ウィンドウズ 10。 ウィンドウズ10 : e基礎 : 入門!デジタル部 : ライフ : ニュース : 読売新聞オンライン

Windows 10 の入手方法(価格、購入、インストール方法)

ウィンドウズ 10

対象:Windows 10 October 2018 Update以降 Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)では、クリップボードの機能が拡張され、「履歴」機能と「同期」機能が実装された。 これまでクリップボードには、「コピー」または「切り取り(カット)」した最新の1つのデータしか保存できなかった。 例えば、メモ帳などで「あ」をコピーし、次に「い」をコピーすると、クリップボードには「い」しか残っておらず、「い」しか貼り付けできなかった。 これがWindows 10 October 2018 Update以降では、クリップボードの「履歴」を呼び出すことで、過去にコピーまたはカットしたデータを選択して貼り付けることができるようになった。 先ほどの例でいえば、「あ」を選択して、貼り付けることができるわけだ。 Excelなどのデータ入力に際して、よく入力する項目名などをクリップボードにコピーしておけば、クリップボードの履歴を選択して、貼り付けるだけで入力ができるようなる。 「同期」機能は、同じMicrosoftアカウントでサインインしているPC間でクリップボードを同期し、他のWindows 10でコピーしたデータを貼り付けられるというものだ。 本TIPSでは、「クリップボードの履歴」機能の使い方を紹介する。 「クリップボードの履歴」機能を有効にする 「クリップボードの履歴」機能は、デフォルトでは無効なので、まず機能を有効にしよう。 [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して有効にする 「クリップボードの履歴」機能は、[Windows]+[V]キーで呼び出すことができる。 有効になっていない場合、下画面のように有効になっていないむねの警告が表示される。 この画面の[有効にする]ボタンをクリックすれば、簡単に「クリップボードの履歴」機能を有効にできる。 [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して有効にする [Windows]+[V]キーでクリップボードウィンドウを表示して、[有効にする]ボタンをクリックする。 [Windowsの設定]画面から有効にする [スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックし、[Windowsの設定]画面を開いて[システム]をクリックする。 [システム]画面が開いたら、左ペインの[クリップボード]を選択する。 なお[クリップボード]画面を開くには、[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、「ms-settings:clipboard」と入力して、[Enter]キーを押してもよい(Tech TIPS「Windows 10の設定画面をコマンドで素早く開く」参照)。 [クリップボード]画面が開いたら、右ペインの「クリップボードの履歴」のスイッチを「オン」にする。 これで、「クリップボードの履歴」機能が有効になり、複数のデータをクリップボードに保持できるようになる。 「クリップボードの履歴」機能を有効にする(3) 「クリップボードの履歴」のスイッチを「オン」にする。 これで、「クリップボードの履歴」機能が有効になる。 「クリップボードの履歴」の使い方 これまでのクリップボードと同様、Windows 10上で「コピー」や「切り取り(カット)」を実行すると、クリップボードにそのデータが保存される。 最新のデータを貼り付けるのであれば、これまでと同様、単に[Ctrl]+[V]キーなどで「貼り付け(ペースト)」を実行すればよい。 ここで過去に「コピー」または「切り取り」を行ったデータを貼り付けたい場合は、[Windows]+[V]キーを押す。 すると、クリップボードウィンドウが表示され、そこに過去に「コピー」や「切り取り(カット)」を実行したデータが表示される。 ただ、保存される履歴は25件ほどのようなので、あまり古いデータは履歴からなくなってしまうので注意が必要だ。 よく利用するデータは、ピン留めしておけば、履歴から消去されないようになる。 メールの定形あいさつ文のようなものは、クリップボードにコピーしておき、ピン留めしておくと便利かもしれない。

次の

Windows 10パソコンのスクリーンショットを撮る6つの方法

ウィンドウズ 10

ショートカットキーで一発撮影 ゲームやWebページの画面を残したり、資料作成のためにアプリの画面などを撮影したりと、何かと利用機会の多いスクリーンショットの撮影。 スクリーンショット撮影機能の定番といえば[PrintScreen]キーによる操作と[Snipping Tool]アプリですが、最新のWindows 10環境では、ショートカットキーもアプリも進化しています。 Windows 10で利用できるスクリーンショットの撮影方法には、次の6つがあります。 順に詳しい方法を解説していきます。 クリップボードにスクリーンショットを保存するショートカットキー [PrintScreen]キーは、デスクトップ全体のスクリーンショットをクリップボードに保存する、もっともシンプルな機能です。 ほかのアプリで[貼り付け]をすることで、画像として取り出すことができます。 あとで利用するため、自動的に画像ファイルとして保存しておきたい場合に便利な機能です。 1[Win]+[PringScreen]キーで撮影する [Win]+[PringScreen]キーを押すとスクリーンショットの撮影とファイルの保存が行われ、一瞬画面が暗くなります。 2画像ファイルを確認する [ピクチャ]フォルダー内の[スクリーンショット]フォルダーを開くと、スクリーンショットの画像ファイルを確認できます。 [Snipping Tool]は[切り取り&スケッチ]に進化 [Snipping Tool]はかつてのWindowsでスクリーンショットの撮影に使われたアプリですが、Windows 10の「Creators Update」(2017年4月配信)以降では、[切り取り&スケッチ]というアプリに進化しました。 [Snipping Tool]を起動すると、次のようなメッセージが表示されます([Snipping Tool]をそのまま使うことも可能です)。 [Snipping Tool]を起動すると[Snipping Toolが進化します]というメッセージが表示され、[切り取り&スケッチを使ってみる]をクリックすると、[切り取り&スケッチ]が起動します。 [切り取り&スケッチ]をショートカットキーで呼び出す 新しいスクリーンショット用アプリ[切り取り&スケッチ]は、アプリとしても起動できますが、ショートカットキーで呼び出すことで、すぐにスクリーンショットを撮影できます。 ここで、スクリーンショットの撮影方法を選択します。 左から四角形(初期状態で選択)、フリーフォーム(フリーハンドで範囲を選べる)、全画面、中止、です。 4範囲を選択する 四角形の範囲を選択した状態で、デスクトップ上をドラッグし、範囲を選択します。 5選択した範囲のスクリーンショットが撮影された スクリーンショットが撮影され、画面右下に通知が表示されました。 続けて通知をクリックします。 6[切り取り&スケッチ]で編集や保存ができる [切り取り&スケッチ]の画面が表示され、撮影したスクリーンショットを編集できる画面になりました。 [保存]をクリックしてファイルとして保存したり、ペンでスクリーンショット上に線を引いたりできます。 また[新規]をクリックして新しいスクリーンショットを撮影することも可能です。 方法により得手不得手がある スクリーンショットの撮影機能は非常に進化していて、昔からパソコンを使っていた人でも、意外と知らない機能があるはずです。 何を撮りたいかによって、最適な方法を使い分けられればベストです。 close 閉じる.

次の

Windows 10(ウィンドウズ10)とは

ウィンドウズ 10

goodspeed76 さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティへの投稿ありがとうございます。 「ウィンドウズ10本体のマイドキュメントが消えた」というのは、「ドキュメント」フォルダーが消えてしまった 中にあったファイルは外付け HDD にコピーされていて無事 、ということでしょうか。 以下のようなことを確認してみてはいかがでしょう。 ------------------------------------------- 近藤 茂 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 ご回答ありがとうございます。 ・スタート ボタン右横の検索欄に「ドキュメント」と入力して検索されないか 以下の表示がされました。 以前は以下の画像に欄にドキュメントが表示されていたような気がしますが? TOSHIBA EXT E: にコピーしたつもりだったのですが?この外付けHDDにもドキュメントと言う名称フォルダーは無く、本体ドキュメントにあったフォルダー等が入っています。 もともとの所にドキュメントを表示するのは無理でしょうか? - 参考情報 - 自作 PC 経験者(一般ユーザー)からのアドバイス 当該 PC 製品の製品情報(メーカー名・製品名・製品番号・機種名・型番)がトラブル解決の対処方法など適切なアドバイスの手掛かりとなります。 システムの復元方法 5. 復元ポイントを選択し、[次へ] をクリックします。 現象発生前の復元ポイントでのシステムの復元を実行してください。 注意事項等にも留意してください。

次の