高温期11日目 排卵検査薬。 D23【高温期11日目妊検画像アリ】福さん式で妊娠してる時の子宮口ってこんな感じなのねと実感【妊活2周期目】の記録

超フライング検査 高温期9日目からはじめる妊娠検査薬

高温期11日目 排卵検査薬

新しいブログはこちらです。 よろしければご覧ください。 高温期14日目、生理予定日になりました。 高温期13日目は、判定ラインが高温期12日目と比べて濃くなっていなかったので、思わず検査薬で妊娠検査をしてしまいましたが、今のところ生理が始まる様子が無いので、少しだけ ほっとしています。 高温期13日目の記事はこちらになります。 さて、私が使っている妊娠検査薬の Wondfo(ワンダフォー)は、生理予定日から使える早期妊娠検査薬なので、高温期14日目からはフライング検査ではなくなりました。 なので、高温期14日目こそは、濃いめの判定ラインが出てくれるかなと思ったのですが、大して濃い判定ラインは出てくれませんでした。 高温期14日目、妊娠検査薬の結果 判定ラインが反応し始めるのは早くなりました。 尿をかけて数秒でぼや~と判定ラインが見え始め、少しずつ濃くなってきました。 終了ラインの半分くらいの濃さかなと思いますが、判定ラインがある事ははっきり分かると思います。 うーん、高温期13日目と比べて若干濃いか??と思えるくらいです。 でもやっぱり高温期14日目にしては薄い気がします。 娘を妊娠した時はこんな感じでした。 高温期14日目の朝に判定ラインが薄くなってしまいましたが、お昼に再検査した時は、終了ラインより ちょっと薄いくらいの判定ラインが出ています。 でもですよ、高温期12日目くらいから疑問に思い始めていたんですけど、このWondfo(ワンダフォー)って、判定ラインが終了ラインと同じくらいの濃さになるのは、そもそもいつ頃なんでしょう?? 生理予定日から使える早期妊娠検査薬だし、娘を妊娠した時は高温期14日目でけっこう濃い判定ラインが確認できたし、勝手に生理予定日くらいには終了ラインとほぼ同じくらいの判定ラインが出るものと思っていました。 でも、妊娠検査薬の説明書には判定ラインの濃さについては何も記載されていないし、検索魔になって検索しまくっても、Wondfo(ワンダフォー)のフライング検査でしっかり濃い判定ラインが出てる画像も、ほとんど見つけられませんでした。 それに、娘を妊娠した時と同じ妊娠検査薬を買ったつもりだったけど、パッケージや検査スティックのデザインが変わっていたので、もしかしたら、判定ラインの反応の仕方も変わったのかも知れません。 検査薬も同じWondfo(ワンダフォー)を使っていますが、娘と妊娠した周期と比べて、反応するのがゆっくりな気がしていました。 ドゥーテストは早期妊娠検査薬では無いので、高温期14日目に使用するのはフライング検査になるんですが、Wondfo(ワンダフォー)よりもこんなに濃い判定ラインが出るなんてびっくりしました。 この数日間、妊娠検査薬のフライング検査にお付き合いいただきまして本当にありがとうございました どうか赤ちゃん元気に成長してくれますように。 usako-diary.

次の

高温期が何日続けば妊娠?検査薬で陽性反応が出る時期

高温期11日目 排卵検査薬

妊活を意識したら、まず見直さなくてはいけないのが、生活習慣ですよね。 できるだけ健康な状態で、元気な赤ちゃんを授かりたいと思うのは当然のこと。 女性の場合、そんな体メンテナンスで一番大切なことは、基礎体温を付けることだと思います。 長く記録をつけていれば、自分の体調と基礎体温のグラフの形との関係が分かってきたりするものです。 妊活をスタートしたら、排卵日をしっかり見極め、その後は高温期がいつまで続くのか?ということが気になりますよね。 今回は、 高温期の11日目にスポットを当ててみたいと思います。 本来、高温期が12日以上続くことで、市販の検査薬もその精度が増すと言われていますが、高温期の11日目に検査することあるようです。 そんな時は、本当に正確に反応は出るの? もし陰性でも、その後に陽性になることもある?といった話もあるようなので、合わせて調べてみました。 出典:myselfishgenes. blogspot. jp 基礎体温をつけている人なら分かると思いますが、妊娠していない女性の基礎体温は、一般的に低温期と高温期の2層の繰り返しになっています。 注目すべきは、基礎体温表から、12日目以降も高温期が続くかどうかということです。 一般的には、精子と卵子が受精してできた受精卵は、1週間程度で着床がスタートし、完成するのが12日目ごろと言われています。 その後、下がるはずの体温が下がっていかずに高温期を続けているようであれば、めでたく妊娠したということになります。 妊娠がはっきり分かると、ホルモン分泌量が変化するため、様々な症状が出てきますが、高温期12日より前にそういった症状が現れる場合もあるようです。 高温期11日目の症状とは? 出典:mamasup. me 高温期12日目を待たずに、高温期11日目で、体温が下がってしまうことがあります。 高温期11日目に、たとえガタンとグラフが下がってしまっても、実は妊娠している可能性もあるのです。 もちろん、高温期11日目に体温が下がり始めて、その後に生理が来るようであれば、当然妊娠はしていませんが、12日目からまた上がりだす人もいます。 「インプランテーションディップ」と呼ばれるもので、受精卵が着床時に一時的に体温が下がる状態を指します。 ですから、11日目にガクンと基礎体温が下がったからと言って、『今回は無理だったか~』と諦めるのは早いのです! 高温期11日目で陰性でも妊娠することはある? 出典:www. everydayfamily. com また、高温期11日目に、市販の検査薬で反応をみることを 「フライング検査」と言います。 ただ、これは一般的な市販の妊娠検査薬を使用することでフライングといわれてしまいますが、高温期11日目でも、 早期妊娠検査薬というものを使用することで、妊娠の可能性を知ることが可能になります。 高温期11日目で一般の妊娠検査薬では陰性だったということはよくあります。 でも、高温期11日目でも、早期妊娠検査薬で調べてみると、陽性であるということがあるようです。 早期妊娠検査薬を使わなった場合は、一般の検査薬で陰性が出る可能性は高くなりますから、同時に基礎体温もつけ続けながら、高温期14日、つまり生理の予定日になるのを待ってみてはいかがでしょうか? おわりに しっかり基礎体温をつけていても、仕事が忙しかった、精神的にキツイ時があった…など、体も心もある程度影響してくることが、グラフからも読み取れるようになります。 客観的に、『実はダメージくらってるな~』なんてことも、結構素直にでることも、私にはありました。 妊活をして、もしかして!と妊娠検査薬を使った時、しっかり反応が出たときは、飛び上がるほど嬉しかったと同時に、本当かな?と疑う気持ちもあったことも確かです。 検査薬は、もちろんある程度の精度はあるようですが、それでも、少しでも思い当たるようなら、病院に行って、きちんと診断してもらった方が安心だと思いますよ。

次の

質問!ITmedia

高温期11日目 排卵検査薬

『1尿1検査薬』で検査をしています。 仕事や本数の関係で使う時間が統一されていません。 できるだけ同日に検査するようにしています。 判定線・終了線が逆転した時点で検査薬の使用終了としています。 ラッキーテスト(排卵検査薬)でフライング検査 まずはとりあえず陽性が出た高温期10日目までの写真です。 明らかに検査薬が濃く反応をしています! これまで多少濃くなることはあったんですが、妊娠検査薬で試すとすべて陰性でした。 『多少』ではダメなんですよね。 初期症状もそうですが、私の場合は『 明らかにこれまでと違う症状』が出ます。 もうほぼ確信できるくらい明らかです。 「う~ん、なんとなくそんな気がする…」ではないんです。 それが検査薬にも当てはまります。 というのが私が妊活を1年2ヶ月続けて導き出した結果です。 上の写真は高温期10日目で明らかに、誰が見ても濃くなっているのが分かります。 見た瞬間心臓が飛び出そうでした 笑 嬉しすぎて10日目なんて3回も検査してる 笑 それではその後もラッキーテスト(排卵検査薬)で検査し続けた写真がこちら。 判定線・終了線が逆転しています。 ドゥーテスト(妊娠検査薬)でフライング検査 高温期10日目のラッキーテストの濃さをinstagramでpostしたところ、みんなに「妊娠検査薬をしてみるべし!」と背中を押してもらったのをきっかけに、翌日の高温期11日目の朝イチでみんな大好きドゥーテスト(妊娠検査薬)でフライング検査をしてみました。 その時の写真がこちら。 それではその後も検査し続けたドゥーテストの写真をご覧ください。 うぅ、順調に濃いです! 本当に嬉しい! 最初の検査から5日間で逆転しました。 めちゃくちゃ早くないですか? こんなもの😳? ちなみに以前稽留流産になったときのドゥーテスト写真はこちら。 この時は最初に陽性を確認したのは高温期11日目なんですが、ハッキリと逆転するまでに約10日間かかっています。 この時は濃くなるのがゆっくりだったんですよね。 検査薬を使う時間帯によって濃さが異なる設 コレ皆さんいかがですか? 妊娠検査薬はあさイチの尿で検査するのが望ましいとされていますが、私の場合、夕方に検査薬使うと濃く出るんですよ。 先程も出しましたが、まずは今周期のドゥーテストをもう一度出してみます。 高温期13日目の濃さを覚えておいてくださいね。 同じ高温期13日目の夜のドゥーテストをご覧ください。 濃い! しかも何気に逆転していますよね😳 この日は検査薬を使う前に仕事をしていました。 写真はないのですが、翌日高温期14日目の同じ夜でやってみたら、ちょっとだけ濃さが控えめでした。 関係あるか分かりませんが、14日目は仕事休みだったんです。 このように私の場合は、使う時間やその日の疲れ方(?)もしくは動いた量(?)などによって濃さが異なることが改めて判明しました。 ラッキーテスト(妊娠検査薬)でフライング検査 感度が悪いと有名なラッキーテスト(妊娠検査薬)。 排卵検査薬の方は使っている方をすごくよく見るのですが、妊娠検査薬の方はあまりお見掛けしない気がします。 以前排卵検査薬を購入した時に、試しで買ってみましたが、これまで1度も線を見たことがありませんでした。 そんなラッキーテスト(妊娠検査薬)を高温期11日目でチャレンジ。 5本しかなかったので、5回分しかできませんでした😓 先程のドゥーテストに比べると、かなり薄いですね。 濃くなる経過も本当に徐々に。 でも感度が悪いなりに、反応してくれている方なのかもしれません。 他の方は「生理予定日を過ぎないと反応しなかった」という声もありましたので。 ちなみに化学流産の周期はまったく反応しませんでした。 まとめ とりあえず色々実験してみましたが、いかがでしたか? とりあえず今回の実験で分かったことをまとめてみます。

次の