ウーバーイーツ ただいま利用できません。 ウーバーイーツ(Uber Eats)が札幌に!配達エリアや料金を紹介

Uber Eats(ウーバーイーツ)の雨の日は稼ぎのチャンス!?

ウーバーイーツ ただいま利用できません

雨の日など、天気の悪い日は 配達パートナーが不足しやすく、注文を一時停止することがあります。 雨の中配達をして事故やけがをしたくない、濡れてまで配達をしたくないと考える人が増えると、そのエリアでは 距離制限がかかったり、 配送手数料が高くなったりします。 そんな状況を改善するために、雨の日には配達パートナーに 特別インセンティブが発生します。 しかしこのインセンティブ、なんと 抽選で 全員がもらえるわけではないとのこと…。 また、人数が少なくなったことにより配送手数料が値上げされますが、こちらも 配達パートナーには還元されないようです。 雨の日などの天気が悪い日は、まだまだ配達パートナー不足が続くかもしれませんね…。 Uber Eats(ウーバーイーツ)が注文できない原因 Uber Eats(ウーバーイーツ)が注文できない原因は、他にもありますのでみていきましょう。 そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間内であっても、すべての店舗が営業中であるとは限りません。 その場合、お店に設置してある Uber Eats端末の加盟店アプリをオフラインにしている可能性が高いです。 お店は、店舗の状況に合わせて 注文を受け付けたい時はオンライン、 受け付けない時はオフラインにして切り替えることができます。 例えば、材料が切れてしまう、ピークの時間帯でデリバリーの分の余裕がない、トラブルが起きたなどといった場合にオフラインにするようですね。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは副業として行っている人も多いので、怪我をする危険性が高い悪天候の日は 配達をオフラインにする人が増えます。 また、悪天候の日以外にも、 お正月やゴールデンウィークといったイベントや長期休み、猛暑など気温が極端に高い・低い場合も配達パートナーの数が減り、注文ができなくなります。 配達パートナー不足で注文ができない場合、 そのお店だけでなくほかの多くのお店で注文ができなくなることが特徴です。 もしすぐに注文したいという場合は、他の注文を受け付けているお店にするか、他の出前アプリを使うことをおすすめします。 その他の出前アプリで注文したほうが賢明でしょう。 まとめ Uber Eats(ウーバーイーツ)が雨の日に注文できない理由は様々ですが、「お店が営業時間外 or 休業日」「配達パートナーが不足している」「お店がUber Eats(ウーバーイーツ)をオフラインにしている」などがメインです。 注文者側でできることは無いため、静かに待つ事しかできません。 もしどうしてもフードデリバリーを利用する必要がある場合には、出前館や楽天デリバリーなどの、他のサービスの利用も検討してください。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文ができない?来ない!トラブル対処方マニュアル|UberLIFE

ウーバーイーツ ただいま利用できません

雨の日は稼げるの? 準備していたほうがいい雨装備は? 雨の日はクエストがつくって本当? Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリを立ち上げてもなかなか鳴らないなんてこと・・よくあります。 ただ、この状況は 天候が悪い時に一変するときがあります。 雨・雪の日はいつもより配達パートナーの数が少なく、注文が多い。 まさに需要と供給の関係で雨の日こそ配達パートナーに分があります。 このページではUber Eats(ウーバーイーツ)での 雨の日の稼ぎが大きくなる理由や、 気を付けるべきポイント、体験談などをご紹介しています。 雨の日にUber Eatsをすれば稼げる?なんて悩んでいる方のお役に立てたら幸いです。 雨の日はUbereatsは利用できない? 梅のひどい日はUber Eatsが注文できないことが良くあります。 注文者側でUber Eatsを頼もうと思っても 頼めないことが多々あります。 理由は大きく2つです。 注文者側の立場で考えたときは、雨の日など天候が悪い時こそランチで社外に出たくなかったり、自宅にこもってネットフリックスを見ていたいこともありますよね。 通常の出前やピザの配達なら配達時間が多少遅くなるぐらいですがUber Eatsは少し違います。 Uber Eats(ウーバーイーツ) ただいま利用いただけません。 1つ目の理由が、ただいまご利用できませんと表示されるときです。 この理由は配達パートナーが不足していて、お店は営業していても届けてくれる人が足りないということです。 ある雨の日のUber Eats(ウーバーイーツ)アプリ 最初はお店の数が近場だけに減っていくだけですが、そのうち全滅してしまうこともあります。 雨の日だからこそ、外に出たくないからUber Eatsを頼もうと思っているのに頼めない・・。 注文者側でもかなり残念な気持ちになります。 雨で配達料が高騰する この頼めない状況の前にも配達料の高騰が起きます。 通常であれば260円のお店が740円になったり、ひどい時には1,000円を超えることもあります。 こうなるとUber Eatsを頼めても、金額的に頼みたくない気持ちになります。 つまり、雨の日は注文者>配達員の状況が健著になりUber Eatsが機能しなくなってしまします。 だからこそ、配達パートナーにとっては チャンスなんです。 雨の日のウーバーはリスクもあるが・・ Uber Eatsには通常の配達料以外にブーストやクエストといった特別なインセンティブが用意されています。 通常の配達バイトのように雨の日も強制的にシフトが入っていれば出勤しなければならないわけではないので、いつも通りであれば配達パートナー不足になってしまします。 そのために、Uber Eatsが準備してくれているのが雨の日のインセンティブ(クエスト)になります。 雨の日はオーダーがよく鳴るだけでなく、 クエストと呼ばれる回数特別インセンティブが付くことが良くあります。 雨の日や雪の前日に「特別インセンティブ」がメールやアプリ内で通知されることが多くあります。 クエストと呼ばれる配達回数の達成制による特別な報酬です。 クエストは雨の日だから必ず付くわけではありません。 突然の雨などでは付かないケースもあります。 前日にこのようなメールが来て、翌日は実際には雨が降らないなんてラッキーな事もあります。 こういった日は逆に配達パートナーが多く鳴らなくて逆に非効率になることもしばしばです。 下記はクエストの一例です。 オーダーの増加が予想される明日15日の東京エリアでは、ブーストに加え、配達回数に応じて以下の特別インセンティブを獲得できます。 明日15日の10:30 - 14:59に 4〜7回配達を完了すると400円、 8〜11回配達を完了すると1000円、 12回以上配達を完了すると2000円 17:30 - 21:59に 4〜7回配達を完了すると400円、 8〜11回配達を完了すると1200円、 12回以上配達を完了すると2500円 【ubereats】特別インセンティブで、最大4500円を追加で獲得 このような回数達成制のクエストは 4回、8回と目的の数字をクリアすることが大切です。 そのためには距離は短くても数多くのピックとドロップを繰り返す必要があります。 普段はダブル(2件同時にピックすること)のメリットや危険性で判断することがあるにしても、クエストがかかっているときはリスクを抱えても取り行くこともあります。 クエスト攻略時はロングピックは依頼を受けないようにしてなるべく短距離で回数を増やすことが大切です。 ベテランの配達パートナーの中には、雨の日や天候の悪い時だけ稼ぎまくると考えいる方もいらっしゃいます。 ただ次に話すように危険度も高まるため、私は雨の日の稼働はお勧めしません。 もしやるのであればできる限りの準備をして臨みましょう。 雨の日は歩道ではたくさんの人が傘をさしているのでウババックに気を付けなければいけない 歩道で人の傘にあたらない 歩道ではたくさんの方が傘をさしています。 雨が降っていなかったら歩道でもスイスイ抜けられますが傘があるときは気をつけてください。 特に背中の大きなバッグが傘に当たると歩いている方を濡らす可能性があります。 特に始めたばかりの方は背中のバックの大きさの把握が難しいです。 人混みが激しい場合は、その道を避ける、自転車を降りるなどの工夫が必要かもしれません。 車道の滑る部分に特に注意 普段から車道を走っている方は、雨の日も車道を走るかもしれません。 車道はどうしても速度を出して走りがちです。 白線、マンホールなど特に滑りやすい箇所があります。 また、大雨の時は自動車の泥はねも気を付けなければなりません。 何より速度を落として走ることが何よりです。 雨の横断歩道はとても滑る 乗ればすぐに分かることなので当たり前なんですが、特にロードバイクはスリップが非常に危険です。 特にマンホールや横断歩道は危険です。 歩道は傘が多く走れず車道に出ざる得ないことも多いのでクルマの速度にも注意して配達しましょう。 雨で視界がせまくなる 自転車でスピードがのってくると顔面にあたる雨粒で前の視界が見えにくくなります。 レインコートの防止に視界確保の透明な箇所があれば使いやすいですが、なければメガネをかけるなど視界確保を考えておきましょう。 商品の出し入れに注意する 商品を出し入れするときにカバンの中に雨が入らない様に注意しましょう。 雨がひどい時はなるべく屋根があるところでの出し入れを考えたほうが無難です。 雨対策の装備 雨の中果敢に配達に向かうには準備しておくべき装備があります。 効率的に雨の日に稼ぐには事前準備が大切です。 ここでは必要なものを列挙していきます。 リンク 特に電車でUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアまで来ている方は 帰りの電車も考えなくてはいけません。 スイムタオルは便利 雨の日はカッパを着ての配達になると思います。 建物の中に配る時に、カッパのままだと床のタイルを濡らしてしまいます。 特に、エレベーターで他の方が乗ってきたときにはかなり気まずいです。 私は、スイム用のタオルを持ち歩き建物内に入る時は外で拭いてから入っています。 雨の日はタオルなどで拭いてもすぐにビショビショになるので、 スイム用タオルなら絞ればすぐに水を切れます。 また 吸 水性を考えると普通のタオルとは比べ物になりません。 サイズも小さめで十分ですので雨の日にぱっと水滴をとるのにオススメです。 それほど高くないものなので準備しておくことをオススメします。 スイムタオルといってもいろいろな大きさがありますが小さめのほうが便利です。 リンク ヘルメット ヘルメットの選び方についてはもご紹介のページにてご紹介していますが、雨の日に限らず必需品です。 雨の日以外の必要な装備 雨の日以外にいつでも必要な装備についてはにてご紹介しています。 バッグの雨対策 最初の黒いウババッグは防水チャックになっており雨が入ってこない構造になっています。 ただ何度もバックも様変わりしており、緑のバック以降は防水になっていません。 防水カバーも配布していましたが ダブル(2件配達)で外にウババックをおいて配達にいった時にチャックをしっかり閉めずに雨が浸水していたことがありました。 幸い商品にはかかっていなかったので良かったのですが、雨の日はチャックの確認をしっかりした方がいいですね。 バックの雨よけも支給されていますがかなり手間になると聞いています。 また、かなりの大雨の時は外でウババックから商品を出さずに建物の中に入れたほうが安心です。 外で商品を出してしまうと商品が雨にあたってしまいます。 【Uber Eats】雨の日は稼ぎ時!?【まとめ】 今までお話したことを簡単に纏めます。 ・レインコート ・スイムタオル ・シューズカバー ・レインシューズ ・防水スマホケース Uber Eats(ウーバーイーツ)での 雨の日の配達は稼ぎのチャンスです。 ただ、その分気を使わなくてはいけないことが晴れている日の倍以上あります。 そもそも、運動がてらとか、気分転換でUber Eatsの配達をされている方からみれば何も楽しいことはありません。 ただただ、つらいです。。。 その分は 稼ぎで返ってくるのも事実。 ただ、先ほどお伝えした通り私は雨の日のUber Eatsの配達は危険なのでお勧めしません。 もし雨の日はでご紹介した仕事にチャレンジしてみてもいいかもしれません。 やるのであればここで挙げたことに少し気にかけてもらって、 安全に稼ぎたいですね。 最後までお読み頂きありがとうございます。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)で「ただいまご利用いただけません」が表示される理由

ウーバーイーツ ただいま利用できません

上記のケースを確認したら、次は「ただいまご利用いただけません」が表示される理由を見てみましょう。 この「理由」によって注文再開まで「待つか」「諦めるか」を判断することが出来ます。 「ただいまご利用いただけません」が出る理由 Uber Eats(ウーバーイーツ)ではお届け先を入力するか、現在地を通知することにより、 配達可能な範囲内の加盟店が表示されるようになっています。 なぜ「ただいまご利用いただけません」が表示されるかは、様々な原因がありますが大きく分けて下記の2つに分かれます。 加盟店の原因• Uber Eatsの原因 それぞれを詳しく説明していきます。 加盟店は、Uber Eats(ウーバーイーツ)という商店街の中にそれぞれのお店が出店しているような状態のため、開店時間や休業日は店舗によってバラバラです。 Uber Eatsの営業中は、加盟店も必ず営業しなければいけないという決まりは無いため、開店時間、閉店時間、休業日は店舗の自由になります。 加盟店のUber Eats営業時間が掲載されていますので、下記の方法でチェックしてみましょう。 加盟店TOP画面「詳細情報を見る」 時間外の場合は「ただいまご利用いただけません」と表示されてしまいます。 これは、加盟店に設置してあるUber Eats端末の加盟店アプリを オフラインにしているためです。 前の項目で開店、閉店、休業日は自由とご説明しましたが、これに加えて加盟店は オンライン(注文を受け付ける)、 オフライン(注文を受け付けない)も、店内の状況に合わせて自由に切り替える事ができます。 オフラインにする理由は様々ですが下記のようなことが考えられます。 想定外の来店客増加でデリバリー注文の対応がむずかしくなった• 料理の具材などが切れてしまい対応がむずかしくなった• その他、別のトラブルなど 最近デリバリー専門店が増えてきましたが、Uber Eatsに加盟する加盟店のほとんどは来店客をメインとする飲食店ですので、上記のような事が起こる事も考えられます。 特に、天候が悪い日は少しの雨でもすぐに配達パートナーが不足します。 これは、雨の日は路面が濡れて滑りやすかったり、視界が悪かったりで危険が伴うためで、Uber Eatsの配達パートナーは「副業」で配達をしている人がほとんどですので、怪我して本業に影響が出るのを嫌います。 そのため、悪天候時は 配達オンラインにする配達パートナーが減ります。 配達パートナーが不足しやすい環境を下記にあげておきます。 豪雨や強風など天候が非常に悪い• 猛暑や寒波など気温が極端に高いまたは低い• お正月、お盆などのホリデイシーズン 上記のような状態だとお店はやっていてもオンラインにする配達パートナーが減ってしまうため、注文が出来ないという事が起こります。 判断 一部表示だった方 一部の店舗で表示されている場合は、配達パートナーは居るが下記の 加盟店理由の確率が高いです。 開店前及び休業日• Uber Eatsオフライン まずは、Uber Eats営業時間をチェックし「時間外の場合」、待てる時間であれば待ちましょう。 「時間内の場合」は何かトラブルが起こっている可能性があります。 「腹ペコで今すぐ注文したい」という方は、 注文可能店舗で注文するかその 他の出前サービスで注文しましょう。 全店表示だった方 全店舗で表示されている場合は、下記の Uber Eats理由の確率が高いです。 配達パートナー不足 天候が回復するまでは、待っても注文可能になることはほぼありません。 その他の出前アプリで注文しましょう。 雨の日に強い出前サービス お店の人、またはお店のスタッフが運んでくれる雨の日に強い出前サービスを紹介します。 まずは 一番におすすめできるのは楽天デリバリー! 👍 楽天会員であれば、 新たな登録不要で利用できる通販大手の楽天デリバリー! 楽天ポイント倍増や 対象商品半額キャンペーンなどを定期的に行っているので、お得に利用できないかチェックしてみましょう。 牛タンの名店「利久」や、京都の料亭「下鴨茶寮」、銀座の日本料理店「食い切りひら山」をはじめとした、名店のお弁当を約3000種類取り揃えています。

次の