観葉 植物 ハイドロ カルチャー。 【手入れ簡単・放置でOK】土を使わない!汚れず虫がつかない観葉植物

「ハイドロカルチャー」で観葉植物を育てよう!植え方の手順やアレンジ方法を解説

観葉 植物 ハイドロ カルチャー

挿し木とは植物を繁殖させる手法の一つです。 切り落とした枝や茎を土に挿しておくことで、そこから根が生え、新たな枝葉が伸びてきます。 こうすると種や苗を新たに購入することなく同じ植物を繁殖させることができるわけですね。 自分の育てている植物が挿し木で繁殖できるのか、ということはあらかじめ確認をしておいてください。 挿し木を行うのは植物の 「生育期」が良いとされます。 これも植物の種類によって変わってきますが、基本的には 「夏前~秋の初め」あたりがベスト。 また、挿し木は土に挿して行うことになります。 最終的にこれをハイドロカルチャー化する場合には、 夏前に挿し木をして夏~秋に植え替えを行いましょう。 そのまま土で栽培するなら秋頃に挿し木をして構いません。 ハイドロカルチャー化したいと考えている場合は、冬になる前に植え変えられるよう気を配ってくださいね。 一般的な観葉植物の挿し木の方法! 挿し木の基本知識を得られたので次はいよいよ挿し木の方法をご紹介します! まずはほとんどの観葉植物で通じる一般的な挿し木の方法から見ていきましょう。 この方法で繁殖を行えるのはパキラやガジュマル、モンステラなどの植物です。 木のような見た目の植物、と覚えておきましょう! もちろん、これ以外にもたくさんの植物でこの方法を使って繁殖を行うことができます。 挿し木を行うには以下のものを用意します。 ハイドロ化するのなら、根の土を綺麗に落とし、ハイドロカルチャー用の鉢に植え替えましょう。 そのまま土で育てる場合でも、おそらくその内にプランターが手狭なってきますので、植物が大きくなってきたら植え替えをしてくださいね。 コップなどに入れて乾燥させましょう。 それを土に挿してもう少し育てましょう。 その後はハイドロ化しても土で育ててもOK! 他の植物よりも少し手間がかかりますが多肉植物も簡単に繁殖させることができますね。 また、多肉植物の場合は茎を乾燥させている間に根が出てくるので、そのまま土を使わずにハイドロカルチャー化してしまうことも可能です。 自分の育てている植物はどうなのか必ず確認してから挑戦してくださいね。

次の

ハイドロカルチャーに向いている植物、向いていない植物の条件

観葉 植物 ハイドロ カルチャー

挿し木とは植物を繁殖させる手法の一つです。 切り落とした枝や茎を土に挿しておくことで、そこから根が生え、新たな枝葉が伸びてきます。 こうすると種や苗を新たに購入することなく同じ植物を繁殖させることができるわけですね。 自分の育てている植物が挿し木で繁殖できるのか、ということはあらかじめ確認をしておいてください。 挿し木を行うのは植物の 「生育期」が良いとされます。 これも植物の種類によって変わってきますが、基本的には 「夏前~秋の初め」あたりがベスト。 また、挿し木は土に挿して行うことになります。 最終的にこれをハイドロカルチャー化する場合には、 夏前に挿し木をして夏~秋に植え替えを行いましょう。 そのまま土で栽培するなら秋頃に挿し木をして構いません。 ハイドロカルチャー化したいと考えている場合は、冬になる前に植え変えられるよう気を配ってくださいね。 一般的な観葉植物の挿し木の方法! 挿し木の基本知識を得られたので次はいよいよ挿し木の方法をご紹介します! まずはほとんどの観葉植物で通じる一般的な挿し木の方法から見ていきましょう。 この方法で繁殖を行えるのはパキラやガジュマル、モンステラなどの植物です。 木のような見た目の植物、と覚えておきましょう! もちろん、これ以外にもたくさんの植物でこの方法を使って繁殖を行うことができます。 挿し木を行うには以下のものを用意します。 ハイドロ化するのなら、根の土を綺麗に落とし、ハイドロカルチャー用の鉢に植え替えましょう。 そのまま土で育てる場合でも、おそらくその内にプランターが手狭なってきますので、植物が大きくなってきたら植え替えをしてくださいね。 コップなどに入れて乾燥させましょう。 それを土に挿してもう少し育てましょう。 その後はハイドロ化しても土で育ててもOK! 他の植物よりも少し手間がかかりますが多肉植物も簡単に繁殖させることができますね。 また、多肉植物の場合は茎を乾燥させている間に根が出てくるので、そのまま土を使わずにハイドロカルチャー化してしまうことも可能です。 自分の育てている植物はどうなのか必ず確認してから挑戦してくださいね。

次の

ハイドロカルチャーにおけるカビの原因と対処法!

観葉 植物 ハイドロ カルチャー

ご不明な点等ございましたら、よりお気軽にコメントください。 観葉植物は汚れて、虫がきて、手入れが面倒 観葉植物置きたい場所は以下の二つです。 家のリビング:おしゃれインテリアとして• 会社のデスク:集中力アップのため でも、観葉植物は土で汚れそうだし、虫が湧きそうだし、枯れてしまいそうだし、と躊躇していました。 ハイドロボールは無菌であるため、虫がつきにくいというメリットがあります。 また、ハイドロボールは粘土を焼き固めた素材であるため、土と違ってまわりをほとんど汚しません。 ハイドロボールはカサカサ、コロコロしています。 ハイドロカルチャーに必要なものは以下の通りです。 観葉植物の種類 我が家では、植物の種類はサンスベリアとポトスにしました。 サンスベリアにはNASAが認証した空気浄化能力があるそうです。 NASA空気清浄研究は国立航空宇宙局 NASA 及び造園建設業協会 ALCA 主導のもと進められてきた。 その結果、屋内の観葉植物が空気中のベンゼン、ホルムアルデヒド、トリクロロエチレンなどの有害物質を自然に除去し、シックハウス症候群の抑制に一定の効果をもたらすことが判明した。 出典元: サンスベリアには、人に有害なホルムアルデヒド、ベンゼン、トリクロロエチレン、キシレン、トルエンなどの有機溶媒を吸収する能力があり、 シックハウス症候群に効果があるということです。 ある程度、観葉植物が部屋の中に占めないと空気浄化能力は高くないとのことなので、タノシミドリで一番大きなものにしました。 ハイドロカルチャーは土と違い、入れた水がそのまま鉢の中に存在するため、根腐れを起こしやすいです。 過度な水やりはNGです。 特にサンズべリアは乾燥にも強いため、購入してみてハイドロカルチャー向きだと感じました。 タノシミドリのハイドロカルチャーキットはシリーズによっては水量計がついてきます。 水量計の中のめもりが下がってきて、線の下になったら水を上げればいいので、水を上げるタイミングが一目でわかります。 手入れはほとんどせずに2年間元気 我が家のサンスベリアの場合、 水やりは夏は2~3週間に1回程度、冬は2か月に1回程度、 思い出したころに水やりをしていて 基本的に 放置してます。 購入してから9ヶ月経っておりますが、我が家のハイドロカルチャーの 葉っぱは肉厚で生き生きとしています。 特に 枯れている様子も見られません。 虫もわいていません。 土を使用していないため、鉢植えの周りが 土で汚れることもありません。

次の