美容 室 マスク。 美容室行きたいのですが コロナが心配です。 マスクすれば 大丈夫でし

美容師がマスクをしながら仕事していた…。接客業なのにアリなの?

美容 室 マスク

『仕事中に、マスクは絶対にするな!』 まずは、絶対にマスクはするな! という考えです。 『仕事中のマスクは絶対に禁止!』 という事ですね。 なんとなく、この考え方のサロンが多いイメージです。 ですが、これは 『少し前までは…』多かったです。 よくよく見てみると 下記の『マスクしてもいいよ』という考え方のサロンが増えていますね。 この考え方の理由は 『マスクをしていると、お客さんに風邪だと疑われる』 『お客さん的に、声が聞き取りにくくなる』 『美を売っているのに、オシャレじゃない』 『表情がわかりにくいから、怖い印象を与えてしまう』 という 理由です。 まぁ、 確かにその通り… だと思います。 少し年齢が上のオーナーや店長に、多い考えですね。 『マスクくらい、してもいいよ』 最近は、この考え方のサロンが多いです。 『マスクしたいんだったら、してもいいよ』 という事ですね。 なので、年中マスクをしている人もいます。 このようなサロンは 花粉がよく飛ぶ季節や、風邪が流行っている時期は 一気にマスクを着用するスタッフが増えます。 逆に 『マスクは邪魔』と考える人もいます。 (僕がこのタイプ) このようなサロンの考え方としては 『マスクくらいいいでしょ』 『お客さんに、悪影響はないでしょ』 『体調管理は、しっかりしてね』 みたいな考え方ですね。 『この時期は絶対に全スタッフ、マスク着用必須!』 これは、やや珍しいかもしれませんが ある一定の時期は 『マスク着用』が義務付けられているサロンもあります。 意外と、渋谷・原宿のサロンにも このような考え方のお店もありますね。 一定の時期とは 『インフルエンザが流行る時期』 です。 もちろん『インフルエンザ予防のため』ですね。 その他の理由は 『風邪、インフルエンザの予防』 『その他、体調管理』 『体調を崩す事が、お客さんにとって一番迷惑だ!』 という考えです。 お客さん的には… 色々な考え方の美容室がありますが お客さん的には、どのように思うか? やはり、今回のご相談者様の場合みたいに 『それって、どーなの?』 と思う方も、当然います。 一方で 『美容師との距離が近く、会話もするから、きちんと予防してほしい』 と感じている方もいるそうです。 お客さんの考え方も、様々ですね。 ですが マスクをするのであれば、 より一層、接客をきちんとしないといけない と思います。 ただでさえ、表情がわかりにくく、怖い印象を与えてしまうと思うので 愛想をよくして、声のトーンや声量を少し上げて会話する… などの工夫は必須だと思います。 それができていないと、今回みたいに 『どーなの?』と感じるお客さんが、もっと増えてしまうと思います。 『マスクをしている美容師が嫌』 でも、 実際に美容室に行ってみないと そのスタイリストが、マスクをしているかどうかわからないので なかなか難しいですよね…。 予約前に、一度お店の前を通ってみて 『マスクをしているかどうか?』 のチェックを外からするくらいしか、残念ながら方法はないと思います。 まとめ ・美容師の仕事中のマスク着用に関しては、お店の代表やオーナー、店長の考え方によって違う ・『マスク着用は絶対ダメ』『必ずマスクしろ』など、サロンにより様々 ・お客さん的には当然、『嫌』と感じる方もいるが 一方で『きちんと予防してほしい』と考える方もいる という事になります。 美容師のマスクに関しては、本当に賛否両論で 意見が割れます。 その美容師自身の判断ではなくて お店のシステムによって、従わざるを得ない場合もありますからね。 考え方は、様々になってしまうので あなたに本当に合った美容室を見つけてほしいと思います。

次の

耳にかけない「貼る」マスクが登場 美容室での紐トラブルに対応

美容 室 マスク

不安を抱えたまま無理にお店にいく必要はありませんし、近々何かの用事があってその前にどうしても髪を整えておきたいとか、髪が伸びすぎてガマンできないなど、どうしてもという理由がないのでしたらキャンセルは大いに有りだと思います。 コロナウィルスが落ち着いてもう安心だと思えるまで待つのも賢明な判断です。 美容院・理容室が実施しているコロナ対策例 美容院・理容室によって、実施されているコロナウィルス対策は様々です。 実際にお店で行われているコロナ対策を見ていきます。 このような対策をしている美容院・理容室があります。 これらすべてを徹底して行っているお店もあれば、今の時点では何も対策をしていないお店もあります。 ですので、心配であれば自分の行きつけのお店や、これから行こうとしているお店のウェブサイト ホームページ を見てみたり、メールや電話で問い合わせてみるといいですね。 ウェブサイトに情報がない場合は、一番早いのは電話で聞くのが早いです 美容院・理容室におけるマスクの問題 スタッフがマスクをしている店もしていない店もある 各お店によってスタッフがマスクを着用しているところもあれば、していないところもあります。 マスクは着用していれば感染しないものではなく、どちらかというと人にうつさないためにするための意味が大きいです。 なので、施術をしてもらうお客さんの立場からすると、少しでも感染リスクを減らすためには自分の髪を担当してくれる人にマスクをしていてもらいたいところですよね。 となると、スタッフがマスク着用している美容室を選択するというのもありだと思います。 お店にマスクをして行き、着用したままでも対応してもらえる? 中には、美容室にマスクをしていきたい方もいると思います。 さらにマスクをしたままカットやカラーをしてもらいたい方もいるのではないでしょうか? これに関してもお店によって対応は様々ですし、うける施術内容によってもマスクを着用したままでもできるかどうかが変わってきます。 マスクを着用しているとカットやカラーがやりずらいし、カラー剤や髪の毛が付いて汚れてしまうという理由でマスクを外していただくというスタンスのお店もありますし、、 マスクが汚れても大丈夫で、マスクを付けたままでできる施術内容であればマスクを着用したままでOKというお店もあります。 中には、お店側でお客さん用のマスクを用意しておいて、汚れたりした場合にマスクをくれる親切なお店もありますし、本当にいろいろなお店がありますので、この件に関しても、気になる点をあらかじめお店に問い合わせておくと間違いなです。 コロナウィルスの理美容室への影響や対策まとめ いろいろ見てきましたが、まとめますとお伝えしたい要点は3つ。

次の

耳にかけない「貼る」マスクが登場 美容室での紐トラブルに対応

美容 室 マスク

新型コロナウイルス感染対策の意味から、美容室では、スタッフだけでなくお客にもマスク着用をお願いするケースが出てきています。 でも、「マスクをしていると、輪郭や顔の雰囲気が分からないのでは?」という疑問も。 読売新聞の掲示板サイト「発言小町」に寄せられた声をもとに、美容室でどんな対策をしているのか、自分でできる配慮などを聞きました。 マスクで顔が隠れても、似合う髪形は見つかるの? 緊急事態宣言が解除され、数か月ぶりに美容室で髪を切りたいと考えたトピ主「マスク」さん。 電車で通っていた店をやめて、自宅近くのサロンを予約することに。 ところが、その店のSNSでは、新型コロナの感染対策として、「施術中もお客様全員にマスクの着用をお願いします」と書かれていました。 髪形を変えたいと思っているのに、「マスクをしていると顔の半分が隠れてしまい、輪郭も雰囲気も分かりません。 (美容師さんに)相談する時だけでも外していいものか。 その場にいる方々にも迷惑になるので絶対外してはいけないのか、悩んでいます」とトピ主さん。 「みなさん、どうされましたか? マスク着用のままで、口頭で自分の輪郭や顔の感じを伝えられましたでしょうか」と問いかけました。 手作りマスクに、マスクを医療用テープで貼る・・・感染対策に尽力 この投稿の反響(レス)を見る限りでは、どの美容室も、様々な方法で感染対策を徹底している様子です。 「初めての美容室に先週行ってきました」とレスした「通りすがり」さんは、まず入り口で手の消毒を求められたそうです。 店内は、スタッフは全員マスク着用、雑誌も全て撤収された状態。 マスクの耳ゴムだけ外して、布部分の四隅をテープで留めた上で、洗髪、カットをしてもらったといいます。 「けちゃっぷ」さんの通う美容室では、シャンプー台は、使うたびにスタッフが消毒。 待ち時間に出してくれたお茶を飲む時も、片方の耳ゴムを外すだけにとどめるようお願いされたといいます。 「聞いてみたら?」さんは、洗髪中にマスクがぬれるのを防ぐため、美容室から手作りマスクを渡され、それをつけたそうです。 ヘアスタイルのカギは、マスクの下にあり マスクで顔のほとんどが隠れていても、自分にぴったりのヘアスタイルは実現できるのでしょうか。 全国に美容室サロンを展開する田谷(東京・渋谷)人事教育部クリエイティブディレクター・両角学さんは、「これまでも通っている方であれば、基本的にマスクをとらなくても大丈夫です。 ただ、初めて施術を受ける方は、一度はマスクを外して顔全体を見せてほしいですね」と話します。 なぜなら、「髪形のカギは、大部分がマスクの下に隠れている」から。 顔の形は、ベースタイプ、面長タイプ、丸顔タイプなど、人それぞれ。 目の横の高さに髪のボリュームを持ってくると、視線が上がるので、小顔で若々しい印象を与えることができるそうです 例えば、日本人に多い下ぶくれの顔の場合は、重力で肉が下がったように見え、老けて見られやすくなります。 髪をひし形のシルエットにしてあげることで、頬の丸みを隠してシャープさを演出。 視線を上に持ってくるので、若くかわいらしい雰囲気を作り出すことができます。 また、鼻の穴からあごまでの距離が長い人は、のっぺりとした顔になりがち。 丸みのある前髪を作ることで、メリハリのある顔に見せる効果があるといいます。 施術がスムーズになるマスク裏技も また、両角さんは、マスクをつけたままでも、施術をスムーズにする裏技を教えてくれました。 方法は簡単で、マスクの耳ゴムを1回クロスさせて耳にかけるだけです。 「もみあげ部分にゴムが引っかからないので、横の髪を切る時にハサミが当たることもありませんし、ヘアカラーする時にも、ゴムの部分が汚れにくくなります」と、両角さん。 ただし、「やはりパーマ液やカラー剤で汚れる可能性はあるので、ずっとマスクを着用する場合は、余裕があれば替えのマスクを持っているといいかもしれません」とアドバイスします。 レスの中には、「マスクした顔に似合う髪形でいいのでは?」という意見も。 「ひえひえ」さんの場合は、マスクをすると、細すぎる頬が隠れて「結構好き」なのだそう。 「マスク顔に合わせてスタイリングしてもらおうかと思っています」と言います。 もしかしたら、発想の転換が必要なのかもしれません。 感染対策は、店によって異なるようなので、疑問があったらあらかじめ電話するなどして情報収集をしておきましょう。 (読売新聞メディア局編集部 安藤光里) 【紹介したトピ】.

次の