早期 妊娠 検査 薬 値段。 チェックワンファストを通販で購入するなら本当の早期妊娠検査薬をおすすめ

早期妊娠検査薬の通販はつるかめ薬局|値段や使い方、病院いらず!

早期 妊娠 検査 薬 値段

【妊娠検査薬】値段とおすすめを紹介!特徴や人気のポイントは? 2018年10月15日 こそだてハック 「着床出血」「高温期が2週間以上続いている」「腹痛」などの妊娠初期症状があると、妊娠の可能性を疑いますよね。 そんなときはまず、市販の妊娠検査薬を使って妊娠の有無を判定する人が多いのではないでしょうか。 ドラッグストアやインターネットで気軽に購入できますが、初めてのことだとどの妊娠検査薬を選んだら良いのかと迷ってしまうもの。 そこで今回は、通販で人気の妊娠検査薬を中心に5つのおすすめ商品をご紹介します。 値段や種類、検査方法だけでなく、選び方や使い方についてもまとめているので、妊娠検査薬選びの参考にしてくださいね。 妊娠検査薬の選び方!使用時期と値段がポイント 使用時期を確認 妊娠検査薬を選ぶときに最も大切なのは「使用時期」です。 生理予定日を基準として、「いつから実施できるか」は商品によって異なります。 一般的には「生理予定日の1週間後」ですが、早いものだと「生理予定日から」という妊娠検査薬も。 シチュエーションに合わせて選んでくださいね。 値段もポイント 1回当たりの値段も気になるポイント。 妊活中や生理不順の場合、「毎月使用する」「少しフライング気味で使い始めて何度も判定をする」ということもありますよね。 フライングはあまりおすすめできる方法ではありませんが、「どうしてもしたい」場合は、2回用や3回用を購入すると安い値段で購入できます。 妊娠検査薬の正確さに差はあるの? 妊娠検査薬の正確さに関しては、どの商品も99%以上。 基本的に商品によって差が出ることは、ほぼありません。 使いやすさや、自分の好みに合うもの、判定結果が分かりやすいものなどを基準に選んでくださいね。 妊娠検査薬のおすすめを紹介! 1. ロート製薬 ドゥーテスト 出典: ロート製薬の「ドゥーテスト」は使いやすさを最大限に追求して作られました。 尿をかける部分が大きく、かける時間も2秒と短め。 判定方法が箱だけでなく妊娠検査薬のスティックにも書かれています。 使いやすいので妊娠検査薬を初めて使う人におすすめです。 税込価格 1回用:598円/2回用:728円 妊娠判定ができる時期 生理予定日の約1週間後から 尿をかける時間/尿に浸す時間 2~5秒/2~5秒 判定時間 約1分 関連記事 妊娠検査薬の失敗しない使い方。 尿をかける?尿に浸す? 検査方法は「尿をかける」と「尿に浸す」の2つの方法がありますが、おすすめは尿に浸す方法です。 尿をかける検査方法は手軽ですが、「判定結果が出る窓に尿がかかる」「尿をかける時間を間違える」「ちゃんとかけられない」など、正しい方法で検査ができないことも。 正確さが下がってしまう可能性があるので、注意が必要です。 尿に浸す検査方法は尿をコップに入れて浸すので少し手間がかかりますが、尿の量を気にする必要がありません。 慌てて方法を間違えることもなく、落ち着いて、確実に検査ができますよ。 コップの用意は必要ですが、特に自宅で妊娠検査薬を使う人は、尿に浸す方法がおすすめです。 判定結果を待つ間は、妊娠検査薬を平らなところに置いて水平にしておく必要があります。 トイレで行うと平らな所に置くのを忘れて、手で水平にしてしまいがちなので、注意してくださいね。 妊娠検査薬は使用する前に、焦らず説明書を読みましょう 妊娠検査薬の使い方を間違えると、妊娠しているのに陰性が出てしまうことがあります。 妊娠かどうかを判断するのでソワソワして焦ってしまいがちですが、正しい判定結果を得るために、必ず説明書を読んでから使うようにしてくださいね。 以下の記事では、妊娠初期症状を紹介しています。 自分の自覚症状と合わせて参考にしてみてください。

次の

妊娠検査薬の値段が安い通販オススメランキング!薬局(日本)で購入可!

早期 妊娠 検査 薬 値段

一般的な妊娠検査薬の場合、生理開始予定日の約1週間後からしか検査できませんが、 早期妊娠検査薬の場合だと 生理予定日当日から検査できるものや、 生理予定日4日前から検査可能な商品まであります。 これを聞くと「 早期妊娠検査薬って便利だな、通販で買うか」と思いませんか? しかし、日本で販売されている早期妊娠検査薬は 2009年6月から施工された薬事法改正で通販で購入することができなくなりました。 しかも早期妊娠検査薬は医療用体外診断用医薬品にあたるため、薬局または、薬剤師が常駐しているドラッグストアで対面での販売となります。 なので直接、薬剤師さんに 「早期妊娠検査薬がほしいのですが・・・」と声をかけて購入しなければなりません。 これだけならまだいいのですが、ここでまた問題があります。 それが、 氏名、住所、電話番号を記入しないと購入することができないのです。 そんなに気にしない人なら問題はないと思いますが、なかには私みたい「 恥ずかしいな・・・」と思う人もいるでしょう。 しかも、一回だけならまだ我慢できるかもしれませんが 「毎月必要になるものなので、顔を覚えられるのもちょっとな〜・・・」って人もいるでしょう。 そうなると誰もが考えるのは 通販で顔を見られず手軽に購入したい!ですよね。 でもさっき日本製は 通販で購入できないって言ったじゃん!って思ってますよね? わかってます、安心してください、ちゃんと通販でも購入できる早期妊娠検査薬があるんです。 それが海外製の早期妊娠検査薬です。 早期妊娠検査薬ランキング ワンステップ 妊娠検査薬 断トツでおすすめするのが、ドクターズチョイスのワンステップ妊娠検査薬です。 値段が50回分を購入すると 1本あたり116円なのでかなり安く使うことができます。 日本で購入できる早期妊娠検査薬は「 チェックワンファスト」のみですが、 その価格が 2回分で1620円なので、ワンステップの 116円が相当お得なのが分かるはずです。 それに先ほど説明した通り、チェックワンファストは日本製なので、 薬剤師から対面販売のみで通販で購入できません。 またチェックワンファストは生理予定日当日から使用できるのに対し、 ワンステップは生理予定日4日前から検査することができます。 言葉だけだとわかりにくいので、以下ワンステップとチェックワンファストの比較表です。 なぜならワンステップ妊娠検査薬にも欠点があるんです。 それは通販で購入するため 7日〜14日ほど時間がかかるということです。 なのでどうしても 今すぐに欲しいという方の選択肢としては、 薬局や薬剤師のいるドラッグストアで購入できる 「チェックワンファスト」一択となります。 それ以外の人、私のように 対面で住所や氏名、電話番号を記入するのが恥ずかしい なるべく安く買いたいそんな方にはワンステップ妊娠検査薬がおすすめです。 使い分けとしては、まず価格が安いワンステップ妊娠検査薬で生理予定日前から検査。 陽性反応が出たらデジタル表示で陽性か陰性かがわかるクリアブルーデジタルで検査するという使い方ができます。 ワンステップはデジタルじゃないので、 うっすら陽性反応がでてるけど不安・・・そんな時にデジタル表示で確実なクリアブルーを使うのがおすすめです。 私もまだ早期妊娠検査薬についてあまり詳しくない時にどっちがいいか迷って結局ワンステップとクリアブルーデジタルのセットを購入しました。 でも、クリアブルーデジタルの値段を考えるとなかなか使えなくて、結局ワンステップのみ使いました。 なので、今はワンステップのみ購入して使っています。 用途は人それぞれ違うのでどちらにしようか迷ったら、まずはセットを買ってみてもいいかもしれません。 デジタル窓に 陽性の場合は「Pregnant」、陰性の場合は「Not Pregnant」とデジタルで表示するため 「うすくてどっちかな?」と迷う心配がないです。 ワンステップと同じく4日前から検査OKなのですが、なんといっても 価格が高いです。 個人的に毎回使うのは価格的に厳しいかなと思います。 お金を気にしないなら、 機能的には一番の早期妊娠検査薬です。 なので絶対にデジタル表示がいいという人以外は、私はワンステップをおすすめします。 先ほど紹介した、ワンステップ、クリアブルーデジタルは FDA(米国食品医薬品局)認可商品です。 FDA(米国食品医薬品局)は 日本でいうところの厚生労働省医薬食品局にあたるところなのですが、 この FDAから認定された商品なので安全面でも安心なのです。 正確さも日本製のチェックワンファストと同じ99%の正確さです。 ただ、なかには中国などから発送されている製品でFDA(米国医薬品局)から承認された検査薬として販売している業者がありますが 中国から出荷した商品に対してFDAは認可することはできないので、 ワンステップ妊娠検査薬とクリアブルーデジタル妊娠検査薬以外を購入される人は気を付けてください。 後、海外製ってことで、使い方が英語で書いてあって「 読めるか心配」と思われる人もいるかもしれませんが、 心配しなくても大丈夫です。 ワンステップもクリアブルーデジタルも 日本語説明書が付属されています。 それに販売サイトにも日本語で画像入りでわかりやすく説明が書いてあるので、使い方がわからないなんてことはまずありません。 本当に簡単で、3秒間尿に浸して、あとは5分待つだけで判定できます。 なので英語が読めなくて不安な人でも大丈夫ですよ。 早期妊娠検査薬の口コミ.

次の

薬局で買える市販の妊娠検査薬!値段が安い順にランキングしてみた!

早期 妊娠 検査 薬 値段

通常の妊娠検査薬は「生理予定日の1週間後から判定可能」というものがほとんどですが、最近では、それより早く判定が可能な「早期妊娠検査薬」というものもあるとか。 そこで今回は一日でも早く確認したいという人のために、早期妊娠検査薬について、どんなものでいつから反応するのか、人気の商品などをご紹介します。 従来の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使えるものがほとんどですが、それより早く判定結果が知りたいという人のために「早期妊娠検査薬」というものがあります。 次から、早期妊娠検査薬が通常の妊娠検査薬とどう違うのか、どのようにして手に入れるものなのかをご紹介します。 早期妊娠検査薬はいつから使えるの? 受精卵が子宮に着床すると、黄体ホルモンの分泌を継続させるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されます。 そのため、妊娠後に順調にhCGが増加していく前提で、「生理開始予定の5日前から検査可能」とうたう海外製の早期妊娠検査薬も登場しています。 関連記事 早期妊娠検査薬の判定結果の精度は? 妊娠判定は、hCG濃度が高いほど正確になります。 そのため、早期妊娠検査薬がいくら感度が高いという設定で作られていても、早期で測るほど性能が下がると考えておいたほうが良いでしょう。 関連記事 早期妊娠検査薬のおすすめは? 早期妊娠検査薬は、ほとんどが海外製品です。 これらは、インターネットの個人などのサイトで並行輸入しているもののみ購入が可能です。 その場合、海外からの発送となり到着まで日数がかかるので、使用を考えている場合には早めに注文しておきましょう。 また唯一国産の早期妊娠検査薬である「チェックワンファスト」は、第一類医薬品に分類されています。 第一類医薬品とは、副作用などによって日常生活に支障をきたす恐れがあり、特に注意が必要なものや、新規の医薬品のことを指します。 一般用の第一類医薬品は、薬剤師がいる実店舗か、薬剤師などの専門家がいる通信販売サイトでしか購入することができなくなっています。 そのためか、「チェックワンファスト」を通信販売しているサイトは多くないようです。 近所の薬剤師がいるドラッグストアで取り扱っているかどうかを直接聞くのが早いでしょう。 現在、通販や実店舗で購入できる早期妊娠検査薬には次のようなものがあるので、参考にしてみてくださいね。 チェックワンファスト 出典: 安心の国産製、株式会社アラクスの早期妊娠検査薬です。 尿吸収体に尿をかけるだけで簡単に測ることができ、待ち時間は1分間とすぐに判定できます。 クリアブルー デジタル 出典: 米国・ヨーロッパを中心に販売されている早期妊娠検査薬。 月経予定日4日前だと約65%の正確さで検査できると宣伝しています。 先端のチップに尿をかけるだけで簡単に測ることができ、デジタル窓に「Pregnant」と表示されたら妊娠反応が出たと判定します。 また、「Pregnant」と表示される場合は同時に「1-2」や「2-3」と表示される場合もあります。 これは、現在が妊娠何週目であるかを表しています。 ファーストレスポンス アーリーリザルト 出典: 米国製の早期妊娠検査薬で、他の製品に比べ高価ですが、月経予定日4日前で、なんと約96%の正確性をうたう商品です。 メーカーによると月経予定日5日前から使うことができ、それでも正確性は約76%と機能性では現在トップクラスです。 先端のチップに尿をかけて測ります。 ドクターズチョイス ワンステップ 出典: 米国製の早期妊娠検査薬。 カップに採尿して検査紙を浸す昔からあるタイプの検査薬なので、他のものより随分割安です。 Wondfo 出典: 米国を中心に各国で使用されている早期妊娠検査薬です。 紙製の試薬を3秒間尿に浸すことで、5分後には結果が分かります。 こちらも紙製なので比較的安く購入でき、まとめ買いする人もいるようです。 早期妊娠検査薬の妊娠反応とは?判定結果の見方は? 早期妊娠検査薬は、アナログのものであれば、コントロールライン(終了窓)とテストライン(判定窓)に出てくる線で判定をします。 「妊娠」「妊娠していない」というようにはっきりと画面に出るデジタルのものもありますが、ここではアナログの早期妊娠検査薬の判定結果の見方をご紹介します。 陽性(妊娠している)の場合 コントロールラインとテストラインの両方にカラーの線が浮かび上がり、妊娠反応となります。 陰性(妊娠していない)の場合 コントロールラインにのみ線が表れます。 尿に早期妊娠検査薬を浸してから10分ほどたった後、灰色がかった線がテストラインに出てくる場合がありますが、それは尿が蒸発してテストラインがぼけて見えるだけなので、陽性とは判断しないよう注意が必要です。 反応がない場合 コントロールラインがでてこない場合は、早期妊娠検査薬自体に何らかの不具合がある可能性があります。 このときはもう一度新しい検査薬で始めからやり直してください。 また、早期妊娠検査薬が陰性の場合、「本当は妊娠してるけどまだ反応しなかっただけ」という可能性も十分に考えられます。 妊娠兆候がみられる場合は、生理予定日の1週間後以降に通常の妊娠検査薬で再度検査することをおすすめします。 関連記事 早期妊娠検査薬の反応は参考程度に 早期妊娠検査薬は、今の日本ではなかなか手に入りにくく、通常の妊娠検査薬よりも高価です。 特に生理予定日の数日前に検査を行うものに関しては、まだ正確性に欠ける部分が多いので、参考程度にとどめておいた方がいいでしょう。 「早く知りたい!」と焦る気持ちは分かりますが、「今知らないといけない」といった差し迫った重大な理由がない限り、生理予定日を1週間ほど過ぎたころに通常の妊娠検査薬を使って、ゆったりした気持ちで妊娠を迎え入れる準備をすることをおすすめします。 また、化学流産や子宮外妊娠をしていても、妊娠検査薬では陽性反応が出ることがあります。 妊娠検査薬で陽性が出たら、できるだけ早く産婦人科医を受診し、妊娠を確認してもらうようにしてくださいね。

次の