、アメリカ合衆国・で失踪、翌年死亡確認。 - 1996年10月1日、マナスルに登頂後、消息を絶つ• - 10月17日にの筏下りによる探検中に失踪。 12月にの東約200km離れたアマゾン川の陸軍監視所付近で遺体発見。 兵士による犯行だった。 - 、の最高指導者。 (リンク先参照)• - での現地法人副社長が2001年2月に誘拐され失踪。 2年9ヵ月後の11月に遺体で発見。 - 3月、仕事を終えた後に失踪。 乗っていた車が廃屋に突っ込んだ状態で放置されていた。 - 9月2日にへ出発し、同年9月24日に帰国する予定だったが、連絡がつかず、失踪。 - 2007年1月28日、にヨットで向かう途中失踪。 - 2007年4月14日 船に乗っていた乗組員が失踪。 以後行方不明。 - 2007年5月3日、で失踪。 - による。 2008年2月1日に気球での横断に挑戦中に失踪。 - 2010年12月10日、により妻子と共に拘束されて以降消息不明とされていたが、2014年12月10日、中国政府はハダが4年の追加刑期を終えて出所したと発表、後日解放後の本人映像がに投稿され、実際に解放されたことが確認された。 - 3月8日、上空で消息を絶つ。 1月29日乗客のがなされ、同年7月、機体の一部が発見された。 - 2014年9月26日、メキシコのイグアラ市の学生43人が失踪。 地元政府が学生側の抗議活動を嫌い、警察・犯罪組織に拉致、殺害させていたことが判明した。 - 6月にで失踪。 3年4ヵ月後の10月に解放された。 書籍 [ ]• 完全失踪マニュアル( 1994年10月 )• 関連項目 [ ]• (関連)• - 1992年12月、日本人の新婚女性がオーストラリアで失踪。 大きな騒動となったがすぐに妻の狂言とわかった。

次の