スーパー シティ 法。 本日の日経新聞 「スーパーシティ法案成立へ」

スーパーシティ法とは?分かりやすく解説してみた

スーパー シティ 法

スーパ2020年5月27日 スーパーシティ法案(国家戦略特区法改正案)が成立しました。 スーパーシティ法案を簡単に説明すると、政府が定めた国家戦略特別区域の法律を改正することで、AI(人工知能)やビッグデータを活用した最先端の「スーパーシティ」を実現するというものです。 最先端技術を活用した「スーパーシティ」実現することができれば、人口が減少している地方都市の再興や、日本の世界的な競争力の高まりから経済の活性化にもつながります。 日本都市の未来化のカギになるスーパーシティ法案ですが、不透明な内容が多くニュースなどの情報だけでは正直分かりづらく感じる方も多くいるのではないでしょうか。 それではスーパーシティ法案の構想を分かりやすく、メリット、デメリットも含めてお伝えします。 スーパーシティ法案とは? スーパーシティ法案とは、AIやビッグデータを活用した最先端の「スーパーシティ」実現に向けて採決された法律案のことです。 スーパーシティ法案は、2020年5月22日 参議院・地方創生・消費者問題特別委員会で可決され、2020年5月27日参議院本会議で採決されました。 スーパーシティ法案により、国家戦略特区の法律を改正、追加することで、規制緩和を一括して行うことができ、最先端技術を取り入れた自治体の実現が可能になります。 ちなみに、国家戦略特区とは2013年に 「世界で一番ビジネスをしやすい環境」を作ることを目的に定められた、大胆な規制・制度の緩和、税制面の優遇をされている地域のことです。 現段階では、国内の10地域が定められており、東京圏、関西圏、福岡市などが対象となっています。 スーパーシティ法案 構想を簡単に スーパーシティ法案の構想を簡単に言うと、 最先端の技術、ネットワークを最大限利用することで、住民目線で考えられた利便性の高い未来都市「スーパーシティ」を作ることが目的となっています。 スーパーシティの構想では、AI(人工知能)とビッグデータを活用することで、移動、医療、教育、エネルギーなどの分野から、5分野以上をカバーし、相互が連携することで住民が最先端のサービスを受けられる状態を目指しているのです。 世界最先端の日本型未来都市を作り、これから訪れる未来社会に一早く適応するための準備といったところでしょうか。 スーパーシティ法案採決の背景 背景としては、日本は世界的に見て都市の未来化が不十分であるという点があります。 世界では、中国やカナダなどで未来都市の設計が進展していますが、日本では未だ実現できていません。 技術的には揃っていても、実践する場がないというのが現状です。 また、人口の減少、少子高齢化が進む中で地方では行政、福祉に多くの問題を抱えているという点も背景にあります。 最先端技術を取り入れた未来都市が実現できれば、国民の生活が便利になり、人口が集まることで地方の再興に期待ができます。 スーパーシティ法案 候補地はどこ? スーパーシティ法案の候補地はまだ決定しておらず、自治体の公募制となっています。 政府は2020年秋までに全国5箇所程の地域を特区に指定する方針です。 現在全国で54団体からの応募があり、その中には2025年万博開催予定地である大阪市の人口島「夢洲(ゆめしま)」も候補地に挙がっています。 要するに、新しく町を作るか、既存の町を改善するかの2パターンでスーパーシティの実現を試みるということです。 また、自治体には住民の合意形成が促進、実現できる首長と最新技術を持つ企業があることも選定の重要事項となっています。 スーパーシティ法案 メリット・デメリット スーパーシティの構想では、住民に大きなメリットがあるように感じますが、新型コロナウイルスが完全に収束していない状況下での法案採決ということもあり、スーパーシティ法案に対する批判的な意見が多く発生しているのが現状です。 ここではみなさんが気になっている、スーパーシティ法案成立によって発生するメリット、デメリットについて解説します。 スーパーシティ法案のメリット スーパーシティ法案のメリットは、最先端のネットワークを利用することで、各種サービス、インフラ整備が充実するという点です。 スーパーシティ法案のデメリット スーパーシティ法案のデメリットとしては、個人情報管理の一元化が挙げられます。 スーパーシティが目指す、各分野のサービス連携には、情報を「データ基盤(都市OS)」に集約しなければなりません。 しかし、集約したデータを元にした各分野、企業間でのサービス提供により、望まない個人情報の開示がされてしまう危険性があるのです。 また、サイバーテロ対策がされるとはいえ、住民のあらゆる情報が集約されているということは個人情報漏洩の大きなリスクにもなり得ます。 スーパーシティ構想における個人情報について政府は、 「個人情報保護法令に従い、必要な場合は本人の同意が必要」 と説明していますが、行政機関個人情報保護法では 「公益に資するなど特別な理由がある場合、本人の同意なしで提供できる」 とも定められています。 現段階で、どちらの方を優先すべきかが明確な回答がないため、批判の対象となっており、個人情報については課題が多く残っている状態です。 また、個人情報の取り扱いについては、個人によって考え方も違います。 情報を集約することで、生活に利便性をもたらすというスーパーシティの構想ですが、住民の合意なしでは進めることができない現状に対して、どのようにして住民の合意形成を得るかという点もスーパーシティ構想の課題になっています。 現段階では批判的な意見が目立っているスーパーシティ法案ですが、日本の未来を見据えた新しいまちづくりをするという点においては、これからの社会の進歩に適応するためには必要なことです。 ひとつひとつの問題を前向きに解決していけば、未来都市「スーパーシティ」実現に近づいていけるのではないでしょうか。

次の

【基礎編】これだけ抑える。「”通称”スーパーシティ法案」のポイント

スーパー シティ 法

スーパ2020年5月27日 スーパーシティ法案(国家戦略特区法改正案)が成立しました。 スーパーシティ法案を簡単に説明すると、政府が定めた国家戦略特別区域の法律を改正することで、AI(人工知能)やビッグデータを活用した最先端の「スーパーシティ」を実現するというものです。 最先端技術を活用した「スーパーシティ」実現することができれば、人口が減少している地方都市の再興や、日本の世界的な競争力の高まりから経済の活性化にもつながります。 日本都市の未来化のカギになるスーパーシティ法案ですが、不透明な内容が多くニュースなどの情報だけでは正直分かりづらく感じる方も多くいるのではないでしょうか。 それではスーパーシティ法案の構想を分かりやすく、メリット、デメリットも含めてお伝えします。 スーパーシティ法案とは? スーパーシティ法案とは、AIやビッグデータを活用した最先端の「スーパーシティ」実現に向けて採決された法律案のことです。 スーパーシティ法案は、2020年5月22日 参議院・地方創生・消費者問題特別委員会で可決され、2020年5月27日参議院本会議で採決されました。 スーパーシティ法案により、国家戦略特区の法律を改正、追加することで、規制緩和を一括して行うことができ、最先端技術を取り入れた自治体の実現が可能になります。 ちなみに、国家戦略特区とは2013年に 「世界で一番ビジネスをしやすい環境」を作ることを目的に定められた、大胆な規制・制度の緩和、税制面の優遇をされている地域のことです。 現段階では、国内の10地域が定められており、東京圏、関西圏、福岡市などが対象となっています。 スーパーシティ法案 構想を簡単に スーパーシティ法案の構想を簡単に言うと、 最先端の技術、ネットワークを最大限利用することで、住民目線で考えられた利便性の高い未来都市「スーパーシティ」を作ることが目的となっています。 スーパーシティの構想では、AI(人工知能)とビッグデータを活用することで、移動、医療、教育、エネルギーなどの分野から、5分野以上をカバーし、相互が連携することで住民が最先端のサービスを受けられる状態を目指しているのです。 世界最先端の日本型未来都市を作り、これから訪れる未来社会に一早く適応するための準備といったところでしょうか。 スーパーシティ法案採決の背景 背景としては、日本は世界的に見て都市の未来化が不十分であるという点があります。 世界では、中国やカナダなどで未来都市の設計が進展していますが、日本では未だ実現できていません。 技術的には揃っていても、実践する場がないというのが現状です。 また、人口の減少、少子高齢化が進む中で地方では行政、福祉に多くの問題を抱えているという点も背景にあります。 最先端技術を取り入れた未来都市が実現できれば、国民の生活が便利になり、人口が集まることで地方の再興に期待ができます。 スーパーシティ法案 候補地はどこ? スーパーシティ法案の候補地はまだ決定しておらず、自治体の公募制となっています。 政府は2020年秋までに全国5箇所程の地域を特区に指定する方針です。 現在全国で54団体からの応募があり、その中には2025年万博開催予定地である大阪市の人口島「夢洲(ゆめしま)」も候補地に挙がっています。 要するに、新しく町を作るか、既存の町を改善するかの2パターンでスーパーシティの実現を試みるということです。 また、自治体には住民の合意形成が促進、実現できる首長と最新技術を持つ企業があることも選定の重要事項となっています。 スーパーシティ法案 メリット・デメリット スーパーシティの構想では、住民に大きなメリットがあるように感じますが、新型コロナウイルスが完全に収束していない状況下での法案採決ということもあり、スーパーシティ法案に対する批判的な意見が多く発生しているのが現状です。 ここではみなさんが気になっている、スーパーシティ法案成立によって発生するメリット、デメリットについて解説します。 スーパーシティ法案のメリット スーパーシティ法案のメリットは、最先端のネットワークを利用することで、各種サービス、インフラ整備が充実するという点です。 スーパーシティ法案のデメリット スーパーシティ法案のデメリットとしては、個人情報管理の一元化が挙げられます。 スーパーシティが目指す、各分野のサービス連携には、情報を「データ基盤(都市OS)」に集約しなければなりません。 しかし、集約したデータを元にした各分野、企業間でのサービス提供により、望まない個人情報の開示がされてしまう危険性があるのです。 また、サイバーテロ対策がされるとはいえ、住民のあらゆる情報が集約されているということは個人情報漏洩の大きなリスクにもなり得ます。 スーパーシティ構想における個人情報について政府は、 「個人情報保護法令に従い、必要な場合は本人の同意が必要」 と説明していますが、行政機関個人情報保護法では 「公益に資するなど特別な理由がある場合、本人の同意なしで提供できる」 とも定められています。 現段階で、どちらの方を優先すべきかが明確な回答がないため、批判の対象となっており、個人情報については課題が多く残っている状態です。 また、個人情報の取り扱いについては、個人によって考え方も違います。 情報を集約することで、生活に利便性をもたらすというスーパーシティの構想ですが、住民の合意なしでは進めることができない現状に対して、どのようにして住民の合意形成を得るかという点もスーパーシティ構想の課題になっています。 現段階では批判的な意見が目立っているスーパーシティ法案ですが、日本の未来を見据えた新しいまちづくりをするという点においては、これからの社会の進歩に適応するためには必要なことです。 ひとつひとつの問題を前向きに解決していけば、未来都市「スーパーシティ」実現に近づいていけるのではないでしょうか。

次の

【基礎編】これだけ抑える。「”通称”スーパーシティ法案」のポイント

スーパー シティ 法

新型コロナウイルスの感染拡大が世間の耳目を集める中、政府腹心のプロジェクトが、動き出した。 スーパーシティの実現をにらんだ国家戦略特区法の改正案が2020年5月27日、参院本会議で自民、公明、維新などの賛成多数により可決。 19年の通常国会で廃案となり、19年秋の臨時国会では法案の提出自体を見送ったが、「3度目の挑戦」で扉が開いた。 スーパーシティとは何なのか。 内閣府が20年3月に公表した構想案によると、 「移動、物流、支払い、行政、医療・介護、教育、エネルギー・水、環境・ゴミ、防犯、防災・安全の10領域のうち少なくとも5領域以上をカバーし、生活全般にまたがること」「2030年頃に実現される未来社会での生活を加速実現すること」「住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現がなされるようネットワークを最大限に利用すること」という3要素を満たす都市と定義されている。 従来のように個別分野に特化して実証実験を進めるのではなく、自動運転や完全キャッシュレス決済、ドローン配送、行政手続のワンスオンリー化(一度提出した資料は、再提出する必要がない仕組み)、遠隔教育や遠隔医療など、暮らしに直結する複数の分野にまたがってデジタル化を推進することで「2030年の暮らし」を先取りする。 技術者や企業目線ではなく、住民目線でよりよい未来を目指す点でも、従来の街づくりとは一線を画する内容となっている。 少子高齢化や過疎、空き家問題といった地域が抱える諸課題を、日本の最先端技術と大胆な規制改革を総動員して解決しようという試みだ。 海外で進む未来都市構想 AIやビッグデータを駆使して未来都市を築くのは、世界の潮流でもある。 とりわけ大きなインパクトを与えたのは、カナダ最大の都市トロントを舞台にした「Sidewalk Toronto(サイドウォークトロント)」プロジェクト。 米グーグルの親会社であるアルファベット傘下のSidewalk Labs(サイドウォークラボ)が名乗りを上げ、19年6月に「マスター・イノベーション・アンド・デベロップメント・プラン(MIDP)」と題した基本計画を発表した。 キーサイド(Quayside)と呼ばれるウォーターフロント地区で、自動運転を前提とした街づくりを進める。 歩行者や自転車、公共交通と用途に応じて道路を分け、公共交通やライドシェアなどの移動サービスを定額制で乗り放題とする。 クルマを組立てるように規格化されたパーツを組合せて木造住宅を建築するなど、数々の先進的な内容を盛り込んだが、新型コロナの感染拡大が広がる20年5月7日、突如、プロジェクトの中止が発表された。 街中にセンサーを配置し、行動データを収集することに対しては、住民から「プライバシーが侵害される」と反発の声が上がったのも事実だ。

次の