も こう 創価 学。 初代会長牧口常三郎先生|創価学会公式サイト

創価学会員の祈りと功徳

も こう 創価 学

しきみについてですが、古来榊同様に用いられています。 また、榊に対応させる形でしきみを 樒 を梻と書き佛の旧字体に類似している。 「真俗仏事論」に佛に供養するものとして、「樒の実は天竺より。 来たれり本邦へは鑑真和上の請来なり。 その形天竺無熱地の青蓮華似たれり、故に之を取りて佛に供す。 」とある。 さらに、花や葉、実、根から茎にいたる全てが毒。 特に、種子に有毒の成分が多い為。 「悪しき実」とも言われる。 もともと、神教・仏教、各宗派関係なく使用する大切な香木である。 ではなぜ、日蓮正宗が、シキミの枝葉を仏前に供える。 これはシキミが常緑樹で特有の香気を持つ日本唯一の香木であることから、常住不滅で清浄無垢である本尊を荘厳するに相応しいからとされる。 またシキミの実は毒を持っていることから変毒為薬を顕しているという。 余談では、あるが中華料理に利用されているトウシキミは八角(はっかく)、八角茴香(はっかくういきょう)、あるいは大茴香(だいういきょう)とも呼ばれる香辛料である。

次の

創価学会とは?悪質なヤバい勧誘ってあるの?会員に聞いてみた

も こう 創価 学

しきみについてですが、古来榊同様に用いられています。 また、榊に対応させる形でしきみを 樒 を梻と書き佛の旧字体に類似している。 「真俗仏事論」に佛に供養するものとして、「樒の実は天竺より。 来たれり本邦へは鑑真和上の請来なり。 その形天竺無熱地の青蓮華似たれり、故に之を取りて佛に供す。 」とある。 さらに、花や葉、実、根から茎にいたる全てが毒。 特に、種子に有毒の成分が多い為。 「悪しき実」とも言われる。 もともと、神教・仏教、各宗派関係なく使用する大切な香木である。 ではなぜ、日蓮正宗が、シキミの枝葉を仏前に供える。 これはシキミが常緑樹で特有の香気を持つ日本唯一の香木であることから、常住不滅で清浄無垢である本尊を荘厳するに相応しいからとされる。 またシキミの実は毒を持っていることから変毒為薬を顕しているという。 余談では、あるが中華料理に利用されているトウシキミは八角(はっかく)、八角茴香(はっかくういきょう)、あるいは大茴香(だいういきょう)とも呼ばれる香辛料である。

次の

創価学会員の祈りと功徳

も こう 創価 学

略歴・国家権力と対決した創価の厳父 初代会長 牧口常三郎先生 1871(明治4)年6月6日(旧暦)、新潟生まれ。 北海道尋常師範学校卒。 同校の教諭兼舎監を経て、約20年間、東京・白金尋常小学校など6校の校長 を歴任。 「子どもの幸福」を目的とする慈愛の教育に徹した。 1928(昭和3)年、日蓮大聖人の仏法を知り、1930(同5)年11月18日に「創価 教育学会」(創価学会の前身)を創立。 教育改革、仏法に基づく生活革新運動へと展開した。 戦時下、宗教・思想の統制を図る軍部権力の手で1943(同18)年に治安維持法違反ならびに不敬罪容疑で検挙・投獄され、1944(同19)年11月18日、獄中で逝去した。 主著に『人生地理学』『創価教育学 体系』など。 苦学の青春——教育者への道程 明治26年、小学校の訓導に(2列目の右から3人目) 牧口先生は1871(明治4)年6月6日(旧暦)、現在の新潟県柏崎市荒浜に、父・渡辺長松と母・イネの長男として生まれます。 父・長松の消息が途絶えたため、6歳で叔母の嫁ぎ先であった牧口善太夫の養子となりました。 13歳のころ、荒浜と交流の深かった北海道に渡ります。 小樽警察署の給仕として働きながら時間さえあれば読書・勉強する姿に、署員たちは「勉強給仕」と呼 び親しんだとも伝えられます。 18歳で北海道尋常師範学校に入学するまでの苦学の体験は、教育の機会に恵まれない子どもや女性への目を向けさせ、その後の 女性向けの通信教育(大日本高等女学会)や半日学校制度の提唱へと昇華されます。 師範学校の卒業後は、同校付属小学校の訓導をへて、28歳の若さで同師範学校教諭兼舎監に就任。 多数の教育論文を執筆し、若くして北海道教育会の評議員に選出、同会幹事になるなど北海道の教育界に将来を嘱望される存在となっていきました。 『人生地理学』を発刊——人道的競争を主張 大正11年、郷土会の人々と。 牧口先生は前列左端。 「教育」とともに牧口先生の心をとらえていたのが、「地理」の研究です。 牧口先生は北海道でははじめて文部省検定試験の地理科に合格していました。 30歳の春、牧口先生は意を決して教職を辞し、日頃書き溜めていた原稿を携えて上京。 地理学者・志賀重昂(しが しげたか)のアドバイスを受け、1903 (明治36)年に発刊したのが『人生地理学』です。 「人生」すなわち人間の生活と「地理」の関係から世界を見つめた意欲作でした。 同書で牧口先生は、日本人の島国根性を痛烈に批判。 日露戦争を目前にした国威高揚の時代にあって、「十五億万の一世界民たることを自覚する」と、世界市民を志向していました。 そして、世界は「軍事的競争」「政治的競争」「経済的競争」の時代から「人道的競争」の時代へと移らねばならないと訴えました。 近年の研究で『人生地理学』は、発刊の3年後には中国人留学生の手によって翻訳され、教科書としても使われていたことが明らかになっています。 牧口先生は地理研究者として、新渡戸稲造の「郷土会」にも参加、柳田国男らとも親交を深めました。 子どもの幸福こそ——初等教育の現場で.

次の