愛媛 コロナ ウイルス 感染 者。 愛媛県庁/新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症に関する情報について 松山市公式ホームページ PCサイト

愛媛 コロナ ウイルス 感染 者

松江市は9日、松江保健所管内で91人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。 このうち88人が、8日に感染確認された10代の男子生徒が通っていた市内の立正大淞南高校の関係者で、生徒が86人で、2人が50歳代と40歳代の教員という。 残り3人は同日に感染が確認された70代男性の関係者という。 この70代の男性は同校に仕事で出入りしていたといい、松江市の松浦正敬市長は「男性の感染場所は学校だと思う」と述べた。 市によると、感染が確認された生徒86人のうち、寮生が80人で、6人が自宅から通っていたという。 生徒は全員がサッカー部員で、感染者が発生した寮はサッカー部の寮だった。 教員も同部関係者。 部員約30人に発熱や頭痛などの症状があるが、いずれも軽症という。 サッカー部は7月23~25日に大阪府、8月3、4日に鳥取県、4~6日に香川県に練習試合などで遠征していたという。 部員は138人。 同校はサッカーの名門で、同校のホームページによると、全国高校サッカー選手権大会に18回出場している。 同保健所では、8日の感染確認を受け、149件のPCR検査を実施していた。 8日に感染が確認された男子生徒は5日に38度台の発熱、7日に味覚・嗅覚障害の症状があり、校医を通じて保健所に相談があったという。 8日にPCR検査を受け陽性が判明した。 同校の生徒数は約330人。 島根県内では前日までに計31人の感染が確認されていたが、それを大幅に上回った。

次の

新型コロナウイルス感染症に関する情報について 松山市公式ホームページ PCサイト

愛媛 コロナ ウイルス 感染 者

SARSコロナウイルスの特徴• 患者本人の 発症から数日を経てから、周囲の人に感染し始める• 発症から間もない患者の気道にはウイルスは少ない• 気道のウイルス量が 最も多くなるのは、発症から10日前後 SARSは、ウイルスの持つこうした特徴から、古典的な「隔離と検疫」によって終息したと考えられています。 では、今回の新型コロナウイルスの場合はどうなのでしょうか。 中国広東省疾病管理予防センター(CDC)のLirong Zou氏は、広東州南部の珠海市で、18人の新型コロナウイルス感染確定患者(男性9人女性9人、26歳~76歳、中央値は59歳)の、鼻とのどから標本を採取しました。 具体的には、鼻の奥から採取する鼻スワブと、のどの奥から採取する咽頭スワブを、患者1人当たり、それぞれ1本から最大9本まで、計72本採取しました。 18人のうち14人は発症前に武漢を訪問しており、1月7日から1月26日までの期間に37. 3度以上の発熱があったため、中国CDCが開発したPCR検査を受けて、新型コロナウイルスによる肺炎と診断されました。 14人中13人はCT検査でも肺炎と診断されました。 14人中3人がICUに入院しましたが、それ以外の患者は軽症から中等症にとどまりました。 一方、18人中4人は、武漢訪問歴がある患者から感染した二次感染者で、うち3人は発症しましたが、1人は、症状が現れない状態を維持していました。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

愛媛県松山市のコロナウイルス感染者の30代女性は誰?(受け入れ先)入院先の病院はどこ?感染経路は?│ひつまぶしブログ

愛媛 コロナ ウイルス 感染 者

更新日:2020年4月3日 新型コロナウイルス感染(8事例目)の確認に関する記者発表の要旨について 日時:令和2年4月2日(木曜日)17時00分~17時16分 場所:知事会議室• (知事) 今日の日中に検査した中から、新たに1名の新型コロナウイルスの感染者が確認されましたので公表させていただきます。 今回は、新居浜市在住の方で、資料に書いてありますように8例目ということになろうかと思います。 先ほど、14時過ぎに検査結果が出たばかりですので、現在把握している内容は限定的ですが、まずは県民の皆さまに速やかにお伝えする必要があると判断をして、発表させていただきます。 まず、感染が確認された方に対しまして心からお見舞いを申し上げますとともに、しっかりと治療をして一日も早く回復されるようお祈り申し上げます。 今、申し上げましたように、検査結果が判明したのは、本日の14時過ぎでございます。 ご本人に連絡しまして、今後の治療内容等を説明するとともに、今後の保健所の調査にご協力いただくこと、そしてまた、プライバシーに配慮した上で、感染の事実を公表することにもご理解をいただきましたので、公表をさせていただきます。 感染者の詳細な行動歴、濃厚接触者等について、現在調査中でありますが、これはこれまでとはまた違ったケースでございます。 まず、感染者の概要ですが、50代男性1名でございます。 住所地は新居浜市で、職業は団体職員でございます。 症状・経過・行動歴等でございますが、現在把握できている内容は資料のとおりであります。 つい最近の3月30日、東京から新居浜市へ自家用車によって移動をされています。 その後、4月1日に発熱や倦怠(けんたい)感の症状があらわれたため、「帰国者・接触者相談センター」へ相談されました。 その後、「帰国者・接触者外来」を受診して検体を採取。 本日にPCR検査で陽性が確認され、県内の「感染症指定医療機関」へ既に入院をしていただいています。 詳しい行動歴は、今後調査を行いますが、まさに数週間前から懸念していた勤務先の人事異動の関係で、愛媛県へ赴任してきた方と聞いております。 本人および勤務先等からの聞き取りを行いまして、濃厚接触者の把握に努めますが、県がメッセージを出していたこともあって、勤務先では転勤当初から、感染リスクに備えていたとも聞いています。 いずれにせよ、今回の感染者から県内に拡大する懸念があるかどうか、慎重に調査を行いたいと思います。 ほんとに、首都圏の拡大傾向を受けまして、転勤時期の人の移動は非常に懸念を感じておりましたので、企業、団体等に、県がやっていること、東京から来た時には2週間の自宅待機、あるいはテレワーク、こうしたことの要請を続けてまいりましたが、今回の感染者は愛媛県への赴任後、すぐに症状が出たこと、それから、通常、感染から発症までに一定の期間が経過することを踏まえますと、やはり県内での市中感染ではなくて、県外からもたらされた可能性が極めて高いものというふうに思います。 本日も、水際対策が極めて重要であり、繰り返しになりますが、次の3点。 感染が拡大している首都圏や関西圏等への出張や旅行は、やむを得ない場合を除き、できる限り自粛をお願いしたいということ。 やむを得ずこれらの地域を訪問する場合には、不特定多数との接触をできる限り控えるとともに、愛媛に戻った後は、基本的な感染予防や、体調不良の場合の外出自粛を強くお願いしたいと思います。 感染拡大地域に居住し、現時点で既に愛媛に戻っている方も、「もしかしたら感染しているかもしれない」と、これは分かりませんから、その前提でその意識を持っていただき、2週間は不特定多数との接触を控え、近い距離で人と話すのを避けるなど、感染予防のための意識を強く持っていただきたい。 こういったことをお願いしてまいりました。 また、もう一つは、県において、首都圏や関西圏等の感染拡大地域から人事異動で愛媛に帰任した職員、新規採用職員で海外への渡航歴や感染拡大地域への訪問歴がある職員等は、戻ってから2週間、自宅待機・テレワークを行う取り扱いをはじめたということで、既に2回にわたってお知らせし、こうした取り組みを民間にもお願いしてきたところでございます。 企業や団体の方々には、今回、こういうかたちで(感染者が)確認されましたので、この徹底を強く要請したいと思いますし、念のため、本日中に、各団体等には文書を送らせていただきますので、ぜひ、県の取り組みを参考にしていただきたいと思います。 ただし、感染者および濃厚接触者を特定し、誹謗中傷を投げかける行動や、海外渡航者・首都圏等から転勤でいらした方、これからは愛媛県民ですので、こういった方のお気持ちを考えて、くれぐれもいたずらに非難する言動は絶対にしないでいただきたいということをくれぐれもお願い申し上げます。 また、外出を自粛しようと思ったり、症状があるのに周囲に言い出せない心情にさせてしまうと、かえって、病状が重症化したり、周りに感染を拡大させるリスクが高まることにもつながるということをお考えいただきたいと思います。 また、その影響で今後、新たな感染者が発生した際に、今までは全ての方が感染を止めようという気持ちを持って、県の調査に全面的に協力をいただいていますけれども、空気が変わると、そういった行動調査に応じていただけない方も出てくるかもしれません。 そういう意味で、温かい目で見つめて、われわれが戦っているのは「人」ではない、「ウイルス」だという意識を全員にお持ちいただきたいと思います。 また、転勤して来られた方々や、出張や旅行等をなされて愛媛に帰って来られた方々は、これは本当にわかりませんから、「もしかしたら、感染しているかもしれない」と考えて、感染を拡大させないための、先ほど申し上げたような個人個人の生活の中での行動に、くれぐれもご協力をいただきたいと思います。 県民の皆さんが、等しくこうした行動を取れば抑えられますので、ぜひご協力をいただきたいと思います。 また、マスコミの皆さんも、一生懸命情報発信してくれていると思われますけれども、限界もありますので、特に今、まさに4月2日、人事異動に伴って移動してきた直後(の人々が多い状況)でございますので、この点についての周知を、ぜひ皆さんのお力を貸していただけたらというふうに思います。 また、空港、JR主要駅や港湾では、ご案内のとおり、昨日または本日から、感染症対策に係る県の取り組みをアナウンスしていただけることになりました。 JRは松山駅だけではなくて、特急の停まる主要駅にもお願いしています。 フェリー等の広域航路事業者には、船内でのアナウンスにご協力いただくこととなっています。 次に、午前中に発表しました松前町の事例について、少し情報が見えてきましたので、ご報告させていただきます。 まず、アメリカ在住の友人の方でございますが、本人の滞在先の確認ができました。 管轄する保健所に、県の方から情報提供を速やかに行わせていただいております。 また、感染者と会食した残る友人8名については、全員連絡が取れました。 全て県内在住者でございまして、今後、検査を実施する予定でございます。 状況は日々変化していきます。 数字だけに目を向けるのではなくて、県の一つ一つの感染拡大を防止する取り組みを受け止めていただきまして、何よりも(県では)正確・迅速な情報発信に努めていきますので、ぜひ、県民の皆さんも正確な情報を基にした冷静な行動をお願いしたいというふうに思います。 午前中に引き続きまして、一番最新のつまびらかな情報は県のホームページに記者会見の模様を一字一句掲載しております。 そしてメッセージの中では、状況の変化に応じてお願いしている要請事項を掲載していますので、県の立場で言えば、これが一番細かい情報でありますので、ぜひ、参考にしていただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。 以上です。 (愛媛新聞) アメリカ在住の方だが、まだ国内にいらっしゃるということか。 (知事) そうです。 (愛媛新聞) 滞在している自治体の方に連絡しているということ。 (知事) はい。 (NHK) この新居浜の男性だが、自家用車には1人で乗っていたのかということと、3月31日は外出を控えていたのかどうかとかということは分かるか。 (知事) ご夫婦2人で、車で東京から愛媛に来られたということを聞いています。 31日の行動はまだ詳細はつかめていません。 (NHK) 症状だが、軽症とかその辺は。 (知事) 軽症です。 (テレビ愛媛) 元々、新居浜の男性は愛媛に戻ってきた後は、自宅待機だとかそういう予定だったのか。 (知事) そこは確認取れていません。 あくまでも県の取り組みを紹介して、同じようにぜひ参考にしていただきたいということをずっと言い続けてますけども、何せ強制力がある訳ではないので、それぞれの対応になっています。 (愛媛新聞) 新居浜の方の今のところ判明している濃厚接触者は奥さん。 (知事) 奥さんと、それから勤務先がどの程度かというのは確認を取っていきたいと思います。 (愛媛新聞) 2人については、検査を実施する予定とかはあるのか。 (知事) 予定です。 (愛媛新聞) 新居浜の方は、元々、東京在住ということか。 (知事) そうですね。 (愛媛新聞) 東京在住で、3月30日に新居浜へ移動とあるが、転居というか転入してきたということか。 (知事) そうですね。 自家用車ですから。 大変長時間の自家用車で移動されてます。 (テレビ愛媛) 職場に顔を出したとか、そのあたりは。 (知事) 職場に足は運ばれていますけれども、そのあたりが濃厚に綿密に接触しているかどうかというのは今調査をしているところでございます。 (愛媛新聞) 職場というのは不特定多数の方との接触がありそうな場所なのか。 (知事) 転勤して初日、(発症する)前日のことですから、そんなにいろんなところに行っている訳ではなくて、職場の方も、2週間の(自宅)待機命令を県と同じように出していたかは分かりませんけれども、かなり気を付けられているというふうには聞いています。 ですから接触に関しても、推測ですけど、職場の方でもかなり気を配った対応をされているのではないかと思いますので、そのあたりも確認してみたいと思います。 (愛媛新聞) 職場は新居浜市内か。 (知事) 新居浜です。 (朝日新聞) 30日に転入してこられたということで、市役所への住民票の異動とかでも行かれたりしていないのか。 (知事) そこらあたりの行動履歴も確認が取れていませんけども、転勤してすぐ市役所に行くかどうかもそれぞれだと思いますので、この段階では分かりませんね。 (NHK) 全体的な話だが、陽性確認されて入院して、既に退院されているのが何人かということと、経過観察を終えた人が何人いるかというのを聞きたい。 (知事) 実は、今まで退院というのは、居住地が分かっているということと、それから退院の発表を受けたら「誰だろう」ということにもつながりかねないというふうなことで、(感染症に関する情報は)できるだけ出すようにはしているんですけれども、退院時期の公表は控えてまいりました。 ただ、(感染者が)複数になりましたので、今このパネルにはないですけれども、今後、出していくことで検討します。 できるだけ、そういった方向で出します。 まあ、地域が複数になっていますから。 (あいテレビ) 松前のケースで、アメリカ在住の友人だが、国籍がアメリカだったどうかというのは分からないか。 (知事) 分からないですね。 常識で考えると、その可能性は高いではないかなと。 というのは来日されて数カ月滞在する日程で日本に来ている。 その中の一環で愛媛に来られてますから。 (南海放送) 松前の件で、友人8人について、今、症状とか出ていないのか。 (知事) まだ(連絡が)取れてないです。 ようやくご本人から連絡先が全て分かったので、これからコンタクトを手分けしてやっていくということになります。 (南海放送) 複数の市町にまたがっているということか。 (知事) そうですね。

次の