カイカイ 翻訳。 翻訳

カイカイ反応通信という韓国人の掲示板を訳したブログがあります。確かに日...

カイカイ 翻訳

カイカイ反応通信は、韓国のニュースサイトとその反応(コメント)、電子掲示板の書き込みを日本語へ翻訳し、紹介しているサイトです。 個人のブログで、年末に日本国内の温泉などへ行ってることから、韓国語の出来る日本在住の方が運営していると考えられています。 国籍は不明です。 カイカイ反応通信の『カイカイ』は、韓国語由来ではなく、海外(カイガイ)から濁点を取って名付けたそうです。 カイカイ反応通信という名前の由来… 最初は、海外反応通信にしようとしたのですが、あまりにも平凡すぎると思ったので、「海外」を「カイガイ」とカタカナにしようと考え、それでもまだ平凡と思ったので、カイガイから濁点をとって「カイカイ」にすることにしました。 — カイカイ反応通信 kaikaihanno 最近のカイカイ反応通信は、に上がった日本関連の記事と記事についた反応を中心に翻訳されています。 カイカイ反応通信は少し前まで韓国では珍しい親日派の集まるが主な翻訳元でした。 イルベは日本を称賛する反応が多く、韓国では少数派のコミュニティです。 韓国で最もアクセスのあるポータルサイトはNAVERです。 NAVERへは韓国で多数派の左派を中心に、様々な政治思考の韓国人がコメントをしています。 次がカカオが運営しているです。 Daumはほぼ左派の記事とコメントで埋まっています。 ポータルサイトではなく、電子掲示板サイトもあります。 韓国で最も大きな掲示板はです。 韓国版2ちゃんねるとも言われています。 イルベも電子掲示板サイトです。 右派、親日派が多いイルベはNAVERやDaumよりも人数が少なく、同じような思考を持つ韓国人は人口の1割にも満たないと思います。 韓国の反応も翻訳元によってかなり違っています。 カイカイ反応通信に限らず、韓国の反応を読む前には翻訳元を確認すべきです。 コメントの前にソースが表示されています。 カイカイ反応通信には、反日的なコメントで溢れた記事、母国韓国を卑下して日本を褒めるような反応の多い記事があります。 反日的な反応で溢れた記事の多くはNAVERが翻訳元になっています。 NAVERは韓国で1番のポータルサイトで日本のヤフージャパンに似ています。 NAVERに掲載された記事についたコメントが左派が多く、日本関連の記事では日本に批判的なコメントが数多く並んでいます。 NAVERは日本で一番利用されるメッセージアプリ『LINE』の親会社でした。 NAVERの次に韓国で人気のポータルサイトがDaumです。 韓国で一番利用されるメッセージアプリ『カカオ』が運営しているため、アプリ利用者の若者も見る機会が多いサイトです。 Daumはほぼ左派の記事とコメントで埋まっています。 日本人が見ると、NAVERよりも不快に感じるでしょう。 Daumの反応を翻訳しているまとめサイトは少ないと思います。 カイカイ反応通信でもDaumの反応は、殆ど翻訳されていません。 一方でカイカイ反応通信には、韓国を卑下して日本を褒めるような記事もあります。 こちらの翻訳元は多くがイルベです。 韓国にいる親日派が集まる『イルベ』 は政治、グルメ、旅行、アニメ、株式、ヘルスケア、コンピュータ、ゲーム(LOLなど)のトピックを扱う電子掲示板です。 元はDCインサイドで、DCインサイド管理人から削除された過激な投稿をまとめたサイトでした。 ここから雑談と政治といったトピックでユーザーが書き込める掲示板になりました。 韓国の電子掲示板では5位から10位のアクセスになっています。 イルベでは日本の日韓併合を肯定的に捉えたり、自称慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)が慰安婦でなかったという批判も掲載されます。 いずれも韓国ではタブーとされている主張です。 イルベは政治以外でも日本に関するトピックが数多く取り上げられており、日刊(イルガン)ベストストアではなく日本(イルボン)ベストとも呼ばれています。 いずれも略すと日(イル)ベになるからです。 親日派が多いため、一般韓国人にとっては親日派や土着倭寇の巣窟といった認識です。 マスコットはイルベ虫(ベ虫)と呼ばれるキャラクター。 イルベでは、左派で反対の思考を持っていた故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を茶化した投稿やいたずらも多いです。 右派で朴槿恵(パク・クネ)元大統領が退陣したきっかけとなったセウォル号沈没事故やその遺族による抗議活動も否定的に見ています。 セウォル号遺族がデモでハンストした際にも、目の前でチキンを食べるオフ会を開き、話題となりました。 右派・親日派が多いイルベはNAVERやDaumムよりも人数が少なく、同じような思考を持つ韓国人は1割にも満たないと思います。 しかし、NAVERへもイルベのような少数思考を持った人がコメントをして、人気コメントになったりします。 NAVERが親日的なコメントで溢れると、「イルベから出てくるな!」といった批判もされます。 他にも、ゲームの話題が中心で、日本オタクも多いという掲示板サイトもあります。 ルリウェブは政治的なトピックではイルベと異なり、一般韓国人の間隔に近いです。 つまり、日本オタクでも、政治的に日本へ肩入れする人は少ないのです。 不買運動前に日本旅行へ来た人達も、この層が主だったとされます。 日本には興味があるけど、政治的には反日の人達です。 政治的にも日本寄りのイルベは、韓国では特殊な存在になります。 カイカイ反応通信のコメントは、翻訳元によってかなり違っています。 反応が変わった際には、世論が変わったのではなく、翻訳元が変わっている可能性もあります。 カイカイ反応通信に限らず、韓国の反応を読む前には翻訳元を確認すべきです。

次の

カイカイ反応通信の新着記事

カイカイ 翻訳

経歴 9月にミシガン・オンタリオ州リーグのベイシティ球団からに昇格。 最初の3年間は殆ど試合に出ていなかったが、4年目のに117試合に出場し、打率. 354、165安打、32盗塁の活躍をしてパイレーツのレギュラー外野手となり、同年MVPの候補にもなった。 次の年の、カイラーは持ち前の足の速さとバッティングの上手さを発揮する。 この年の144得点はリーグ最多となったのをはじめ、41盗塁は前年に続いてリーグ2位、打率. 357、安打数220を記録、打点も100打点を超え勝負強さも発揮した。 のフィリーズ戦では、当時狭いことで有名だったで2本のランニングホームランを放っている。 同年出場したワールドシリーズでは6打点を挙げてパイレーツのシリーズ制覇に貢献、リーグのMVP投票では2位となった。 翌1926年は2年続けての最多得点に加え、自身初の盗塁王にもなったが、のシーズンオフに、パイレーツからにトレードされた。 カブス移籍後の1928年シーズンは打率3割を割ったものの、37盗塁で2度目の盗塁王となる。 1929年と1930年は「100得点、100打点、30盗塁」を2年続けて記録し、前年とあわせて3年連続の盗塁王にもなっている。 シカゴにまで在籍後、シーズン途中にレッズに移籍、にで現役を引退する。 翌年からはマイナーリーグのコーチを務めた後、1941年から3年間はコーチとしてカブスに復帰している。 最後にメジャーに関わったのは1949年のレッドソックスで、翌に51歳でミシガン州にて死去。 、ベテランズ委員会により入り選手に選出された。 カイラーはメジャーリーグでシーズン25本以上の三塁打を放った最後の打者になっている。 詳細情報 年度別打撃成績 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 --. 000. 000. 000. 000 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- ---- ---- ---- ---- 11 46 40 4 10 1 1 0 13 2 2 3 0 -- 5 -- 1 3 --. 250. 348. 325. 673 117 515 466 94 165 27 16 9 251 85 32 11 12 -- 30 -- 7 62 --. 354. 402. 539. 940 153 701 617 144 220 43 26 18 369 102 41 13 12 -- 58 -- 13 56 --. 357. 423. 598 1. 021 157 694 614 113 197 31 15 8 282 92 35 -- 21 -- 50 -- 9 66 --. 321. 380. 459. 840 85 330 285 60 88 13 7 3 124 31 20 -- 5 -- 37 -- 3 36 --. 309. 394. 435. 829 133 581 499 92 142 25 9 17 236 79 37 -- 24 -- 51 -- 7 61 --. 285. 359. 473. 832 139 596 509 111 183 29 7 15 271 102 43 -- 16 -- 66 -- 5 56 --. 360. 438. 532. 970 156 741 642 155 228 50 17 13 351 134 37 -- 17 -- 72 -- 10 49 --. 355. 428. 547. 975 154 710 613 110 202 37 12 9 290 88 13 -- 20 -- 72 -- 5 54 --. 330. 404. 473. 877 110 489 446 58 130 19 9 10 197 77 9 -- 10 -- 29 -- 4 43 --. 291. 340. 442. 782 70 294 262 37 83 13 3 5 117 35 4 -- 7 -- 21 -- 4 29 10. 317. 376. 447. 823 142 608 559 80 189 42 8 6 265 69 15 -- 13 -- 31 -- 4 62 10. 338. 377. 474. 851 45 177 157 22 42 5 1 4 61 18 3 -- 5 -- 10 -- 5 16 3. 268. 331. 389. 720 62 253 223 36 56 8 3 2 76 22 5 -- 1 -- 27 -- 2 18 2. 251. 337. 341. 678 '35計 107 430 380 58 98 13 4 6 137 40 8 -- 6 -- 37 -- 7 34 5. 258. 335. 361. 695 144 623 567 96 185 29 11 7 257 74 16 -- 7 -- 47 -- 2 67 7. 326. 380. 453. 833 117 449 406 48 110 12 4 0 130 32 10 -- 5 -- 36 -- 2 50 15. 271. 333. 320. 654 82 290 253 45 69 10 8 2 101 23 6 -- 1 -- 34 -- 2 23 6. 273. 363. 399. 321. 386. 474. 860• 各年度の 太字はリーグ最高• 「-」は記録なし• :4回 1926年、1928年 - 1930年 記録• 最多:2回 1925年、1926年• 出場:3回 1925年、1929年、1932年• 出場:1回 1934年• :1回 1925年6月4日.

次の

日韓翻訳ネット掲示板 「 カイカイch 」

カイカイ 翻訳

経歴 9月にミシガン・オンタリオ州リーグのベイシティ球団からに昇格。 最初の3年間は殆ど試合に出ていなかったが、4年目のに117試合に出場し、打率. 354、165安打、32盗塁の活躍をしてパイレーツのレギュラー外野手となり、同年MVPの候補にもなった。 次の年の、カイラーは持ち前の足の速さとバッティングの上手さを発揮する。 この年の144得点はリーグ最多となったのをはじめ、41盗塁は前年に続いてリーグ2位、打率. 357、安打数220を記録、打点も100打点を超え勝負強さも発揮した。 のフィリーズ戦では、当時狭いことで有名だったで2本のランニングホームランを放っている。 同年出場したワールドシリーズでは6打点を挙げてパイレーツのシリーズ制覇に貢献、リーグのMVP投票では2位となった。 翌1926年は2年続けての最多得点に加え、自身初の盗塁王にもなったが、のシーズンオフに、パイレーツからにトレードされた。 カブス移籍後の1928年シーズンは打率3割を割ったものの、37盗塁で2度目の盗塁王となる。 1929年と1930年は「100得点、100打点、30盗塁」を2年続けて記録し、前年とあわせて3年連続の盗塁王にもなっている。 シカゴにまで在籍後、シーズン途中にレッズに移籍、にで現役を引退する。 翌年からはマイナーリーグのコーチを務めた後、1941年から3年間はコーチとしてカブスに復帰している。 最後にメジャーに関わったのは1949年のレッドソックスで、翌に51歳でミシガン州にて死去。 、ベテランズ委員会により入り選手に選出された。 カイラーはメジャーリーグでシーズン25本以上の三塁打を放った最後の打者になっている。 詳細情報 年度別打撃成績 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 --. 000. 000. 000. 000 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- ---- ---- ---- ---- 11 46 40 4 10 1 1 0 13 2 2 3 0 -- 5 -- 1 3 --. 250. 348. 325. 673 117 515 466 94 165 27 16 9 251 85 32 11 12 -- 30 -- 7 62 --. 354. 402. 539. 940 153 701 617 144 220 43 26 18 369 102 41 13 12 -- 58 -- 13 56 --. 357. 423. 598 1. 021 157 694 614 113 197 31 15 8 282 92 35 -- 21 -- 50 -- 9 66 --. 321. 380. 459. 840 85 330 285 60 88 13 7 3 124 31 20 -- 5 -- 37 -- 3 36 --. 309. 394. 435. 829 133 581 499 92 142 25 9 17 236 79 37 -- 24 -- 51 -- 7 61 --. 285. 359. 473. 832 139 596 509 111 183 29 7 15 271 102 43 -- 16 -- 66 -- 5 56 --. 360. 438. 532. 970 156 741 642 155 228 50 17 13 351 134 37 -- 17 -- 72 -- 10 49 --. 355. 428. 547. 975 154 710 613 110 202 37 12 9 290 88 13 -- 20 -- 72 -- 5 54 --. 330. 404. 473. 877 110 489 446 58 130 19 9 10 197 77 9 -- 10 -- 29 -- 4 43 --. 291. 340. 442. 782 70 294 262 37 83 13 3 5 117 35 4 -- 7 -- 21 -- 4 29 10. 317. 376. 447. 823 142 608 559 80 189 42 8 6 265 69 15 -- 13 -- 31 -- 4 62 10. 338. 377. 474. 851 45 177 157 22 42 5 1 4 61 18 3 -- 5 -- 10 -- 5 16 3. 268. 331. 389. 720 62 253 223 36 56 8 3 2 76 22 5 -- 1 -- 27 -- 2 18 2. 251. 337. 341. 678 '35計 107 430 380 58 98 13 4 6 137 40 8 -- 6 -- 37 -- 7 34 5. 258. 335. 361. 695 144 623 567 96 185 29 11 7 257 74 16 -- 7 -- 47 -- 2 67 7. 326. 380. 453. 833 117 449 406 48 110 12 4 0 130 32 10 -- 5 -- 36 -- 2 50 15. 271. 333. 320. 654 82 290 253 45 69 10 8 2 101 23 6 -- 1 -- 34 -- 2 23 6. 273. 363. 399. 321. 386. 474. 860• 各年度の 太字はリーグ最高• 「-」は記録なし• :4回 1926年、1928年 - 1930年 記録• 最多:2回 1925年、1926年• 出場:3回 1925年、1929年、1932年• 出場:1回 1934年• :1回 1925年6月4日.

次の