ハンコ 注射 し て ない。 BCG注射(ハンコ注射)を知らない世代がハンコ注射の写真を見てビビる「こんな恐ろしいもの注射してたのか」

みんなの腕にははんこ注射のあとがあるのに

ハンコ 注射 し て ない

日本では1924年よりBCGが伝わり、 その後、効果と安全性が証明されたことで 1943年以降一般的に広まったといいます。 なぜこの型なのか? はんこ型であるのは日本だけの様で、 BCG接種による副作用が出にくくするため改良し、 接種箇所の炎症・潰瘍を軽減する 効果があるとし、この型になったそうです。 はんこ注射の正式名は 「 管針」 ハリ先にBCGワクチンを押し付けて接種する というのが管針を使った接種方法です。 なお、同時に「 ツベルクリン反応」 というものがありましたが、 これは皮内注射を行い 48時間後に赤みが出るか腫れるか? などと反応を見て結核菌感染の有無をする判断法で、 これで反応が無かった陰性者の人がBCGを受けていました。 しかし、2005年4月からは省略され、 1歳を超え任意接種をうける場合に医師によっては ツベルクリン反応検査を行う事がある様です。 Sponsored Links はんこ注射の跡がない!?受けてない年齢や世代ってあるの? はんこ注射(BCG)は 9針付いていて、 必ず2カ所に接種するので 合計18個の小さな接種跡ができます。 これは 天然痘接種の跡であり、 国内では1976年に中止され、 さらにWHOにより天然痘根絶宣言が 1979年に予防接種の中で正式廃止されています。 天然痘接種は二又に分かれた針でワクチンを付けて 上腕に差して円形の傷を付けて皮下に接種するものでした。 この 世代でもBCGは受けている事が多く、 成長により消えてしまっている事が多い様です。 してない場合にはツベルクリン反応で なんらかで陽性反応が出て受けていない場合もあります。 現在は 8ヶ月に達するまでですが、 以前は接種時期も、幼児期・小学・中学の3回と異なり、 2005年法改定から乳児期のみとなっています。 跡がない場合は受けているかどうかは ご両親に確認していただくとよいと思います。 はんこ注射の跡を消したい!消す方法は? はんこ注射の跡が残ってる場合は2005年、 法改定前に受けた時期が現在に近い年齢! 例えば中学生の時に受けた方が ほとんどどなのではないでしょうか? 幼児期に受けた場合には成人すると ほとんど残る事はありません。 どうしても 消したいという場合は、 美容整形に頼るほかなく、 多くの人がほとんど気にしていない事柄です。

次の

はんこ注射を行う意味!してない理由は?跡はいつまで残るの?

ハンコ 注射 し て ない

はんこ注射の理由・意味は? はんこ注射は、BCG予防接種、結核の予防ワクチンです。 はんこ注射は、牛型結核菌を弱めた生ワクチンをハンコみたいに9本の針がついた器具で行います。 針の先には、ワクチンが塗られていて、9本の針で刺すことによりワクチンを体内に取り込み、抗体が出来て、結核を予防できます。 はんこ注射の結核予防効果 効果乳幼児期にBCGを接種することにより、結核の発症を52~74%程度、重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度予防することができると報告されています。 BCG予防接種は、結核・髄膜炎の発症予防に効果的です。 はんこ注射は、全員受けるの? 昔は、ツベルクリン反応を見て、結核菌の抗体があるかどうかを確認してから、BCG予防接種(はんこ注射)を行ってきました。 ツベルクリン反応は、結核菌の抗体があるかどうかを検査する方法です。 ツベルクリン反応で結核菌の抗体があった場合には、はんこ注射を受けないことになるので、ハンコ注射を受けていない人もいます。 しかし、現在はツベルクリン反応は行われず、全員がBCG予防接種(はんこ注射)を行う方式になったので、全員がはんこ注射を受けています。 はんこ注射の跡が残る理由 はんこ注射は、結核菌の予防のために打ちます。 はんこ注射を摂取した後は、打った場所がぽこっと腫れたり、熱を帯びることがあります。 はんこ注射後、1ヶ月くらいしたら、白くポツポツ膿むのが正常な反応で、その反応を確認することによって、結核ワクチンの抗体がついたかを判断します。 なので、白くポツポツ膿んだところがへこんで跡になってしまう人がいるわけです。 はんこ注射の跡が残っている人と残っていない人がいるけど。 はんこ注射の跡は、残っている人と残っていない人がいます。 これは個人差によるところが大きいみたいです。 跡が残らない人は中学生くらいになると、ほとんど見えないくらいに跡が薄くなります。 なぜ、普通の注射(皮下注射)では無く、ハンコ注射なの? 昔は、はんこ注射ではなくて、皮下注射(普通の注射)で行っていたようですが、摂取した後の予後があまり良くなく、ケロイド状の跡が残ったり、大きな瘢痕(あざ)が残ったみたいです。 今の60歳代の人には、腕に大きなあざがある人が多くいます。 なので、通常の皮下注射ではなく、はんこ注射が行われています。 はんこ注射の跡は消せるの? 整形外科、美容整形などの病院で、はんこ注射の跡は消せるようです。 ケナコルトなどのステロイド系注射で傷跡を目立たなくさせる。 傷跡を切除して、再縫合する方法。 などがあります。 どうしても気になるようでしたら、形成外科や美容整形外科に相談した方がよいでしょう。 はんこ注射の理由・意味 まとめ はんこ注射は、BCG予防接種で結核の予防のために行われます。 通常の皮下注射に比べて跡が残りにくいため採用されているようです。

次の

BCG(ハンコ注射)ってやってない世代とかあります?

ハンコ 注射 し て ない

腕に跡が残ると言われているのはBCGの跡ではないんです。 種痘という天然痘(てんねんとう)の予防接種の跡のことで、BCG同様に種痘も「はんこ注射」と呼ばれていたため混同されたみたいですね。 WHO(世界保健機関)による撲滅活動により病気の根絶に成功し、1980年に天然痘根絶宣言が行われ日本でもWHOの宣言に先立って、1955年に国内での天然痘の根絶が確認されていた日本では、1976年(昭和51年)以降、それまで接種義務のあった種痘の接種を廃止しました。 その為、昭和51年以降に生まれた人は種痘を打っていません。 それ以前の生まれの人は義務として種痘を接種しているため、腕に跡が残っています。 もちろん、BCGのハンコ注射の跡も残ると言う人もいます。 ですが、傷も大人になるにつれて薄くなるのでほとんど分からなくなっています。 今は平成17年だったかで乳幼児の接種になりました。 それまでは、幼児、小学生、中学生とツベルクリン接種して陰性となった人がBCG接種をします。 BCGは10年~15年は効果があるので、ほとんどの方は幼児の時にBCG接種をしたら小学生の時や中学生の時にツベルクリン検査は陽性となるのでBCG接種はしません。 幼児期に接種した時に動いたとかでちゃんと摂取できなかったなどの理由で効果が早く切れ小学生や中学生の時にBCG接種する人もいます。 BCGに使うハンコ注射は1960年から今と同じ9本の針の注射ですので、普通の針だったのならBCG注射ではなくツベルクリン検査だったかと思います。

次の