競馬 すれ。 強い馬が強い競馬をすれどやっぱり競馬の基本は?な振り返り

競馬 予想すればするほど回収率が下がるってどういうこと? 情報収集(根拠集め)のパラドックスについて

競馬 すれ

こんばんは! 気温も上がりマスクがかなり厳しくなってきた…6月。 今週中ごろから関東も梅雨入りとのことで、ジメジメと不快指数も上がっていきます。 マスクはマスクですが熱中症の方が直撃の破壊力強いので(人にはうつさないけれど)自分の身は自分で守る、という事で気を付けていきましょう! と、いう事で(?)安田記念2020の振り返りです。 お気楽にお付き合いください。 昨年の程ひどくはないものの後方からのスタートとなったアーモンドアイ。 直線脚を伸ばすも、自身より内+前で競馬をしていたグランアレグリアが自身より速い脚を使って走り抜ければそりゃ…届きませんよね。 上りの脚だけを見れば、更に後ろにいたノームコアにもコンマ1秒ですがおとり(こちらは横山典騎手の肝の据わった騎乗!)… ・競馬は持っている能力比べではない と改めて教えてくれたレースだったのではないでしょうか。 そして競馬は、タイムトライアルでもない。 結局は「条件次第」であり、その条件とは、競馬場・馬場・天気・枠順・騎手・距離・他馬…結局は全てなのですが… 昨年末有馬記念で衝撃の強さを見せたリスグラシューが仮に今回の安田記念に出ていたら同じような衝撃を見せたかというと、かなりの確率でNOでしょうし、同じメンバーで枠順が違っただけ、逃げ馬が出遅れただけ、一頭逃げ馬がいただけ、自身が出遅れた、どんづまったで結果が変わるのが競馬です。 後はアレか、、アグネスデジタル的な「今日は走る気が無かっただけ」もありますかね。 アーモンドアイがまた違った条件で走れば強い競馬を見せてくれるものだとは思いますが、私たちは抜けた1番人気の頭固定馬券なんかかっていたらダメ、という事を改めて肝に銘じていきたいですね。 もちろん当たる時もありますが、一度当たると気分良くなって金額を貼るようになるのが人間です。 日本ダービーでコントレイルの頭固定で当たった方、そのお金安田記念でアーモンドアイ頭固定馬券で儲かった分以上賭けて「チーン」ってなっていませんか?? 条件を選ばず走るお馬さんと言うのは本当に稀です。 スポンサーリンク 近年の名馬でいってもキタサンブラックは瞬発力勝負に弱く、ジェンティルドンナはタフなレースに弱く、ウォッカは東京しか走らなく、ゴールドシップはエンターティナー。 オルフェーヴルだって、瞬発力勝負になったジャパンカップで「瞬発力勝負が得意な」ジェンティルドンナに負けています。 ね? ・競馬は持っている能力比べではない ですよね。 もちろん条件が合っていたところで、出遅れも、不利も、どん詰まりもあるのが競馬ですから…上記名馬たちって(マイナスの事を書きましたが)本当にすごいんです。 勝ったグランアレグリアはご存知桜花賞を圧勝したお馬さんですし、 本命にはしないが勝つ馬候補の一頭としては考えておきたいと思います。 と週中に書いた通り「勝つ馬候補の一頭」でしたが、思っていたより馬場の影響=タフな状況の為1600mまでしか走っていないこの馬にはリスクが…として印を下げてしまいました。 フタを開けてみたらあの圧勝ですから、、、反省。 次人気になったら嫌おう(懲りていない…)。 負けたアーモンドアイも別に悪いレースをしていないと思うので昨日の条件だったら「素直に」グランアレグリアの方が強かったということでしょう。 一方本命にしたダノンプレミアム(週中の時点で決めていた)はまーったく良いところなしの惨敗。 昨年の安田記念同様、2年連続で安田記念ウッヒャッヒャなレースでした。 騎乗していたレーン騎手 「馬場の内側が傷んでいて、そこを気にしていました。 チークピーシーズを付けて、手応えは良かったのですが、残り500mぐらいのところで、馬場に脚を取られてしまいました。 昨日の雨がこの馬には痛かったです」 とりあえず、敗因にしやすい馬場の事に触れていました。 ただ生涯においてやや重での勝利、前走は海外ですが不良馬場で3着と湿った馬場自体が悪いとは? ただ、湿った馬場は面白いもので、降り始めだと芝の表面だけが濡れていて一番よく滑る、同じ稍重でも芝が削れやすい(競馬場によって違う)、不良馬場じゃないの?稍重のわけないだろうってレベルの馬場… など、まーったく状況はちがってくるので本当に昨日の馬場は合わなかった可能性もありますし、海外帰りが影響していた可能性もあります。 まあその馬を引いた私がダメダメだったというだけ、ですね。 (しっかし池添騎手のインタビュー時、顔のあざには驚きました…) 5月中旬からどうも流れが良くなく、良い予想ができておらずとてもお恥ずかしいです。 要因はいろいろありますが、この間予想を書いたレースが10レースそこそこなので…まあそんなタイミングもあるよねと変に意識をいじらず行こうかな、と思っています。 ここら辺は難しいもので、「修正する」と息巻くこともできますが… 一週間変われば、馬場が変わります。 もう少し変われば競馬場も変わります。 そんな中自分が変わってしまうと余計ごちゃごちゃになってしまう…わけです。 ほら、サプリメントを沢山飲んで体質・体調は良くなった気がしても「どれが作用してくれたのか分からない」的なやつです。 泰然自若。 ブログをご覧頂いている人数を考えるとご迷惑をおかけしている方も少なからずいるとは思いますが、昨年もダメダメな時期があったように「あ、そのタイミングなのね」とゆるーくお付き合いを頂けますと幸いです。 息巻くことはしなくても、反省はしっかりして活かしていこうと思います。

次の

【BLOOD】府中マイルは負けられないロードカナロア産駒アーモンドアイ本命

競馬 すれ

2着までにくる確率、連対率も1番人気が高い 2着までにくる確率、連対率。 1着に来る勝率でも1番人気の馬が一番確率高い。 勝つ確率が1番高いのはデータ上確かです。 オッズが安い計算になるものの、年間の固まったデータを見ると確率の高いデータになっている。 この年間データはベタ買い、競馬予想するまでもなく、どんなレースの一番人気も買い続けることをしたときのデータです 競馬予想のデータのほとんどはベタ買いデータ、全てパターンになった馬を買い続けること前提のデータです。 そのことを語る人はあまりいませんが……。 一番人気の信頼度は高いです。 けれど、絶対的な信頼度かというと?。 確率はほぼ一定、複勝率は一定、計算のしやすい数字、オッズになってる。 不思議なもの。 一番人気の複勝平均配当は約130円ですが、買い続けること前提のオッズです。 確率、複勝率は人気が下がりオッズが上がるにつれて減っていく。 繰り返し書きますが、年間の固まったデータを見た場合の確率、オッズの計算です。 小倉競馬場2レース。 1番人気から3番人気まで複勝の下限が1. うーー。 多くの人が常識と考えてることも外れる計算が成り立ったりする。 ゆえに、競馬で1番人気の馬はいらないわけではないし、買わないわけではない。 一番人気の頼りすぎにはご注意。 馬券で儲かりにくくする ただ、一番人気に頼り過ぎると競馬は儲からない。 馬券は儲からない。 馬券の上手い人はレースで一番人気を持ってる馬の取捨選択がうまいだろう……。 オッズや確率の固まった計算のデータはデータと見ているだろう。 競馬の1番人気複勝率の取り扱いがうまい人は馬券もうまい。 一番確率の高いオッズの取捨選択がうまい。 それは一番人気が飛ぶ、たくさんのお金を持って馬券圏外に飛ぶことがわかるということでもある。 スポンサーリンク 馬券から消す一番人気。 買う一番人気。 馬券を買わないでいい、いらない1番人気を見つけ、買う必要がある1番人気は買う、馬券に組み込む。 この話、競馬じゃないところでも通用するだろうなぁと。 掘り下げて見ましょう。 だいたい年間通して、1番人気の複勝の出現回数は2100回くらい 配当・約130円。 2番人気は1650回くらい 約165円。 3番人気以降の出現回数は合計6000回くらい。 まぐれで生まれた複勝も含まれるけど、コツコツ予想してれば、2倍以上の払い戻しは存在する。 オッズに幅はあるけれど 中央競馬 JRA の1番人気、当たり前ですがどのレースにもいます。 1番人気のオッズに幅はあるものの、1番人気のいない競馬のレースはない。 混戦の1番人気なオッズと圧倒的1番人気なオッズのレースは存在する。 1番人気でも計算の成り立つオッズ構成と、そうでない計算の成り立ちにくいオッズ構成がある。 切る1番人気、飛ぶ1番人気、あたりがたい1番人気。 そんなデータがあります。 2頭いればだいたい1頭は馬券になる。 スポンサーリンク 1番人気の複勝馬券をベタ買いすると6. ちなみに1番人気の複勝を買い続ける馬券の買い方をした場合、年間回収率は83%前後。 ベタ買いといって、問答無用で1番人気の複勝を買い続けると、10回に6. 5回当たり、17%くらい掛け金が損することになります。 競馬予想のデータにはファクター・要素があるけれど1番人気で見ると儲からない 基本的に競馬予想のデータはベタ買い前提なデータが出されています。 予想法もなにもなく、機械的に買い続ける場合に出で来る数字というわけです。 工夫しないかぎり、1番人気は当たりやすいが儲からない。 競馬において1番人気がいらないわけではないが、頼りすぎると儲からない。 複勝は基本的に3つ当たる枠がありますから、複勝という馬券を考えたとき1番人気の馬を無理に狙って行く必要はないわけです。 ただ、人気が落ちれば的中率は下がります 回収率はなかなか一定を保つ。 圧倒的1番人気が1着だけど、複勝とっても美味しい。 — たけたけっ tktktu 2016. 5福島10レース 芝2600m 、1番人気6着に負けたミッキーシャンティ。 外枠から出て、内に2頭あたりいる外々をきっちり走って、1着馬と1. 0秒差。 コーナー数多い長距離戦の結果ですね。 次走も人気だろうけど……。 — たけたけっ tktktu スポンサーリンク 「常識ならば」の1番人気 さて、1番人気の馬はときどき「常識ならば」なんて言われます。 もしくは「実績なら」。 1番人気は馬券にな安いからといって買うのか、濃厚に調べるのか。 基本的に3つある複勝の枠から常識と評価されていた馬も消えていくことはままあります。 その理由は様々。 不利だったり、調子がイマイチだったり、休養明けだったり、馬場やペースがあわなかったり。 そもそも過大評価されてただけだったり。 1倍台の1番人気馬になると、複勝率は高くなりますが、それでも外れる馬はいます。 使ってこその確率。 1番人気。 競馬予想 確率というのは、使ってこそ確率です。 使うというのは、競馬予想して馬券を買うことです。 1番人気にも様々なオッズ幅があります。 65%の中にいる馬なのか、35%の中にいる馬なのか、ベタ買いしなくっても競馬予想して馬券の当たる確率を高くしておくことは悪いことではありません。 複勝率100%に近い1番人気のパターンを探して自信に変えるには? 複勝率100%に近い1番人気のパターンを探す人はいますが、データの固まりで探すことが発端でも、自分でデータを1件1件確認して自分なりの腑に落ちる形になるデータを再構築して使うことをお勧めします。 なにせ、頼りすぎると馬券で儲からないのですから。 この外れる常識35%感覚、1番人気外れる感覚というのは、競馬だけに限らずまったく違うところでも通用する数字なのではないかと思うのです。 競馬で1番人気な多数派が飛ぶように、世の中の常識も外れることもあるのさ。 35%くらいの確率で? 世の中で多くの人がやっていることをやらないと、「なぜ?」と聞かれます。 定職についてないと「なぜ?」、40歳で結婚していないと「なぜ?」、結婚5年目で子供がいなくて「なぜ?」と問われる人も多いでしょう。 この「なぜ?」は、正確にいえば「なぜ多くの人がやっていることを、あなたはやらないのか?」という質問です。 ですが質問者はたいてい思考停止状態なので、その質問の裏側に、「なぜみんなと同じことをする必要があるのか?」という問いも成り立ちうると気がついていません。 ちきりん『ゆるく考えよう』 イーストプレス 23pより 競馬予想して馬券を買うとき、本命党になるのは怖い 自分が「本命党になるのが恐い」のは、こんなところにあります。 もちろん、1番人気な馬が3着までに来る確率は10頭に6. 5頭です。 競馬において馬券になってくれます。 なりますが、確率というものは、大数の法則とでれでれの婚姻関係にありますので、あまりアテにしすぎるとヤケドします。 ただ、オッズ理論をノイズなく取り入れようとすると、馬券を買えない時間になってしまうんだけどね 笑。 馬券を買う場合、1番人気であることを最終的にオッズに決めてもらうんじゃなくって、1番人気であると決めるのは馬券を買う人が決めるわけです。 — たけたけっ tktktu ロージズキング、6番人気2着。 距離延長成功。 1番人気飛んだから、美味しいオッズに。 — たけたけっ tktktu 1番人気を信用しすぎてしまう確率の怖さと極私的データの有用性 たくさんのレースをぎゅーっと濃縮還元しているのが確率です。 確率は計算できます。 容易に。 ただ、自分で面倒でも1件1件見て再構築したデータ 極私的データ と、誰かが出してくれたデータ 他人的データ では意味合いが全く違います。 意味合いというのは、確率を使うとき、競馬予想して馬券を買うときです。 端的に書くと自信に差が出ます。 他人的データは個々のレース、まさに次のレースについてどうなのか、「うまくいくのか」「うまくいかないのか」については答えてくれません。 大数の法則の欠点はそれです。 でれでれの婚姻関係にはそこは「見えてるようで、見えていません」。 データがあれど、馬券を買う人が「個」をみないといけません。 データにおんぶにだっこになってては、馬券でうまくいかないだろうというわけです。 オッズの良し悪しは数多ある予想ファクター、もしくは勘、ベタ買いの集積からなされてる。 馬券を買った相手がどう予想したかは別として、馬券を購入したことにより評価は平均化されるわけです。 常識、常識と言う人たちが果たして常識の「個」に迫った上で「常識」と言っているのかどうか。 また、自分が言ってる常識はどのくらい「個」に迫ったところを経て常識と言っているのか……。 1番人気になることはまあないです。 オッズないない。 人気がないということは、オッズはとってもつきます。 要するに「儲けられる確率の高い計算」ができるということです。 儲けられるというのを、うまくいくと言ってもいいでしょう。 年間の固まったデータの確率からすると、1番人気、2番人気、3番人気と人気が下がるとオッズは上がっていき、当たる確率も下がる結果が出ます。 まさに今、競馬予想して馬券を買おうとしている馬がそのデータの確率に当てはまる計算が成り立つかどうかは個別に見る必要があるわけです。 常識といわれている馬でなく、常識でない馬を選ぶ。 競馬で1番人気な馬がいらないわけではないが、頼りすぎると儲からない。 馬券を買う。 遊びがないと申しましょうか。 馬券でうまく行ってる人は「65:35」に敏感なのだと思います。 その敏感なオッズ、確率の振り分けを腑に落ちてる予想ファクターでしていく。 ベタ買い前提な競馬予想データから、極私的な自分が扱えるデータに確率を変えていけるかどうか。 方向性を間違わずに手間をかけられるか。 ……さぁて、次のレース1番人気の馬券買うぞー。 複勝のオッズ、1. 0-1. 2だぞー。 ひゃっほーい おいっ、こらっ!。 以上、競馬予想。 一番人気馬、複勝率。 馬券になる確率は年間約65%。 オッズを常識とすれば35%は外れる計算。 頼り過ぎると儲からないという話でした。 週間プレイボーイの伊集院静氏の連載、車券師の話が続いてて面白い。

次の

競馬~負けた原因。どうすれば馬券で勝てるか?負ける要因。負け続ける理由。おけら街道

競馬 すれ

アーモンドアイ ダービーが終わり、2歳戦が始まる。 今年はコロナの影響で、馬のカレンダーの移り変わりも実感しにくいのだが、それでもレースは進んでいく。 さて、安田記念。 同じ東京マイルが舞台のヴィクトリアマイルとはなかなか直結しにくいレースだが、今年はアーモンドアイを本命視せざるを得ないか。 前走がまるで調教代わりのような楽勝。 この馬は格が違うという観点から昨年の有馬記念でも本命にして、そこでは大きく敗れたわけだが、当時は中山の2500メートルという特殊な舞台。 府中マイルであれば、ロードカナロア産駒としては、言い訳はできない舞台だ。 先週の目黒記念を勝ったキングオブコージのような長距離向きの産駒も出すロードカナロア。 ただ、その傾向のなかでは特殊とみていいだろう。 芝の勝ち鞍のうち、9割近くは1800メートル以下であるのが実情だ。 となれば、昨年は出遅れて追い込むも3着という結果に終わったこのマイルだが、普通に競馬をすれば十分に勝てる舞台ということだろう。 さて、相手も同じヴィクトリアマイル組からノームコアとしてみた。 ヴィクトリアマイルは高速決着になりやすく、開催が進んでやや時計がかかる安田記念とは結びつかない場合が多いのも事実だが、今年は無観客が続くため、外側を走っても大歓声にひるむことがないため、割とコースを選んで走ることができ、まだまだ速い時計での決着もあり得る。 だとすれば、ハービンジャーらしく長くいい脚を使ったうえで上がりの速い決着にも対応できるこの馬が浮上してくるのではないか、との見立てだ。 3番手に昨年のマイル王インディチャンプ。 ステイゴールド系駒も次の世代へ移ってきており、直仔は残り少なくなっているが、牡馬のなかでは珍しくワンターンのコースで勝てる馬。 コーナー4つの底力勝負に長けたタイプが多いだけに、この馬が種牡馬になってどんな産駒を出すのかも楽しみだ。 安田記念を連覇するようなことがあれば相当に箔がつく。 (アサカ・リョウ).

次の