ポケモン剣盾 ヨクバリス 育成論。 【ポケモン剣盾】育成論まとめ|おすすめの育て方【ポケモンソードシールド】

ヨクバリス

ポケモン剣盾 ヨクバリス 育成論

自強化技でAを上げてジャイロボールや地震等で相手を飛ばすのが理想。 ノーマルタイプなのでミミッキュのシャドークロー、かげうちやサニーゴのナイトヘッドを無効化できる。 ワイルドボルトを採用することで、ブラッキー 等のあくびを帳消しにしたり、初手対面ギャラドスに対しても十分な仕事をしてくれる。 ほしがるについては、きのみ発動後 ヨクバリスの仕事終了後 にナットレイ、ドヒドイデといった受け型ポケの割合回復アイテムを奪ったり、スカーフや突チョなどの強化アイテムをひったくることもできるため、採用も有り得なくはない。 自身の残りHPに余裕がある場合のみ じしん、ジャイロボールについては必須技。 どちらもレコードとマシンで覚えられるので、そこまで面倒な話ではない。 ダイマックスをヨクバリスに使ったときDとBを上げられるので、その点も踏まえて強いと言える。 素早さ所属値が20と低い代わりに、他の性能が結構まともなものだったので、遊び半分で育成したが、性能が未知数なため警戒されにくく、シンプルにミミッキュを狩りやすい。 また、ミミッキュのじゃれつくに合わせてサニーゴやドヒドイデなどの、同じく受け型のポケモンにも繋ぎやすかったり、ゴーストにこだわったポケモンにも簡単に投げられる。 そしてかわいい。 現環境で最強格のドラパミミッキュを、意味不明なリスで簡単に壊すことができる。 というコンセプトで捉えていただきたい。 特殊技に弱いとは言え、弱点はかくとうタイプのみなので、堂々と立ち回れるのが強み。 状態異常にとても弱いので、トーチカやおにびを使ってくる相手はなるべく避けたい。 状態異常を嫌ってラムのみを持たせたり、ほおばるを採用してみたりなど、戦略の幅を増やせる。 回復実を発動させまいと、相手が調整しようとして思考を狂わせることも少々。 ほおばる:変化 持っているきのみを食べて、防御を2段回上げる。 より硬くなることもできるが、きのみを食べ終えてしまえば、この技の役目はなくなる。 ここぞというタイミングで打つことができれば相当強い技だが、この技に枠を使うか、と考えると少し悩ましい。 ダイマックスしても、はらだいこ つるぎのまい がダイウォールに変わるため、扱い難いところもある。 ギャラドスに強く出られるワイルドボルトの方が圧倒的に強さを感じたが、専用技は抜き難かったため、採用した。 要するに、「ワイルドボルトでいいやん」が大正解。 リスさんで絶賛大暴れ中のミミッキュに泡を吹かせてみてはいかがでしょうか。

次の

ヨクバリス育成論 : 物理受けミミカス潰しヨクバリス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 ヨクバリス 育成論

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるヨクバリスの育成論と対策について掲載しています。 ヨクバリスのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• 専用技のほおばるを使うことで防御力を上昇させながら能動的に木の実を使い、特性ほおぶくろを発動させるコンボがとても強力です。 はらだいこ後に全回復 はらだいこは体力を半分のしながら自信の攻撃力を最大まで上昇させる技ですが、オボンの実を持たせることによって 特性と合わせて体力を全回復させることができます。 攻撃力が最大まで上がったヨクバリスは簡単には止めることができないので非常に強力です。 幅広い技範囲 タイプ一致のノーマルタイプ技に加えて、 フェアリータイプに有効なジャイロボールや ゴーストタイプに有効なしっぺがえしなどを習得します。 他にもボディプレスやワイルドボルト、ほのおのキバ、こおりのキバなど幅広いタイプの技を覚えるためパーティに合わせた技構成で育成することができます。 さながらミミッキュのようです。 体力が多い状態でのダイマックスはそれだけで強力であり、そこから相手に大きな負荷を与える強力な物理アタッカーとなります。 流行りの物理アタッカーに軒並み強く、技範囲も広いため現環境で活躍できるポケモンです。 防御ランク上昇が二段階で足りる場合には、より体力を回復することができる回復木の実が候補になります。 はらだいこ後のヨクバリスを受けることは非常に難しく決まると強力なコンボとなります。 HPの努力値ははらだいこを使用した際にちょうどオボンのみが発動する2nの値に調整しています。 ほおばるで火力上昇 ・で習得 ・みずやひこうタイプへの打点に ・で習得 ・ナットレイ対策などに ・で習得 ・ワイルドボルトの反動を嫌う場合に ・で習得 ・汎用性の高い高威力 ヨクバリスのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 リュガのみ ピンチのときに防御力が1段階上昇。 くいしんぼう+フィラのみは、ほおぶくろ+オボンのみの劣化になるので注意 ヨクバリスの対策 注意点 高耐久により一撃で倒しづらいポケモンであり、防御ランクを三段階上昇させるコンボが存在するため物理アタッカーで突破を試みる場合は特に注意が必要です。 はらだいこで攻撃力を上昇させるコンボも存在するため物理受けポケモンで相手をする場合にも注意が必要です。 対策方法 おすすめ対策ポケモン ポケモン 詳細 はたきおとすをすることで木の実を使ったヨクバリスのコンボを防ぐことができます。 ゴリランダーの弱点技も低威力のものしか覚えないため有利に殴り合うことができます。 相手から一撃で落とされる技がないため先制して殴り切ることができます。 あくのはどうにより怯みを狙うこともできます。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

ヨクバリスの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ポケモン剣盾 ヨクバリス 育成論

「かえんだま」を持たせ自分で火傷状態になることで特性を発動しつつ、毒を始めとした他の状態異常を防ぐことができ、自己回復技を持つ点と合わせ非常に耐久力があるポケモンとなっています。 以降は火傷ダメージが痛いが、交換後のポケモンの様子見などにも使える。 素早さを確実に低下ができる技。 無効にされることがなく使いやすい。 かちき特殊アタッカー型 性格 ひかえめ 努力値 HP252 防御4 特攻252 実数値 HP202-防御110-特攻152-特防145-素早さ101 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 実数値は理想個体で計算し、不要ヶ所は省略しています 能力が低下すると特攻が上がる特性「かちき」を活用する特殊アタッカー型です。 ダイマックス技の登場によりかちきを発動させやすくなったため、アタッカーとしての性能を発揮しやすくなりました。 持ち前の特防で特殊アタッカーの攻撃を耐える事が多いため、ミラーコートで反撃できる場面は多くありますが、「こだわりメガネ」を持つ「ロトム」との対面は耐えることができない事が多いため注意が必要です。 威力は低いが素早さを確実に下げられるため、タイマン勝負を有利に運びやすい。 素早さ低下効果を持つ地面技。 威力は低いが素早さを確実に下げられるため、タイマン勝負を有利に運びやすい。 自己回復技で長引くバトルでも立ち回りやすくなる。 ダイマックス時にダイウォールになるのも利点。 ミロカロスの役割と立ち回り 耐久に優れた種族値と特性 「ミロカロス」は高い特防と特性によって高められる防御を持つ、耐久力に優れたポケモンです。 タイプが水のみのため弱点が突かれにくく、「じこさいせい」による自己回復も行えるため、耐久ポケモンとしてはトップクラスの能力を持っています。 ミロカロスの対策 弱点で攻撃して一気にHPを減らす 「ミロカロス」をアタッカーで突破する場合、弱点である水や電気の技を高い耐久を貫けるほどの高火力で使用するのが基本になります。 「ふしぎなウロコ」を発動する前であれば防御は高くないため、物理技で一気に押し切る事もできます。 ただし物理アタッカーで倒そうとする場合は、「ねっとう」で火傷になった場合は辛いことを理解しておきましょう。

次の