ピッタマスク つけかた。 ピッタマスクは何回洗える?使ってみた感想と洗い方

マスクの表裏の見分け方とは。間違ってつけたときのデメリットってあるの?

ピッタマスク つけかた

マスクの役割は主に2つあります。 1つは細菌やウイルス飛沫、花粉などを吸い込まないための対策、そしてもう1つは自分が咳やくしゃみをした時に、周囲へのウイルス飛沫の飛散を軽減する役割です。 近頃では「99%カット」などとパッケージに記載し、ウイルス飛沫や花粉に対するフィルタ性能が非常に高い製品がたくさんあります。 しかしこの数値は「マスクを正しくつけた場合」に期待できるもの。 つけ方が間違っていれば、マスクと顔の間に隙間ができてしまい、マスクの実力を発揮することができません。 マスクを正しくつけるためには、まず上下と表裏を間違えずにつける必要があります。 上下についてはノーズフィッターがついているマスクはノーズフィッターがついている方が上になります。 また、マスクの表裏についてもしっかりとチェックが必要です。 マスクを裏返してつけたときのデメリットは、大きく分けて2つあります。 1つ目は、プリーツ型のマスクの場合、表裏を逆につけると細菌・ウイルス飛沫や花粉や塵などがマスクに付着しやすくなる可能性があることです。 プリーツ型のマスクにはプリーツが上から下に向かって階段状になっている「階段式プリーツ」と、プリーツが中心から上下に向かって階段形状になっている「オメガ式プリーツ」があります。 このうち階段式プリーツのマスクは、表裏を逆につけるとプリーツが下から上に向かって階段状になります。 その結果、プリーツの隙間に空気中のウイルス飛沫や花粉がたまってしまいます。 もう1つのデメリットはマスク自体の特長を実感できないこと。 マスクの中には肌に触れる部分の素材にこだわった商品もあります。 裏返しでつけてしまうと、せっかくの肌触りを実感できず、マスクのよさを活かしきれません。

次の

花粉症マスク オシャレで曇らない「ピッタ」の正しい付け方と使用感をレビュー!

ピッタマスク つけかた

サージカルマスクとは? サージカルマスクとは、医療用マスクのことです。 その名の通り医療現場で使用されているマスクであり、「感染防止」の為に使用されるマスクです。 「外科」「手術」という意味のある「サージカル」という言葉を用いて、「 サージカルマスク」と呼ばれています。 サージカルマスクは家庭用マスクと比べると、非常にフィルターの目が細かいのが特徴です。 医療従事者や患者を感染から守るために、「微粒子」「ウイルス」「血液などの液体」から保護する目的で使用されるマスクです。 サージカルマスクの規格 サージカルマスクには規格があり、サージカルマスクとして認められるには基準をクリアする必要があります。 最も有名なのは、世界最大規模の規格設定機関「ASTMインターナショナル」が規定している「 ASTM-F2100-11」という規格です。 この規格では、サージカルマスクは以下の5点の性能で規定されています。 微粒子ろ過効率• 微生物ろ過効率• 吸気抵抗• 液体防護性• 燃焼性 日本ではサージカルマスクの基準がない? 上述したような項目は、患者や医療重視者を守る為に規定されており、認められて初めてサージカルマスクと認められています。 アメリカでは、 アメリカ保健衛生局「FDA」の認証を得たサージカルマスクでなければ病院で使用することが出来ないなど、厳しく定められています。 しかし、日本ではサージカルマスクについて法的な規格や基準は現段階では存在していません。 ですので、 サージカルマスクの性能が無いにもかかわらず、サージカルマスクとして販売できるのです。 近年の新型インフルエンザ「感染性呼吸器疾患」の流行に伴い、政府が公布したガイドラインにも、医療機関においてはサージカルマスクの着用が指示されています。 しかしながら、日本ではサージカルマスクの性能基準も規格もないので、 どのマスクがサージカルマスクなのか判断できないのが現状です。 サージカルマスクを購入する際は「サージカルマスク」という名前に惑わされず、「 ASTM-F2100-11」という規格を満たしたマスクか確認するようご注意ください。 サージカルマスクは万能ではない 規格をクリアしたサージカルマスクは非常に機能性が高く、微粒子やウイルスをほとんど通しません。 しかし、サージカルマスクもマスクである以上「 隙間」が当然存在するので、空気感染を完全に防ぐことは出来ません。 ですので、サージカルマスクをしているからと言って 過信せずに、予防の基本である「手洗い・うがい」などを怠らずに注意することが必要です。 また、 感染者がサージカルマスクを着用することは非常に効果的であり、他人へウイルスを移すリスクを下げる効果が非常に大きいです。 サージカルマスクの代表的メーカー 前述した通り、サージカルマスクの規格は日本には無い為、現状日本には多くのメーカーからサージカルマスクと謳ったマスクが販売されています。 その中でも、医療従事者からの信頼も厚い、 定番のサージカルマスクメーカーの公式ページをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

次の

ピッタマスクはコロナウイルスを防げるの?ポリウレタン素材は花粉に有効!|Aomameブログ

ピッタマスク つけかた

飯田:マスクの主な目的は、「ウイルスなどを飛散させて周りを汚染しない」「環境中のウイルスや花粉を吸いこむ率を減らす」の二つです。 しかし、街中でマスクを付けている方のフィッティングを測定しますと、100%漏れ込みの方もいらっしゃいます。 ウィルスや花粉の吸い込み量を減らすという点で、これではマスクを付けている意味がありません。 最近はパッケージに「99. 5%オフ」などと書かれた、フィルター性能が非常に高いものも出回っています。 でも、マスクと顔の間に隙間が出来ないように付けなければ、いくら高性能のものを付けていても、マスクの防御性能は発揮されないのです。 実際、私が行った実験の結果では、マスクを正しい付け方に直しただけで、ウイルス等がマスク内に侵入した割合が5~50%減ったというデータも出ています。 飯田:マスクを選ぶ際にもっとも大事なポイントは、鼻の付け根からあごまでをしっかり覆うことができ、しかも隙間なくフィットするかどうかです。 同じ「Mサイズ」と表示されていても、プリーツの折り幅などが違うため、メーカーごとに大きさが微妙に異なることがあるので、注意が必要。 特に、「耳が痛い」と思われる方は、顔のサイズに対して、マスクが小さいことが原因と考えられます。 自分の輪郭や鼻の高さとの相性もありますので、使ってみてフィットしないようでしたら、無理して使い続けるのではなく、別のメーカーのものに買い替えてみたほうが良いでしょう。 さらに、長時間付けることが多いマスクは快適性も大切です。 肌ざわりや、付け心地、耳当たり、ノーズクリップ(鼻あて)の感触など、「自分にとってどのマスクが一番合っていて長時間付けられるか」、吟味するのも大事なことだと思います。 表裏・上下を確認 表にメーカー名が記載されていることもありますが、無ければパッケージで確認しましょう。 半分に折り、プリーツを広げる 表を外側にして、半分に折り、ノーズクリップを曲げ、プリーツを上下に広げます。 装着し、顔との隙間を手でおさえる 鼻の付け根にマスクを当てながら耳にかけます。 鼻のまわりに隙間ができないようノーズクリップが鼻の形に沿うように押さえます。 あごの下までマスクを伸ばし、顔になじませる プリーツを伸ばしてあごの下まで覆い、もう一度隙間がないか手で押さえます。 頬のあたりは特にマスクとの間が空きやすいので、鏡でチェックしましょう。 深呼吸して空気漏れをチェック 付け終わったら、深呼吸してみて、空気漏れがないかどうかを確認します。 漏れているときは微調整しましょう。

次の