植物 生まれ の プッチン プリン。 植物生まれのプッチンプリン優しい甘さ食べた感想!原材料は何が入ってる?

卵・乳不使用の新しいおいしさ “プッチンプリン”|一般社団法人日本フードバリアフリー協会

植物 生まれ の プッチン プリン

〈社会課題の解決が使命、必要な人に届ける〉 江崎グリコは3月16日、「プッチンプリン」ブランドで初めて、卵や乳の動物原料を使用しない「植物生まれのプッチンプリン」を発売する。 着目したのは、植物原料。 子どもに多い卵アレルギー、乳アレルギーでも食べられるプリンの原料として豆乳を使い、アーモンドペーストでコクのある味わいに、きび砂糖でやさしい甘さに仕上げた。 あのプルルンとした独特の食感はそのままに、おいしさもカスタードプリンに引けを取らないよう研究を重ね、満足感ある味わいにこだわったという。 大豆、アーモンドを使用しているためアレルギーフリーではないが、卵・乳アレルギーで一般的なカスタードプリンが食べられない人にとっては朗報となる。 「プッチンプリン」は1972年の発売から、販売累計51億個で2013年「世界一売れているプリン」としてギネス世界記録に認定。 江崎グリコは、「世界一になって、開発者が言っていた日本中の子どもを笑顔にするというミッションも、 販売個数と国内の子どもの数から試算して 果たした。 次は社会課題の解決、アレルギーや宗教に関係なくだれでも食べられるプリンを作るのが使命と考えた」という。 同社では今回の「植物生まれのプッチンプリン」について、「動物原料不使用の新しいおいしさの新世代プリン」と称し、「プッチンプリン」シリーズの品揃えのひとつとして通年で販売し、売り上げを大きく伸ばすというよりは、必要な人へ届けていく考え。 3個パックのトレイには環境配慮型の紙を使用し、容器包装の側面からも社会課題に取り組む。 外部サイト.

次の

「植物生まれのプッチンプリン」誕生、動物原料不使用、豆乳やアーモンドペーストでコクのある味わいに/江崎グリコ

植物 生まれ の プッチン プリン

江崎グリコが2020年3月16日(月)に発売した「植物生まれのプッチンプリン Big 140円、ファミリーパック 200円(ともに希望小売価格・税抜)」が、話題を呼んでいる。 同商品は、プッチンプリンのおいしさはそのまま、卵・乳など動物原料を使用せずに植物原料で作られたプリン。 卵や乳のアレルギーのため食べられなかった人も、近年増加している環境に配慮した製品を求める人も、そして信条・宗教などが異なる人も楽しむことができる 現在トレンドにもなっている植物性の波がプリンにまで反映されたことや、これまで卵や乳製品アレルギー、文化的な理由など様々な背景からプリンを食べられなかった消費者から、「このプリンなら食べられる」と評判になっている。 開発当初はアレルギー特定27品目をすべて使わないプリンを目指し、ナッツベースのプリンが検討されたが、子供受けがよくなかったり、大人にも「飽きてしまう」という声を受けた。 そこで、パティシエに相談するなど3年間にわたって試行錯誤が繰り返され、「卵・乳の不使用」を実現することに方向転換し、豆乳やアーモンドペーストを活用することで、オリジナルのプッチンプリンと同じようなおいしさで楽しめるプリンが完成した。 植物原料のみを使用することを目指したため、これまで使用してきた原料をすべて見直し、例えば砂糖を作る際の加工助剤などにも動物原料が含まれていないことなども確認された。 豆乳ベースのプリンは離水がしやすく、安定しにくいため、プルルン感を保ちながら、きちんとプッチンしてお皿に取り出すことができることの両立には苦労し、試作が繰り返された。 今回は、同商品を使用したおすすめレシピ「凍らせておいしい!もちシャリ食感のプッチンプリンアイスキャンディー」を紹介。 作り方は簡単。 フタを開けたらスプーンなどを真ん中にさす。 冷凍庫で6~8時間凍らせる。 3個パック(ファミリーパック)の台紙には、環境配慮型の紙を使用している。 おいしさと健康が両立されたこだわりの同商品を試してみては。 Information 植物生まれのプッチンプリン 《発売日》3月16日(月) 《希望小売価格》Big 140円、ファミリーパック 200円(ともに税抜).

次の

「植物生まれのプッチンプリン」誕生、動物原料不使用、豆乳やアーモンドペーストでコクのある味わいに/江崎グリコ

植物 生まれ の プッチン プリン

2020年03月24日 11時45分 牛乳・卵など動物由来の材料を一切使わずやさしい甘さに仕上げた「植物生まれのプッチンプリン」試食レビュー プリンの定番「プッチンプリン」シリーズに、植物原料のみで作った「 植物生まれのプッチンプリン」が仲間入りしました。 通常のプリンに含まれる卵やミルクの味わいを豆乳やアーモンドペースト、そしてきび砂糖で表現したとのことなので、ノーマルのプッチンプリンと食べ比べてみました。 プッチンプリン史上初!みんなが笑顔で食べられる 植物原料でつくったプッチンプリン 【公式】江崎グリコ Glico 「植物生まれのプッチンプリン」は3個セットのパッケージで販売されています。 栄養情報などはパッケージの底面に記載されています。 原材料は豆乳、砂糖、水あめ、植物油脂、ローストシュガー、アーモンドペーストなどで、含まれているのは植物由来の材料のみ。 牛乳や卵は含まれていません。 カロリーは、1個65gあたり89kcal。 というわけで、パッケージを開封。 今回は比較対象として、ノーマルのプッチンプリンを用意しました。 カップのフタはこんな感じ。 「植物生まれのプッチンプリン」は文字情報のみというシンプルなデザイン。 カップは共通していますが、「植物生まれのプッチンプリン」の内容量は65gであるのに対して、ノーマルのプッチンプリンの内容量は67g。 ノーマルのプッチンプリンはカラメルの量が明らかに多いように見えます。 どちらのカップの底面にも「プッチン」用のツメがあります。 さっそく開封してみると、「植物生まれのプッチンプリン」は通常のプリンよりもかなり白め。 実際にお皿に「プッチン」してみた様子が以下。 ノーマルのプッチンプリンと並べてみるとこんな感じ。 「植物生まれのプッチンプリン」はローストシュガーやきび砂糖の関係なのか、カラメルに膜のようなものがかかっています。 「植物生まれのプッチンプリン」 左側 とノーマル 右側 を並べて揺らしてみると、「植物生まれのプッチンプリン」はプッチンプリン特有のぷるんぷるん感がより強いことが一目瞭然。 実際に食べてみると、通常のプッチンプリンよりもやや固めで、より「ぷるんぷるん感」が強く、食感は滑らかというよりも弾力がある感じ。 通常のプッチンプリンに近い味わいが再現されていますが、やや固めの食感からか「寒天」に近い印象を受けます。 後味にわずかに豆乳の味が感じられ、カラメルも甘さが控えめなので、全体的にやさしい味わいになっていました。 ノーマルのプッチンプリンを食べてみると、なめらかな食感、卵のコク、甘さとビターさが両立するカラメルソースなどは「これぞプリン」と思えます。 ノーマルのプッチンプリンは「メリハリのある味わい」といえますが、「植物生まれのプッチンプリン」は味わいがややハッキリしない印象でした。 通常サイズが3個セットになった「植物生まれのプッチンプリン ファミリーパック」は希望小売価格税別200円、1個155gの「植物生まれのBigプッチンプリン」は希望小売価格税別140円で、2020年3月16日から販売されています。

次の