しろ かね た かなわ クリニック。 クリニック紹介|港区の心療内科・精神科はしろかねたかなわクリニック

初めての方へ|港区の心療内科・精神科はしろかねたかなわクリニック

しろ かね た かなわ クリニック

受診の流れ• ご来院 受付にて、診察の申込み後、問診票への記入をしてください。 問診票を持参された方は、受付スタッフにお渡しください。 インテイク 医師の診察に先立ちまして、心理士・看護師がお話をお伺いします。 診察 医師による診察です。 お会計、次回のご予約 受付にてお会計、次回のご予約の確認があります。 処方を受けられる方には、処方箋をお渡しします。 ご持参いただくもの• 健康保険証• 各種医療証(お持ちの場合) 自立支援医療者受給者証 精神障害者保健福祉手帳 など• お薬手帳(お持ちの場合)• 紹介状(お持ちの場合)• 駅からの道順.

次の

診療案内|港区の心療内科・精神科はしろかねたかなわクリニック

しろ かね た かなわ クリニック

わたしたちは、日々の生活において「仕事」「子育て」「学業」「病気」「介護」など、多くのことを経験します。 このような体験は、生きていくうえで成長のきっかけにもなりますが、時に負担となり、からだや心の不調をもたらすこともあります。 しろかねたかなわクリニックは、こういった不安や悩みを1人で抱え込むことなく、気軽に立ち寄って相談できるようなクリニックを目指しております。 さまざまな専門領域で経験を積んだ医師、心理士、看護師が、患者様とそのご家族が、自分らしく、そのご家庭らしさを大切にしながらも、より豊かに暮らせる方法をご一緒に考えてまいります。 次のようなことでお悩みの方、ご家族の方はご相談ください• 気もちが落ち込む• 不安や焦りがある• 寝つきが悪い、夜中に何度も目がさめる• 学校や会社に行くのが辛い• いらいらしたり、怒りっぽい• 友だちや同僚と関係がうまく築けない• 忘れ物やミスがおおい• 昼間とても眠い• もの忘れがひどい 児童・思春期精神科外来 女性の一生のなかでも、妊娠中や出産後は、特に心の変調をきたしやすい時期といわれています。 現在わが国の産後うつ病は約7人にひとりの割合で発症しており、かなりの高頻度ともいえます。 「睡眠が十分にとれない」「食欲がわかない」などの症状や、「子育てに自信が持てない」「待ち望んでいた赤ちゃんだったはずなのに、お世話が面倒に思えてしまう」「赤ちゃんが可愛く思えない」と感じ、自分は子供を育てる失格がないのではないか、といった自分を責める気持ちが起こります。 妊娠・出産・育児に喜びを見出すことができないと、お母さん自身も苦しく、本来の力を発揮することが難しくなってしまいます。 当院では、妊娠中や出産後、そしてその後の長い子育てにおいて、切れ目のない支援を行っております。 どうぞお気軽にご相談ください。 睡眠障害 がん医療の進歩により、がんになっても長期生存することが可能になり、長い人生を送ることが可能な時代になりました。 同時に、がん患者さんは、がんの治療中に様々なストレスに直面し、時に精神的なケアや治療が必要な患者さんも多くいるといわれています。 患者さんだけでなく、その方を支えるご家族も辛い気持ちを持たれている方も多くいらっしゃいます。 当院では、がんによる心のつらさを和らげるサイコオンコロジー(精神腫瘍科)を専門とする医師および臨床心理士が、辛い気持ちを抱かれている患者さんやそのご家族の診療・カウンセリングにあたります。 がん患者さんの子育て支援やお子様をがんで亡くされたご両親、親を亡くしたお子さんの支援、そして愛する人をがんによって亡くされた方々に対しても必要に応じた治療およびカウンセリングを行っております。 もの忘れ外来.

次の

しろかねたかなわクリニック(東京都港区)|「うつ」の心に癒しを。

しろ かね た かなわ クリニック

わたしたちは、日々の生活において「仕事」「子育て」「学業」「病気」「介護」など、多くのことを経験します。 このような体験は、生きていくうえで成長のきっかけにもなりますが、時に負担となり、からだや心の不調をもたらすこともあります。 しろかねたかなわクリニックは、こういった不安や悩みを1人で抱え込むことなく、気軽に立ち寄って相談できるようなクリニックを目指しております。 さまざまな専門領域で経験を積んだ医師、心理士、看護師が、患者様とそのご家族が、自分らしく、そのご家庭らしさを大切にしながらも、より豊かに暮らせる方法をご一緒に考えてまいります。 次のようなことでお悩みの方、ご家族の方はご相談ください• 気もちが落ち込む• 不安や焦りがある• 寝つきが悪い、夜中に何度も目がさめる• 学校や会社に行くのが辛い• いらいらしたり、怒りっぽい• 友だちや同僚と関係がうまく築けない• 忘れ物やミスがおおい• 昼間とても眠い• もの忘れがひどい 児童・思春期精神科外来 女性の一生のなかでも、妊娠中や出産後は、特に心の変調をきたしやすい時期といわれています。 現在わが国の産後うつ病は約7人にひとりの割合で発症しており、かなりの高頻度ともいえます。 「睡眠が十分にとれない」「食欲がわかない」などの症状や、「子育てに自信が持てない」「待ち望んでいた赤ちゃんだったはずなのに、お世話が面倒に思えてしまう」「赤ちゃんが可愛く思えない」と感じ、自分は子供を育てる失格がないのではないか、といった自分を責める気持ちが起こります。 妊娠・出産・育児に喜びを見出すことができないと、お母さん自身も苦しく、本来の力を発揮することが難しくなってしまいます。 当院では、妊娠中や出産後、そしてその後の長い子育てにおいて、切れ目のない支援を行っております。 どうぞお気軽にご相談ください。 睡眠障害 がん医療の進歩により、がんになっても長期生存することが可能になり、長い人生を送ることが可能な時代になりました。 同時に、がん患者さんは、がんの治療中に様々なストレスに直面し、時に精神的なケアや治療が必要な患者さんも多くいるといわれています。 患者さんだけでなく、その方を支えるご家族も辛い気持ちを持たれている方も多くいらっしゃいます。 当院では、がんによる心のつらさを和らげるサイコオンコロジー(精神腫瘍科)を専門とする医師および臨床心理士が、辛い気持ちを抱かれている患者さんやそのご家族の診療・カウンセリングにあたります。 がん患者さんの子育て支援やお子様をがんで亡くされたご両親、親を亡くしたお子さんの支援、そして愛する人をがんによって亡くされた方々に対しても必要に応じた治療およびカウンセリングを行っております。 もの忘れ外来.

次の