井上真央 創価学会。 井上真央の信仰宗教は【創価学会】?信仰心がガチで松本潤も入会する?!

井上真央の信仰宗教は【創価学会】?信仰心がガチで松本潤も入会する?!

井上真央 創価学会

嵐・松本潤さん「しばらくは結婚できない」 来月11月から、嵐のデビュー20周年5大ドームツアーが始まります。 今年8月にそのアニバーサリーイヤーが終われば、松本潤さんと井上真央さんは結婚するのでは?と報じられていました。 松本潤さん自身が創価学会に入信して結婚準備も そもそも、結婚間近と言われたのは、松本潤さんは創価学会に入信したからなのですね。 というのは、井上家は家族揃って『創価学会の会員』であるので、「信仰が同じでないと結婚できない」として、松潤さんが改宗されたということのようです。 結婚が前提の「改宗」ということで、そうなると次はまもなく結婚では? とささやかれていたのです。 しかし、松本さんは最近、親しい友人に「ちょっと、しばらくは結婚できないかな……」と語ったそうなのです。 なぜなのでしょうか? 嵐事務所も認める「真央潤」の結婚 嵐の二宮和也さんと松本潤さんは結婚を熱望していて、事務所側も認めているのだそうです。 そして、井上真央さんと松本さんの交際は10年以上も続いており、ファンも 「真央潤」と呼んで、交際が応援されているとか。 しかも井上さんのお母さんからは、「いつになったら娘と結婚してくれるの」と「ラブコール」もあるそうで、ご家族で結婚を歓迎されているのですね。 それならば何の障害もないはずなのですが・・・ 松本潤さん本人も、井上さんを心配させないように、最近はもっぱら男同士で飲んでいることが多いようで、そこで、上記の「結婚できない」の打ち明け話になったのだそうです。 松本潤さんにとっても嵐にとっても大事な時期? ジャニーズ事務所は、最近話題が多く、滝沢秀明さんが、今後、ジャニー喜多川さんの実質的な後継者となることを表明したことがとても大きいですね。 その前にはSMAPの解散がありましたし、最近では、TOKIOの山口達也さんがアルコール依存症で、未成年に飲酒強要その他の問題で、TOKIOは3名のみの活動となってしまいました。 「事務所の状態が不安定ななかで、自分の話題で混乱を与えてはいけない」と思ったようなのですね。 責任感の強い方なのですね。 わかるような気もしますが、もう10年交際しているのなら、もうほぼ結婚しているのと同じようなことで、後は同居するかそうでないかということだけなので、早い方がいいのではないかと思いますね。 待っている井上さんもかわいそうです。 逆に考えれば、ファンも十分祝福してくれそうですし、おめでたい話なので、むしろ、ジャニーズの話題作りとして「結婚」もいいのじゃないかなと思います。 大きなイベントとして皆で祝ってあげることでもできるのではないでしょうか。 少なくとも、松本さんの心変わりではなさそうなので、今回の報道には井上さんも気を落とさずにいてほしいです。 もうあの姿はビデオの中でしか見られない…購入者殺到! 売り切れる前に!.

次の

井上真央の消えた現在や引退理由!創価学会を信仰?松本潤と結婚か!

井上真央 創価学会

Contents• 井上真央のプロフィール 井上 真央(いのうえ・まお) 生年月日: 1987年1月9日 出生地: 神奈川県横浜市 身長: 158cm 血液型: O型 職業: 女優 活動期間: 1992年 ~ 僕個人的にですが井上真央ってなんか可愛い子役のイメージが強いんですが、もう30歳とかの女優なんですね。 なんかキッズ・ウォーの可愛いイメージが強すぎるかな・・・。 井上真央の芸能界の経歴は 4歳のときに母親の薦めで劇団東俳に所属し、5歳から子役として活動を開始。 昼ドラ『キッズ・ウォー』では生稲晃子さん演じるバツイチの主人公の娘・茜役を演じていました。 当初は生稲さんがメインでしたが、パート3からは茜がメインの話となっています。 『キッズ・ウォー』は毎年夏に1シリーズずつ放送されパート5まで続く人気作となり、昼ドラとしては異例のゴールデンのSP番組も放送されました。 その後は明治大学文学部に進学し、2004年には学業専念のため芸能活動を一時休止。 同年にたむらプロからセブンス・アヴェニューへ移籍し、翌年芸能活動を再開。 初主演作で大ヒットとなった『花より男子』に出演しています。 その後も演技派女優として活躍を続け、2011年は朝の連続テレビ小説『おひさま』でヒロインを務め、映画『八日目の蝉』では第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。 2015年には大河ドラマ『花燃ゆ』の主演も果たしています。 井上真央は大河ドラマ『花燃ゆ』で吉田松陰の妹・文(ふみ)を演じました。 4歳から芸能活動を初めて始めているんですね。 やはり井上真央と言えば『キッズ・ウォー』での爆発的人気がとても印象に残っていますね。 またこの後の『花より男子』での共演で嵐・松本潤との熱愛報道をたびたびされていますね。 やはりドラマでの共演だと長い時間仕事で一緒にいるし、自然と仲良くなっていけるんでしょうね。 なんといっても井上真央は可愛いし、女優としての演技も上手ですから人気出るのも分かりますね。 そんな井上真央の気になる宗教のことについて触れていきたいと思います。 井上真央の宗教は創価学会ってホント? 芸能界では多くの人が信仰していると言われている創価学会。 有名なところでは久本雅美・柴田理恵・岸本加世子という人が信仰が深いと言われています。 井上真央が創価学会に入っているという大河ドラマ主演のタイミングで分かったみたいです。 創価学会が例年1月2日に行う新年勤行会の席で、幹部による挨拶中に「井上さんは生粋の学会っ子で、自宅は活動の拠点でした」との発言があったという。 井上の母は同誌の直撃取材に「私も娘も信仰しています」と認めている。 これまで聖教新聞や学会系機関紙に登場したこともない井上だけに、このタイミングで学会員であることが発表された背景には「4月の統一地方選挙の評集めや勧誘につなげようという思惑がある」といった指摘もされている。 それまで学会員たちにもそのことを公表されていなかった井上さんが突然創価学会員であることを明かした背景には、当時控えていた統一地方選挙への票集めではという説や、『花燃ゆ』の視聴率が芳しくなかったために学会員たちによる視聴率アップを図ったのではとの説もありました。 宗教の自由・信仰の自由がありますので何を信じるかというのは個人の判断に委ねられますが、上記引用記事にもあるように創価学会の人たちは同じ関係のつながりを特に強く持っているために助け合いといったこともうまれるようですね。 自分たちの価値観を共有しようということで一致団結する力が凄いですね。 芸能界でもそのような団結力があるんだと思います。 また 2015年に井上真央のお母さんが取材で、信仰を認めたとか言われています。 ということで、井上真央の創価学会の信者である可能性は高いでしょう。 この記事の中に書かれている芸能界の中でも創価学会の信仰強いとされている岸本加世子と井上真央との接点について調べていたら分かったことがあるので、そのことについて書いていきます。 井上真央と関係している大物女優(芸能界の母)の存在とは? 井上真央の創価学会の信仰についてしらべていたら気になることがありました。 井上真央の芸能事務所の移籍に創価学会の大物女優またの名を芸能界の母とも呼ばれている人物が深く関わっているという情報があります。 そのことについて書いていきます。 井上真央さんは、2016年に「セブンス・アベェニュー」から「アン・ヌフ」に移籍されています。 この「アン・ヌフ」は岸部一徳さんが代表取締役をしている個人事務所。 移籍理由として、井上真央さんの母親と事務所との関係性があったとも言われています。 もともと、関係性があまりよくなく、事務所の金銭面での待遇に対して愚痴をこぼしていたとも言われています。 他にも、個人事務所を井上真央の母親と自分で設立するというお話もあったようなのですが、結果的には、岸部一徳さんの事務所に移籍されています。 ここに書かれているようにやはりタレントと事務所の間では金額に対する待遇面での不満ということがつきものなんでしょうね。 やはりタレントも売れてくれば自分でやる独立の道を考えるってまあ当たり前のことかもしれませんね。 自分の力でやっていくぞみたいな感じですね。 でも実際は井上真央は独立しなかった・・・。 その井上真央と岸部一徳のパイプをつないだのが創価学会の信仰が強い芸能界の母と言われている大物女優・岸本加世子と言われています。 アン・ヌフは代表の岸部一徳さんと井上麻央さんを含めてわずか5人のみの少人数な事務所となっており、他には一徳さんの兄弟の岸部四郎さん、塩見三省さん、岸本加世子さんが所属しています。 もともと岸部一徳と井上真央につながりはなく、その仲介をしたのが岸本加世子さん。 岸本加世子が岸部一徳と井上真央とのパイプをつないだことにより、どうやら井上真央はスムーズに事務所を移籍できたようですね。 井上真央は以前の事務所と関係が悪化していたときに独立しようかもしくはほかの道を探そうかと悩んでいた時に同じ宗教の創価学会つながりでうまくいったみたいです。 ただしこの事務所の移籍問題に関しては上手くいっていないこともあるみたいで、井上真央の移籍条件に 「やりたい仕事だけを受ければいい」という条件があったようです。 つまり井上真央は自分のしたくない仕事はしないでいいということです。 この条件を駆使して井上真央は事務所移籍後に仕事を断っていてそれが事務所内で問題になっているようです。 「岸部さんや今の事務所のスタッフも、当惑しているんじゃないかと思いますよ。 だって、井上に仕事を持ってきても受けようとしないんです。 唯一のCMだった飲料メーカーの仕事も、自分から降板したとさえ言われている。 テレビ局側も改編期の特別ドラマの主演を打診したところもあるようですが、断られてしまったそうです。 「一番周囲を驚かせたのが、唯一、出演するCMを突然、降りると言い出したんです。 出演契約料は年間3000万円。 誰もがやりたがるオイシイ仕事を自ら投げ出そうとするなんて、普通の話ではありません」 芸能プロ関係者 井上真央は事務所を移籍してから何故仕事のオファーを断っているのか?ということが気になりますね。 そこには衝撃的なことが裏側に隠されていたようです。 井上真央はかねてから熱愛報道されている松本潤と本格的に結婚を視野に入れて仕事を自らセーブしているとかの噂が出ているみたいです。 井上真央も売れっ子女優でですが、その前に女性ですから好きな人と一緒にいたいと願う気持ちそしてそれが幸福度の高い人生であるという判断ならそれでいいかなって僕も思います。 それではそんな井上真央と松本潤の気になる熱愛報道の現在について調べていきます。 井上真央と松本潤は宗教の問題で結婚しないの? かれこれもう交際歴も長く、周囲からの認知もされている井上真央と松本潤ですがまだ結婚していません。 それはなぜなのか?ということについて調べていきます。 新しい事務所の仕事を断って結婚準備万全の井上真央がなぜ結婚に進まないのか?ということについてですが、ここには井上真央の信仰している宗教が深く関わっているのではないかとの噂が出ています。 松本潤はあまり宗教に信仰が深くなく難色を示していると言われています。 しかしその反面でこのような情報も出ています。 松本潤が井上真央の宗教に理解を示している?という記事情報があります。 2018年8月7日に週刊女性が松本潤と井上真央の「結婚秒読み」といっています。 「井上さんは家族で信仰心を持っておられるのですが、実は1年ほど前に松本さんも同じ道を信仰するようになったのです。 つまり、彼も結婚への準備は万端ということですね」(井上家に近しい人) この記事内容が正しければ井上真央と松本潤が結婚するのってもう時間の問題ですね。 結婚するとなると当人同士の問題だけではないとか言われますが、僕はいつも思っていますが世間体を気にしての結婚ほど不幸なものはないと思います。 今回の松本潤と井上真央は2人が相思相愛であればそれで全て大丈夫なはずだと思います。 好きな2人が一緒に入れないのっておかしいと僕は思いますし、最初は松本潤も宗教の問題で難色を示していても結果うまく結婚出来れば昔はあんなこともあったよなって話せる日がくると思います。 この2人が結婚して幸せになってもし時間的に余裕ができたらまた井上真央が芸能界の最前線で活躍してくれればいいなって思って今回記事を書きました。 ロミオとジュリエットではないですが、傷害のある恋愛ほど人間は燃えるようなので、これからこの2人が仲良く過ごせることを祈って記事の最後とします。 最後までご覧いただきましてありがとうございます。

次の

嵐松本潤「創価学会入信へ」井上真央と結婚ハードル高いが……二宮和也との亀裂も?

井上真央 創価学会

ジャニーズの滝沢秀明(32)、俳優の松山ケンイチ(29)、そして日本アカデミー主演女優賞の(28)。 その共通点とは、の会員であるということだというのだ。 同誌によれば、1月2日に開かれた創価学会の新年執行会の席上において、役員から、 「大河主役の井上さんは生粋の学会っ子で、少年少女部会には欠かさず参加していた」 という発言が飛び出し、学会員たちを喜ばせたのだという。 真偽を問うため、同誌記者が井上の母親を直撃すると信仰を認め、聖教新聞を購読していることも認めたという。 同誌は、井上が大河ドラマの主役になったことは大いに関係があるとして、 「今年は4月に統一地方選があるため、選挙で戦う会員たちの士気を高めるとともに、彼女の名前を出すことで票集めや勧誘の枕に使おうと考えている」 というジャーナリスト・乙骨正生氏のコメントを掲載している。 本人がカミングアウトしたわけでもないのに、選挙の道具に利用される形の井上は気の毒だが、やはり気になるのは、恋人である・(31)との行く末。 創価学会といえば、異なる宗教を認めていないことで知られる。 松本も学会員であれば話は早いだろうが、仮に違った場合、結婚へのハードルは上がるのではないだろうか。 「両親が活動家の2・3世の場合、結婚と同時に入会を迫られるのは必至で、入会してくれないなら結婚できないと言われるケースは多い。 両親が未活動の場合であれば、説得できないこともない」(創価学会員) と、両親が熱心な学会員かそうではないかでかなり違ってくるという。 ただ井上自身も「『朝晩の勤行』とされる『唱題』と言われる儀式を1日2時間行なっているという話があります」(同・会員) というから、やはり「生粋」の熱心な活動家といえそうだ。 これをきっかけに世間の風当たりが強くなるという事態にならなければいいのだが。

次の