ブロック チェーン ウォレット。 【ビットコイン】ウォレットの仕組みを徹底解説

ブロックチェーンウォレットとは?種類やBlockchainの作成方法まとめ

ブロック チェーン ウォレット

【第1位】・・・BTC出来高No. 1!安心大手で セキュリティも世界一!• 【第2位】・・・手数料の安さNo. 1!積立投資機能や取引高に応じた 報酬キャンペーンも実施!• 【第3位】・・・取引所の利用が 初めての人でも見やすいチャート機能。 365日7:00〜22:00LINEサポート対応!• 日本語対応しているため利用している日本人も多く、 世界的に最も利用者の多い 700万人以上 人気のウォレットです。 そして2017年8月18日、ブロックチェーンウォレットに イーサリアムが加わりました。 そこで今回はブロックチェーンウォレットの登録方法についてご紹介します。 この記事の目次• ブロックチェーンウォレットの登録方法は? 1.ブロックチェーンウォレットの登録方法は、まず以下のページを開いて下さい。 すでに日本語のページ表示になっているので、見やすいと思います。 「eメール」には、 自分のメルアドを入力。 「新しいパスワード」には、 他所で使っていないもので、なるべく複雑なパスワードを入力。 「利用規約を読んで、同意します」では、利用規約を読んで同意できれば、 チェックボックスをクリックしてチェックを入れます。 3.すべて記入して、問題なければ 「続行」をクリックして下さい。 4.登録したメルアドに「ウォレットへようこそ」というタイトルのメールが届くので開きます。 このメールは登録したメルアドが正しいものかをチェックするためなので、メールの中にある 「はい、これは私のメールです」をクリックして 登録したメルアドを有効にします。 登録はこれで終了です。 注意点! このメールの中に 「ウォレットID」が記載されています。 メモを控えるか、プリントアウトして、 ログイン用「パスワード」とともに 大切に保管しておきましょう。 ブロックチェーンウォレットにログインする方法は? 先ほど届いたメールの中に 「ウォレットID」があるので、これをコピーします。 以下のページを開いて下さい。 ログインすると下記画像ページになります。 「ウォレットID」に先ほどコピーしたものを ペーストします。 先ほど設定した ログイン用の「パスワード」を入力します。 「ログイン」をクリックすればOKです。 ブロックチェーンウォレットのアプリ連結方法は? ブロックチェーンウォレットは アプリからも利用できます。 1.以下からアプリをDLして下さい。 「Blockchain — Bitcoin Wallet」App Store 「Bitcoin Wallet」Google Play DLしただけでは利用できないので、利用できるようにしますが、これを 連結 ペアリング と呼びます。 2.アプリをDLしたら、まずは PCからブロックチェーンウォレットにログインします。 3.ページの左側にある 「設定」をクリック。 4.右側に 「ペアリングコードを表示する」とあるのでクリックすると、 QRコードが表示されます。 5. スマホのアプリを起動させて 「LOGIN」をクリック。 6. 「財布をペアリング」というページが出るので、下の方にある 「ペアリングコードをスキャン」をクリック。 7. PCのQRコードを読み取ります。 8.スマホの画面に 「pinを作成してください」と表示されるので、 4桁の数字を入力します。 この数字でアプリにログインします。 9.次の画面で 「pinを確認してください」と表示されるので、先ほどの 4桁の数字を入力します。 これで アプリにログインできましたので、連結は終了です。 利用する前にセキュリティ対策を! ウォレットを利用する前に、 セキュリティ対策をしておきましょう! ログインしたページの左側に 「セキュリティセンター」があるので、そこから 「バックアップフレーズ」「パスワードヒントの作成」「携帯電話番号をリンクする」などの設定を行ってください。 ウェブウォレットはウォレットの中でも安全性が低い ウェブウォレットは各種あるウォレットの中で 最も安全性の低いものになります。 あくまでウェブウォレットは小銭入れ程度と考え、 ハッキングされて盗まれても構わない金額だけを保管して下さい。 高い安全性を求めるならハードウェアウォレットがおすすめです。 安全性が高いハードウェアウォレット 今回紹介するブロックチェーンはウェブウォレットでウェブ上で動作するためハッキングやフィッシングサイトでのリスクがあります。 値段が1万円前後と高価ですが、 資産を失うリスクを考えると必要経費でしょう。 ハードウェアウォレットは必ず公式サイトから購入を! ハードウェアウォレットは必ず公式のサイトから購入するようにしましょう。 というのも、 ハードウェアウォレット内のデータを横取りする悪質なプログラムが仕込まれた詐欺ウォレットが販売されており、実際に通貨を盗まれた被害報告も少なくないのです。 詐欺ウォレットの多くは、イベントやECサイト Amazonなど で販売されている場合が多く、そういった詐欺ウォレットを避けるためにも公式サイトで購入しましょう。 実際にフリマサイトの「 メルカリ」では、 ユーザーの仮想通貨の盗難被害に配慮し、ハードウェアウォレットの販売を禁止しました。 おすすめのハードウォレットは「Ledger Nano S」 最も有名なビットコインのセキュリティ会社の1社であるフランスのLedger社が、2016年8月にリリースした「Ledger Nano S」 数あるハードウェアウォレットの中でも特に評価が高くウォレットで、対応している通貨が多くGoogleアプリケーションがインストールできるPC全てで動作するのが魅力ですね。 日本に販売代理店があるので、海外のサイトで購入するのが少し不安な方は日本の販売代理店から購入しましょう。 メールでのお問い合わせにも対応しているので、もしもの時も安心ですね。 ・対応通貨.

次の

ブロックチェーンウォレットとは?種類やBlockchainの作成方法まとめ

ブロック チェーン ウォレット

もくじ• ソフトウェアウォレット 最もオーソドックスと言えるのが ソフトウェアウォレットです。 自分の端末にいわゆる ウォレットアプリのようなソフトウェアをインストールして使います。 言わば端末の中にビットコインを保有している状態です。 PC用ソフトウェア(フルノード) ビットコインの公式クライアントと言えるが、そういったソフトウェアの代表です。 Bitcoin Coreは基本的にPC用です。 Bitcoin Coreをインストールするということは、ビットコインのブロックチェーンを維持管理するP2Pネットワークの一員(フルノードサーバー)となることを意味します。 前提として過去のブロックチェーンデータ(100GB以上)の全てを自分の環境下に保持する必要があり、しかもブロックチェーンを保守するプログラムが随時走ることになるので、それなりのマシンでないと使えないと思います(モバイルではまず無理です)。 ブロックチェーンを全て自分で保持しているので、常に生のブロックチェーン情報を見ることができます。 言うまでもなく、フルノードサーバーが持つ情報が最も信頼できる情報です。 モバイル用ソフトウェア(SPVクライアント) フルノードサーバーとしてマシンを稼働させるのは、普通の人にとっては現実的ではないかも知れません。 一般的に使えるのがSPVクライアントという方式のソフトウェアです。 SPVクライアントというのは、ブロックチェーンを自分で保持するわけではなく、どこかのフルノードサーバーにブロックチェーン情報を読みに行くことで、その情報(残高や支払い履歴など)を得ます。 自分で保持しているわけではないとは言え、直接読み込むと言う意味では信頼性の高い情報と言えます。 読み込むのは自分のウォレットに関連する情報(トランザクション)だけなので、動作も比較的軽快です。 SPVクライアント方式ならモバイルでも充分動かせるので、ウォレットアプリとしてAndroid、iPhoneともに様々なものがリリースされています。 個人的にはが使いやすいんじゃないかと思います(セキュリティもしっかりしてそうです)。 こういったウォレットアプリは、ビットコインの送受信に関してはQRコードを使って簡単にできる仕組みが備わっていますし、事実上、ウォレットをスマホに入れた状態で持ち歩けるので実用的です。 ただしスマホが故障したり紛失したりしたらウォレットを失うことになります。 そういった場合でも、 パスフレーズ(リカバリーフレーズ)があればウォレットを取り戻すことができるので、大事に保存しておきましょう。 PC用でもモバイル用でも、ソフトウェアウォレットの場合、その 端末のストレージ内に秘密鍵を保存している状態になります。 端末がネットに繋がっていれば、ハッキング等により秘密鍵が流出する危険性はあります。 もちろん、信用できないアプリは絶対使わない方がいいです。 無いと信じたいですが悪質なアプリの場合、裏で秘密鍵をどこかに送信しているということもありえます。 中国産は気をつけましょう。 (笑) ソフトウェアウォレットのメリット• 第三者に依存することなく自分でウォレットを管理できる• ブロックチェーンを直接読み取っているので、(残高などの)正しさが保証されている ソフトウェアウォレットのデメリット• ハッキングによる盗難のリスクあり• 端末の故障・紛失による秘密鍵紛失のリスクあり webウォレット 第三者であるwebサービスを利用することで使うことができるものを webウォレットと言います。 ブロックチェーンと自分との間に第三者であるwebページ(サーバー)が常に介在することになるので、そのwebサービスを信用した上で使用することが前提です。 平たく言えば、webアプリ版のウォレットです。 webウォレットの良い所は、ソフトウェアウォレットを端末にインストールせずとも、インターネットを通じてブラウザ上で使えるところです。 そのwebサービス上でログインアカウントを作ることで、そのアカウントとウォレットを紐付けて管理してもらいます。 webサービス側がP2Pネットワークに繋がることで、実際にウォレットを作って、特定のアカウントにだけそのウォレットの操作権限を与えると言った仕組みです。 そのwebサービス(サイト)にログインするだけで、そのウォレットを操作することができるので、場所も端末も選ばず非常に使い勝手はいいと言えます。 スマホでそのwebページを開けば、出先で決済に使うこともできるでしょう。 しかも、仮に端末が故障したりしても、ウォレットには何のダメージもありません。 ただし、ログインアカウント情報(password等)を忘れてしまったり、誰かに知られてしまったらアウトです。 全てはログインアカウントに依存しているということを忘れてはいけません。 ログインアカウントの管理は自己責任です。 二段階認証などは必須です。 あとwebウォレットの怖いところなのですが、そのウォレットを実際に握っているのはwebサービス管理会社です。 もちろんそのウォレットは利用者のモノであるという約束の上で預かっている体ではありますが、秘密鍵は向こうにあるので、やろうと思えば預かっているビットコインを運営会社側が勝手に動かすことも、原理上は可能です。 利用者を欺くようなwebサービスではないことを信じるしかありません。 また、管理会社自体に悪意はなくとも、ハッキング等により秘密鍵等の重要な情報が流出するということはありえます。 重要情報の保管体制やハッキング対策などのセキュリティがしっかりしているか見極めるようにしましょう。 そういったリスクと引き換えに、利便性を提供してくれているのがwebウォレットです。 もし運営側を充分に信用するなら、秘密鍵の管理を任せていられると言う意味では非常に楽です。 自分で持っているよりも、ある意味安心かも知れません。 このように、webウォレットは第三者への信頼の上に成り立つものです。 個人的にはというのがオススメです。 BLOCKCHAINは秘密鍵を暗号化して保存しているそうなので、流出の危険はほぼ無いと言えると思います。 ウォレットを共有できる専用アプリもあります。 (・) 暗号通貨取引所 ビットコインも含め、様々な暗号通貨の売買を行える 取引所と呼ばれるwebサービスがあります。 取引所に日本円を入金し、それをビットコインに変える(買う)ことでビットコインを手に入れることが出来ます。 webサービスに依存した状態でビットコインを保有するという点では、取引所も広い意味で webウォレットと言うことができるかと思います。 普通のwebウォレットと同様に、秘密鍵の管理も含め全ては取引所の運営側で管理されています。 預かってもらっている状態です。 取引所外のアドレスへ送金することは可能です (例えば自分で持っているウォレットに送金する等)。 取引所ではビットコインを他の暗号通貨と秒速で売買できたりと、取引所ならではの様々な機能が提供されています。 それらの機能を効率よく実装するには、ブロックチェーン上のデータ(正しいデータ)とは離れたところで、通貨同士のやり取りを行い、後から帳尻を合わせるような仕組みになっているんだと思います。 単純にウォレットの作成・管理を代行するwebサービスよりも、システム的な信頼度は落ちると言わざるを得ないでしょう。 経営体力の問題も無視できません。 取引所が破産することも充分考えられます。 もし取引所がサービスを停止するなんてことになったら、預けていたビットコインは簡単には返ってこないかも知れません。 取引所に長期間ビットコインを預けておくのはあまりおすすめできません。 Gox(取引所)が預かっていたビットコインが大量に盗まれるという事件が起きています。 webウォレットのメリット• ネットに繋がった端末さえあればwebサービスにログインすることでウォレットを操作できる• 秘密鍵を厳重に管理してもらえる webウォレットのデメリット• 運営会社の内部犯行による持ち逃げリスクあり• ハッキングによる盗難のリスクあり• webサービスのログインアカウント情報を盗まれるとアウト• 突然サービスを停止されたりすると、どうなるか分からない ハードウェアウォレット ハッキングにより秘密鍵が盗まれるリスクを考えると秘密鍵は電子データとして保存しておくのはリスクが高いです。 しかし、送金する時のことを考えるとやはり電子データの状態じゃないと何かと不便です。 そんなジレンマを解決するのが ハードウェアウォレットと呼ばれるデバイス型のウォレットです。 TrezorやLedgerという商品が有名です。 ハードウェアウォレットは普通、無線での通信手段を持たず完全に オフラインのデバイスです。 その中に秘密鍵を電子データの状態で保存しておけるのでハッキングの恐れはありません。 USBケーブル等でオンラインのデバイスと接続すれば、保存している秘密鍵データを一切デバイスの外に出すこと無く送金を行うことができるようになっています。 ハードウェアウォレットは、 利便性と安全性の両方を追求したウォレットと言えます。 ただし、ハードウェアウォレットには通信機能がないので、単体では残高確認や着金の確認等はできません。 まあ、スマホでピッと決済できるのに比べれば圧倒的に不便だと思うので、どちらかと言えば長期保管用かと思います。 デバイスを紛失したり故障したりと言ったリスクはもちろんあります。 パスフレーズを大事に保存しておくのは必須です。 ハードウェアウォレットのメリット• ハッキングの恐れがない• 送金も安全かつ簡単に行える ハードウェアウォレットのデメリット• 端末の故障・紛失により秘密鍵を失うリスクあり ペーパーウォレット 安全性を追求するなら秘密鍵を電子データではなく紙に書いて保存してくのが一番です。 少なくともハッキングされることはありません。 秘密鍵を紙に書いて保存しておくタイプのウォレットを ペーパーウォレットと言います。 ただし厳密にはペーパーウォレットというのは、ウォレットというよりも、1つのアドレスに入金されたビットコインを保管するために使います。 参考 で空っぽのペーパーウォレットを簡単に作ることができます(自分でプリントアウトして保管します)。 で新規にペーパーウォレット(アドレス)を作ってそこに自分のビットコインを全て送金し、そのアドレスの秘密鍵が書かれた紙(ペーパーウォレット)をプリントアウトしておけば安心です。 もちろん、その紙は失くすことのないように厳重に管理しましょう。 いざ送金しようと思うとちょっと面倒なので、ペーパーウォレットは当面送金する予定のないビットコインを長期保存するのに使うといいです。 ちなみに残高を確認するだけなら、でそのアドレス( 秘密鍵じゃないですよ!)を検索するだけで見ることができます。 とは言え、アドレスを検索窓に手打ちするのは苦行に近いですが。 ペーパーウォレットのメリット• ハッキングの恐れがない ペーパーウォレットのデメリット• 紙が燃えたり、紛失したりといったリスクがある• 送金する時、面倒なことになる• 残高確認には何らかのサービスを利用する必要がある ブレインウォレット ブレインウォレットとカッコつけて言ってますが、単に秘密鍵を暗記しておくというだけの話です。 このやり方もペーパーウォレットと同じく、ウォレット単位ではなくアドレス単位での保管となります。 参考 もし秘密鍵を完全に暗記できたなら、こんなに安全かつ確実な保存方法はありません。 誰にも盗まれることはない上、いつでもどこでも秘密鍵を取り出すことができます。 ビットコインが頭の中に入っているようなものです。 持ち物検査されて、端末を奪われてもビットコインは奪われません。 (笑) ただし送金の際には、秘密鍵を手打ちするしかありません。 間違えずに一発で打てたら奇跡です。 (笑) しかも、忘れたらどうしようもありません。 そして、死んだら終わりです。 そのビットコインを相続することは不可能です。 というか、どうせ覚えるならパスフレーズを覚える方が簡単だし、ウォレット単位でのバックアップになるので、秘密鍵を覚えるという猛者はまあいないかと思います。 (笑) ブレインウォレットのメリット• まず盗まれることはない• いつでもどこでも秘密鍵を取り出せる(思い出せれば) ブレインウォレットのデメリット• 送金する時は秘密鍵を手打ちするしかない• 忘れたら終わり• 死んだら終わり ウォレットは用途に応じて使い分けよう 個人的には最も便利に使えるのは webウォレットだと思います。 端末に依存せず、ログインするだけでウォレットにアクセスできるというのは魅力です。 もちろん秘密鍵の管理を運営会社に依存している以上は様々なリスクがつきまといますが、逆に言えば信頼できる運営会社にウォレットを厳重に管理してもらえる方が自分で管理するよりある意味安心じゃないかなと思います。 紛失だとか端末の故障だとかっていうのは一番怖いリスクだと思います。 自分でしっかり秘密鍵を管理する自信のある人は、スマホに ソフトウェアウォレットをインストールして使うか、ハードウェアウォレットを買って、誰にも依存せず自分で管理するのが良いと思います。 その場合、パスフレーズの保存は必須です。 参考 また、当面使う予定の無いビットコインは、ペーパーウォレットにして金庫にでもしまっておくのが安心です。 ウォレットはいくつでも持つことができるので、長期保存用と支払い用に分けておくのがベストです。 有事の際に、身一つで逃げる際には、ブレインウォレットです!決して秘密鍵ではなく、パスフレーズを脳に刻み込みましょう。 以上、ウォレットの種類についての説明でした。 ご安全に!.

次の

【2018年最新版】ブロックチェーン(Blockchain)完全マニュアル

ブロック チェーン ウォレット

ブロックチェーンウォレットとは ブロックチェーンウォレットとは、 仮想通貨が世の中の通貨として機能できるために必要不可欠な技術です。 もっと詳しく言えば、ブロックチェーンウォレットにはこうした機能があります。 Bitcoin、Ethereum、NEM、Dashなどの暗号資産を簡単な操作のみで安全にブロックチェーンウォレットで管理することができる。 即時両替などの機能を使ってファイナンシャル、フレキシビリティを利用できる。 SpectoCoinモバイルのオンラインウォレットを使用することで24時間いつでも好きな時にビットコインやその他のブロックチェーンベースの暗号資産を管理、取引、購入が簡単にできる。 SpectroCoinのウォレットにリンクされたビットコインアドレスの管理をしてくれる。 ブロックチェーンウォレットは、これら4つの機能を持っています。 ブロックチェーンウォレットの種類 ブロックチェーンウォレットの種類は大きく分けて2種類になります。 ホットウォレット• コールドウォレット 細かく分けるとホットウォレットには3種類、コールドウォレットにも3種類が存在します。 では、もっと詳しく種類の説明をします。 ホットウォレットとは ホットウォレットとは、 インターネットを通じて仮想通貨の操作を行うことができるウォレットになります。 常時インターネットに接続されていることでクラッカーなどの不正アクセスの標的になりやすいというデメリットはありますが、取引所や決済、送金アプリなどはリアルタイムで送金を行う必要があるサービスでは 仮想通貨の利便性を損ねないことから多くの方が一部をホットウォレットとして運用していたりします。 Webウォレットとは Webウォレットとは、 ネット上で仮想通貨の資産を管理する方法のことです。 ネット上で資産を管理するため、1度専用のサイトに登録をしなくてはならないのがデメリットと言えます。 しかし、Webウォレットには下記のような メリットが沢山あります。 どの端末からでも使用することができる• アカウント管理がIDとパスワードだけなのでログイン等も非常に便利 そして即決済の対応が非常に早いということも大きな特徴です。 Webウォレットは、 利用しやすいウォレットと言えるでしょう。 モバイルウォレットとは モバイルウォレットとは、 スマホなどの携帯端末用のウォレットになります。 スマートフォンのカメラと連動することができるので、 QRコードを読み込むだけでお店で決算できるというのがモバイルウォレットの魅力且つ特徴です。 それを避けるために、 モバイルウォレットを利用する時はあらかじめ復元用のコードを発行することができるモノにしたり、バックアップをとることができるモノにすることをおすすめします。 デスクトップウォレットとは デスクトップウォレットとは、 パソコンにインストールして使えるウォレットになります。 パソコン上のみで仮想通貨を保管・管理するのでスマートフォンに比べて、 ハッキングされにくく落としにくいため非常に安全性が高いウォレットです。 安全型はブロックチェーン情報を全て取り込むことができ、全世界で行われる全ての取引を記録してくれます。 そのため初期設定の時に情報読み込みだけで1日以上かかることがよくあります。 一方、簡易型は必要最低限のブロックチェーン情報しか取り込みません。 必要最低限の情報しか取り込まないためインストールしてからすぐに全ての機能が使えるようになります。 コールドウォレットとは コールドウォレットとは、 インターネットと完全に切り離されたウォレットのことを言います。 コールドウォレットを利用すると、バックドアなどの不正アクセスによる仮想通貨の盗みがなくなります。 特徴としては、 秘密鍵さえあれば他のウォレットの復元も可能です。 ペーパーウォレットとは ペーパーウォレットとは、 仮想通貨を紙で管理するウォレットになります。 アナログな管理方法と言えるでしょう。 紙で管理することで秘密鍵をインターネットから切り離すことができるため、セキュリティ面がグンッと高くなります。 ペーパーウォレットの管理はオフライン、セキュリティは堅牢、利便性は低いといった感じではありますが、 セキュリティ面に期待ができるウォレットです。 出典: ここからは、ブロックチェーンウォレットの作成方法を見ていきましょう。 サインアップ• ブロックチェーンウォレットのにアクセス• トップページ右上の「サインアップ」をクリック• Eメール・新規パスワード・パスワードの確認の項目を入力• 利用規約を確認し、チェックボックスにチェックを入れる• 登録したEメールに確認のメールが届いているか確認• 事前に登録したメールアドレスを有効にする• ブロックチェーンウォレットの作成が完了 Eメールに届いたブロックチェーンからの確認メールにはウォレットIDも記載されています。 このウォレットIDはブロックチェーンウォレットにログインする際に必要になるIDなので、 絶対に紛失したり忘れないようにメモしておくといいでしょう。 ログイン ブロックチェーンウォレットの作成が完了した後は、ブロックチェーンにログインします。 トップページ右上の「ログイン」をクリックしてログイン画面に移動すると、ウォレットIDとパスワードを入力するページが表示されます。 この時に、 Eメールに届いたウォレットIDと、ブロックチェーンウォレットの作成をした時に決めたパスワードを入力します。 両方正しく入力することができたらログインすることができます。 初期設定 ブロックチェーンウォレットの作成と、ログインが終わった後に行う初期設定の方法もご紹介しておきます。 ウォレットの言語:ブロックチェーン内で使用する言語の設定• 通知:ビットコインを受信する際の通知の有無設定• 自動ログアウト:セキュリティとしてパソコンからアクセスした場合、一定時間が経過すると自動的にログアウトする仕組みになっているため、この一定時間を分単位で設定• Themes:ブロックチェーンの表示背景色や文字の色、テンプレートを設定。 セキュリティ設定 初期設定をしたついでに、ブロックチェーンウォレットのセキュリティ設定も行うのがおすすめです。 ですが、意味も分からずなんとなく設定してしまうと、ログインできなくなってしまったり、取り返しのつかないようなことが発生する場合があります。 セキュリティ設定をしている時に「どういう意味だろう?」「どうしてこれが必要なんだろう?」などという理解できないこと、疑問に思うことがあった場合は、適当に設定するのではなく周囲に聞いたり問い合わせをするなどして わからないまま設定変更しないようにしましょう。 ブロックチェーンウォレットのまとめ ブロックチェーンウォレットには用途や性能等が異なる沢山のウォレットが存在しています。 利用する人の目的に適したウォレットが使えるというのが魅力です。 ブロックチェーンウォレットを利用する場合は、登録や作成、ウォレットによっては情報読み込みだけで1日以上かかるものもあるため、時間と手間がかかってしまいます。 しかし、1つのウォレットに限らず様々なウォレットを利用してみることで、自分に合った・適したウォレットを見つけ出すことができるのはもちろん、仮想通貨に対する理解を深めることができるので、積極的に活用していきましょう。

次の