マチコ先生に抗議する会。 社会現象を巻き起こした“まいっちんぐマチコ先生”作者のスゴい人!

えびはら武司プロフィール

マチコ先生に抗議する会

子供たちのエッチなイタズラを「まいっちんぐ~」のひと言でやり過ごしてしまう、ご存じ「まいっちんぐマチコ先生」。 * マチコ先生=麻衣マチコといえば、いわゆるトランジスタグラマー体型が頭に浮かぶ。 「あんまり意識したことがないんだよね。 特にモデルとかもいないし。 ただ当時、アグネス・ラムちゃんとか宮崎美子さんが人気で、そのイメージが無意識にあったのかもしれない。 あと、大場久美子。 好きだったんですよ(笑)。 彼女、けっこうボインだしね。 もっとも、作画する時に使ったことはないな。 髪型くらいかな、意識したとしたら」 そんなマチコ先生は、イタズラ児童のケン太にスカートをめくられ、お約束の「決めゼリフ」を言うシーンが定番だ。 「実はね、みんなが思っているほどスカートめくりは描いてないんだよね。 描きにくいし、むしろスカートをはいていないパンティ姿のほうが多かった。 連載スタート直後にアニメが始まったんだけど、恐らくそのイメージが強いんだと思う。 アニメでは確かに多かったかもしれないね」 事実、アニメ化の影響は大きく、関西地方ではマチコ先生に抗議するPTAの会のようなものまでできたという。 ただし、 「編集サイドがずっと対応してくれていた。 僕は描いていればいいと。 「まいっちんぐポーズも、当初は決まっていなかったんだよね。 (アニメの)プロデューサーの方がモデルさんを連れてきて、ポーズを決めよう、と。 マンガの中では『まいっちんぐ』という言葉は使ってたけど、キメポーズまではなかった。 お恥ずかしい話だけどね」 もっとも、マチコ先生の人物設定にはえびはら氏の強いこだわりがあった。 「当時、『金八先生』とか学園ものがはやっていた。 いわゆる熱血ドラマ。 でも、僕はそうしたくなかった。 女性だし、逆にまったく説教しない先生にしようと。 そうそう、僕が中学生の時に、怒らない女性の先生がいてね。 それどころか、生徒にいじめられて泣いちゃうみたいな。 それも心のどこかにあったのかなぁ」 さらにマチコ先生には、こんな「秘密」も。 昭和から平成にかけて進化を続けているというのだ。 昔は4等身、5等身だったのが、読者の年齢が上がってきている現実もあり、 「じゃ、グッとアダルトにしようと、8等身に。 今考えているのは、アダルトになったマチコ先生の映画化ですよ。 どこかでやりたいね。 カラミとか? それは他(の作品)がやってるし、マチコには求められていないと思うよ(笑)」 主演は誰なんだろうか。

次の

Lista IPTV cs Teste IPTV 2020

マチコ先生に抗議する会

男子のみなさん、お待たせしました。 みなさんのアイドル「まいっちんぐマチコ先生」が帰ってきますよ。 不買運動も起こっていた?映画「初恋スケッチ~まいっちんぐマチコ先生」ネタバレあらすじ?子供に見せられない漫画だった? 「まいっちんぐマチコ先生」とは、えびはら武司原作の子供向けのちょっとエッチなギャグ漫画です。 私立あらま学園のグラマラスな女性教師・麻衣マチコ(23)先生が主人公です。 物語は中学2年のマチコ先生のクラスの池上ケン太が、マチコ先生に対するエッチないたずらが毎回のお約束です。 1980年代前半に、テレビアニメが放送されると大人気になります。 あまりの人気ぶりに、京都ではPTAが「マチコ先生に抗議する会」が結成するほどでした。 また、漫画の発行元の学研が、発行していた全ての学習誌の不買運動にまで発展します。 学研はあまりの抗議運動の強さに驚き、連載の打ち切りを決断します。 ところが子供たちからの圧倒的な人気が凄まじいことから、再び「アニメディア」「中2コース」での連載が開始されることになります。 本作の物語はケン太たちが卒業した10年後からスタートします。 あらま学園を卒業して10年が経ち、池上ケンタ(村上純)は漫画家になる夢を叶えて上京していました。 ところが、ケンタはなぜか漫画が描けなくなり、スランプに陥ってしまいます。 そんな時、ケンタの幼なじみで、現在あらま学園の体育教師になった網走金三(池田一真)から突如連絡が入ります。 金三によると、学園が取り壊しになるので帰ってきてくれないかというものでした。 ケンタは漫画がスランプ気味だったことから、気分転換も兼ねて田舎に帰ることにしました。 ケンタは、旧友のカメこと亀山タマ夫(関町知弘)、成城ヒロミ(増田有華)、金三と久々の再会を喜びました。 その後「あらま学園取り壊し反対メンバー」に名を連ねます。 そんな時ケンタは、あらま学園の女教師、高代響子(華村あすか)と出会います。 ケンタは響子に、中学時代の恩師マチコ先生(大澤玲美)の面影を見出します。 するとケンタに、マチコ先生との楽しかった想い出が蘇ります。 マチコ先生との日々を思い出すうちに、ケンタは徐々に漫画を描く楽しさを取り戻しつつありました。 ところがそんな時、ケンタたちは取り壊し推進派の中心人物、松本ヒロシ(前田けゑ)と君嶋ナナオ(鈴木まりや)との全面対決へと突入していくのでした。 本作の公開予定日は2018年9月8日、配給元は不明です。 ナイスバディ?映画「初恋スケッチ~まいっちんぐマチコ先生」マチコ先生役は?主題歌も気になる?先行動画はエロいのか? 本作で麻衣マチコ役を熱演されたのが大澤玲美さんです。 2011年からcutestyleのイメージモデルを皮切りに、モデルデビューをされます。 また大澤玲美さんを一躍全国区の知名度に押し上げたのは、雑誌「popteen」でした。 大澤玲美さんはナイスバディの持ち主なので、今回のマチコ先生役にはピッタリですね。 そして、本作の主題歌「はi-nos綾(ryo)」さんが歌われます。 映画「初恋スケッチ~まいっちんぐマチコ先生」はどんな見どころがあるのか?PTA大激怒の見どころ大公開? 本作のみどころは、ケンタの学生時代の回想シーンです。 もちろんケンタの回想シーンの全てには、マチコ先生が登場してきます。 ボインでグラマーなマチコ先生の「パンチラ」シーンももちろん見られますよ。 そしてケンタが、漫画家になろうと決めたのも大好きなマチコ先生の一言でした。 マチコ先生はケンタの青春の全てだったのです。 実はマチコ先生は、もの凄い人気のある漫画で、過去にアニメ化はもちろんオリジナルビデオや劇場版映画も何本も作られています。 マチコ先生役にはその時代のグラビアクイーンが抜擢されており、グラビアクイーンの登竜門的作品でもあります。 元々の「まいっちんぐマチコ先生」の原作はエッチでおバカな話ですが、今作はみなさんの青春の中の1ページを描いたようなストーリーになっています。 みなさんも映画館でご覧になってみてはいかがでしょうか。

次の

団塊Jr.が泣く! : まいっちんぐマチコ先生

マチコ先生に抗議する会

国会での問題 [ ] 「抗議する会」については、「戦後マンガ50年史」、「まんが秘宝つっぱりアナーキー王」、「アニメージュ」1982年5月号で触れられていますが、国会で問題になったという出典はどこでしょう。 ネット検索すると、「快進撃TV!うたえモン」というテレビ番組で触れられたようですが、テレビ番組でなく、書籍などで書かれているのはありますか? -- 2006年11月19日 日 11:07 UTC 輸出例について [ ] この漫画(出版作品)もしくはアニメ版についての輸出例の情報をください。 なお、私はアニメ版について「教師(しかも女性教師)を性の対象としていることを考えると、海外への輸出も困難な作品と思われる。 少なくとも、アニメ(ひいてはテレビ番組放送全般)の倫理規定が厳正なアメリカ合衆国や、儒教倫理から教師を特別視する韓国などへの輸出は行われなかったと思われる。 」と書いたものでもあります。 この件は削除されていますが、米国と韓国の放送コードや価値観を考えますと、これは正しいと思われます。 韓国については、儒教の思想の影響もさることながら、制作および日本での本放送が1987年の民主化運動以前だったことを考えますと、本放送時もしくはその直後での放送は困難を極めたと思われます。 当時から無国籍な日本製アニメは普通に放映されていましたが、これは日本の生活文化が細部に至るまで描写された作品です。 ただし、これが2000年代の開放政策下なら、さほど問題にはならないとは思いますが。 アメリカ合衆国につきましても、輸出時の初回放送で大きな改変を余儀なくされた日本のアニメ作品は多いです。 これを考えたとき、1980年代の地上波での放送は無修正では困難だったと思います。 ただしこの種の問題のない東南アジア諸国やヨーロッパ各国には輸出された可能性もありますが。 なお、私は、この作品をさほど「有害」とはおりません。 たしかにエッチなシーンも多いけれどそれはお遊びで、教師と生徒もしくは生徒同士の温かい人間関係に満ちた作品だと考えております。 2006年11月26日 日 06:29 UTC 60. 233. 45 ノート IPアドレスと日付を記しておきました。 とあるように、ノートに書き込む場合は書名をお願いします。 なお、本作の輸出についての考察を除去したのは私です。 Wikipediaは自説の主張の場ではなく、既に知られた事実を書き込むことになっています。 出典が明示されていない編集は、誰でも取り除くことができます(出典のない記述は除去されても文句は言えません)。 」「出典を示す義務を負うのは、書き加えようとする側であり、除去を求める側ではありません。 」とあるように、正しいとか正しくないかは問題以前に、出典がなければ、Wikipediaに載せるのは不適切です。 誰が言ったかも分からない「~と思われる」という考察は、とみされます。 ご注意お願いします。 -- 2006年11月27日 月 13:48 UTC 除去の理由はあくまでもWikipediaのルールというわけですね。 それなら容認しましょう。 ところで、私が今敢えて当作品の社会的評価の可否や輸出の可能性を言及したのは、今現在、女性教師を性の対象とした出版作品・映像作品が存在しているからであります。 「」がそれに当たります。 私はこの作品に関する記事にも「酷評」を加えています。 11月12日に書きました。 以下引用します。 「なお、その内容から、映倫規定ではPG-12であるが、原作・ドラマ版については、現時点ではPTAなどからの有害図書や低俗番組への指定は受けていないようである。 映画版は、日本PTA全国協議会では「子供に見せたくない映画」扱いではあるが、主な理由は「不幸せな物語だから」であり、主人公が教員から風俗嬢に転職しかつ多数の情事を重ねるという設定はあまり問題視されていないようである。 主人公の若き日の時代は現在の青少年にとって遠い時代のためと思われる。 しかし、儒教倫理故に教員を聖職視する韓国や台湾などへの輸出は困難であろう。 」 こちらはこの1ヶ月間削除されずにあります。 なぜ「嫌われ松子の一生」への酷評は許され、「まいっちんぐマチコ先生」への酷評は許されないのでしょうか?「嫌われ松子の一生」は「まいっちんぐマチコ先生」以上に酷な性描写や残酷な設定が満載なのですが。 2006年12月4日 月 12:05 UTC Wikipediaは自分の意見を開陳する場と勘違いして、Wikipediaの基本方針すら理解しないまま、編集したり閲覧している人は後を絶ちません。 よって、Wikipediaの問題ある記述の項目は膨大であり、全ての項目をチェックしきれるものではありません。 修正しても、また問題のある加筆を行なう人がいくらでもいます。 次に「嫌われ松子の一生」の問題のある記述が許されているという根拠はどこにあるんでしょうか。 ただ見過ごされているということではなかったのですか。 もしも「嫌われ松子」の記述が自説の主張であれば、除去されてしかるべきものです。 Wikipediaでは酷評を載せてはいけないというルールはありません。 その映画作品を語る上で外せないのであれば 「幻の湖」とか「シベリア長特急」であるとか 、載せても構いません。 むしろ中立性から言って賛辞だけ載せる方が問題です。 ただし、どこで誰が言ったかの出典が示されず、検証可能性を満たさないような論評は、執筆者個人の主張とみなして除去できます。 なお、駐車違反の際に、他の駐車も取り締まれと言っても駐車違反が正当化できるものではありません。 Wikipediaは誰でも編集できるのですから、Wikipediaの方針に鑑みて問題だと思う記述はどんどん正していけばいいだけのことです。 -- 2006年12月4日 月 13:35 UTC 「嫌われ松子の一生」ですが、基本的にはWikipediaの「日本PTA全国協議会」の記事と「映倫コード」の記事を基にしました。 ただし「主人公が教員から」以降は私の主観です。 しかし、これはもし「まいっちんぐマチコ先生」の本放送や新作発表のあった時代(1980年代前半)なら大問題になったであろうことではないかと思います。 これは、その時代をリアルタイムで知る人ならおわかりですよね?なお、原作(小説)の韓国・台湾などへの翻訳輸出が既にされている可能性はあります(2003年リリース)が、映画はまだ封切りから半年、ドラマに至っては本放送が終わっていないので、映画・ドラマの輸出の可能性は未知数でしょう。 それはともかく、「まいっちんぐマチコ先生」については、当時の「朝日新聞」で「エッチ番組をやっつけろ」の運動があったとの記事がありました(他に「」や「」などもターゲット)。 他「テレビアニメ25年史」でもPTAの酷評の反面その内容は他愛無いものと書かれていました。 ただし、輸出については何も書かれていません。 「テレビアニメ25年史」では、英語圏(主に米国?)への輸出作品には英語タイトルがつくのですが、「まいっちんぐマチコ先生」にはそれがありませんでした。 ただしこれは主に米国のファンの情報を基にしたもので、実際にはこの本で英語タイトルのない作品でも米国に輸出されたようですが。 2006年12月4日 月 14:28 UTC.

次の