辛いもの 下痢。 辛いものは健康効果があっても食べ過ぎ注意!激辛料理が癖になる理由

辛いもので下痢になった!この対処法でスッキリ簡単に下痢を克服!

辛いもの 下痢

辛いものが大好きな人って結構いますよね。 辛いものは、適度な量ならば肉や魚の臭さを消してくれる 薬味としての役割がありますし、 食欲増進、脂肪分解などの健康効果も期待できます。 しかし、適量を超えた辛いものというのは 下痢や腹痛を引き起こすことがあります。 激辛料理を食べた次の日、下痢を起こしてしまったばかりか、肛門が刺激されて痛いという経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。 そして辛いものに大抵使われているのが皆さんご存知の「 唐辛子」ですね。 ということで、こちらでは唐辛子などの 辛いものを食べるとなぜ下痢や腹痛を起こしてしまうのか?その原因や対処法などをお伝えしたいと思います。 「辛い」は味覚ではなく痛覚と温覚 まず、辛いものを食べた時に感じる 「辛味」というのは味覚ではなく「痛覚と温覚の融合」によってもたらされるものと言えます。 辛いものの代表とも言える 唐辛子にはカプサイシンという辛味成分が含まれていますが、唐辛子を食べた時のその舌は「痛い」と同時に「 熱い」という感覚を覚えているはずです。 これは口の中にあるカプサイシン受容体に作用したことで引き起こされる反応で、生理学上の味覚として分類される「甘味・塩味・酸味・苦味・旨味」の5つが味覚受容体細胞に作用することで引き起こされる機構とは明らかに異なります。 さらに言うと ワサビに含まれる辛み成分であるアリルイソチオシアネートは「ワサビ受容体(冷刺激受容体TRPA1)」に作用されることで辛みを引き起こし、カプサイシンとは反対に 清涼感を伴うツーンとした辛味が特徴です。 このようにして、 痛覚と温覚の双方に働きかけるのが「辛い」という感覚なのです。 さらに言えば、辛いものの痛覚刺激というのは口の中に限らず全身で味わうことが出来ますね。 唐辛子が目に入ると激痛ですしね。 このように辛みが痛覚を伴う物理刺激であることを考えると、辛い物を食べ過ぎて下痢になってしまうのもなんとなく理解が出来ますね。 唐辛子のような辛いもので下痢・腹痛になる原因はカプサイシン 恐らく「辛い物を食べて下痢を起こす」という場合はほとんどが唐辛子に含まれる カプサイシンが原因になります。 それは、「自分の体の許容範囲を超えた量を食べる」ということが最も多いのが唐辛子だからです。 唐辛子をふんだんに使った料理というのは、激辛ラーメンや中華料理に結構多くありますからね。 辛い物は唐辛子の他にもワサビ、生姜、山椒などもありますが、これらの辛いものは大抵「薬味」として使われているものを食べる程度だけで、そこまで大量摂取をすることはないはずですからね。 適量のカプサイシンを取っている分には 腸内細菌を活発にしたり、大腸のカプサイシン受容体に作用して 大腸がんが抑制されることが分かっていますが、やはり取りすぎは禁物ということです。 体の中の暴れん坊・カプサイシン 唐辛子に含まれるカプサイシンってのは暴れん坊で、体の至る所に刺激を与えていくんですよね。 口の中で痛覚と温覚を刺激し、飲み込んだ後は食道を刺激して 胸焼けを起こし、胃に運ばれれば胃酸の分泌を促して粘膜を傷つけて 胃痛を引き起こし・・・といった具合に、 食べ物の通り道全てを刺激していきます。 さらに厄介なことに、 カプサイシンというのは人間の体では消化ができません。 消化されないということは 小腸で吸収できないということであり、小腸を通り過ぎて大腸へと運ばれていきます。 こういった消化されない物質が大量に腸にとどまると、 消化不良を起こして下痢・腹痛になってしまいます。 また、カプサイシンには 交感神経を刺激する作用があります。 これにより腸の蠕動運動が活発になるため、食べたものを腸へと送るスピードが早くなります。 すると、食べたものの水分を吸収しながら大腸へと送るという本来の体の働きが行われず、水分の多い便が出来てって下痢・腹痛になるということも考えられます。 さらに間接的な原因を考えるならば、辛いものを食べた時、口の中の辛さを和らげようとして 大量の水を飲むことも下痢の原因にもなります。 大量の水を摂取すると胃液が薄まり消化不良をも引き起こしますしね。 しかも カプサイシンは水には溶けないので胃腸の中ではカプサイシンの刺激は弱まるどころかあまり意味がないのです。 唐辛子の下痢・腹痛の対処はどうしたら良い? 唐辛子のような辛いものを食べた時の下痢・腹痛はどのように対処をしたら良いのか? これには 牛乳を飲むことが効果があります。 牛乳などの乳製品には カゼインというタンパク質が含まれています。 筋トレに詳しい人ならカゼインを使ったプロテインというのはご存知だと思いますが、 カゼインにはカプサイシンと結びついて刺激を和らげてくれる機能があります。 これは、単に下痢・腹痛を抑えるための対策というだけでなく、舌の上で繰り広げられる辛味そのものを中和してくれる効果も期待できます。 ちなみに、 あらかじめ牛乳を飲むことで胃腸の粘膜を保護してから辛いものを食べる 、という予防対策も考えられますが、 牛乳を飲んでも粘膜に残らず洗い流されてしまうのであまり意味が無いです。 あるいは牛乳が苦手という方なら、 お茶や コーヒーなどを飲むと良いでしょう。 これらに含まれているタンニンに整腸作用があるためです。 一番いい対処方法は「唐辛子を食べないこと」に尽きるのですが・・・好きでどうしても食べたいという方は自らを守る対処法を持っておきましょうね。 長期的には腸内環境を整えて強い腸を作ることがベスト 牛乳、コーヒー、お茶を飲むというのはあくまでも対処療法であり、もっと根本的なことを言うなら 腸内環境を整えて強い腸を作ることが一番のケアになると思います。 過敏性腸症候群(IBS)患者は健常者に比べて唐辛子の刺激に弱いという実験結果も得られているように、腸内環境の良し悪しがそのまま下痢の引き起こしやすさにも直結します。 そして、何よりも腸内環境を整えることは下痢体質の改善だけでなく美肌、ダイエット、不妊症、骨の強さ、などあらゆる健康効果をもたらします。 それは、脳を含めた全ての臓器のルーツが腸だからです。 もし、腸内環境のことをもっと詳しく知りたい!という方は、「 腸内環境の全て」を伝える無料講座を是非ご覧いただければと思います。 まとめ:唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は? 唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法をお話してきましたが、まとめると ・「辛い」という感覚は味覚ではなく「痛覚と温覚の融合」 ・唐辛子に含まれるカプサイシンが腸を刺激したり消化不良を起こして下痢・腹痛になる ・唐辛子による下痢や腹痛の対処法には牛乳が効果的 ということですね。 なんだかこうしてみると、腸にとっては唐辛子などの辛いものはあまり良い効果がなさそうです。 それでも好きだからと辛いものを食べた際には、なるべく腸のケアなどをしてあげましょう。 長期的には、腸内環境を整えることがカプサイシンによる下痢を体調面からの根本的なケアとなるでしょう。

次の

なぜ?香辛料で下痢になる原因と対策

辛いもの 下痢

辛いものを食べたあとに 下痢になったという経験はありませんか? 私は高確率で辛いものを食べると下痢になってしまいます。 例えば火鍋を食べたあとは、どうにも腹痛が治まらず駅のトイレに駆け込むことになりました。 (すぐにトイレに行ける状況だったので本当に良かったです。 ) 他にはグリーンカレーやファミリーマートのスパイシーチキン、サイゼリアの辛味チキンなどでも下痢になったことがあります。 とはいえ毎回下痢になるわけではないので、体調にもよるようです。 下痢になるかもしれないのであれば、辛いものを食べなければいいじゃないかと思われるかもしれませんが、結局好きなものは食べたくなってしまうんですよね。 辛いものを食べて下痢にならない方法がわかれば、もっと気兼ねなく辛いものを食べられるなんて思いつつ、今回は辛い物を食べて下痢になる原因や対策について調べます。 Contents• 辛いものを食べて下痢になる原因 辛いものと言えば、わさびやからしなどもありますが、大抵の場合は唐辛子を使ったものを指しますよね。 唐辛子を使ったものを食べて下痢になった場合、それは唐辛子に含まれる カプサイシン の影響です。 カプサイシンは交感神経を刺激する働きがあるそうで、交感神経が刺激されると腸の働きが活発になります。 腸の働きが活発になるというと一見良いことのように思えますが、単純に動きが活発になっただけなので水分を十分に吸収する時間が取れないまま肛門へ送り出され、排出されてしまいます。 それが下痢という状態です。 また唐辛子などの辛いものは食欲を増進させたり、美味しさを際立たせてくれる素晴らしいものではありますが、体にとっては刺激物です。 そのため辛いものを食べたとき、体内でもその刺激を受けるため、胃にダメージを与えてしまい消化が出来ないまま排出されて下痢になるというパターンもあります。 余談ですが、中国で唐辛子そのものをバクバク食べている「唐辛子おじさん」なる人がいるそうです。 (テレビでみただけですが、本当に唐辛子をそのままかじっていました。 )健康を保つために唐辛子を直食いしているそうなのですが、その人は特殊だと思うので絶対に素人が真似をしてはいけません。 (通常であれば健康になる前に胃が荒れますね) ただ唐辛子に含まれるカプサイシンは血行促進効果などがあるため、美肌効果も期待できると聞いたことがあります。 唐辛子おじさんも肌はとてもきれいでしたよ。 辛いものを食べたとき下痢を防ぐ方法 腸内環境を整える 辛いものを食べたときに下痢が起こるのは、そもそも腸の環境が悪くなっており、少しの刺激に過敏に反応するようになっている可能性があります。 善玉菌を増やして腸内環境を整える工夫をしましょう。 便秘になると悪玉菌が増え、腸内環境が悪化してしまうので、便秘にならないよう食物繊維も積極的に摂ることが大切です。 最近は腸内環境を整えるという売り文句のヨーグルトや乳酸菌飲料も多いので、それらを試してみるのもよいでしょう。 辛いものをいきなり食べない・辛いものと他のものも一緒に食べる 辛いものだけを食べているとダイレクトに胃や腸に刺激を与えることになります。 野菜を一緒に食べたり、カレーなどであればラッシーなどヨーグルト飲料と一緒に食べるなど食べ合わせを考えて胃や腸への刺激を和らげてあげる工夫が必要です。 辛いものに体を慣れさせる 人間の体というのは面白いもので、刺激に慣れるように出来ています。 辛いものを食べることも例外ではありません。 辛いものが好きということであれば食べる回数を重ねていくごとに下痢を起こしにくくなるという可能性もあります。 ただ無理をして短期間でたくさんの辛いものを食べて慣れようとするのは胃や腸に負担をかけて逆効果になりかねないのでやめましょう。 (唐辛子おじさんみたいなのはNGですよ。 ) タンパク質と一緒に タンパク質と一緒に辛い物を食べることで、舌への刺激を減らし、胃などに与える負担も軽減してくれるそうです。 肉と唐辛子の組み合わせも美味しいものが多いのでこれは朗報かもしれませんね。 グリーンカレーなどを食べるときお肉と一緒に食べると確かに辛味が緩和される気がします。 「なるほど」といった感じです。 飲み物を一緒に お水がほしくなるように辛いものを食べるときには我慢せずに水分を一緒に摂りましょう。 熱くて辛いものを食べるとき、冷たい時よりも余計に辛く感じた経験が誰しもあると思います。 飲み物を一緒に摂ることで辛味を和らげ、食事をより一層楽しむことが出来ます。 辛みの感じ方とは別に食事の時に水分をしっかりとることで満腹感を得ることにもつながるそうなので、食事の時は飲み物もセットでとることで食べ過ぎ防止にもなり一石二鳥です。 辛いものを食べて下痢になったときの対処法 辛いものを食べた直後、下痢になってしまった場合、すぐに対処できる方法はトイレに駆け込むことしかありません。 我慢してもどうにもなりませんので、抗わずにトイレに向かいましょう。 (この場合は温めてもどうにもなりません。 ) 私の場合ですが辛いものを食べた後はお腹が外から触っても温かいのがわかるぐらいに熱を持つときがあります。 その時はたいていお腹が痛いので胃や腸が悲鳴をあげているんだろうなとしみじみ感じるのが常です。 お腹が痛くなったとしても辛いものを食べたときの腹痛は一時的で食べたもの(この場合は辛いもの)が体外に排出されてしまえば今までの痛みが嘘だったかのように簡単に治ります。 脱水症状に注意 下痢の時は水分も一緒に体外に排出されてしまうため、脱水症状を起こす危険もあります。 辛いものを食べるとき、汗をかいてしまう人は特に意識的に水分を取った方がよいでしょう。 刺激の少ない食事を 下痢を起こした時、胃はダメージを受けています。 その場合、また辛いものを食べてしまうと下痢と繰り返して胃が回復出来ません。 胃の粘膜が傷ついた状態、下痢が続くと胃腸炎などの病気になったり、ポリープが出来たりと病気になるリスクも上がってしまうので要注意です。 辛いものと下痢の関係ーまとめー• 辛いものを食べたとき、下痢になる原因は唐辛子の「カプサイシン」• 辛いものを食べたときに起こる下痢は腸が活発になって水分吸収が出来なかったからか、消化不良を起こしたから起こる• 腸内環境を整えたり、食べ方を工夫することである程度辛いものを食べても下痢を起こさなくすることは出来る• 辛いものを食べて下痢になってしまった場合は脱水症状と胃に優しい食べ物を食べるように注意する \ SNSでシェアしよう! / Hurray フレーの 注目記事を受け取ろう•

次の

辛いもので下痢になった!この対処法でスッキリ簡単に下痢を克服!

辛いもの 下痢

「辛味」が今大注目されています。 テレビ番組でも芸能人が激辛料理に挑戦していたり、2018年には中華の辛味を楽しむ「マー活」が流行したり。 そんな大ブームの辛味ですが、 辛いものを食べてお腹を壊した経験のある方も多いのでは? そういう私も、コンビニで買った激辛肉まんにやられたことがあります。 口からはファイヤー!だし下からはウォーター!だしでもう…… でもなぜ辛いものを食べると下痢になるのでしょうか? 予防策や治し方はあるのか、調べてみました! 辛いものを食べると下痢になるのはなぜ? なぜ辛いものを食べると下痢になるのか? その理由は 「摂りすぎ」と 「飲みすぎ」にありました。 辛いものを食べて下痢になる原因 (1)香辛料の摂りすぎ 知らない間に 香辛料の摂取量が限界突破しているパターンです。 最初は辛いと感じたはずが食べているうちに平気になるのは舌が麻痺していくため。 麻痺するとぱくぱく食べられますが、胃腸は本来の辛さに驚いて活発になりすぎ、下痢を引き起こすのです。 (2)胃腸に傷がつく 辛味成分が胃腸を傷つけると、水分がうまく吸収されなくなってしまいます。 その結果消化も弱まり下痢につながります。 (3)水の飲みすぎ 辛~い!とがぶ飲みしてしまう水が原因になることもあります。 腸が吸収できる水分量には限りがあり、それを超えた分が下痢という形で排出されるんですね。 しかも唐辛子などの辛味成分は油性のため、水を飲むと余計に口の中に辛味が広がるだけで、ますます飲みたくなってしまう悪循環に……。 下痢になりやすい香辛料は? (1)唐辛子 唐辛子は舌を麻痺させやすい香辛料。 また唐辛子に含まれるカプサイシンも体内で消化されにくく、胃腸を傷つけてしまう成分です。 (2)タバスコ 辛味の強いタバスコは胃腸の粘膜には大敵! (3)マスタード 辛味は弱いものの食べすぎは禁物。 イエローマスタードには塩と砂糖が加えられていて、これが胃腸の負担になることも。 (4)にんにく スタミナ増強にぴったりのにんにくですが、生で食べると胃腸に負担をかけてしまいます。 そもそも大量に香辛料を使う食文化のない日本人の体は、中国や韓国に比べて辛味に弱く、 消化不良になりやすいとされています。 辛い料理はほどほどに楽しむのがいちばんなんですね。 辛いものを食べる前に下痢を防ぐ対策はある? 胃腸から香辛料を洗い流してくれそうな水が逆効果だったなんて…… でもこれからは大丈夫。 この水を 「牛乳」や 「緑茶」に変えるだけで、辛いものを食べたときの下痢予防になるんです。 辛いものによる下痢を防ぐ方法 (1)牛乳を飲む 辛いものを食べるときには、牛乳を飲むと胃腸への刺激を抑えることができます。 これは牛乳に含まれる 「カゼイン」という成分がカプサイシンの働きをブロックしてくれるため。 ただし牛乳も飲みすぎると下痢の原因になるので注意してくださいね。 (2)緑茶を飲む 腸を整えてくれる タンニンを含んだ飲み物も下痢対策には効果的です。 さっぱりした飲み口の緑茶の他、 コーヒーや ワインでもいいですね。 (3)生野菜を食べる 例えばカレーにサラダは定番ですね。 あの組み合わせにはちゃんと意味があって、消化酵素と食物繊維の豊富な生野菜が腸内環境を整えてくれるんです。 食べ合わせを変えるだけで下痢が予防できるなら嬉しいですよね。 牛乳やサラダは味の面でも辛いものと相性抜群なので、無理なく実践できそうです。 辛いものを食べて下痢になったときの治し方! 量や食べ合わせに気をつけていても、体調によっては少しの辛さで下痢になってしまうことも。 そんなときは すぐにお腹を温め、胃腸をいたわる食事を摂ることが大切です。 下痢の治し方 (1)お腹を温める 下痢になってしまったらお腹を温めるのが何より大切です。 お腹が冷えると腸の動きが活発になり下痢を促進するので、 カイロや 湯たんぽ、 ドライヤーを使って温めてあげると腹痛が楽になりますよ。 (2)温めた牛乳を飲む 温めた牛乳は胃の粘膜を守ってくれます。 ただし飲みすぎると逆効果になるので、コップ1杯ほどを目安にしてくださいね。 冷たい牛乳はお腹を冷やすので必ず温めてから飲みましょう。 (3)おかゆを食べる 胃腸に優しく体も温まるおかゆは下痢のときでも食べられる強い味方。 また胃腸に負担の少ない 湯豆腐や整腸作用のある野菜たっぷりの ポトフもおすすめです。 (4)カフェインを避ける コーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物は下痢の大敵。 カフェインを摂ると、交感神経(体をコントロールする自律神経のうち活力をつかさどる神経)が高ぶり、腸の動きも活発になってしまうんです。 脱水症状に注意! 下痢になるとつい水分を控えてしまいがちですが、それは脱水症状への第一歩。 むしろ下痢のときこそしっかりと水分を摂ることが大切です。

次の